もうなしでは暮らせない。宅配ボックスで快適生活

「荷物の受け取りがあるから休日の時間が縛られてしまう」
このようなお悩みをお持ちの社会人の方も多いのではないでしょうか?
荷物を受け取るためだけに休日の午前中を自宅で待機しないといけないのは、ストレスがたまってしまいますよね。

そのストレスを解消してくれるのが、「宅配ボックスあり」の賃貸物件です。
そこで今回の記事では、宅配ボックスの使い方や注意点などを詳しく解説していきます。
一人暮らしを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

社会人になって感じた物件選びで必要な条件

社会人になって物件を選ぶときは、さまざまな条件の中から選んでいきます。
条件の中から折り合いをつけて、自分にあった物件を選ばなければいけません。

物件を選ぶ際に、実際に僕が必要だと感じた物件の条件についてご紹介します。

買い物の時間を減らすために普段から通販サイトを利用したら受け取りが面倒

社会人になって朝から夜まで働くようになったため、買い物をする時間がなかなか取れず、日用品なども通販サイトで購入するようになりました。

「これで買い物に行かずに済む!」
とその時は思いましたが、実際には荷物の受け取りが必要です。

買い物の時間を減らすために通販サイトを利用したのに、荷物を受け取るために配達業者を待つ時間が増えてしまいました。また、荷物を受け取るために休日の午前中を自宅で待機しなければならないことも多く、とてもストレスを感じるように。

そのようなストレスを減らすためにも、荷物の受け取りの手間が減らせる宅配ボックスは必須の条件です。

少しでも朝の睡眠を長くしたいなら会社の近くに住むといい

朝から夜まで忙しく働いて、体力的にも疲れている社会人の方も多いのではないでしょうか。

朝の時間は、忙しい社会人にとって非常に貴重な時間です。
1分でも長く寝ていたいのが本音。
そのためにも、会社の近くに住むことは僕にとって必要な条件でした。

会社の近くに住むことで通勤時間を減らすことができ、減らした時間を睡眠時間に充てることができました。
睡眠時間を少しでも確保することで、日々のストレスを減らすことができます。

貴重な朝の時間を確保するためにも、会社の近くに住むのはおすすめです。

ゴミ出しの曜日が決まっていると面倒

一人暮らしを始めると意外と手間だと感じたのが、「ゴミ出し」でした。
ゴミ出しの曜日が決まっており、その曜日を逃すと部屋にゴミがたまってしまいます。

最初に住んだ賃貸物件はゴミ出しの曜日が決まっており、「今このタイミングでゴミ出ししたいのに!」とストレスを感じることも多々ありました。

可燃ゴミなど週に何度も出せる日があればまだましなのですが、不燃ゴミやペットボトルは週に1度だったので、どうしてもたまりがちになってしまいます。

部屋にゴミがたまっているとなんとなくすっきりしません。
そのため、いつでもゴミ出しができるゴミ置き場があると、非常に便利です。

ここまで実際に僕が体験した物件選びで重要だと感じたことについてご紹介しました。
続いては、忙しい一人暮らし社会人におすすめの物件の条件についてご紹介します。

忙しい一人暮らし社会人が選ぶべき物件の条件BEST3

忙しい一人暮らし社会人が選ぶべき物件の条件BEST3をご紹介します。

3位 常時ゴミ出し可能
2位 駅近
1位 宅配ボックス

どれも忙しい社会人の方が選ぶべき物件に必要な条件です。
それぞれの条件を詳しくみていきます。

3位 常時ゴミ出し可能

社会人が選ぶべき物件の条件3位は、「常時ゴミ出し可能」です。
ゴミ出しが常時可能であれば、部屋にゴミをためずに済むため、部屋を清潔に保つことができます。

忙しい社会人の方は、いつ部屋の掃除の時間を取れるか分かりません。
思い立ったときにゴミを出せなければ、次のゴミ出しのタイミングまで待つ必要があるため、ストレスを感じてしまいます。

いつでもゴミ出しができるよう、常時ゴミ出し可能な物件を選びましょう。

2位 駅近

社会人が選ぶべき物件の条件2位は、「駅近」です。

忙しくて時間がない方は、少しでも時間を節約するためにも駅近を選びましょう。
駅近を選ぶことで、通勤時間を減らすことができ時間的にも体力的にも非常に楽になります。

駅近の物件は家賃が高くなりがちですが、人気のエリアを避けることで家賃も抑えることが可能です。

1位 宅配ボックス

社会人が選ぶべき物件の条件1位は、「宅配ボックスあり」です。
宅配ボックスがあることで、荷物の受け取りのストレスから解放されます。

荷物の受け取りのために休日を指定すると、その時間は自宅で待機しなければなりません。
せっかくの休日、荷物を受け取るためだけにつぶすのはもったいないですよね。
また、自分で時間を指定しておいて不在にするのは宅配業者さんに対して、非常に申し訳ない気持ちになります。

しかし、宅配ボックスがある物件であれば、宅配ボックスに荷物を預けてくれるのでいつでも受け取りが可能です。
荷物受け取りのストレスから解放されたい方には、マストの条件です。

ここまで忙しい社会人が選ぶべき条件BEST3についてご紹介しました。
続いては、条件の1位であった宅配ボックスについて詳しく解説していきます。

荷物の受け取りがいつでも可能な宅配ボックス

宅配ボックスは、不在時でも荷物の受け取りが可能な箱のことです。
宅配ボックスがあることで、配達業者が荷物を預けることができます。

宅配ボックスは、マンションの共用部分に設置されていることが多いです。
続いて、宅配ボックスの使い方や注意点についてご紹介します。

宅配ボックスの使い方と注意点

宅配ボックスの使い方は、
・ダイヤル式宅配ボックス
・電気式宅配ボックス
でそれぞれ異なります。

ダイヤル式宅配ボックスは空いているボックスに荷物が預けられ、ダイヤルの番号が決められます。
そのダイヤルの番号を配達先のポストへ投函し、受け取った方が番号で宅配ボックスを開けて荷物の受け取りが可能です。

電気式宅配ボックスはテンキー式になっており、番号を打ち込んでボックスを開けて荷物を受け取ります。
宅配ボックスの注意点は、ダイヤル式の場合だと番号が違っていたり、番号を書かずにポストへ投函されたりすることです。

続いて、宅配ボックスがどんな人におすすめかをご紹介します。

荷物の受け取りが面倒な方におすすめ

宅配ボックスは、
・普段通販サイトをよく利用する方
・荷物の受け取りが面倒だと感じる方
におすすめです。

通販サイトを頻繁に利用される方は受け取る荷物の数も多く、そのたびに時間を指定して自宅で待機しなければなりません。
同じ日にまとめて指定したとしても、何度も受け取らなければならないため、非常に面倒です。

人に気を使うタイプの方であれば、配達業者さんに対して「何度もすみません」と気を使うことなく荷物を受け取ることもうれしいポイント。
荷物の受け取りをスムーズにしたいのであれば、宅配ボックスを利用しましょう。

今回の記事では、宅配ボックスについてご紹介しました。
今回の記事の内容をまとめます。

・宅配ボックスがあることで荷物の受け取りの時間を短縮できる
・荷物を受け取るためだけに休日自宅で待機することもなくなる
・普段通販サイトを利用する方は宅配ボックスがある物件がおすすめ

宅配ボックスが設置されている賃貸物件を選ぶことで、荷物の受け取りのストレスを減らすことができます。
忙しい社会人の方は、普段の生活のストレスを少しでも減らして快適な生活を送りましょう。

阿部将英(あべまさひで)

阿部将英(あべまさひで)

運用ブログ「ローカルベース」。1990年生まれ、佐賀県唐津市出身。大学卒業後、都内Webベンチャー、大牟田市地域おこし協力隊を経てWebライターとして独立。現在はWebライティング・地域メディア運営・講師業をメインに活動中。「地元に帰りたいけど、仕事がない」を解決するために地元佐賀県唐津市で事業作りに取り組んでます。

※このページの内容は、2019年2月15日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください