夏のボーナスを使った引越しで、費用の準備や新居探しをスムーズに!

夏のボーナスを使った引越しで、費用の準備や新居探しをスムーズに!

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

「今より広い部屋で暮らしたい!」「もっと職場に近い場所に住みたい!」など、引越ししたい理由はさまざまですよね。しかし、引越し費用の確保は難しく、なかなか引越しに踏み切れないという人も多いのではないでしょうか? 

そこでおすすめしたいのが、夏のボーナスを使った引越しです。夏のボーナスを利用すればまとまった金額を準備しやすく、メリットも多いんです。今回は私の実体験を踏まえて、夏のボーナスを使った引越しについて紹介していきます。

引越し費用を工面するなら夏のボーナスがおすすめ

引越しをすれば、今よりも理想の暮らしに近づけると考える人は少なくないはず。しかし実際に引越しをするとなると、気がかりなのがお金のことです。引越し料金や敷金・礼金、新しい家具や家電の購入費など、引越しを行うには多くのお金が必要になります。前もって引越し費用を貯蓄している人なら問題ありませんが、いつ引越すかも分からないうちから毎月こまめに貯蓄を行っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで提案したいのが、夏のボーナスを引越し費用に充てることです。ボーナスなら大きな額の支払いも難しくなく、普段の家計にも響きにくいメリットがあります。実際に筆者が6月に引越しをしたときには、家具や家電の買い替えが必要になりました。そのため、想定以上に出費が膨らんでしまったのですが、ボーナス時期だったのでなんとか支払えた経験があります。

実際に引越しにかかる費用を確認しておこう

引越しをするにあたって必要な費用は、引越し会社に支払う料金だけではありません。敷金・礼金や退去費用、家具家電の購入費など、実にさまざまな部分でお金が必要になり、まとめると大きな金額になってくるのです。

まずはどれくらいの費用が必要なのか考えておくことが大切です。

引越しに関わる費用

・引越し料金
・エアコンの取り外し/取り付け工事料金
・移動に必要な交通費

住居に関わる費用

・家賃
・賃貸物件の退去費用(修繕費など)
・新居の敷金/礼金/保証料
・駐車場の契約金
・不動産会社への仲介手数料
・新居のクリーニング/害虫駆除の費用

その他の費用

・インターネットプロバイダの解約手数料
・引越し前後の外食費
・不要な家具/家電のリサイクル料金
・家具/家電/生活用品などの購入費
・新居のご近所へのご挨拶プレゼント代

以上のように、引越しに関わる費用は実にたくさんあります。また、引越し後は「せっかくの新しい家だから」と家具家電や生活用品を新調することも多くなるため、出費が大きくなりがちです。

引越しで疲れていると食事を作るのも面倒に感じるため、ついつい外食も増えてしまいます。そんな使い過ぎのときにボーナス払いを考えておくと気持ちも楽になります。

夏のボーナスシーズンは新居や引越し会社を探す点でもメリットがある

一般的に夏のボーナスが支給される6~7月は、引越しする上でメリットが多いシーズンです。この時期は引越し会社の手配や部屋探しが簡単に行えるという特徴があります。

引越し会社の混雑時期の3~4月は希望の日程が取れないことも多く、空き状況に合わせて自分のスケジュールを組まなければならないことも多いでしょう。一方、6~7月であれば引越しも混み合わないため、希望の日程が取りやすく、自分の都合に合わせて引越しの準備を進められます。

また、6~7月であれば他のシーズンに比べて引越し料金が低く設定されている上に、値段交渉もしやすくなります。さらに6月はジューンブライドで、一人暮らしをしていた人が結婚を機に引越しをすることが多いため、物件に空きがでやすい傾向があります。春に比べると入居希望者が少ない時期なので、家賃交渉にも応じてもらえる可能性が大きくなります。

春の引越しシーズンでは希望通りの部屋が見つかっても、悩んでいる間に他の人が契約してしまうこともしばしば。しかし、夏のボーナス時期なら多くの人が部屋探しをしているわけではないので、自分に最適な部屋を落ち着いて探すことができます。

実際に筆者が6月に引越しを行ったときは、希望通りの物件情報がちょうど入って、不動産会社を何度も訪れることなく、すんなりと契約することができました。その上、家賃交渉にも応じてもらえて、とても満足のいく物件探しができた覚えがあります。

また、筆者の経験から言えば、6月ごろはまだ真夏ではないため、荷造り作業も比較的しやすく、エアコンを引越し日よりも前に取り外してもあまり不便に感じることはありませんでした。

このように、夏のボーナス時期は引越しをする上でメリットがとてもたくさんあるのです。

夏のボーナスシーズンはいい部屋に巡り合える可能性が高い

引越しをする上で重要な部屋探し。希望の物件に出合えなければ、引越し自体を諦めなければならない場合もあるでしょう。しかし、夏のボーナスシーズンなら、他の時期に比べて理想の部屋が見つかる可能性は高くなるため、引越しを考えるにはぴったりです。

空室となっている物件の敷金・礼金を下げて募集をかけることがある

春に退去者が出た物件がこの時期まで空室のままだと、オーナーが敷金・礼金を下げて入居者を募る可能性があります。また、敷金・礼金が下がっていない場合でも、交渉次第では値下げに応じてくれるかもしれません。

ジューンブライドで引越す人がいるため、築浅ワンルームが空く場合も

一人暮らしをしていた人が、結婚を機に引越しをすることが多くなる6月ごろ。ワンルームの空き部屋も多くなり、築浅できれいな物件が見つかる可能性もあります。

新婚向けの新築物件がこの時期に合わせて登場する

ジューンブライドで結婚する人たちに向けて、新築の物件が登場することがあります。二人暮らし~ファミリー向けの少し広めの間取りが希望なら、新築物件で探してみるのもいいでしょう。

リノベーションしたての物件に出合えることもある

春に空室となった物件をリノベーションして、工事が終了する夏に入居者募集を開始することがあります。新築並みのきれいな部屋なのに、安い家賃の物件に出合えるかもしれません。

夏のボーナスシーズンは、引越しをする上でのメリットがたくさんあることがお分かりいただけましたか? お金がかかる引越しは、ボーナスを使って賢くやりくりすると普段の家計に響きにくく、スムーズに新生活をスタートできます。

これから新しい暮らしを始めたいと思っている人は、ぜひ夏のボーナスを使った引越しを検討してみてはいかがでしょうか?

ハナ

ハナ

大学で建築・インテリアについて学んだのち、家具大手企業に就職。現在はママライターとして、インテリア・ライフスタイルについて執筆中です。自宅では北欧インテリア×グリーンのある暮らしを楽しむ日々。また、転勤族の妻として7回の転居を経験し、各地のママ友とのつながりの中で、日ごろからたくさんの情報を仕入れています。

※このページの内容は、2019年6月12日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。