ゲストさん
見える! 不動産価値 - LIFULL HOME'S

神奈川県の不動産価値や価格推移の情報

神奈川県の不動産価格の推移

この価格指標は都市の住宅市場の動向を世界規模で透明化するために、既存住宅の推移を指数化したPRICE INDEXのデータを元にして作られています。
不動産価格指数
神奈川県の価格推移

直近3年間の推移

神奈川県の標準的な物件の価格は直近の3年間で16.76%程度上昇しています。

この3年間の価格上昇率を内訳でみると、初年度が4.82%2年目が5.79%3年目が6.15%となっています。

神奈川県の中で価格指数の高い市区町村

神奈川県の市区町村を住宅価格指数が高い順にランキングにしました
この指数は既存住宅の市場価格の推移を指数化したPRICE INDEXのデータを元にして作られています
  1. 1
    川崎市中原区 (204.64pt)
  2. 2
    横浜市都筑区 (174.33pt)
  3. 3
    川崎市幸区 (167.96pt)
  4. 4
    横浜市中区 (165.32pt)
  5. 5
    横浜市西区 (162.40pt)

神奈川県の中で価格上昇率の高い市区町村

神奈川県の市区町村を直近3年間の住宅価格指数の伸び率で高い順にランキングにしました
この指数は既存住宅の市場価格の推移を指数化したPRICE INDEXのデータを元にして作られています
  1. 1
  2. 2
    川崎市幸区 (27.68%)
  3. 3
  4. 4
  5. 5

神奈川県の人口増減

人口増減率 全国 5位 (+0.9%)
神奈川県の人口における年齢割合
2015年の国勢調査によると神奈川県の総人口は912万6214人となっており、前回調査(2010年度)に対し、0.9%程度増加している。
これは全国平均の人口増加率-0.8%を1.7ポイント上回る結果となっている。

また、各都道府県ごとの人口増加率と比較すると、神奈川県は全国で5番目の増加率である。
神奈川県の中で見ると、最も人口増加率が高いエリアは川崎市中原区(+5.8%)で逆に最も低いエリアは足柄下郡箱根町(-14.9%)となっている。

神奈川県に住む人口の平均年齢は45.0歳となっており、各年代ごとの内訳は15歳未満が12.6%、15歳〜64歳が63.5%、65歳以上が23.9%となっている。
全国の65歳以上の人口割合(26.6%)と比較すると2.7ポイント程度低い結果となった。平均年齢は全国で5番目に低く、少子高齢化の影響が比較的小さいエリアといえる。

神奈川県の市区町村の人口増加率ランキング

神奈川県の調査対象の市区町村の中で最も人口増加率の高い街と、その逆の最も低い街をランキングにしました

BEST 5

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

WORST 5

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

住宅の最新トレンドや専門家による住宅情報をピックアップしました

関連サービス