賃貸で叶える!! 南仏プロヴァンスの風を感じるインテリア!

フランスの観光地といえばまずパリやモン・サン・ミシェルが挙げられますが、次いで人気なのが南仏プロヴァンス。ここを旅した多く日本人は、自然の温かさとおしゃれさが共存する雰囲気に感動し、再訪する人も多いといわれています。

そんな南仏プロヴァンススタイルはインテリアでも人気。賃貸に住んでいても、憧れの南仏プロヴァンスのスタイルを作ることはできますよ。おしゃれなインテリアを置いて、気分を上げて過ごしてみませんか?

「南仏プロヴァンスのインテリアにしたいんだけど…」

私の名前はエリカ、都内の大手広告会社に勤めている24歳。
小学校3年生から父の仕事の関係で、日本を離れて海外で暮らしてきた。就職する時に「語学力を生かして、日本の素晴らしい文化や技術を世界に伝えたい!」と考え、家族と離れひとり日本に帰ってきたの。

でも今住んでいる部屋は、壁や床の色が白すぎて、なんだか安らげない……。大好きな南仏プロヴァンスのインテリアにアレンジしようと思っていたものの、忙しさにかまけていたら部屋の契約更新が迫ってきた! どうせ更新するなら、南仏プロヴァンススタイルを叶えられる物件に引越すのもありかな、なんて思っている今日この頃。

(※「賃貸物件でもできる!! インテリアを素敵にするDIYの極意」参照 http…)

さっそくお部屋を南仏プロヴァンスのスタイルに模様替えしてみよう!

ステップその1「まず始めにやること」

インテリアを選ぶ際は、どんなインテリアにするか、どんな内装の部屋に住むか、どんな家具を選ぶかの前に、「その空間であなた自身がどんなふうに過ごしたいか」をはっきりさせることが一番大切です。

このことを考えずに先に部屋を選んだり、家具やカーテンなどのインテリアを買ってしまった方も多いでしょう。しかし、これが失敗する最大の原因なんです。

つまりその部屋や家具といった「モノ」ではなく、どう過ごしたいかという「コト」を明確にしてから、実際にそれに沿って部屋選びをしたり家具を買ったりすることが大切ということです。

例えば、自宅でよく本を読む人が大通り沿いや線路の近くの部屋に住むのはおすすめできません。どんなにすてきな内装だったとしても、自宅で静かに本を読むことは難しくなってしまいますよね。ですからまず最初のステップでは、自分のやりたいことに目を向けて「どんなふうに過ごしたいか」を考えましょう!

エリカさんの場合は「家に帰ったらゆっくり安らぎたい!」ということだったので、それを最大の目的とすればいいのです。「南仏プロヴァンススタイル」は、安らげる空間を演出するにはぴったりの内装ですよ。

ステップその2「南仏プロヴァンススタイルを把握しよう」

今回目指す「南仏プロヴァンス」のインテリアスタイルは、なんといってもイエロー系の壁が一番の特徴。そのプロヴァンススタイルも、大きく2つに分類することできます。

フレンチよりのプロヴァンススタイル

フレンチテイストよりのプロヴァンススタイル。

その特徴は、イエローの壁が映えるように、フレンチスタイルのカラーであるホワイトをよく生かしている点です。建具・窓・家具などをホワイトで統一し、爽やかさやエレガントさ、そしてシックな印象を与えます。日本でも、パティスリーなどでこのような内装をよく見かけますね。


カントリーよりのプロヴァンススタイル

こちらはカントリーよりのプロヴァンススタイル。プロヴァンススタイルというと、こちらを想像する人も多いかもしれません。

特徴は、アイアンを使った家具、または木のカントリーテイストの家具に、ソレイアードをはじめとした南仏プロヴァンスプリントなどのファブリックや、建具などでアクセントカラーを入れていきます。
「窓から見える景色の色」を使うと良いとされており、太陽や日の光であるイエローやオレンジ、レッド、オリーブなどのグリーン、ラベンダーのパープルや地中海のブルーなどを使ってインテリアを演出していきます。

フレンチとカントリーがミックスされたプロヴァンススタイル

この写真はご紹介した2つのテイストが混ざった、ちょうど間のようなスタイルです。
家具のアイアンや建具のグリーンはカントリーテイストの要素から。一方でグリーンと壁のイエローを淡いトーンでまとめたフレンチらしさも兼ね備えているため、全体の雰囲気が品よく仕上がっています。

南仏プロヴァンスのインテリアとひとことで言っても、いろいろな種類があるんですね。お好みに合わせてスタイルを選んでみてください。

ステップその3「どのスタイルにするか決めて物件や家具を見にいこう」

どの南仏プロヴァンススタイルにするか決めたら、ネットで画像を検索してその中から好きな写真を5枚ほど集めてみましょう。そうすると、本当に自分が作りたいと思っているお部屋の方向性が分かります。

気に入った家具や内装の写真はある程度集まったら、1枚にまとめてプリントアウトするといいですよ。部屋探しの時や、家具やカーテンなどを買う際に持っておき、選ぶ際にはその写真と見比べながら選びましょう。

お部屋を南仏プロヴァンススタイルに模様替えしたい!と思ったら、おしゃれなインテリアが映える、南仏プロヴァンススタイルに合う物件に引越すのもひとつの手です。すてきな物件を探してみてくださいね。

居間

プロヴァンススタイルに合う物件

板橋駅徒歩4分 7.9万円 1K

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
居間

プロヴァンススタイルに合う物件

矢口渡駅徒歩2分 7.9万円 1K

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
居間

プロヴァンススタイルに合う物件

高田馬場駅徒歩6分 7.5万円 1K

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
居間

プロヴァンススタイルに合う物件

東武練馬駅徒歩8分 8.0万円 1K

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
居間

プロヴァンススタイルに合う物件

新御徒町駅徒歩3分 10.6万円 1K

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
SOUMEI(ソウメイ)

SOUMEI(ソウメイ)空間デザイナー/インテリアライター

インテリアデザイン事務所・カッシーナイクスシー・ミサワホーム等を経て、菊一建設でインテリア事業を立ち上げる。
「空間で毎日が変わる歓びをあなたにも!」をコンセプトに、個人邸から商空間までの空間デザインを手掛ける。
またインテリアライターとしても活動しており、プロが実際に使っているインテリアのテクニックなどを分かりやすく紹介。
最近では、2018年10月から放送されたTBSドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に手掛けたお客様宅が使われるなど、インテリアの統一感と機能性の両面にこだわる空間づくりを行っている。
【雑誌・TV・ネット掲載】
「ひとり暮らしの部屋作り/主婦の友社」「Interior Shop FILE/ギャップジャパン」「homeclub/ミサワホーム」「SUMAI 実例集/ミサワホーム」「日刊Sumai」「SUVACO」「大恋愛~僕を忘れる君と/TBSドラマ」

※このページの内容は、2019年3月25日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください