【リノベ暮らしな人々】Vol.41 家族のコミュニケーションが自然に生まれる「黒板のあるキッチン」
中古マンション+リノベーションで、住みたいエリアでの自分たちらしい住まいを実現されたOさんご家族。
自分たちなりの住まい方をプランナーと相談していくうちに「ナチュラル」と「コミュニケーション」というキーワードにたどり着きました。住まいのいたるところにOさんご家族の「らしさ」が見える素敵なリノベーション事例を紹介します。

住まいの探しのきっかけ

もとは今の場所から少し離れた湾岸エリアのマンションにお住まいだったOさん。子どもの通学のことや、これからの生活を考えて、希望エリアへの引越しを決められたそう。ただ、希望のエリアでは「新築や築浅だとすごく高い」ことはわかっていたので、ある程度築年数の経った中古マンションに絞って物件を探し始めました。

住まいの探し方

「中古マンションでも、最初はリフォーム済みの物件を探していたのですが、なかなか希望通りの物件が無くって...」
エリアの中で自分たちの希望に近い物件を悩みながら探している中、「中古物件を現況のままで買って、リノベーションをすることで自分たちの希望の住まいができる」ということをインテリックス住宅販売を通して知ったそうです。そして、ようやく予算や立地条件を踏まえて、今回の物件にめぐり合いました。

リノベ暮らしのポイント

最初は、ピカピカのフローリングや最新のシステムキッチンなど、「新築分譲マンションみたいなリノベーション」を考えていたというOさん。でも、自分たちなりの住まいとは何かをプランナーと話すうちに見えてきたことがあったとか。
「無垢の床やタイルのキッチンなど、ナチュラルな雰囲気が自分たちらしさだということに気が付いたんです」
また、家族のコミュニケーションを大切にしたいという想いからキッチンに壁いっぱいの黒板を設置し、「子どもたちが集まり家族のコミュニケーションが自然に生まれる空間」を実現しました。

●たっぷりの光が届く、明るく気持ちの良いリビング
各部屋の段差を解消し、フラットにつなげたLDKは面積以上の広がりを感じられます。以前の間取りでは、せっかくのバルコニーから届く日差しを和室がさえぎっていました。その和室を取り払うことで、リビング部分が広々となり、開口窓を設置することでたっぷりの光と風が届く、気持ちの良い空間となりました。【リノベ暮らしな人々】光と風を感じられる気持ちの良いリビングは家族のお気に入りの場所

光と風を感じられる気持ちの良いリビングは、家族のお気に入りの場所です


●リビング中心に間取り変更したキッチン
以前は孤立した間取りだったキッチンをリビングの中心に変更。分離していた以前の水廻りの導線もキッチンを変更することで、キッチン・洗濯機・洗面室が直線でつながる家事が楽な導線になりました。家族のコミュニケーションを育む役割の黒板は、冷蔵庫や収納棚の目隠しをする役目も...。デザインと暮らしやすさ双方を大切にしたプランです。【リノベ暮らしな人々】キッチンの黒板は子どものお絵かきだけでなく、家族への伝言板としても大活躍

キッチンの黒板は子どものお絵かきだけでなく、家族への伝言板としても大活躍

【リノベ暮らしな人々】キッチン・洗濯機・洗面室と導線を一直線にすることで効率よく家事がこなせます

キッチン・洗濯機・洗面室と導線を一直線にすることで
効率よく家事をこなすことができます


●壁のテーマカラーで部屋ごとに個性を演出
空間の印象に大きな役割を果たす壁...。書斎や子ども部屋、玄関など、それぞれの部屋で壁の色をかえて個性を演出しました。家の中の部屋ごとに雰囲気が変わる楽しい演出です。【リノベ暮らしな人々】構造上変えられなかった出窓を利用した造作デスク

書斎の壁は爽やかなスカイブルー。
構造上変えられない出窓の形を利用して、造作デスクを設置しました


【リノベ暮らしな人々】ラベンダー色がテーマの子ども部屋。お嬢さんが自分で選んだお気に入りです

ラベンダー色がテーマの子ども部屋。お嬢さんが自分で選んだお気に入りです。
自分で壁の色を選ぶことで大切な住まいに愛着を感じて欲しいという願いが込められています


【リノベ暮らしな人々】ロードバイクも掛けられる玄関土間。鮮やかなブルーの黒板塗装は、家族みんなの共同作業です

ロードバイクも掛けられる玄関土間。
鮮やかなブルーの黒板塗装は、家族みんなで塗りました

間取りでみるビフォーアフター

【リノベ暮らしな人々】ビフォー間取り

【リノベ暮らしな人々】アフター間取り

リノベ暮らしInfo

■家族構成: 夫婦(30代)+子ども2人
■専有面積: 約68.42m2
■既存建物竣工年: 1982年
■リノベーション費用: 約710万円
■設計・施工: インテリックス空間設計

■取材後記■

無理せず、自分らしく、心地よく、そんな暮らしが素敵...Oさんの暮らし方もそんなふうに感じられます。事例紹介の中でも触れていますが、大袈裟に言うと、Oさんはこの中古+リノベをきっかけに「自分らしさ」を再発見し、それをカタチにされました。そういう瞬間に立ち会えたことがとても嬉しいです。取材の際、玄関を開けてくれたご家族の笑顔が本当に印象的でした。


コンテンツ協力:インテリックス
コンテンツ協力:リノベーション住宅推進協議会

HOME'Sリノベーション