2019年のインテリアトレンドはこれ!簡単コーディネート術、教えます

  • はてなブックマーク

この世の中、さまざまな流行がありますが、インテリア界にももちろん流行はあります。
ただ、ファッションのように流行に合わせてすぐに家具を買い替えたり、その都度、引越しを考えたりすることは、体力を奪われ予算的にも難しいことです。そこで、今回は、飽きのこない基本となるインテリアの作り方と、そこに上手くトレンドを取り入れる方法をご紹介します。

賃貸でもできるおしゃれなインテリアコーディネート

「賃貸でも自分好みのおしゃれなインテリアにしたい!」と思っても、まず何から始めていいのかわからないという話をよく聞きます。そんなとき、私がおすすめしている方法は、「まず基本になる家具の色をそろえることから始めるといいですよ。」と、お答えしています。インテリアには色々なスタイルがありますが、木製の家具を同じトーンの色目でそろえることをまず基本として考えて、次に、流行りのスタイリングを取り入れていくと飽きのこないおしゃれなトレンドインテリアを作ることができます。

・実践しているコーディネート
実は、私も初めて部屋を借りた頃は、理想的な部屋には程遠く、全く統一感のない野暮ったい空間になっていました。「部屋に統一感がないのは、なぜだろう。」しばらく部屋を見渡して、やはり一番の原因は、引越し直後にとりあえず購入していた家具の色やスタイルに微妙なズレがあるのだと気付きました。

そこで、木目のある家具とアイアンシェルフだけを残し、あとの家具はリサイクルショップに出したりして、処分しました。そして、残した家具の色に統一感を持たせるため、木目を生かしてアンティーク調になるワックスや、アイアンシェルフに塗れる黒の油性ペンキを買いに出かけました。

これが私のDIY人生のスタートになるわけです(大げさですが)。ニスが塗られていない木製家具は、そのままワックスを塗り、ニスが塗られている家具は、ヤスリや専用の液剤でニスを剥がしてからワックスで仕上げました。また、アイアンシェルフは、シルバーからマットな黒に塗り変えて、木との相性が良くなるようにしました。

目指したテーマは、「古民家カフェ風」。古民家に近づけるのは、やはり木目を生かした濃い色の家具が必須でした。

また、床の素材と色にも統一感を持たせることは、大事なポイントになります。おうち探しの際は、床の色にも注目してみてくださいね。もし、借りた物件が薄い色の床材だった場合は、濃い木目が描かれたクッションフロアを敷くことで代用することができますよ。床の色や木目の強さでお部屋の雰囲気は大きく変わります。お部屋づくりは、まずテーマを決めてから作業を進めることが大事です。

・こんなアイテム、こんな工夫でおしゃれに
このように、今ある家具をペンキやワックスでリメイクしてお部屋づくりを楽しんでもいいのですが、ペンキやワックスはどうしても苦手、という方もいらっしゃいます。そこで、もっと簡単に家具をリメイクする方法をお教えします。それは、壁紙やカッティングシートを上手に使うことです。色が濃い木目調などの壁紙やカッティングシートを、ペンキを塗れないカラーボックスなどに貼ると一気におしゃれな家具に生まれ変わります。また、貼っても剥がせる壁紙やカッティングシートがあるので、賃貸物件でもキッチンのシンク周りの扉や玄関の下駄箱などのリメイクを楽しむことができます。さらに、余ったシートはノートの表紙や紙箱などに貼っておしゃれな雑貨作りを楽しむこともできますよ。他に、窓にも使えるカッティグシートもあり、すりガラス風やステンドグラス風など、窓をおしゃれに演出してくれるシートもおすすめです。

2019年のインテリアのトレンドについて

それでは、基本となるお部屋ができたところで、2019年の流行りを少し加えてトレンドインテリアを楽しんでみましょう。

トレンドカラー

2019年のテーマカラーは「Living Coral(リビング・コーラル)」だと、毎年、その年のテーマカラーとなる「カラー・オブ・ザ・イヤー」を発表しているPANTONE(パントン)が発表しました。リビング・コーラルとは、珊瑚のような鮮やかでかわいいピンク色です。
この鮮やかなリビング・コーラルを上手にインテリアに取り入れるには、自然界にあるような落ち着いたトーンの色合いのものと合わせると、ピンクがアクセントとなっておしゃれな印象になります。例えば、森林のフォレストグリーンや石を想像させるストームグレイとの相性がいいですよ。

素材

そして、トレンド素材としても、天然のものが多くあげられています。例えば、籐(ラタン)、水草(ヒヤシンス)を使ったソファなどの家具や収納アイテム、また、太い縄を使った雑貨や手織りのラグ、手染めのファブリック、土ものの陶器などがあげられます。

コーディネート

このように自然界で見られるようなカラーや素材がトレンドであげられているので、2019年の流行りのテイストをうまく取り入れるには、森林の中で過ごしているような空間作りが楽しいと思います。
例えば、観葉植物をたくさん取り入れたり、イカットやインド綿を使った少しくすみのあるファブリックや手織り風の粗めなラグを取り入れたりすると、トレンドを生かしながらお部屋をまとめることができるでしょう。

テイスト

さらに、もっと大胆にトレンドを楽しみたい方は、動物モチーフの雑貨を取り入れたり、幾何学模様のラグを敷いたりして、カラーを効かせたエネルギッシュなアフリカンテイストを作り上げるのもすてきです。ここに欠かせないのは、やはり大きな観葉植物です。植物を育てるのは苦手という方は、フェイクグリーンを使うといいですよ。お手入れも簡単です。

トレンドを踏まえてインテリアコーディネートに取り入れたいアイテム

では、実際にトレンドを踏まえて簡単にインテリアコーディネートに取り入れられるアイテムをいくつか紹介します。

幾何学模様の手織り風ラグ

まず、一気にトレンドを意識した雰囲気に変えることができるのは、手織り風の幾何学模様が入ったラグです。トレンドの天然素材である木の温もりとの相性も良く、全体的に温かみのある雰囲気に仕上げることができます。

・タッセルやポンポンがついたクッションやブランケット

また、同時にタッセルやポンポンがついたクッションやブランケットを同じようなテイストで取り入れると、ラグのカラーが浮くことなくトレンドを意識したまとまりとなります。

曲線のあるアイテム

深みのある色の家具や幾何学模様のラグなどを使うと、少しカクカクした硬いイメージになりがちなので、そこに曲線のある椅子やスツールを取り入れるとおしゃれで優しい印象のインテリアになります。

グリーンを引き立たせる鉢や籠

次に、取り入れたいアイテムは、質感の良い植木鉢に入った元気な観葉植物です。植物は、グリーンが濃い元気なものを選び、鉢はプラスチックではなく素焼きの器やリゾート風の雰囲気が楽しめる籐の鉢を使うと、ワンランク上のおしゃれな空間を演出してくれます。私は、グリーンは、お手頃価格で手に入るお花屋さんで選んで、鉢はおしゃれなインテリアショップで選ぶようにしていますよ。トレンドを意識した空間を作るには、大小たくさんのグリーンをお部屋の中に置いて、自然界にある癒しを意識するように仕上げるといいですよ。

動物をモチーフにした小物

動物の形をしたオブジェをリビングに置いたり、動物が描かれた絵を飾ったり、かわいらしさに思わずにっこりしてしまう雑貨を使うと、大人の癒し空間になりますよ。

2019年のトレンドインテリアは、鮮やかな色を上手く取り入れたインテリアになりそうです。飽きのこない長いスパンで活用できるトレンドアイテムを選んで、インテリアコーデイネートを楽しんでくださいね。

yasumin*(ヤスミン)

yasumin*(ヤスミン)

神奈川県在住。ハンドメイド作家。月に一度、online-shop: yasumin’s mini*(ヤスミンズミニ)で、作品の販売をしている。作るものは、どこか懐かしいノスタルジックな作品が多い。また、インテリアコーディネーターの資格をもち、賃貸でもできるおうち改造を楽しみながら、大好きな古民家カフェスタイルを目指している。ブログは、yasumin’s café
(ヤスミンズカフェ)。

※このページの内容は、2019年2月27日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。