【ホームズ】Francfranc歴10年、私の新生活にぴったりな家具とインテリアのコーデ術|暮らし方から物件探し
Francfranc歴10年、私の新生活にぴったりな家具とインテリアのコーデ術

Francfranc歴10年、私の新生活にぴったりな家具とインテリアのコーデ術

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

一人暮らし時代から愛用している、大好きなFrancfranc(フランフラン)の家具。雑貨なども含めると私のFrancfranc歴は約10年になります。

現在私は、アパレル系のお店を営みながら夫と愛犬とともに暮らしていますが、いくつになっても“女子”でいられるようなインテリアを目指し、日々お気に入りのアイテムを取り入れたお部屋づくりを楽しんでいます。

自分の好きと好きを組み合わせた空間、毎日の疲れを癒やす香り、そして小さい頃から抱いていた「海外インテリア」への憧れなど、Francfrancのアイテムには私の理想のすべてが詰まっています。
そんなFrancfrancのアイテムは、これから一人暮らしを始める人や新生活のスタートにもぴったり。今回は、私の実体験も交え、家具選びやお部屋づくりのコツを紹介していきます。

一人暮らしのお部屋づくり! おしゃれで快適な空間にするには

好きなものを選べるチャンスは今だけ?

人生で家具を一式そろえる機会はそうありません。一人暮らしを始める瞬間は、自分の好きなものを心置きなく選べる数少ないチャンスです。
私の実体験でもありますが、まっさらな状態のお部屋をお気に入りのアイテムで埋めていくと、毎日の暮らしが格段に楽しくなります。

お部屋づくりのコツは「主役」を決めること

一人暮らしの家具選びのコツは、まず「自分の生活の主役にしたい家具」を一つ決めることです。

睡眠時間を大切にしたいならベッド、家でもしっかり勉強したいならデスク、小物を飾るのが好きならチェストなど、自分にとって一番大切なものを選んでみましょう。
主役にしたい家具のサイズや配置を決めてから、周りの家具をそろえることで部屋全体のバランスが決めやすくなります。

1R・1Kの家具の選び方「大型家具から決めていく」

みなさんは一人暮らしをするとき、どのくらいの広さのお部屋を選びますか?私が最初に住んだのは、1R 10畳のお部屋でした。

1Rのお部屋で最初にそろえた家具
(1)ベッド
(2)テーブル
(3)チェスト
(4)ラグ

この中で特に私がこだわったのが「ベッド」です。スペースを占領しがちなベッドですが、1日の始まりと終わりを迎える大切な場所です。
心地よく眠れる癒やしの空間を作るために、お部屋の主役になるようなベッドを選びました。

また、「広いスペースでゆったり休みたい」という憧れもあり、ベッドサイズはセミダブルを選択。シングルに比べ寝具のお値段は少々張りますが、やはり広いスペースで心地いい睡眠をとれたことはとてもよかったです。
その他の家具は、ベッドを決めてからそろえました。1Rの場合、家具をいざ置いてみるととても圧迫感を感じることもあるので、サイズの大きいものから決めていくことをオススメします。

1DKの家具の選び方「ソファを主役にくつろぎの空間づくりを」

新しい仕事のため、私は1Rを卒業して1DKのお部屋へ引越しました。広さに余裕のある1DKは、さらにこだわりを持ってお部屋づくりができるようになります。

1DKのお部屋でそろえた家具
(1)ベッド
(2)テーブル
(3)チェスト
(4)ラグ
(5)ソファ

1DKの暮らしでお部屋の主役にしたのは、リラックスタイムを過ごす「ソファ」です。
1Rに住んでいたときから一番の憧れだった「ソファ」を家に迎えると、そこが自分の居場所になり「ずっと座っていたい」という気持ちになりました。

読書や動画鑑賞など、自分の好きなことをして過ごす時間や、キャンドルの灯りに癒やされながらゆっくりと過ごす時間は、私にとって必要不可欠です。
気持ちをオフモードにできるスペースがあると仕事がさらに捗るようになり、毎日を気持ち良く過ごせるようになりました。

お部屋に統一感を出すコーディネート術「インテリアカラーを決める」

気に入った家具やアイテムをそろえたのに、どこか統一感がないと感じることはありませんか?
そんなときは、お部屋全体のカラーバランスを見直してみることをオススメします。

黄金比率は70:25:5
広い面積を占めるベースカラーを70%、カーテンやソファなどのメインカラーを25%、クッションや小物などのアクセントカラーを5%程度にすると、統一感が出るといわれています。
私の部屋のベースカラーは、ホワイトです。清潔感があり、スッキリしたホワイトや優しい雰囲気を持つオフホワイトなど、ホワイトには無限の表情があります。
ホワイトをベースに、アクセントカラーとして自分の好きな色の家具を入れてみたり、ファブリックやお花、雑貨などを取り入れて季節に合わせてみたりと、様々なコーディネートを楽しんでいます。

柄物など遊び心は一点で表現
お部屋全体に統一感を出すポイントとして、カーテン、ラグ、ソファなど「目につきやすいインテリアで柄物を選ぶときは一つまで」と、決めましょう。

特にラグは汚れやすく、買い替えるタイミングが早いため、柄物を取り入れやすいアイテムです。濃い色や柄入りのものを選ぶことで、お部屋のアクセントになり、変化を楽しむことができます。
一方、カーテンやソファなど長期的に使うものは、流行りのデザインではなく飽きのこないベーシックなテイストを選んだ方が、全体の雰囲気はまとめやすいです。

一人暮らしの家具選びの注意点

いざ引越しのときに「家具が入らない! 」ということにならないよう、お部屋の搬入経路のサイズを確認するようにしましょう。
また、私が住んでいるマンションのように「土日は大きいものを運んではいけない」という規則のある物件もあります。搬入時間の指定ができるかなど、事前に確認しておくとスムーズです。

私の一人暮らしにFrancfrancがぴったりだったワケ

私は一人暮らしを始めた当初から、ずっとFrancfrancの家具を愛用しています。
夫と愛犬と暮らしている今でもそのまま愛用している家具もあり、私の日常にとってFrancfrancの家具は欠かせないアイテムなのです。

Francfrancは私の新生活スタートにぴったりだった

私は、人とかぶらないデザインが好きで、自分が好きなものへのこだわりが強いタイプです。
ただ単純に白が好きなわけでなく、選ぶ白の色味にもこだわりを持っています。

新生活スタートにあたり、様々なインテリアを見ましたが、中でもFrancfrancが展開する家具やインテリア雑貨は色使いがとてもおしゃれでした。
Francfrancの家具に使われている「濃すぎず薄すぎない、廃りのないカラーリング」というのは、ありそうでなかった絶妙なカラー。私の理想のインテリアにマッチしました。

また、色だけでなく、様々なテイストの中に溶け込みながら機能性もあるデザインにも惹かれました。
私はインテリアのお仕事に関わることが多いのですが、シーズンによってガラリと変わるコンセプト展開も魅力的で、いつも刺激を受けています。

一人暮らし時代から愛用している家具

一人暮らし時代から愛用しているFrancfrancのソファ
一人暮らし時代から愛用しているFrancfrancのソファ
一人暮らし時代から愛用しているFrancfrancのローテーブル
一人暮らし時代から愛用しているFrancfrancのローテーブル

どちらも結婚した今でも使い続けています。Francfrancは、長く愛用できる製品がとても多く、今から一人暮らしを始める方にぴったりです。

Francfrancの家具の使い心地は?

自分の家は、好きなものを集めた宝石箱だと思っています。帰ることが楽しくなることはもちろん、癒やしやトキメキを感じる場所でもあります。

飽きのこないデザインが魅力的

Francfrancの家具がお気に入りすぎて、手放したいと思ったことは一度もありません。
一人暮らし用にそろえた家具でしたが、耐久性に優れていて廃れないデザインであるため、他の家具に変える理由がないのです。
満足感が高いものを長く使えるということは、私にとってコスパも最強といえます。
また、深みのあるカラーが多いため、長く使う中でできた傷も、まるでアンティーク家具のような「味」として楽しむこともできます。

Francfrancの家具を中心としたインテリアテイスト

私のお部屋全体のテイストも、Francfrancの家具を中心にまとめています。

憧れの一つ「クッションに囲まれた生活」

レース、ファー、リネン、サテン、ベロア…
リゾート、花柄、ラブリー、シンプル…

デザインが豊富なFrancfrancのクッション。組み合わせを変えるだけでお部屋の雰囲気がガラッと変わるので、気分転換にぴったりです。生地やファーの質もよく、何年も愛用しているものもたくさんあります。

飲むのが楽しくなる「ティータイムセット」

紅茶、コーヒーが大好きな私にとっての必需品が、ティーポットやマグカップ。毎日ノンカフェインのお茶を飲んで身体を温める時間を大切にしています。
見ているだけでときめくFrancfrancの食器達は、飾っておくだけでもおしゃれで気に入っています。

ずっと憧れていた「Francfrancのカーテン」

Francfrancのカーテンは、デザインが大好きで一人暮らしをしたら絶対買う! と決めていたアイテムの一つ。
初めての一人暮らしのときは、サイズ感などもわからないままお店へ足を運びましたが、Francfrancの店員さんがとても丁寧に対応してくれました。店員さんの協力のおかげで憧れを形にできたので、感謝の気持ちは今でも忘れられません。

【2020年】おしゃれな部屋にしたい! Francfrancの最新家具

最新の一人暮らし用家具をチェック!

今年もFrancfrancからは新しいラインナップの商品が発売されています。最新の一人暮らし用のアイテムをチェックしてみました。

お部屋の主役に!他にはない曲線デザイン「ミニュイベッド」

パイプのフレームに、大きな曲線を描いたファブリックのヘッドボードが特徴的なベッドです。リーズナブルなお値段も魅力的です。
ベッド下の空間におしゃれな小物入れを置いて、収納スペースにもできますね。シンプルで無駄のないデザインがFrancfrancらしいと感じます。
丸みのあるフォルムは心を穏やかにしてくれる効果がありそう。フレームはパイプですが、ヘッドボードがファブリックなので高級感も感じられます。

自在にカスタマイズ「スイーニュ ソファ/オットマン」

一人暮らしのお部屋で置くのに苦労するのがソファ。このスイーニュは、人数、スペースに合わせてカスタマイズができます。
画像の左右どちらかのソファのみを使用してもいいですし、ファミリーなら左右のソファにオットマンをプラスするなど、様々な使い方ができます。

お部屋の広さに合わせてカスタマイズできるのはとても嬉しいですね。やわらかな座り心地で最上級のリラックスタイムが過ごせそうです。
付属のフリンジクッションがリゾートな雰囲気を演出してくれるので、ホテルライクのインテリアを目指す人にもオススメです。

テーブルにもデスクにもなる、「リトモ カウンターテーブル/ハイスツール」

キッチンはできれば丸見えにしたくないところ。このカウンターなら、ワークカウンター兼間仕切りとして使うことができます。
場所によっては、食事用テーブルやワークデスク、小物を飾るコレクションスペースとしても活躍します。1~2人用に幅調整が可能なので、友人や家族が来たときにも便利です。同シリーズのリトモ ハイスツール(チェア)と併せて使っても可愛いですね。

レースとドレープ一体型のカーテン! 「ブリス×ルシーラ ダブル 既製カーテン」

レースカーテンとドレープカーテンが一体型になっていて、2つの役割を果たす画期的なカーテンです。ライトグレーの色合いも他のファブリックと合わせやすそうですね。
繊細なレースに、光沢感のある生地が重ねられていて、ドレスのような高級感でお部屋の雰囲気をワンランクアップできます。

春夏を彩るお部屋の主役に! 「フロレシア 掛け布団カバー/枕カバー」

水彩タッチの華やかなデザインの掛け布団カバーと枕カバーです。明るく鮮やかなベッドルームを演出しながら、コットンの滑らかな肌触りが快適な睡眠をサポートしてくれます。
水彩柄のタッチ、色使いがおしゃれでフェミニンですね。フロレシアシリーズは同じデザインの小物アイテムもあるので、室内をトータルコーディネートすることもできます。

プロ仕様のメイクミラードレッサー「ヴァリーズ ハリウッドボックス」

プロのメイクアップアーティストが使うメイクボックスのようなデザインで、収納はもちろん、トランクケースとして持ち運びができます。

こちらを見たとき、「こんなデザインはFrancfrancにしかない!」と、感銘を受けました。
たっぷり入る収納スペース、そのまま持ち運びできるトランク型(Lサイズについている脚は取り外し可能)、トランクはキラキラなデザイン。さらにミラーにはLEDライト付き!

このLEDライトは、調色・調光機能付きで、外出時にも明るさに合わせてメイクができます。
このトランクがあれば、どこでもメイクができますね!

お部屋づくりのための3ステップ

家具はいきなり店舗へ行っても決められない…

一人暮らしの家具選びは、あまり時間がないものです。でも焦るあまり、いきなり家具屋さんに足を運んでしまうのは失敗のもとです。

ステップ(1)お気に入りのイメージを決めよう
FrancfrancのHPには、たくさんのインテリアコーディネート画像が掲載されています。気になったものはFrancfrancのアプリでお気に入り登録をしておきましょう。

ステップ(2)間取りを測っておこう
私がお部屋づくりをするときは、ノートに間取り図を書いて家具の配置をあらかじめメモしています。新しいお部屋の正確な大きさがあれば、よりイメージしやすくなります。

ステップ(3)お店で確認しよう
お部屋づくりの方向性が見えてきたら、インターネットで色々検索してみましょう。きっと気になる家具があれこれ見つかるはずです。
画像だけだとサイズや素材感は確認できないので、ぜひ店舗で実物を見てみることをオススメします。

「好き」を集めたMY ROOMづくりを!

新生活はワクワクするものですが、慣れない環境で、疲れや寂しさなどの感情を経験することもたくさんあると思います。
そんな気持ちをリセットして癒やしてくれるような、あなたにずっと寄り添ってくれるお部屋づくりができるよう、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

Yu

Yu

現在は、アパレル系のお店を営みながら暮らす夫とわんことの日々。
自分の好きと好きを組み合わす空間、仕事の疲れを癒やす香り、小さな頃から憧れを持つ「海外インテリア」への理想。何歳になっても女子でいれるようなお部屋作りを目指し日々インテリアを楽しんでいます。
シーズンによって変わるコンセプト、どこかにありそうでない、何年経っても廃れないデザイン性を持つFrancfrancのアイテムは私にとって永遠の宝石。

※このページの内容は、2020年3月6日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。