誰でもかんたんに! キャラ弁レシピやオブアートの方法をご紹介

幼稚園に保育園、小学校などの遠足や行事に欠かせないお弁当。せっかくだから、子どもたちのリクエストにこたえて、「可愛いキャラ弁づくりに挑戦してみよう!」とお考えのお母さま方も多いのではないでしょうか?

しかし、行事のたびに毎回、またきょうだい全員分となってくると、忙しい朝にはお母さん方の負担になってしまうことも。子どもたちのリクエストしてくるキャラクターが難しすぎたり、お弁当を作るだけで精一杯で時間がなかったり…いろいろとお悩みの方もいらっしゃると思います。

「可愛いキャラ弁に仕上げなきゃ!」と考えすぎると、ついついこだわりすぎてしまい、作るのも一苦労。どっと疲れてしまいます。しかし、そんなに気負わなくても、100均グッズを上手に使ったり、おにぎりだけ動物にしたりといった、ちょっとした工夫で意外と簡単お手軽にキャラ弁作りはできます。今回は、そんなキャラ弁作りのコツをいくつかご紹介させていただきたいと思います。

ブロガー提供画像1
ブロガー提供画像1

また、「とても難しいキャラクターに挑戦してみたい」「完成度の高いキャラ弁作りに挑戦してみたい」という方にぴったりの「オブアート」というものをご存じでしょうか?

ブロガー提供画像2
ブロガー提供画像2

オブアートは、オブラートにココアなどの食べられる色素を使い、絵を描いて食べ物に転写する、という方法です。「本気のキャラ弁作りに挑戦してみたい」という方に、とてもおすすめです。牛乳などの液体にも絵を転写することができます。

このオブアートの方法もあわせてご紹介させていただきたいと思います。

子どものワクワクしている姿、空っぽのお弁当箱、「おいしかった!」と喜んでくれる顔を見ることができれば、きっと作ってみて良かったと一緒に嬉しくなっちゃうこと間違いなしです。

また、遠足などの行事だけでなく、普段のご飯にも活用してみるともっとご飯タイムが楽しくなりますよ。クマやウサギなどのキャラクターおにぎりや抜き型で作ったキャラご飯に、オムライスの卵をお布団に見立ててかぶせてみたり、カレーの中で泳いでいるようにしてみたり。親子で一緒に作れば、きっと、もっともっと楽しい時間になると思います。ご興味がおありの方は、ぜひ試してみてくださいね。

簡単~本気まで!キャラ弁レシピをご紹介

忙しい朝は手抜きも大事。おにぎりラップや小物で可愛く

忙しくてこまごまとした作業を朝に行うのは大変、という場合に便利なのが100均のお弁当グッズ。頑張って作らなければ、と気負わなくても、このような小道具を使うだけで可愛いカラフルキャラ弁の完成です。

ブロガー提供画像3
ブロガー提供画像3

おにぎりラップやサンドイッチパックなら、包むだけでクマさんなどのキャラクターに早変わり! 可愛いバランやカップなどを使うのも簡単でおすすめです。

100均の海苔パンチを使えば、普通のおにぎりもキャラ弁に早変わり!

100均で手に入る、海苔パンチ。キャラ弁作りに挑戦するなら、可愛い顔型の海苔パンチは必須でしょう。細かいパーツをはさみで切るのって結構大変なんですよね。

この海苔パンチがあるだけで、おにぎりなどを可愛いキャラクターに変身させることができるので、キャラ弁初心者の方にもおすすめです。

ブロガー提供画像4
ブロガー提供画像4

リラックマいなり寿司

先ほどの海苔パンチでくりぬいた顔パーツとチーズをのせるだけで、いなりずしがリラックマに変身! 市販のいなり寿司をデコってもOKです。とっても簡単に可愛くなるので、おすすめです。

チーズなどがくっつきにくいときは、海苔代わりにマヨネーズを少し塗るとよくくっつきます。

ブロガー提供画像5
ブロガー提供画像5

キティちゃん&リラックマおにぎり、簡単なのに可愛いウインナーの切り方

楕円形に握ったおにぎりに耳となる小さなおにぎりをくっつけて、海苔パンチで作った顔パーツをのせるだけで、キティちゃんやリラックマのおにぎりに早変わりします。このような方法で、ツムツムおにぎりなど、ほかのキャラクターも簡単にできちゃいますね。

リボンはハムで作っています。おにぎりの隙間は、ブロッコリーやレタスなどで可愛くさりげなく埋めれば、色どりもよくなってGOOD!

ブロガー提供画像6
ブロガー提供画像6

ウインナーも切り方次第で簡単可愛く変身させちゃいましょう。昔ながらのタコさんウインナーは定番ですよね。半分の厚みにして、両サイドに切り込みを入れ、ゴマの目をつければカニさんウインナーのできあがり。

また、真ん中で半分に切ったウインナーに切り目を入れればお花のようにも見えますし、斜めに切って合わせれば、ハートのウインナーのできあがりです。

子どもに人気のキャラ弁の一例、ドラえもん、ミニオンズ

ドラえもんおにぎり

普通の三角おにぎりも、海苔で覆って顔パーツをつけるだけでドラえもんに早変わり! 色々な表情を作れば、子どもたちも楽しんでたくさん食べてくれること間違いなしです。

ブロガー提供画像7
ブロガー提供画像7

オムライスをキャラ弁に! ミニオンズオムライス

子どもたちの大好きなオムライス。メインでお弁当に入れてしまえば、他のおかずが少なくて済みます。

黄色い薄焼き卵と海苔、チーズで体やパーツを作ります。ほっぺの赤はケチャップで。

ブロガー提供画像8
ブロガー提供画像8

お弁当だけじゃない! 普段のご飯でも子どもと一緒にキャラ弁作りを楽しもう

行事のときだけでなく、休日のお昼ご飯にキャラ弁作りを子どもと一緒に楽しんで、お庭や公園で食べたりするのもおすすめです。一緒に作ることができれば、子どもたちもきっと楽しんでくれるはずですよ。

お弁当にこだわらなくても、このような100均の立体ごはん型を使えば…普段のカレーやオムライスが、可愛いキャラクターカレーやキャラクターオムライスに変身! 下の画像のウサギオムライスは我が家の子どもたち作。お手軽でお子さまでも簡単に作ることができるので、おすすめです。

ブロガー提供画像9
ブロガー提供画像9
ブロガー提供画像10
ブロガー提供画像10

本気のキャラ弁作りに挑戦したい方は、オブアートがおすすめ!

「本気のキャラ弁づくりに挑戦して子どもたちを驚かせてみたい」「今までリクエストされてもできなかった、細かいキャラクターなどを作ってみたい」という方におすすめなのが、オブアートです。オブアートなら、好きなように絵を描いて、好きなものに転写することができます。

また、前日に用意しておいて、朝にご飯に貼り付けるだけでもOK!

こちらはおにぎりに転写したポムポムプリンです。

ブロガー提供画像11
ブロガー提供画像11

用意するもの
・オブラート
・細い筆やつまようじ
・粉タイプの食紅、ブラックココア
・アルミカップやシリコンカップ(色を作るのに使います)
・クリアファイル、透明の下敷き、ラップなど
・水を入れたスプレー
・下絵

作り方
① 下絵をラップの下に置くかクリアファイルに挟み込み、その上を水スプレーで湿らせ、つるつるの面を上にしたオブラートを置いて密着させます。

ブロガー提供画像12
ブロガー提供画像12

② 水で溶いたココアで線を描きます。つまようじやネイルアート用の細い筆が便利です。描き終えたら、しばらく乾かします。

ブロガー提供画像13
ブロガー提供画像13

③ 水で溶いた食紅で色を塗ります。

ブロガー提供画像14
ブロガー提供画像14

④ しっかりと乾けば完成! 剥がして、好きな食材に転写しましょう。

ブロガー提供画像15
ブロガー提供画像15

食パンなどの水分の少ないものに転写するときは、食パンの転写する場所を少し水で濡らしておくとよいです。

ブロガー提供画像16
ブロガー提供画像16

チーズ、ごはん、牛乳のような液体にでも転写することができるので、手間はかかりますがとても楽しいですよ。

ブロガー提供画像17
ブロガー提供画像17

キャラ弁作りに便利なキッチンってどんなキッチン?

キャラ弁グッズは簡単に100均などで手に入るため、ついつい買いすぎてしまうことも。そんなとき、たくさんのものをしまっておけるパントリーのあるキッチンはとても便利です。

キッチングッズや食材を見えないところにたくさんしまっておける場所があれば、キッチンはいつでもすっきり。パントリーのあるキッチンは、お料理好きの方にとてもおすすめです。

ブロガー提供画像18
ブロガー提供画像18

100均グッズで細かいキャラ弁グッズを整理整頓、収納力のあるキッチン

キャラ弁作りに欠かせない海苔パンチや抜型などなど、こまごましていて失くしてしまいそうなものばかり。使いたいときに慌てずにさっと取り出してさっとしまえるように、キャラ弁グッズ用の収納場所を決めておくのがおすすめです。我が家では100均のこのようなケースに、まとめて入れています。

ブロガー提供画像19
ブロガー提供画像19

子どもと一緒に作業できる広さがある、アイランドキッチン、アイランド作業台

子どもたちやお友達と一緒にみんなでお料理を楽しむことのできるアイランドキッチン。憧れですよね。

高価なアイランドキッチンでなくとも、水回りやコンロのないアイランド作業台のあるお家も最近増えてきています。みんなで作業できて、場所も広く使えるのでとてもおすすめです。

ブロガー提供画像20
ブロガー提供画像20

キッチンにこだわって住まいを探そう

毎日使うキッチンは、家族の元気と笑顔の源。家族やお友達と一緒にお料理を楽しめば、コミュニケーションの場にもなります。会話も弾む、使いやすい自分好みのすてきなキッチンで過ごしたいですよね。

キッチンにこだわって住まいを探すと、毎日の料理やお弁当作りも楽しくなりますよ!

 あなたにぴったりのキッチンを探してみてくださいね。

りんご

りんごハンドメイド作家

工作、ハンドメイド、diyなど。お子様と一緒に楽しめる季節のアイデアや、インテリア作りなどについてのブログ、雪見日和の運営やライター活動をしています。

※このページの内容は、2019年4月10日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください