一人飲みのススメ 穴場スポットを探して癒しの生活を。

こんにちは。はてなブログで「今日のごはんは何にしようかな」を書いているたけちゃんです。普段は食レポやレシピの記事を書いています。

ストレス社会の中では、美味しいものを食べることがとにかく癒しになります。自分で作ったものが美味しければ一番の喜びですが、会社帰りの夕飯は自分で作るだけの気力と体力が残っていませんので、安くて、美味しくて、雰囲気のいいお店で癒やされます。

一人飲みで生まれるコミュニケーション

僕が会社帰りに一人飲みをするようになったのは、ここ1~2年くらいのことです。

きっかけは会社内の移動に伴い、会社内の人間関係がうまくいかないくなり、ストレスを感じるようになってきたことでした。もともとお酒を飲むことは好きでしたが、こんな状況もあり、その時はとても会社の同僚と飲むような気分にはなれませんでした。

でも、お酒を飲んで気分よく、ストレスを発散させたいという気持ちがあったので思いきって一人、居酒屋での晩酌を始めてみました。始めてみる前こそは一人飲みに対して、少し抵抗があり躊躇していましたが、実際にお店へ一歩足を運んでみるとその気持ちは一切なくなりました。

というのも、一人飲みというと、一人で黙って飲んでいるイメージもあるかもしれませんが、店によってはお客さん同士や店員さんとの間で温かいコミュニケーションがとれるところもたくさんあるのです。コミュニケーションの輪は老若男女入り混じっていますし、何より会社以外の色んな人と話をすることで、とてもストレス解消になりました。

そういった温かな雰囲気の中でちょっと飲んで帰ることで、夜もぐっすり眠れるし、明日への活力をもらうことができています。また、こういったお店はおじさんが多いイメージを持たれると思いますが、最近は女性のグループや、一人飲みの方も増えてきたような印象があります。

今回は、そんな最寄り駅の居酒屋として、一人飲みしやすい居酒屋を5つのエリアごとに紹介したいと思います。
僕は50代の男ですが、ここで紹介するお店はどんな年代の方でも、また女性一人でも抵抗なく入れるお店です。

自分のお気に入り一人飲みスポットをぜひ見つけてみてください。

仕事帰りに立ち寄りたい一人飲みスポット5選

1.神田エリア

東京からわずか一駅ということで、都心に位置する神田ですが、駅の周辺を中心にたくさんの格安居酒屋がひしめき合っています。ここは帰りがけというより、事務所が近くにあって、仕事帰りにそのままなだれ込むサラリーマングループが多い印象ですが、お一人様で楽しめる店も多いです。

焼鳥日高

焼鳥日高は、ラーメンの日高屋を経営するハイディ日高が経営する居酒屋チェーンです。特に神田店は立ち飲みスタイルとなっており、タッチペンでメニューをなぞることで注文をするというユニークなお店です。ドリンクやおつまみメニューは標準的な居酒屋のそれですが、注文するのが面白くて、ついたくさん注文してしまいます。

■焼鳥日高 店舗情報
東京都千代田区鍛冶町2-14-2

イチゴー

ライター提供画像
ライター提供画像

場所的には淡路町に近いエリアで、神田駅からだと7~8分歩きますが、元気のいい居酒屋です。ここの特徴は、ドリンクもつまみも全品200円均一であることです。一部、トッピングなどで100円増しになったりしますが、会計を気にしないで注文できるのが便利です。ここもキャッシュオンスタイルですので、会計になってから財布の中身を気にする必要はありません。

看板には立ち呑みとありますが、ほぼ全席着席可能です。店員さんの元気がよい接客で、こちらも元気になります。店内にWi-Fiもありますので、ここからSNS投稿も可能ですし、仕事のやり残しをタブレットで片付けている人も居ます。

■イチゴー 店舗情報
東京都千代田区神田司町2-15-9 武蔵野ビル 1F

三田製麺所

ライター提供画像
ライター提供画像

チェーンのつけ麺屋である三田製麺所ですが、神田店は飲みメニューが豊富です。また、ホッピーのナカ(追加の焼酎)が驚きの安さで、安心して飲むことができます。おつまみとしては、ラーメンのトッピングそのままの煮玉子、チャーシュー、メンマの皿盛りの三田盛りや麺を油で揚げた三田スティックがあります。つけ麺と生ビールというちょい飲みも楽しめます。

■三田製麺所 店舗情報
東京都千代田区内神田3-12-10 神田西口NSビル 1F

神田エリアならこの駅に住むのがおすすめ

・神田駅(JR中央線、京浜東北・根岸線、山手線、東京メトロ銀座線)

【おすすめポイント】
都心に間近でありながら、業務スーパーや肉のハナマサなどスーパーもあるので、自炊族も困りません。居酒屋の数は都内屈指です。また古い町並みが残っていますので、歴史を感じる蕎麦屋や洋食屋も数多くあり、食を追求する人におすすめです。

2.蒲田エリア

23区南端の大田区にある蒲田は、古くから町工場の街として栄えており、工場労働者を受け入れるためのたくさんの大衆酒場があります。庶民的な商店街から路地を入った所に広がる飲み屋街は、一日の疲れを癒やすのに最適です。

ドラム缶

ライター提供画像
ライター提供画像

最近、各地に支店を増やしている立ち飲み居酒屋のドラム缶。その名の通り、ドラム缶をテーブルにして飲む立ち飲み店舗です。簡素な内装に、メニューの短冊をずらりと並べるインテリアは、安心して飲める雰囲気を出しています。キャッシュオンなので、気づかないうちにお金を使いすぎている心配もありません。そしてドリンク150円から、つまみは100円からという値段設定なので、大抵1,000円程度で収まる低価格が魅力です。

■ドラム缶 店舗情報
東京都大田区蒲田4-15-2 2F

晩杯屋

ライター提供画像
ライター提供画像

晩杯屋の蒲田店は立ち呑みと座りの席の両方があります。座りの席だと70円のおしぼりが強制発注となり、これが席料となります。注文はタブレットから発注を出すスタイルです。サワー類が300円弱で、おつまみ類は100円台から取り揃えているので、安心して飲むことができます。特におつまみの安さは特筆できる、コストパフォーマンスのいいお店です。

■晩杯屋 店舗情報
東京都大田区西蒲田7-29-5 ニューカマタビル 2F

山田うどん

ライター提供画像
ライター提供画像

埼玉県を中心に路面店が多い蕎麦屋の山田うどんですが、蒲田店はアーケードの中の出店で、お酒のメニューも多くあります。冷奴と枝豆とドリンクがセットになったお疲れ様セットや、もつ煮とセットになったパンチセット等があります。土地柄、ビールと一緒に定食屋お蕎麦を頼んでいる人が多いようです。元がスタンドそばですので、むしろお一人様のほうが入りやすいイメージです。

■山田うどん 店舗情報
東京都大田区西蒲田7-65-1

蒲田エリアならこの駅に住むのがおすすめ

・蒲田駅(JR京浜東北・根岸線、東急多摩川線、目蒲線、京浜急行京急蒲田駅)

【おすすめポイント】
蒲田駅近くにはアーケード付きのショッピングモールがあり、食料品、雑貨、衣料品、何でも安く手に入ります。駅前にはドン・キホーテもあって、生活に必要なものはたいてい揃います。蒲田駅と京急蒲田駅の間も数多くの居酒屋や飲食店があるほか、スーパーも充実しているので、生活用品は何でも揃って、外食もよりどりみどりです。

3.大井町エリア

東京都心を挟んで、大田区に入った大井町です。大井町も選びきれないほどの飲み屋さんがありますので、この近くに住んでいれば、家に帰る前のリフレッシュタイムを楽しむことができます。

Third

ライター提供画像
ライター提供画像

大井町でたくさんの飲み屋さんが立ち並ぶ東小路側ではなく、中央口から歩いて5分ぐらいの場所にある立ち飲み屋です。カウンター5~6人でいっぱいになってしまう小さな店ですが、マスターとママさんの接客術のおかげで、一人で飲みに行っても話の輪の中に自然に入ることができます。おつまみは白レバーのさっと焼きや蕾チャーシューといった本当にちょっとつまむ物がメインです。2軒目に入るのがいいかもしれません。

■Third 店舗情報
東京都品川区大井1-22-18

円満

ライター提供画像
ライター提供画像

円満も中央口側から徒歩5分くらいの場所にあります。こちらは中華居酒屋で、中国人のママさんが切り盛りするお店です。餃子や麻婆豆腐といった本格中華がありますので、食事を兼ねて訪問することも可能です。おつまみは200円から300円程度ですので、2杯飲んでも1,000円前後で収まります。

■円満 店舗情報 
東京都品川区大井1-24-5 大井町センタービル

豊後屋

ライター提供画像
ライター提供画像

大衆酒場がひしめき合う東小路を抜けた場所にある豊後屋は、地鶏とレバーフライが美味しいお店です。九州らしく焼酎の品揃えも豊富。レバーフライは甘辛いタレをくぐらせてあって、歯ごたえとレバーの旨味を楽しむことができます。

■豊後屋 店舗情報
東京都品川区東大井5-4-18 MT5.ビル2F

大井町エリアならこの駅がおすすめ

4.北千住エリア

東武線、常磐線、東京メトロ千代田線、東京メトロ日比谷線が乗り入れるジャンクションとなる北千住は、駅前を中心に古くからある飲み屋街が広がります。どの店も大衆的な値段設定なので、安心して飲んでいけます。

宇奈とと

ライター提供画像
ライター提供画像

宇奈ととはうなぎ料理を大衆的な値段で楽しむことができるチェーン店です。上野にもお店があっていつも並んでいますが、北千住店はたいてい待たずに入ることができます。うなぎを串に巻き付けて焼いた倶利伽羅焼き、鰻の骨を揚げた鰻ボーンや鰻入りの卵焼きである鰻巻きを庶民的な値段で楽しむことができますよ。

■宇奈とと 店舗情報
東京都足立区千住2-22

幸楽

ライター提供画像
ライター提供画像

駅前を線路沿いに入った居酒屋が立ち並ぶ路地の中にある、昔ながらの大衆居酒屋です。店の中も昭和の香りが漂う、懐かしさを感じる店です。料理はその時々の鮮魚が中心。僕が行った時はハゼの天ぷらがありました。飲み物は、甲類焼酎を天羽の梅というシロップと炭酸で割った下町ハイボールなどがあります。

幸楽 店舗情報
東京都足立区千住2-62

サニーダイナー

ライター提供画像
ライター提供画像

居酒屋ではありませんが、ハンバーガーの名店です。テレビの料理番組のコーナーで出演したこともあります。100%和牛のパティを使ったハンバーガーは食べごたえ抜群。ポテトもカリカリに揚げてあって、ビールやカクテルによく合います。ドリンクは生ビールの他、ラムコークやカシスオレンジといったカクテル類も用意されています。お腹いっぱいになり、かつちょい飲みも楽しめるお店です。

■サニーダイナー 店舗情報
東京都足立区千住3-45

北千住エリアならこの駅がおすすめ

5.亀戸エリア

さて、場所を総武線沿線に移して、亀戸に行ってみましょう。亀戸は秋葉原から4駅目と交通至便な場所にありながら、住宅地や住宅団地も広がり、スーパーもあるので、暮らしに便利な場所です。そんな亀戸には3店では紹介しきれない、一人飲みが楽しめる居酒屋が数多くあります。

超人

ライター提供画像
ライター提供画像

超人は亀戸駅北口近くの飲食店密集地の中にある立ち飲み屋です。ここのすごいところは、とにかく圧倒的な低価格にあります。サワー類は150円から、つまみは50円からというラインナップ。1,000円あれば確実に満足ゆくまで飲むことができます。

■超人 店舗情報
東京都江東区亀戸5-10-1 亀戸ロイヤル 2F

ライター提供画像
ライター提供画像

粋は錦糸町に店を構える立ち飲み居酒屋ですが、亀戸に支店を出しました。このお店も、おつまみが100円から豊富にあり、1,000円で十分に飲めるお店です。締めにはビールジョッキにチキンラーメンを詰め込んだジョッキラーメンはいかがでしょうか? ユニークなおつまみもあって楽しめます。

■粋 店舗情報
東京都江東区亀戸5-13-4

うまかっぺや

ライター提供画像
ライター提供画像

亀戸北口には亀戸横丁という屋台の居酒屋が集合しているモールがあります。その中に入っている店のひとつにうまかっぺやという店があります。このお店のおすすめは、低温調理で仕上げたレバ刺しと〆サバ。ドリンク類も150円から用意されていますので、1,000円前後で楽しむことができます。

■うまかっぺや 店舗情報
東京都江東区亀戸5-13-2 スクエア三報 亀戸横丁

亀戸エリアならこの駅がおすすめ

・亀戸駅(JR総武線、東武亀戸線)

【おすすめポイント】
駅の北側に安い居酒屋がたくさんあります。駅から10分の場所に亀戸天神があり、5月の藤の花は見事です。駅から少し離れますが、スーパーも数軒ありますので、生活必需品はたいてい揃います。町の人達は下町気質で、温かい人が多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。東京都内で会社帰り、家に帰る前にちょっと寄り道してリラックスできるお一人様歓迎の飲み屋さんを紹介させていただきました。新たな場所で、新たな馴染みの店ができれば、新しい土地での生活の楽しみが増えそうですね。

たけちゃん

たけちゃん

はてなブログで「今日のごはんは何にしようかな」というブログを書いているたけちゃん、55歳の男性です。普段は会社帰りに寄った店の食レポや家で作る料理のレシピ記事を書いています。画廊巡りやお散歩に行った時の写真日記は「絵と旅と花とお散歩」という別のブログに書いています。よろしくお願いいたします。

※このページの内容は、2019年3月20日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください