できることをポジティブに! わが家の感染症対策とこれからの住まい選び

できることをポジティブに! わが家の感染症対策とこれからの住まい選び

こんなしたい暮らしに出会えます
  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

新型コロナウイルスの影響により、日々の暮らしは大きく変わりました。
そのような中でも「何事もどうせやるなら楽しんで取り組みたい! 」というのが、わが家のポリシー。家庭での感染症対策もできるだけポジティブにとらえようと思っています。
そこで今回は、気軽に取り組める家庭での感染症対策と最新技術を活かした対策をご紹介します。

新型コロナウイルスで変わった日々の暮らし

暮らしの変化

私は夫と娘との3人暮らしです。新型コロナウイルスが流行し始めたのは、娘を出産して間もない頃でした。
それまでは外食や旅行などアクティブに過ごすことが多かったわが家ですが、産後ということもあり安全面を考えて家で過ごす時間が多くなりました。

何事も「楽しむ」スタンスで

家で落ち着いて過ごすことが少なかった私ですが、今では”おうち時間”がとても充実しています。「どうせやるなら楽しむところは楽しみたい」という思いから、いろいろなことに挑戦中です。
ドラマや映画を見る、ハンドメイドをする、ブログを書くなどまずは一人で楽しめることから始めました。外出が好きだった私が、”おうち時間”の楽しみ方を見つけることができました。

家庭でできる感染症対策、わが家の場合

楽しみながら取り組める、わが家の感染症対策を3つ紹介します。

1. おしゃれなハンドメイドマスク

まずはこちら。外出時にはマスクが必需品になりましたが、マスク不足でなかなか手に入らなかった時期もあり、「どうせ着けるなら自分好みのマスクをおしゃれに楽しもう」と思い、マスクの手作りを始めました。
好きな色の生地や紐を選ぶところからスタートです。色や柄によって印象が大きく変わるので、生地選びはとても悩みました。

最初こそ「通気性が悪くて蒸れる、耳のゴム紐が痛い」と、問題点が出てきましたが、試行錯誤を繰り返すうちに納得のいくものになりました。
もともとハンドメイドやリメイクが好きだったこともあり、マスク作りはとても楽しい時間です。それまでは風邪予防で着けていただけのマスクが、今ではファッションの一部になっています。

2. 「手洗い」も楽しみながら習慣づける

手洗いは大切ですが、毎日のことなので意外と面倒ですよね。子どもにとって習慣になるよう、わが家では手を洗うときに一緒に「手洗いのうた」を歌っています。たまたまテレビでやっていた歌のリズムが口ずさみやすく、洗い方もわかりやすかったので子どものお気に入りになりました。
「手洗いのうた」は、子どもにも楽しく手洗いの大切さを伝えられます。毎日やることだからこそ、ポイントを押さえて楽しく取り組めるように心がけています。

3. オンラインをフル活用

人とのつながりを完全にシャットアウトはできない中、心強い存在がオンラインです。
私も友人とオンラインお茶会をしたり、動画を見ながらおうちエクササイズをしたり。近所の図書館では絵本の読み聞かせ会をオンラインで行ってくれることもあるなど、ここ最近オンラインでできることが本当に広がりました。
また、外食を楽しむ機会が減った分、オンラインで人気店のスイーツを取り寄せるようにもなりました。わが家は夫婦でスイーツが大好きなので、行列店のスイーツを家で楽しめるのはありがたい限りです。
外に出る時間が減った分、家での時間をより楽しく、幸せなものにしたいと思うようになりました。

これからの住まいの感染症対策

続いては、新しい感染症対策を紹介します。ユニークな取り組みや最新技術が広がっているようです。

ホスピタルアートを兼ねた感染症対策

大阪市立十三市民病院内のホスピタルアート。Facebook Japan東京オフィスにも壁面アートを施した実績のある、世界的に有名なアーティストBAKIBAKIさんが手がけた。
大阪市立十三市民病院内のホスピタルアート。Facebook Japan東京オフィスにも壁面アートを施した実績のある、世界的に有名なアーティストBAKIBAKIさんが手がけた。

画像の花のイラストは、病院内のロビーの壁面に描かれています。病院や医療機関にアート作品があると、癒やしを感じてほっと安らげますよね。感染症と闘う医療従事者の皆さんや患者さんのストレス軽減や活力の向上につながるでしょう。実は、このイラストも感染症対策の一貫なのだそうです。

このイラストは、ウイルス、菌を除菌・抗菌できる「エアWクリーン」という機能性塗料で描かれています。新型コロナウイルス専門病院での感染症対策として、医療従事者の方々を応援しようと行われた取り組みだそうです。
このような活動を「ホスピタルアート」といい、さまざまな病院や医療機関で広がりを見せています。大変な状況が続く中で、少しでも心穏やかに感じられる時間が増えたらいいですよね。

マンション共用部にも使われる、抗菌コーティング

共用部に感染症対策が施された賃貸マンションが増えている。共用部での施工の様子。
共用部に感染症対策が施された賃貸マンションが増えている。共用部での施工の様子。

また、共用部に感染症対策がなされた賃貸マンションも増えているそうです。
対策の一例として、室内灯や太陽の光でウイルスや菌を99.9%以上減少させる光触媒の技術を使った「抗菌コーティング」があります。消毒などの一時的な除菌とは異なり、一度施工すれば、長期間にわたりウイルスや菌の繁殖を抑制できるそうです。無色透明なので見た目も違和感がありませんね。

この抗菌コーティングは、国内初の新型コロナウイルス患者専門受入病院となった「大阪市立十三市民病院」をはじめ、クリニックや老人ホーム、社寺仏閣や市場などさまざまな場所で導入が拡大しているとのことです。

コーティング剤に含まれる「酸化チタン」に光が当たることで菌を分解・除去し、繁殖を抑制する光触媒。室内の嫌な臭いを吸着する効果もあり、病院や老人ホーム、共用トイレなど幅広い場所で活用されている。
コーティング剤に含まれる「酸化チタン」に光が当たることで菌を分解・除去し、繁殖を抑制する光触媒。室内の嫌な臭いを吸着する効果もあり、病院や老人ホーム、共用トイレなど幅広い場所で活用されている。


小さな子どもはどんなに気を付けていてもいろいろなところを触ります。不特定多数の人が触れるエレベーターや集合ポストなど、共用部に病院でも使用されている感染症対策がされていると安心ですよね。
今後は、しっかりと感染症対策がなされているかどうかも住まい選びのポイントの一つになるのではないでしょうか。

まとめ

家庭内感染も増えてきている今、自宅に菌やウイルスを持ち込まないように心がけたいと思います。でも何事も完璧は難しいので、今回ご紹介したような感染症対策済みの住まいだと心に余裕を持って過ごせるかもしれませんね。
これからもわが家はできるだけ楽しくポジティブに、家庭でできる感染症対策を行っていこうと思います。


PR・素材提供:ハウスコム株式会社・株式会社ホープハウスシステム

こっちゃんママ

こっちゃんママ

0歳児の子育てを満喫中のアラサー主婦ブロガー。”お得”と”もったいない”が口癖で、ポイ活やリメイクを日々楽しんでいます。ベビーグッズや子育て主婦向けのお得な情報、大好きなスイーツを紹介するブログ「Smile」を運営中。

※このページの内容は、2021年1月25日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。