【ホームズ】大阪の「ほどよい都会」はこの4駅! 実体験をもとにリアルな住み心地を紹介|暮らし方から物件探し
大阪の「ほどよい都会」はこの4駅! 実体験をもとにリアルな住み心地を紹介

大阪の「ほどよい都会」はこの4駅! 実体験をもとにリアルな住み心地を紹介

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

新しい勤務先は大阪の都会!

新卒入社して働き始めてから3年が経った頃。「新しいことに挑戦したい!」と思いきって転職を決意した私は、大学時代から慣れ親しんだ街を離れ、新しい勤め先である大阪市内に出やすい街へ引越しをすることにしました。

都会で働くことにそもそもの憧れがあったので、勤務先に不満はありませんでした。しかし、一日中人と建物に囲まれる暮らしは私には合わないといった思いがあり、できれば職場からは少し離れたところに住みたいと考えていました。

大阪市内に近い場所は人や建物が密集していて、便利だけど落ち着かない。市内から離れた郊外は、静かで落ち着いているけど通勤時間が長く不便…どちらにかたよっても、マイナス面が気になってしまいます。

いろいろな地域を検討しているうちに、都会でも郊外でもない、「ほどよく都会な地域」が自分に合っていると感じました。検討した地域それぞれのプラス面とマイナス面を理解したうえで、総合的に判断して住むエリアを決定しました。
今回は、そんな私の体験談をご紹介します.

京阪沿線樟葉駅の魅力…単身・ファミリーどちらにも快適な環境

そんな願望を叶えてくれる街だと感じ、最終的に住むことに決めたのが、京阪沿線の「樟葉(くずは)駅」でした。ここからは、そんな「ほどよく都会」である樟葉駅の魅力を説明していきましょう。

大阪と京都、どちらにも気軽に行けるアクセス

京都と大阪をつなぐ京阪電車。ちょうど真ん中に位置する樟葉駅は、特急も停まり、京橋(大阪)も祇園四条(京都)も30分以内で到着することができます。私の場合は勤務先が大阪市内だったので、休日は仕事のことを忘れて京都で買い物や観光を楽しめ、とてもいい気分転換になっていました。

単身は2万円~8万円代、ファミリーは5万円~12万円代という家賃相場

樟葉駅周辺はとても栄えているのに、徒歩圏内で単身は2万円代からのお部屋があるのは驚きです。ファミリー向けには、駅から7分離れた大きな公園周辺の閑静な住宅街にある物件がおすすめです。徒歩圏内に市民センターや図書館もあるので、とても便利な地域です。

※家賃相場は毎週金曜日に更新され、変動がございます

なんといっても便利なのが「くずはモール」

電車を降りて家に帰るまでに通り抜けできる、何でもそろう大型ショッピングセンター! それが「くずはモール」です。入っているお店が何もかもおしゃれで、仕事終わりの寄り道にいつもワクワクしていました。くずはモールは本館と南館に分かれており、それぞれ特色があります。

本館はファッションの専門店(21時まで)や百貨店(一部を除いて20時まで)、食料品売り場(24時まで)やレストラン街(22時まで)があり、それぞれ夜遅くまで開いているので仕事で遅くなっても楽しめるのが嬉しい!

南館は、映画館や家電量販店、ユニクロやニトリ、トイザらス等の大型専門店が多数入っていて、家族で休日をゆったり過ごすのにも最適です。

樟葉駅周辺にも便利なお店がたくさん!

「くずはモール」以外にも、樟葉駅周辺の路地には居酒屋やラーメン店、ファーストフード店やスーパーもたくさんあります。帰り道は遅くまで開いている店が多く、街灯も多いので治安も良好。少し歩けば閑静な住宅街も広がっているので、ほどよく都会の本当に住みやすい街です。

また、私は転職に伴う引越しの際、最終的には樟葉駅を引越し先として選んだのですが、そのほかにも3つほど検討していた駅がありました。

それは、「京阪沿線枚方市駅」「JR野田駅」「阪急電鉄 箕面(みのお)駅」です。

次は、これら3つの駅の居住環境について紹介していきたいと思います。

枚方市駅の住み心地は?

2018年にリニューアルオープン、年々便利になる枚方市駅

2018年にリニューアルが完成した枚方市駅。無印良品がデザインした、おしゃれながらもどこかホッとする、木で囲まれた印象の便利な駅ナカ施設、「ひらかた もより市」が今注目されています。

駅と商業施設が一体となっているので、改札から出たらそのまま買い物ができ、コミュニティスペースでは屋台のつらなったマルシェなどのイベントも開催されています。

数年前には蔦屋書店が中心となった商業施設の「枚方T-SITE」も駅のすぐ近くにオープンしており、勢いに乗っている枚方市駅。ファミリーにも嬉しい「ほどよい都会」と言えるでしょう。

京都と大阪どちらも特急が停まる!

枚方市駅も、樟葉駅と同じく特急が停まります。もちろん大阪と京都へ行ける利便性も、樟葉駅と同じです。ただ、樟葉駅よりも車の交通量が多く、駅周辺は渋滞しやすいので車でのアクセスは少し注意が必要です。ファミリー世帯は、駅から少し離れた場所に住む方が静かに生活できそうですね。

単身は1万円~7万円代、ファミリーは4万円~9万円代

樟葉駅よりも都会なのに、枚方市駅周辺は家賃相場が少し下がります。住みやすさはそこまで変わりませんが、樟葉よりも単身向けのイメージです。費用を少しでも抑えたい方は、枚方市駅周辺がおすすめです。

※家賃相場は毎週金曜日に更新され、変動がございます

野田駅の住み心地は?

美味しい食べ物屋さんの密集地!

駅自体は本当にシンプルで、いくつか飲食店が入っているだけ。特に目立った商業施設があるというわけではありません。しかし、阪神電鉄の野田阪神駅が隣接しているだけでなく、学研都市線の野田駅も近くにあります。そう、3駅が密集しているので、人が集まりやすいのです。つまり、野田はあらゆるジャンルの美味しい食べ物屋さんが集まってくるエリアなのです!

すぐ近くの大都会、梅田よりも駅からすぐに密集した飲み屋街もあるので、仕事帰りに食事をするのに最適。梅田ほど人があふれていないので、穴場的なエリアといえるでしょう。

コンビニや薬局、ファーストフード店も豊富です。夜遅くまで営業している飲食店も多いので、都会の明るさを感じる非常に便利なエリアです。

JR・阪神電鉄・学研都市線の三つの線が利用可能

前述の通り、野田阪神駅と学研都市線の野田駅が近くにあるため、当駅を起点として大阪の様々なエリアに行くことができます。ライフスタイルに応じて利用する駅を変えられるため、人によってはどんな駅よりも便利になるのではないでしょうか。

単身は2万円~9万円代、ファミリーは4万円~9万円代

野田駅は、梅田エリア寄りなので都会に位置します。便利ですが夜間の飲食店に人が集まりやすく、ファミリーには騒がしく感じるので、単身者向けといえます。

※家賃相場は毎週金曜日に更新され、変動がございます

箕面(みのお)駅の住み心地は?

箕面スパーガーデンがすぐ近くに! 自然が豊富でファミリーに最適

自然が豊富で公園が多く、近くに温泉施設があるので家族でのんびり過ごせるエリアです。駅の周辺の近くには飲食店が少ないイメージですが、おしゃれで女性に人気のカフェが意外と点在しています。大学が近くにあるので、学生が利用するような施設も多いです。

阪急梅田駅までは電車で約30分!

大阪方面は車で行くと時間帯によっては渋滞しやすいので、大阪方面へ出る場合は電車利用がおすすめです。大阪方面への通勤は電車で約30分なので、通勤快適範囲内。休日は家族で自然豊かなスポットでゆっくり過ごすことができます。

単身は2万円~5万円代、ファミリーは4万円~9万円代

※家賃相場は毎週金曜日に更新され、変動がございます

まとめ

転職を機に引越しを検討される方は多いかと思います。勤務先は、オフィス街のある大阪市内だけれど、日常生活を送るのは落ち着いた環境がいいと考える方には、今回紹介した4つのエリアはとてもおすすめです。
市内へのアクセスの良さ、家賃相場、居住環境など生活しやすい環境が整っているかを基準に、引越し先として実際に検討していたエリアになるので、是非参考にしてみてくださいね。

Chiyo

Chiyo主婦大家ブロガー

子ども4人の主婦大家です。会社員のときに7回以上転勤をした引越しのスペシャリスト。(主人は元引越し会社勤務)
新居建築に関するすべてを公開中の「夫がBESSがいいって言うもんで。」と大家ブログ、支援学級の子ども達のブログも運営しています。
ドローン撮影をした建築ログチャンネル「ちよざわーるど」も運営中です!

※このページの内容は、2019年12月5日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。