家事動線を短縮すれば家事の時間も短縮できる! 時短できる間取り3選

共働きをしているママにとって、毎日は時間との戦いです。なるべく家事の時間を短縮して、少しでも家族の時間を増やしたり、自分の時間を作ったりしたいと考えるママも多いことでしょう。実は、家事動線を短縮できる間取りのマンションを選べば、家事の時間も短縮できます。

今日ご紹介するのは、家事の時間を短縮できる3つの間取りです。引越しを機に家事の時間を短縮したいと考えるママは、ぜひ参考にしてみてください。

共働きママがほしいのは「ゆっくりする時間」

働くママは、仕事と家事・育児の両立に大忙し。多くのママは、「ゆっくり休む時間がほしい……」と嘆いています。

0~10歳までの子どもがいる20~40代の共働きママ267人に対して、2018年6月にベネッセと生活情報誌『サンキュ!』が合同で実施したアンケート調査(注1)によると、共働きママは「追われない自由な時間」を求めていることが分かりました。

この調査で「仕事と家事の効率化でできた時間を何に使いたいか」と質問した結果のトップ3がこちらです。
1位 自由な(追われない)時間 76.4%
2位 子どもとの時間 43.3%
3位 心のリセットの時間 41.4%

また、同調査より、共働きママが興味関心をもつ事柄のトップ3は、
1位 子育て・教育 66.2%
2位 毎月のやりくり 62.7%    
3位 家事の効率化 62.4%
などであることも分かりました。

さらに、仕事と家庭の両立に関する悩みを尋ねた結果、共働きママが「とても悩んでいる」「まあ悩んでいる」と回答を集めたトップ3はこうなりました。
1位 自分のストレス・健康 72.6%
2位 料理 65.4%    
3位 掃除・片付け 65.0%

共働きママがいかに家事に時間を費やしているのかということや、家事の効率化を強く望んでいることがよく分かります。家事にかかる時間を短縮できれば、共働きママがゆっくりする時間を作れますし、精神的な負担も大きく減るでしょう。

家事動線を短縮すれば時間も短縮できる

実は家事の時間短縮には、家事動線を短くできるかどうかが大きく関わっています。

家事動線とは、家事をする際に通る経路のことです。家事動線を短くしたり、次の家事を行う場所を家事動線上に置いたりすることで、家事に費やす時間を短縮できます。家事動線を短縮できるかどうかには家の間取りが大きく関わっているため、引越しを機に家事動線を短くしようと考えるママも少なくありません。

では、どんな間取りなら効率の良い家事ができるのでしょうか?次に、家事の時間短縮に役立つマンションの間取りを紹介します。

家事を時間短縮できる間取り3選

家事を時間短縮したければ、何よりも注目すべきなのがキッチンです。キッチンは1日の中でもとくに滞在時間が長い場所なので、キッチンを中心に間取りを考えましょう。

◇広めのLDKならシンク周りを充実させられる

はじめにご紹介するのは、LDKが広めの間取り。広さの目安としては、6畳~10畳ほどがオススメです。広めのLDKならシンクの周りに必要なものをそろえられるため、炊事の家事動線を短縮できます。

キッチンで行う家事に必要なものは、
・冷蔵庫
・ガス台
・食器棚
などです。これらをなるべくシンクの近くに設置できれば、移動する時間を短縮できるでしょう。

反対に、LDKが狭い部屋や細長い部屋だと、冷蔵庫や食器棚をキッチンではなく、リビングに置かなければいけない場合があるので注意してください。冷蔵庫や食器棚がリビングにあると、食材や食器の出し入れのたびにキッチンから離れなければいけません。

家事の時間を短縮するためには、歩く距離をできるだけ短くすることが大切です。そこでオススメなのが、「食材を出す」「調理する」「盛り付ける」といった作業場を三角形に配置すること。

たとえば、
・シンクやガス台の隣に調理台を置き、振り向いた場所に冷蔵庫を置く
・シンク・ガス台・冷蔵庫を同じ並びに置き、振り向いた場所に調理台を置く
というように、三角形の配置を作りましょう。

また、キッチンから出ることなく食事を出したり片付けたりできれば、家事の時間短縮になります。対面のカウンター付き物件やカウンターを置くスペースがある部屋もオススメです。

壁付けキッチンなら動線を短縮できる

次に紹介する間取りは、壁付けキッチンです。

キッチン(シンクやガス台)が壁にくっついているタイプのキッチンを壁付けキッチンと呼びます。壁から離れた位置にシンクがある対面キッチンとは逆のタイプと言えるでしょう。

壁付けキッチンには、シンク・調理台・ガス台が一直線に並んでいるタイプと、キッチンの角に沿ってL字に配列してあるタイプがあり、いずれのタイプも家事動線の短縮が可能です。

先ほどもお伝えしたように、炊事の時間を短縮するためには歩く距離をできるだけ短くする必要があります。壁付けキッチンなら、振り向いたらダイニングテーブルがある・振り向いたらカウンターがある、といった配置も可能なので、動線を短縮しやすいです。

キッチン

壁付キッチンの物件

6分 11.6万円 1LDK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
キッチン

壁付キッチンの物件

4分 8.4万円 1LDK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
キッチン

壁付キッチンの物件

9分 7.7万円 1LDK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
外観

壁付キッチンの物件

6分 14.9万円 1LDK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
キッチン

壁付キッチンの物件

9分 9.0万円 1LDK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
外観

壁付キッチンの物件

10分 9.0万円 1LDK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
外観

壁付キッチンの物件

5分 8.2万円 1LDK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
キッチン

壁付キッチンの物件

8分 7.9万円 1LDK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
外観

壁付キッチンの物件

2分 9.4万円 1LDK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了

洗濯機や干し場が近くにあれば「ながら作業」できる

洗濯機や洗濯物干し場がキッチンの近くにある間取りも、家事動線を短縮できます。

一般的には、洗面所や浴室と同じエリアに洗濯機を置いている家庭が多いですよね。キッチンと洗面所を何度も往復することで余計な時間を取られてしまうため、なるべくなら洗面所(洗濯機)とキッチンは近い方が時間短縮しやすいです。

洗濯機のスイッチを入れるために洗面所へ行く→朝食を作りにキッチンへ→子どもが起きてきたら一緒に洗面所へ行く→朝食を作りにキッチンへ戻る……といった往復を毎朝繰り返しているママも多いのではないでしょうか。忙しい朝はとくに、こういった往復時間がわずらわしいものです。

もし洗濯物干し場がキッチンに近ければ、煮物を冷ましている間に乾いた洗濯物を取り入れるといった“ながら作業”ができるため、家事の時間を短縮できます。

また、キッチンと洗面所が近い場合は、「ちゃんと顔を洗えているかな?」と料理の合間に子どもの様子をチェックできるほか、お風呂から赤ちゃんをあげるパパに呼ばれたときも、キッチンからすぐ様子を見に行けます。子どもが小さいうちはとくに洗面所とキッチンの往復が多くなりがちなので、小さい子どものいる家庭にはキッチンの近くに洗面所がある間取りをオススメします。

永瀬なみ

永瀬なみ「ライティング事務所 くすの樹」代表。

「ライティング事務所 くすの樹」代表。コラム執筆・SEOライティング・Webコンテンツ作成・企画・取材・編集を中心に活動中。ライフスタイルと心に関するテーマを多く扱う。
「ライティング事務所 くすの樹」https://nagasenami.com/

※このページの内容は、2019年2月15日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください