「母になるなら、流山市。」 働くママもサポートする流山おおたかの森での暮らし

  • はてなブックマーク

2005年に開業し、秋葉原とつくばを約45分で結ぶつくばエクスプレス(TX)。

流山おおたかの森は、秋葉原から快速約25分で、都内へのアクセスのよさや駅直結の大規模ショッピングセンターを始めとする施設への利便性が魅力です。
さらにもうひとつ、子育て世代から人気を集めている街でもあります。

「母になるなら、流山市。」

このキャッチコピーで、流山という地名を知ったという人もいらっしゃるかもしれませんね。流山おおたかの森の他、南流山、流山セントラルパークのTX3駅は、流山市に位置しています。流山市ではどのような子育て支援制度が整っているのでしょうか。

流山の子育て支援制度

流山が子育てしやすい環境かどうか、目安になるデータがあります。

流山市では、平成23年と比較して平成30年では人口が約1.6万人増えており、年齢別でみると30~40代の子育て世代の人口ボリュームが最も増加、さらに4歳以下の子どものボリュームも増えています。また平成29年に合計特殊出生率は、全国平均より高い1.62となっています。
※流山市公式HP(https://www.city.nagareyama.chiba.jp/appeal/1003878/1003882.html)より。

では、具体的にどのような行政の子育て支援制度があるのでしょうか。
子育て世代に支持されている制度の一部をご紹介させていただきます。

「送迎保育システム」

流山おおたかの森駅東口駅前ビル(ライフガーデン)に送迎保育ステーションがあります。

朝、子どもを預かって市内の指定保育所(園)までバスで送り、夕方、バスで戻ってきた子どもを保護者が迎えに来るまで預かってくれるシステムです。利用料金は月額2,000円、1日100円です。

利用条件はありますが、働きながら子育てを頑張るママにはありがたいシステムですね。

「ファミリー・サポート・センター」

育児の援助を受けたい利用会員と、育児の援助をしたい提供会員が助け合う組織で、利用会員に登録すると研修を受けた提供会員を紹介してもらえます。

冠婚葬祭時、急用や買い物などのちょっとした時間でも対応してもらえるので、登録をしておくと、いざという時に助かります(入会金は2,000円)。

平日、午前6時から午後10時までなら1時間700円、休日や時間外は1時間900円で利用できます。

「子育て応援マンション認定制度」

ハード、ソフトの両面において、子育て世帯に配慮したマンションを流山市が認定する制度です。

総住戸数200戸以上のマンションにおいては認可保育所が設置されていること、入口や玄関にベビーカー等のためのスペースが確保されていること、スロープの設置などいくつかの項目が設定されており、一定の基準を満たすマンションは流山市子育て特別応援マンションとして認定されます。これからマンションの購入を考えている方には一つの目安になりますね。

「ママ向け創業スクール」

創業を疑似体験できる女性向け創業スクールがあります。

実践しながら企業との交渉力を身につけ、ビジネスに必要なスキルを身につけられるので、子育てで一度家庭に入ったけど、アイデアを形にしたい、自分のスキルを活かしたいというママの夢をサポートしてくれます。

また、このエリアの子どもたちが通う小中学校は、小中が併設した9年間の連帯教育を実施しています。小学校の高学年から中学校にスムースに進めるよう配慮がされています。

敷地内には「どんぐり学童クラブ」や一般の方も利用できる「流山おおたかの森こども図書館」、「流山市おおたかの森センター」も併設されています。

「流山おおたかの森 久兵衛体験ファーム」

イメージ画像
イメージ画像

行政の制度ではありませんが、駅から徒歩7分の場所にあるシェア畑「流山おおたかの森 久兵衛体験ファーム」は、畑を借りて、誰でも気軽に農業体験ができる場所です。

週に4~6回、菜園アドバイザーが在中しているので分からないことはいつでも相談できます。農薬は一切使わず育て、うま味のつまったフレッシュな旬野菜をその場で食べられるという体験は、食育の一環として利用することもできそうです。

安心・充実・便利な駅前施設

「流山おおたかの森S・C」

駅の南口に直結している流山おおたかの森S・Cは駅周辺のランドマークタワー的な存在です。高島屋系列の企業が運営する大規模ショッピングセンターで、ファミリー層が多い地域の特長に合わせ、上質感を残しつつファミリー層に親しみやすい店舗や商品ラインナップになっています。

「TOHOシネマズ」や「紀伊國屋書店」「LOFT」「タカシマヤフードメゾン」「食品館イトーヨーカドー」など日常に必要なものは何でも揃い、家族で1日楽しめる場所です。

また、2018年11月には「こもれびテラス」が高架下にオープンしました。駅を利用した前後にさっと利用したいファミリーレストランやファーストフード、コンビニエンスストアなど13店舗が揃います。

さらに、さまざまなジャンルのワークショップや講座などを日替わりで展開するマッチングスペースも用意されています。

流山おおたかの森S・Cの向かい側には、総合医療モール「流山おおたかの森メディカルモール」があります。内科や小児科、産婦人科などの専門クリニックや処方箋薬局がまとまって一箇所にあるので、とても便利です。

千葉県流山市おおたかの森南1-5-1

カフェ&スイーツ&パンも

流山おおたかの森は駅前の大型施設だけではありません。少し歩くと、それぞれ個性的なお店も発見できますお気に入りを見つけるのも楽しそうです。

「Les Temps Plus(レタンプリュス)」

フランスの伝統菓子や季節ごとの菓子など、ケーキはもちろん、焼き菓子やパン、ショコラ、アイスクリームなどさまざまなスイーツが並んでおり、店の中に入ると何から見ようかと目移りしてしまうほど。

味はもちろんフォトジェニックな見た目も楽しめるお菓子は、手土産や自宅でおもてなしをするときにもおすすめです。店内にはイートインスペースもあります。

千葉県流山市市野谷543-1

「石窯パン工房 サフラン おおたかの森店」

一見してパン屋には見えないモダンな外観が特長です。惣菜パンからサンドイッチ、ベーグル、和風創作パンのほか、ケーキや焼き菓子も揃い、併設のカフェではモーニングやランチがリーズナブルな価格でいただけます。

餅つき大会や夏祭りなど、家族で参加できる季節ごとのイベントも行われています。

千葉県流山市十太夫104-5 

「パティスリーテチ(Patisserie Techi)」

南フランスの一軒家のような外観が素敵なパティスリー。

全国から取り揃えた厳選材料で、素材のおいしさを生かした味わいが魅力です。フレッシュフルーツは地元である千葉県さんのものを選ぶというこだわりも。季節ごとに変わるケーキが楽しみです。

千葉県流山市十太夫71-8

「Café and Music Blackbird」

自宅以上お店未満がコンセプトという、北欧風の木の温もりに包まれた居心地のよいカフェ。

スイーツや食事は全て自家製で、数量限定のカフェプレートや、注文後に豆をひいて淹れてくれるスペシャルコーヒーが人気です。元音楽バイヤーという店主のセレクトする音楽で、リラックスするひと時を。

千葉県流山市市野谷665-40-102

「Kushino no panya」

毎日食べても飽きないパンを追求する本格派。

調理学校でパン講師も務めているというオーナーシェフのこだわりが材料から内装まですべてに詰まっています。かめばかむほどおいしさが広がるハード系のパンが好きな方におすすめ。パンがなくなり次第閉店なので、行くときはぜひ早めに。

千葉県流山市おおたかの森1-25-17

周辺のおすすめスポット

流山おおたかの森は駅周辺の施設や公園などがかなり充実していますが、ちょっと足を延ばせば、お子さんと一緒に行ってみたい自然や文化施設などのスポットがまだまだたくさんあります。

「清水公園」

自然とともだちがキャッチフレーズの、入園無料の公園です。

日本さくら名所100選に選ばれる桜やツツジのほか、四季折々の約500種もの花が楽しめます。園内にはフィールドアスレチックやキャンプ場、ポニー牧場など森林を生かしたさまざまな施設が揃い、子どもから大人まで自然を満喫できます。今の時期は手ぶらでOKの夜バーベキューが人気です。

千葉県野田市清水906

「キッコーマンもの知りしょうゆ館」

キッコーマンのしょうゆ工場の中にある、しょうゆのすべてがわかるミュージアムです。

しょうゆがつくられる様子を見学した後、しょうゆの色・味・香りを五感で体験できる「まめカフェ」や、食育活動の一環として小学生を対象にしょうゆづくりを体験できるコースなど、日本の伝統的な発酵食品に触れることができます。

千葉県野田市野田110 キッコーマン食品野田工場内

「万華鏡ギャラリー 見世蔵」

明治22年築の土蔵造りで、昭和38年頃まで茶舗として、その後は倉庫として使われていました。

平成22年に万華鏡ギャラリー 寺田園茶舗「見世蔵」としてオープン。世界的に有名な万華鏡作家の中里保子さんの作品も展示されており、覗いた自分自身が万華鏡の模様になるという大型万華鏡も体験できます。

千葉県流山市流山2-101-1

流山おおたかの森は、便利な駅前の施設と豊かな自然が共存する街。

都内からのアクセスもよく、限られた時間で、仕事と子育を両立したいママを応援するサポートも充実しています。

また子育て世代とその子ども達の年代の人口が増えているので、新しく住もうと考えている人も安心して新しいコミュニティへ溶け込めそうです。子育ても仕事も、自然も利便性も、全部叶えたいアクティブな子育て世代におすすめの街と言えそうです。

流山おおたかの森に住もう

新築一戸建て・マンション 中古一戸建て・マンションはこちら

morimori

morimori

現在下北沢在住。好きな時間はお散歩とカフェ読書。
カロリー計算はできるけど、おいしいものを食べるときは忘れる管理栄養士。

※このページの内容は、2019年8月13日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。