無垢素材の床にこだわったカフェ風住宅! 素足で過ごせる優しい暮らし

無垢素材の床にこだわったカフェ風住宅! 素足で過ごせる優しい暮らし

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

皆さんは、子どもが安心して楽しく過ごせる住宅ってどういうものだと思いますか。私が夢のマイホームで選んだのは無垢素材の床の家。

不ぞろいな木目が、カフェのような温かみを生んでいます。

見た目だけでなく機能にも優れていて、呼吸をしているので湿気を取ってくれますし、経年変化による色の移り変わりも楽しめます。

今回は、そんな無垢素材の家で暮らす楽しさをお伝えしていこうと思います。

住み心地のいい無垢素材の家

私は妻と2歳の長男の3人で、無垢素材の床の家に住んでいます。
以前は2DKのアパートに住んでいましたが、湿気がたまりやすく結露で家中が常にビショビショ。こんな環境で育児をしていいものか悩んでいました。

そこで注文住宅を建てることを決意。自然素材の家にこだわった工務店に無垢素材を使った家を依頼しました。こだわったのは温かみのある”住み心地のいい家”です。

今では、無垢素材の床と合わせて作ったキッチンカウンターでコーヒーを飲むのが定番です。
無駄な設備がない広いリビングでは、いつも子どもがおおはしゃぎ。毎日、穏やかに楽しく暮らしています。

子どもと一緒に年月を感じられる無垢材の床

わが家が無垢素材の家に住み替えようと考えたのは、2つの理由がありました。

1つ目の理由が、飽きない家で暮らしたかったためです。

無垢素材の床は、経年変化で少しずつ色が変わっていきます。家も家族の一員と考え、色の移り変わりを思い出として楽しもうと考えました。

経年変化は、人工の素材では生み出すことのできない温かみがあります。家を建築してから6ヶ月後に子どもが生まれました。家と子どもが同年齢で一緒に育っていくのも面白いな、と感じています。

もう1つの理由が、アパート暮らしの時に湿気でとても悩んだためです。
アパートの床はフローリングマットでした。全く湿気を吸収しなかったため、素足で歩くと水分を感じるほど。梅雨の時期にはマットレスにカビがはえてダメになってしまいました。

この経験があまりにショックだったため、湿気で悩まない素材にしたかったのです。

傷跡もアートになる無垢素材の魅力

無垢の床の家へ引越してからは、傷も”家の面白さの1つ”として気にならなくなりました。

2歳になった子どもがおもちゃを投げて、床が傷つくことがあります。無垢素材の床は柔らかいためすぐに傷がついてしまうんです。でも、その傷が家の模様に感じられるんですよ。

今では、子どものつけた汚れの一部もわざと残してあります。いつか子どもが成長して家を出ていきますよね。そのときに、子どもの幼い頃を思い出せるんじゃないかなと考えています。

細かな不安から解放されたのも嬉しいポイントです。例えば湿気を気にして毎朝マットレスを壁に立てる必要がありません。

やっぱり住まいは不安がないのが1番ですね。

無垢素材を取り入れてよかったこと

無垢素材の床の廊下
無垢素材の床の廊下

無垢素材の床は、自然素材で高機能。木材が呼吸をしているので湿気対策に優れています。
ただし、合成の素材より値段は上がります。予算が足りなければ、デザイン的に取り入れたいお気に入りの空間や、湿気の出やすい箇所だけを無垢素材にすることも可能。自由な発想で取り入れましょう。

ここからは、2年間住んでみて特にメリットを感じた点をご紹介していきますね。

断熱性・調湿性能が高くいつでも快適

無垢素材は空気を含んでいるため断熱効果があります。夏は涼しく冬は温かく感じられます。真夏や真冬でなければ、エアコンをつけなくても快適。いつも素足で生活できます。

また、冬でも窓周りに結露が発生しにくいです。子どものお昼寝用マットレスを床に直接置いていますが、わが家ではカビは1度も発生していません。無垢素材が温度や湿度の調整に役立っている証拠ですね。

育児の安心感

子どもが小さいころは、床にジョイントマットを敷きますよね。マットを敷けば湿気がたまるのでカビの発生リスクが高まります。

無垢素材の床ならジョイントマットにカビが発生する不安を改善してくれます。ジョイントマットも、お昼寝用マットレス同様に1度もカビが発生したことがありません。

床の肌触りがいいので、ゴロンっと寝転がっても気持ちいいです。
床にマットを敷かなくても畳のように使えます。

不ぞろいな木目がおしゃれ

それぞれの木で風合いが異なるので、何もしなくてもおしゃれな家になります。傷や汚れも、経年変化と共に楽しめます。わが家は無垢素材の木目を活かすために、壁紙はシンプルな白色を選びました。

無垢素材 部屋の床
無垢素材 部屋の床

そのおかげでカフェのような雰囲気になりました。

無垢素材にこだわった小さなカフェ風住宅

無垢素材を取り入れたキッチン周り
無垢素材を取り入れたキッチン周り

在宅ワーク中心の働き方で生計を立てている私。仕事で頭を使うため、住まいをビジネス的な雰囲気にはしたくありませんでした。

人気のモノトーンを使ったモダンな家ではなく、ヨーロッパの田舎にあるようなデザインの住宅をイメージしました。キッチン横にはレンガのアクセント。白と木目だけのシンプルな家は、どこか懐かしさを感じます。

完成形がよかったため、工務店のモデルハウスとしても採用。大勢のお客さんに「こんな家に住みたい」と感想をいただきました。

ここからは、そんな”派手さはないけど癒される小さなわが家”を紹介したいと思います。

カフェを意識したオシャレな照明を設置

無垢素材の印象を大事にして、照明・壁紙を選びました。玄関には人気の星型ペンダントライトを設置。明かりをつけるたびにワクワクします。

星型のペンダントライト
星型のペンダントライト

ダイニングキッチンの照明もそのままインテリアとしても使えるデザイン。

工務店の専務と一緒になって選びました。基本のライトはオレンジがかった電球色のダウンライトを選択。

ライトの色でも家に優しさ、温かみを演出しています。

扉や階段も木目調。床との統一感を大切に

階段も床に合わせて木目調
階段も床に合わせて木目調

扉や階段、キッチンカウンターも全て木目調。床との統一感を出しました。

しかし、全てが木目調だと小屋のような家になってしまいます。そこで、手すりやドアノブを黒のアイアンに変更。床の温かみを強調するデザインにしました。

無垢素材の家にはカフェ風のインテリアがおすすめ

無垢素材の床の家には、カフェ風のインテリアを取り入れると相性がいいです。

木目と相性のいいアイアン素材や、レンガやタイルなどをアクセントとして取り入れると、無垢材の色合いとマッチするのでおすすめです。キッチンカウンターをタイル貼りにしているお宅も多いですよね。

リビングに対面式のキッチンカウンターがある間取りもおすすめ。

カウンターを飾ることで、カフェで食事をしている雰囲気が楽しめますよ。

無垢素材の家を「借りる」なら

※物件詳細ページにて「無垢材」をキーワードに含む賃貸物件を集めました。

無垢素材の家を「建てる」なら

LIFULL HOME`S_注文住宅を建てる(全国の住宅カタログ・住宅メーカーを探す)
憧れの注文住宅! こだわりの施工事例を見てみよう

Ryota

Ryotaパラレルワーカー

会社員、作曲家、メディア運営で生計を立てるパラレルキャリア。
会社員+個人事業の情報を発信する『Parallel Road』を運営。
ブライダルカメラマン・BGM製作・ライン工・倉庫員など、人より多くの仕事を経験。
家族と音楽とお酒が好きでチクチクするセーターが嫌い。

※このページの内容は、2019年11月27日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。