ベランダでピクニック! 子どもと一緒に100%楽しめるマンション暮らし

ベランダでピクニック! 子どもと一緒に100%楽しめるマンション暮らし

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

小さな子どもがいると、なかなか外出先でゆっくりと食事ができませんよね。
私も2歳の子どもがいるので、公園を少し歩くだけで精一杯です。

とはいえ、たまには外の空気を吸いながら食事をしたいと思う瞬間があります。
一戸建てで広い庭があるならバーベキューができるかもしれませんが、残念ながら我が家はマンション暮らしなので自宅でバーベキューはできません。

そんなときに思いついたのが「ベランダピクニック」です。
気軽に自宅でお出かけ気分を味わうことができるので、小さなお子様がいる家庭にもおすすめです。

ベランダピクニックとは

ベランダでピクニックしていいの?

そもそもマンションのベランダは共有部分ですので、基本的に物を置いてはいけません。避難経路を塞いでしまう可能性があるからです。
そこを理解した上で、避難経路はしっかり確保し、少しの時間だけ有効に使うことはできます。
ベランダ用のテーブルやイスは小さいサイズのものも多いですよね。

ベランダピクニックのいいところ! 外の空気でリフレッシュ

我が家は夫がピクニック好きです。幼児がいる今は、なかなか出かける機会が少なくなりましたが、ベランダを活用してお手軽にピクニック気分を楽しんでいます。

ベランダで数時間だけ外の空気を吸いながら食事を楽しむ時間は、息抜きのできない毎日の生活にリラックスをもたらしてくれます。
外でピクニックとなると子どもが動き回ってゆっくりすることができませんが、自宅のベランダを活用すれば家族のペースで過ごすことができます。

子どもを早く寝かしつければ、ランプを灯してムードのある夜ピクニックもできますよ。

ベランダピクニックは準備がラクラク

これまでも息子を連れて公園ピクニック・お花見・バーベキューに行くことはありましたが、結局座っている時間はなく常に神経を張り巡らせていました。

さらに子どもの外出準備も手がかかります。オムツや着替え、子ども用のおやつなどそれだけで手一杯です。

ベランダピクニックでは、外出のための大掛かりな準備や荷造りもなく、いつもの延長で楽しく食事することができるのがメリットです。

キッチンがすぐ近くにあるため料理や片付けがラクですし、フルーツや飲み物も冷蔵庫で冷やしておけるのでフレッシュな味を楽しむことができますよ。

子どもは自由気ままに楽しい時間

小さな子どもがいると、バーベキューやピクニックに行っても一瞬も目が離せず、不安ですよね。

まだうまく意思疎通が図れない年齢だと、迷子になったときに助けを求めることもできませんから、絶対にそばに付いていなければいけません。
しかし、ベランダピクニックならその心配がなく、自由にリビングで遊ばせることができます。
家なら場所見知りすることもなく、子どもはお気に入りのおもちゃで遊んでいられます。

ルーフバルコニーならゆったりピクニックを楽しめる

一般的なベランダ・バルコニーでも十分楽しめますが、子どもが2人以上いる場合や、料理をたくさん用意したい場合は、ルーフバルコニーが付いている物件がおすすめです。

ルーフバルコニーは、下の階の屋根部分を利用して作られたバルコニーのことです。
子どもも動き回れるスペースがゆったりとれますよ。

ベランダピクニックに必要なアイテム

ベランダピクニック用のイスやテーブルは出しっ放しにしない

ベランダピクニックに必要なアイテムは、簡易的なイスとテーブルがあれば十分です。
キャンプなどアウトドア用のものがおすすめです。

前述した通り、ベランダピクニックはとてもお手軽にできます。
とはいえ、小さな子どもがいる場合は、テーブルやイスなどの踏み台になるものをベランダに出しっ放しにするのは危険です。
まだ分別のつかない年齢の場合、親が気づかぬうちにベランダに出てしまうこともあり、転落の危険性があるからです。

というわけで、我が家では転落事故防止のため、ベランダピクニックのときだけキャンプ道具を出すようにしています。
ベランダ用のおしゃれなテーブルやイスを配置したり、ガーデニングをされていたりするおうちにも憧れますが、キャンプ道具を出し入れするスタイルも特別感があってワクワクしますよ。

折りたたみ式のキャンプ道具なら、収納場所を取らなくて便利です。我が家では洋室のウォークインクローゼットにキャンプ用品を収納しています。

食べ物やお酒を用意! 非日常な夜のピクニックもおすすめ

ピクニックは昼間の明るい時間も楽しめますが、子どもを早めに寝かしつけて、ランプを灯して夜のピクニックも素敵ですね。
ベランダでバーベキューはできませんが、キッチンで焼いたお肉を持っていくことはできます。

私は、現在禁酒中のためノンアルコールで乾杯していますが、冷えたお酒があれば最高だと思います。

キャンプ用のランプはベランダにも持ち出せることはもちろん、乳児への授乳タイムにも役立つのでママにおすすめのアイテムです。

写真に写っているキャンドルはフェイクの火で、電池式のものを使っています。

ランプを灯してロマンティックな空間を演出すれば、ベランダからの夜景もなおさら魅力的に感じますよ。

BGMを流せばリラックス効果抜群

Bluetoothスピーカーなどを使って近隣に迷惑にならない程度の音楽を流せば、さらに優雅な時間になるのではないでしょうか。
川のせせらぎや鳥の鳴き声などをBGMにすると、リラックスして癒されます。

ベランダピクニックの注意点

ここまで気楽にできる点が強みだと説明してきたベランダピクニックですが、それでも実際に行う上では注意点がいくつかあります。

マンションのベランダは共有スペースで、災害時の避難経路ですから、蹴破りドアを塞いだり、ものを出しすぎたりしてはいけません。
避難経路はしっかり確保して、安全に注意して行いましょう。

マンションの管理規約は確認しておこう

マンションによってはベランダの使用方法についてルールがある場合があるので、一度管理規約に目を通してみることをおすすめします。

声のボリュームには十分注意!

また音の面でも注意が必要です。ご近所迷惑にならないよう、常識の範囲内で楽しむようにしてください。
お酒を飲んでどんちゃん騒ぎはもっての他です。十分に気をつけましょう。

ベランダの排水口は掃除必須

また、これはピクニックに限った話ではありませんが、ベランダの排水口がゴミや落ち葉等で詰まらないよう、掃除は定期的に行いましょう。

憧れの眺望! 自宅のベランダから絶景を楽しむ

我が家のベランダからは山と夜景が見えるので、夜にベランダに出ると癒されます。
現在の住まいを決めたとき、ベランダからの眺めを考慮し、中層階以上の部屋を選びました。

中層階以上で眺めがいい物件は清々しい気持ちになれますよ。また虫がこなくて快適なのも嬉しいポイントです。

ベランダから見える様々な季節を楽しみながらピクニックをしてみるのも、とても楽しいです。
ぜひベランダつきのお部屋で、家族やお友達とちょっとしたピクニックを楽しんでみてください。

もこ@住まい系ママブロガー

もこ@住まい系ママブロガー

住まい系ブログ【 MOKO HOME(もこほーむ)】を運営するママブロガー兼ライター。「住まいと暮らしを豊かに」をコンセプトに、新築マンション・インテリア・育児メインのコンテンツを発信。家具や食器が好きだけど、片付けは苦手で収納を勉強中。家族にとって心地いい暮らしを追求している。関西在住。

※このページの内容は、2019年10月10日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。