海老名っ子が感動! 直通運転で「相鉄線」はさらにファミリーが暮らしやすく

海老名っ子が感動! 直通運転で「相鉄線」はさらにファミリーが暮らしやすく

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

「相鉄線1本で、新宿渋谷方面に行けるようになったんだって!」
神奈川県内を走る相鉄線が2019年11月より、JR線との直通運転を開始。東京都心へのアクセスが便利になりました。

私は、神奈川県海老名市に住んで18年、相鉄線沿いのかしわ台駅に住んで2年の「海老名っ子」です。海老名市は、相鉄線の直通運転を開始したことで、今までよりもさらに生活が快適になったと感じています。
今回は、海老名っ子の私が相鉄線沿いの暮らしの魅力と、相鉄線沿いのおすすめ駅を紹介します。

相鉄線とは?

相鉄線は、神奈川県横浜市~海老名市、横浜市~藤沢市をつなぐ路線です。2019年11月より、JR線との直接運転を開始し、新宿や渋谷方面へも乗り換えなしで行けるようになりました。

相鉄線沿いには、世界三大珍獣の「オカピ」で有名な「よこはま動物園ズーラシア」や、英国風の庭園で季節の花を楽しめる「横浜イングリッシュガーデン」などの観光スポットがあります。老若男女問わず、親子でも楽しめるスポットがたくさんあります。
私は小学生の頃から結婚するまでの約15年間、海老名市内の小田急線沿いで生活をしていました。

結婚を機に、海老名市内でも静かで生活しやすいと感じた相鉄線かしわ台駅付近に引越し。交通の便がよくなりさらに住みやすくなった街での暮らしを紹介していきます。

相鉄線沿いの海老名市

相鉄線の中で海老名市にあたるのが、海老名駅・かしわ台駅・さがみ野駅の3駅。海老名駅は、小田急線と相模線に乗り換えができるターミナル駅です。
一方、私の暮らすかしわ台駅、さがみ野駅は、静かな住宅街が広がる地域です。どちらも駅近くにスーパーやコンビニがあり、日用品の購入には困りません。
小さな子どもがいるとちょっとした買い物でも大変ですが、電車に乗ることなく日用品をそろえられる環境はとても嬉しいものです。

相鉄線沿いの海老名で生活しやすい3つの理由

それでは、ここからは相鉄線沿いで暮らす魅力を、大きく3つに分けて深堀りします。

交通の利便性に感動! 進化する相鉄線

相鉄線では、2019年11月に新宿・渋谷方面への直通運転が始まり、私も先日初めて直通運転でかしわ台から渋谷駅まで行ってみました。
乗ってみた感想は、「快適!」の一言に尽きます。私が住むかしわ台駅の場合、今までは海老名駅もしくは横浜駅で乗り換えをしないと渋谷までは行けなかったのです。

コミュニティバスで移動もらくちん
交通面の魅力はもう一点あります。
海老名市は、子育て世代とお年寄りに優しいサービスを展開しています。
市内でも家から最寄り駅まで、徒歩で片道20分以上かかる場所もあるので、駅まで出るのが大変な方のために、海老名市では「コミュニティバス」を3ルート運営しています。
乗車料金は、大人150円、幼児(小学生以下)80円とお得価格。さらに、大人1人につき、同伴する幼児(6歳まで)二人までは無料で乗れ、1時間に1本のペースで運行しているのでよく活用しています。

都会と自然、2つの顔を持つ海老名

海老名駅周辺にはショッピングモールの「ららぽーと海老名」と「ビナウォーク」、さらには映画館も2ヶ所あり、まさに都会といえる場所になりました。

現在、海老名駅相鉄線のホームは新しい改札の工事中ですが、工事完了後は個人経営の居酒屋が多く並ぶ「押堀通り」に行きやすくなります。
テレビ番組で紹介されたこともある、大盛焼き鳥丼が有名なやきとり屋さんもあります。お酒好きの方にはたまりませんし、帰りはすぐ電車に乗れるので安心ですね。

また、海老名は少し歩けば自然と歴史を感じられる場所が広がっているところも好きなポイントです。
いちご農園の「ストロベリーハウス」やレンタル畑などがあり、親子でいちご狩りや野菜栽培を楽しむこともできますし、大人は海老名産のお米を使った日本酒や泉橋酒造の酒蔵見学も楽しめますよ。

国分寺跡や郷土資料館の海老名温故館などの場所では、数100年以上前の歴史に触れられます。私も行きましたが、郷土資料館は地元の小学生の社会科見学でも使われる施設です。

【ストロベリーハウス】

・神奈川県海老名市中河内1120
・小田急線・相鉄線海老名駅よりバスと徒歩で約30分
・営業時間:土曜日・日曜日・祝日 7:30より先着受付(10:00頃入場開始)

【泉橋酒造株式会社】

・海老名市下今泉5-5-1
・小田急線・相鉄線海老名駅より徒歩約25分
・営業時間:酒蔵見学は予約制(要ホームページ確認)

【海老名市立郷土資料館「海老名市温故館」】

・海老名市国分南1-6-36
・小田急線・相鉄線海老名駅より徒歩9分
・営業時間:9:00~17:15(年末年始休業)

海老名は子育て環境が充実

海老名市は、子育てしやすい環境が整っていることも魅力の一つです。
先ほど紹介したコミュニティバスで駅まで車がなくても移動できます。また、駅前のららぽーと海老名では「ママwithららぽーと」と称し、親子で利用しやすいショッピングモールを作り上げているのが特徴です。

子どもが遊ぶエリアや授乳台などが多く設置されており、ママと子どもで買い物に来た際も気軽に楽しめるような配慮が見られます。
また、海老名市の医療費は中学校3年生まで無料です。中学生になると、運動部で怪我をして通院するなど、病院に通う機会も増えますよね。塾代などの学習費用が増え始める時期に負担を減らすことができるのは、ありがたい限りです。

相鉄線沿いでファミリーにおすすめの駅5選

次に、相鉄線沿いのおすすめ駅5つと、実際に住んでいる方の声を紹介していきます。

1、海老名駅

海老名駅は、相鉄線の始発・終着駅なのでタイミングを見計らえば座って横浜や新宿方面へ行くことができます。海老名駅から横浜駅までは、主要駅だけに止まる特急の場合、27分で到着します。

また、駅前にはショッピングモールや映画館などの商業施設が充実しており、「スターバックスコーヒー 蔦屋書店 海老名市立中央図書館店」の入っている綺麗な「海老名図書館」は、学生から大人まで多くの方に利用されています。
さらに海老名駅はJR東日本に加え、小田急線と相模線も乗り入れているので、お出かけや通勤通学にも便利な場所です。

「日常の買い物に困ることはなく、それでいて、栄えているのは駅周辺だけなので、住むところは静かな環境が守られている。」(30代女性)
「コンパクトな街だが、商業施設、病院、図書館、市役所などが収まっていて便利。電車も3本の路線で便利。平らで自転車で移動しやすい。少し郊外に出ると自然が豊かで程よく田舎なのがなおいい。」(40代女性)
「交通の便が、鉄道、車両ともに便利。駅周辺の再開発に将来性を感じる。相模川など自然もあり、空気感が好き。」(40代男性)

2、大和駅

大和駅は、相鉄線だけでなく小田急江ノ島線が通っているので、お出かけ好きの方におすすめです。相鉄線で海老名・横浜方面、小田急線で新宿・片瀬江ノ島方面に移動できます。
また、「よこはま動物園ズーラシア」の最寄り駅である三ツ境駅も2つ隣なので、ファミリー層にぴったりですよ。

3、湘南台駅

湘南台駅は、以下の3路線が通っているので通勤通学に便利です。

・相鉄いずみ野線
・小田急江ノ島線
・横浜市営地下鉄ブルーライン

駅周辺にスーパーなどの買い物施設がそろいつつ、自然もあるので、子育てしやすい地域でもあります。

4、西谷駅

羽根沢横浜国大駅とつながり、西谷駅から新宿までは相鉄新横浜線の特急で、乗り換えせずに約45分で行けるようになりました。また、横浜駅まで相鉄本線特急で約9分と通勤通学もしやすい駅です。
駅周辺には、西谷商栄街や「マルエツ 西谷店」などがあり、帰りに買い物をして帰宅できるので便利です。

5、横浜駅

横浜駅はターミナル駅のため、相鉄線をはじめ、JR東海道線や京急線など多くの路線にすぐ乗れるのが魅力です。
駅周辺には、ホテルや商業施設なども充実しており、グルメやショッピングをいつでも楽しめます。

「ターミナル駅のため、交通の便がとてもいい。デパートや商業施設が充実していて何でもそろうし、近隣駅の他の大きい駅にも行きやすい。飲食店がかなり多く迷うくらい。」(30代女性)
「一番条件である交通の便もとても充実している。ショッピングや病院などの医療機関、飲食店などどれを取ってもとても満足している。」(40代男性)
「横浜駅が近く、ショッピング、外食などはこちらを利用することとなります。また、鉄道は多くの路線を利用可能で、車も首都高、第3京浜、横浜新道へのアクセスが便利です。」(50代男性)

まとめ

相鉄線沿いには、都会らしいエリアと自然が広がるエリアの両方があり、子育てがしやすいファミリーでの生活にぴったりです。JR線との直通運転が始まったこともあり、通勤・通学の幅も広がりました。

「買い物が便利な家がいい」
「普段は静かに暮らしたいけど気軽に遊びに行ける場所に住みたい」
そんな生活する上での希望が、相鉄線沿いなら叶えやすいと実感しています。

また2022年には、相鉄線と東急東横線との直通運転も開業予定なので、より生活が便利になるのではないでしょうか。私が住んでいる海老名市も、買い物も自然も楽しめるのでおすすめです。
新しい生活、相鉄線沿線で楽しみませんか?

笹まい

笹まい

16歳年上の旦那とかわいい茶白トラ猫と生活する主婦です。2019年より家族との時間を増やすため、在宅ワーカーに転身。
Webライターとして、生活・転職・旅行など、体験を元にした記事を執筆しています。
趣味は猫の写真を撮ること、個人経営のおいしいお店をさがすこと。

※このページの内容は、2020年5月27日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。