かわいい文鳥と暮らして10年! 魅力や育て方、飼育グッズをまとめます

かわいい文鳥と暮らして10年! 魅力や育て方、飼育グッズをまとめます

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

私は物心ついたときからペットと暮らしてきました。小鳥では文鳥、セキセイインコ、オカメインコ、九官鳥…ほかにもハムスターや猫、金魚、ザリガニ、ヤドカリと、思い返せば数えきれないほどです。

中でも「文鳥」は、これからペットを飼おうと思っている人にもおすすめの小鳥。文鳥との共同生活歴はかれこれ10年になります。
今回は、自他ともに認める「小鳥マニア」の私が、生活に潤いと張りを与えてくれる「小さな文鳥と暮らす魅力」をお届けします。

文鳥とはどんな生き物?

文鳥は小鳥の中でもポピュラーな存在ですが、意外と知られていない文鳥の基礎知識を簡単に紹介します。

①文鳥のプロフィール

文鳥の学名は「Padda oryzivora」、英語では「Java sparrow」(ジャワのスズメ)といいます。

スズメ目で、フィンチ(スズメ目の小鳥で、円錐形のくちばしを持つ種類)として広く知られています。体長は14~17㎝、体重は約24~25g、寿命は約8~10年です。

種類は主に
・真っ白な白文鳥
・グレーの体に白い模様があり、頭は黒、ほっぺたの部分は白の桜文鳥
・淡いブラウンのシナモン文鳥
・ヨーロッパ生まれで羽が銀色のシルバー文鳥
・1990年代にイギリスで生まれ、落ち着いた色のクリーム文鳥がいます。

ちなみにわが家の文鳥たちは白文鳥が2羽、桜文鳥が3羽で、なんと8歳(人間の歳ではなんと84歳! )です。

②文鳥のふるさと

ジャワ島(インドネシア)原産で、江戸時代のはじめに渡来し、その後名古屋郊外の弥富村(やとみむら)というところで改良されたといわれています。幕末には純白の文鳥が生み出され、「白文鳥」と呼ばれました。これを原種と交配させて「桜文鳥」が生まれ、今に至っているそうです。

③男の子と女の子の見分け方

男の子は、くちばしの上の部分が短く盛り上がっています。発情期になると、止まり木から飛び上がるダンスをしながら鳴きます。女の子は、くちばしの上の部分が細長いのが特徴です。なお、ヒナの時点では見分けが難しいです。

文鳥を飼うようになったきっかけ

私が文鳥を飼うきっかけになったのは、二人の息子の子育てがひと段落したことと、他の小鳥に比べてヒナからでも育てやすく丈夫だと知り、手乗り文鳥として飼いたいと思ったからです。

10年前の春、桜文鳥(オス、名前はジョニー)白文鳥(メス、名前はディップ)の2羽をペットショップからお迎えしました。名前の由来は、その当時話題だった某映画に出ていた俳優さんの名前です。

まだ羽毛が完全に生えていないヒナだったため、毎日人間の赤ちゃんを育てるようにさし餌をして育てました。お腹が空くころに顔をのぞかせると、口を大きく開けて餌をねだる姿にキュンとしたことを覚えています。

ジョニーとディップはたまたまオスとメスだったため、そのまま夫婦になり、その後6羽の子宝に恵まれ、わが家も大家族になりました。

わが家の文鳥生活エピソード

10年間も一緒に暮らしていると、さまざまな出来事がありました。

感情豊かでかしこい文鳥

作業を妨害するジョニー
作業を妨害するジョニー

実は文鳥は、空気の読めるかしこい鳥さんです。自分をかわいがってくれる人のところには、自分から寄っていくなど、人間観察が鋭い面もあります。
例えば、わが家だと気持ちの優しい長男の肩にちょこんと止まったり、私が落ち込んでいるときに話かけたら「チュン!」と言って相槌を打ってくれたりします。そして2羽でいるときに片方だけえこひいきすると、ヤキモチを妬くことも。

パソコン操作をしていると、キーボードの上に乗ってくることもしばしば。テレビのリモコンも大好きですね。手の平サイズの小さな体でさまざまなボディランゲージをしてくれるので、そばにいるだけで癒やしの存在です。

なんと! 6つ子が誕生

桜文鳥のジョニーと白文鳥のディップからなんと6羽の文鳥が誕生しました。孵化したのは私の誕生日であり、長男の高校合格発表日でもあった真冬の2月14日です。つぼ巣を覗くと卵があるのは確認していたのですが、6つもあったとは…。

体力のないヒナは育てるのが難しいといわれますが、わが家は6羽ともすくすくと成長。3羽の桜文鳥と3羽の白文鳥の6つ子が家族の仲間入りをしました。総勢8羽の文鳥生活に!
6羽は私が見ても正直区別がつかないので、名前はつけず「チュンたち」とひとくくりで呼んでいました。

地元のラジオ番組に出演

文鳥生活のことをときどきSNSに投稿していたら、知り合いのツテもあり、なんとメディアに取り上げられたことも! 地元のラジオ番組に当時飼っていたオカメインコと一緒に出演しました。後日オンエアされたものをCD化してくださり、わが家のいい思い出として残っています。

文鳥のコミュニティは人間社会の縮図?

ジョニーとディップはつがいなので、いつもぴったりくっついて仲良く過ごしていましたが、ある日突然、ディップが天国に飛び立ってしまいました。その後、ジョニーは1羽で過ごしましたが、常に隣に6つ子がいたからか、寂しそうな様子はなく。

一方、6つ子たちはペアになったものもいれば一匹狼もいて、常に争いごとがたえず、喧嘩はしょっちゅう。よく観察すると、水浴びの順番や餌を食べる順番などルールがあるようです。
その後、以前はよくケンカをしていた6つ子も1羽が先に亡くなり、すっかり高齢化した文鳥たちは性格が丸くなったのか、ケンカはしなくなりました。今ではお互いをいたわりあって生活しています。脚の弱い文鳥に順番にぴったり体をくっつけて過ごしていることも。

小鳥は本来、群れをなして暮らしているため、寂しがり屋だそうです。兄弟一緒にいることが長生きの秘訣になっているのかもしれません。これは人間社会にも当てはまりますよね。

文鳥生活の魅力

文鳥を飼うなら手乗りにしよう

文鳥を飼うなら、手乗り文鳥として飼うことを強くおすすめします。手乗り文鳥として育てた方がスキンシップができ、癒やし効果大です。
ヒナから育てると飼い主を親だと思って、とてもよく懐いてくれます。一方、成鳥から飼うと残念ながら手乗り文鳥にはなりません。

文鳥は日本の気候に合った丈夫な鳥さんです。最初は人間の赤ちゃんと同じように、決まった時間にさし餌をする必要があります。その時期は育てるのが大変かもしれませんが、すぐに自分で餌を食べられるようになり、それほどお世話に手がかかりません。

文鳥を愛する人間としては、愛情をたっぷり注いであげて、手乗り文鳥として一緒に過ごしてほしいと思います。かわいがればかわいがるほど、私たち人間にも愛情を返してくれますよ。

文鳥生活はこんな人に向いています

文鳥は小鳥の中でもかまってちゃんではないほうなので、仕事などで日中留守をする人には飼いやすい鳥さんといえます。
ただし、一緒にいるときはたっぷり愛情を注いで信頼関係を築きましょう。手乗り文鳥も毎日スキンシップをしないと、手乗りでなくなってしまいます。

文鳥はにおいが気にならない、羽も換羽期以外はあまり抜けない、狭いスペースでも飼える、といった点から、ペット可の物件ならワンルームマンションでも問題ありません。

放鳥でスキンシップを

文鳥は成鳥になればそれほど手がかかりません。ただし1日1回は「放鳥」をしてあげましょう。

放鳥とは、鳥さんをケージから出すことをいいます。運動不足やストレスの解消、飼い主とのスキンシップタイムです。スキンシップで愛情をたくさん注入することが、文鳥生活をより楽しくするものと言っても過言ではありません。しっかりと信頼関係を築くようにしましょう!
なお、放鳥タイムでは文鳥は好奇心旺盛なので、観葉植物や人間の食べ物を口に入れないよう遠ざけるようにします。

文鳥と暮らす上で注意したい点

文鳥生活はさまざまなメリットがありますが、注意したい点もあります。文鳥は飼いやすい反面、小鳥を預かってくれるペットショップはほとんどないため、旅行などのときは世話を頼める人がいるかどうか確認しておきましょう。わが家では、動物好きの父が近くに住んでいるため、旅行に行くときは預かってもらっています。

また、文鳥はキレイ好きです。水浴びをすることから、すぐにケージが汚れてしまうため、毎日お掃除をしてあげましょう。
さらに、小鳥は一日食べなかったら死んでしまうといわれています。これは小鳥の体が空中を飛ぶようにできているためです。常に身軽にしておくために排泄も頻繁に行いますし、貯め食いをすることができません。文鳥のケージは毎日掃除をして、キレイな水と餌を欠かさず補給してあげましょう。

ちなみに、つがいで飼うと卵をどんどん産んで、増えすぎてしまうことがあるので注意が必要です。わが家の文鳥はつがいだったため、卵をたくさん産み、6羽の子どもが孵化しました。これ以上増えないように、巣に卵があるのを確認したら抜き取っていました。

最後に、小鳥を診てくれる動物病院は少ないです。近所に小鳥を診察してくれる病院があるか、あらかじめ調べておくと安心です。

手乗り文鳥の育て方

次に、実際に手乗り文鳥の育て方を紹介します。

最初に、ヒナの文鳥を扱っているペットショップに行きましょう。ペットショップで売られているヒナのほとんどは生後15日以降で、給餌スポイトを使えるまで成長しているので、小鳥ビギナーでも比較的育てやすいです。
迎え入れたい文鳥のヒナを選んだら、ペットショップのスタッフから育て方をレクチャーしてもらい、自宅に連れて帰ります。さし餌など、育てる上で必要なものも一緒に購入しましょう。

文鳥のヒナを育てる方法

自宅の環境に慣れるため、静かなところに置いてあげます。室温は暑すぎず寒すぎず、28度が適温とされています。
文鳥のヒナには、親鳥の代わりに飼い主が給餌スポイトを使って餌を与えます。さし餌のスケジュールはヒナの成長具合にもよりますが、わが家では「7時→11時→15時→18時→21時」でした。

餌を与えるタイミングの目安として、飼い主を見ると大きな口を開けてピーピーと餌をおねだりする際、ヒナの首の下にある「そのう」という袋が見えるので、そのうがぺちゃんこになっていたら与えるようにします。

餌を与えるときは、必ず手の平に乗せて与えるようにしましょう。これが「べた慣れ」の手乗り文鳥にするコツです。話しかけて愛情を注入するのもポイントです!

また、文鳥のヒナは人間の赤ちゃんと同じで、餌を食べる→寝るの繰り返しをすることで大きくなります。文鳥がヒナの間は飼い主が親鳥の役目になるので、自分で餌を食べることができるようになるまでは、文鳥中心の生活を心がけましょう。

文鳥生活に必要なグッズ

必要なグッズは、文鳥の成長に伴って変えていく必要があります。

①ヒナの時期

・マスカゴ(文鳥のおうち)
・あわ玉(ヒナの餌。湯を加えて温めてから与えます)
・給餌スポイトと器(文鳥の親鳥の代わりになるもの。セットで売っています)
・マスカゴを覆う布(風呂敷など、寝かせるときに暗くするために使います)
・加温用フィルムヒーター(必要に応じて)
・栄養剤(必要に応じて)

文鳥は羽の色の種類にもよりますが、1羽2,000~3,000円ぐらいです。

②幼鳥以降

・ケージ(いわゆる鳥かごです)
・キャリー(なくても問題ありませんが、病気をして動物病院に連れていくときあれば便利です)
・文鳥用の皮付きの餌(皮むきよりも皮付きの方がいいです)
・水浴び器(文鳥はキレイ好きで必ず水浴びをするので、必須アイテム)
・青菜さし(青梗菜など)
・ボレー粉(牡蠣の貝殻を砕いたもの。カルシウム補給に)
・ブランコなど文鳥が退屈しないようなおもちゃ類(必要に応じて)
・皿巣またはつぼ巣(文鳥の就寝用・巣引き用に)

文鳥も高齢になるとバリアフリー化が必要に

わが家の文鳥5羽も、人間の歳でいうと84歳ぐらいです。中には脚が弱っているものもいて、ジャンプ力が弱ったり、うまく飛べなかったり、寝ている時間が多くなりました。
止まり木にうまく止まれないので、ケージの中の網を外したり、段差をなくすなどケージの中をバリアフリー化する配慮が必要です。消化機能も衰えてくるので、餌も「老鳥用」に。

鳥さんも人間も、いつまでも自分の家で過ごすためには、住みやすい環境に整えることが大事ですね。

文鳥が安心して暮らせる物件を選ぼう

文鳥生活を始めるにあたって、3つのポイントをお伝えします。

ペット飼育可の物件がおすすめ

文鳥生活をするには、ペット飼育可の物件を選ぶことをおすすめします。
文鳥は換羽期になるとびっくりするくらい羽毛が抜ける時期があり、ベランダ越しに羽毛が飛んでしまうこともあるからです。隣人が動物嫌いだと住みにくくなるため、ペット飼育可の方が安心して暮らすことができますよ。
また、文鳥のケージはときどき水洗いをしてあげたほうがいいです。不潔な環境だと病気になってしまうことがあるからです。ベランダや庭に水道がある物件が望ましいでしょう。

わが家はマンションの1階で庭があるため、庭でケージを水洗いと天日干しをしています。お天気のいいときは日光浴をさせてあげると文鳥の健康維持にいいですし、とても喜びます。

南向きの風通しのよい部屋

文鳥のケージは、南向きの風通しのよいリビングに設置するのがベターです。部屋の向きに注意して選びましょう。また、文鳥は毎日水浴びをしたり、餌を食べるとき散らかしたりします。周囲が汚れやすいので、ケージを置くのは拭き掃除のしやすい場所がおすすめです。

さらに、夏は高温多湿で文鳥の体に負担をかけるため、エアコン完備の物件にしましょう!人間にとって居心地のいいところは、文鳥にとっても住みやすいのです。

静かな環境

文鳥生活をする前提で部屋を探すなら、都会よりも郊外を選びましょう。
文鳥は朝日が昇るとともに起きて、夜暗くなると寝るサイクルで過ごしています。一日のリズムを大切に。日が暮れたら寝かしてあげられる場所がある部屋がよいですね。

郊外の物件で注意したいのは、生き物が出没しやすいことです。文鳥のケージをベランダに置いて、ヘビやカラスなどに襲われないようにしましょう。文鳥はケージの中にいる以上、自力で外敵から逃げることができません。愛鳥が外敵に襲われることがないよう、気を付けてあげましょう!

文鳥は家族の一員

文鳥生活の魅力、飼い方のポイント、おすすめ物件についてお伝えしました。小鳥も大切な家族の一員です。私にとって小鳥は生活の一部で、一緒にいるのが当たり前になっています。
紹介した文鳥生活10年の間で文鳥たちに変化があったように、わが家にもさまざまな変化がありました。息子たちの進学と卒業、大学生になってからは下宿生活になって家を離れ、今では夫と二人の生活です。

最近では、私自身が人生初の手術をして1週間の入院生活を経験。退院後の静養生活を退屈することなく過ごすことができたのは、文鳥たちのおかげです。
その後、オカメインコ1羽もわが家の仲間入りをし、にぎやかになりました。高齢の文鳥たちと仲良く暮らしています。
この記事が心豊かで楽しい文鳥生活のきっかけになれば幸いです。

wami

wami管理栄養士・健康運動指導士

管理栄養士・健康運動指導士としてフリーで活動のアラフィフ主婦。小鳥飼育歴45年の小鳥マニア。夫、離れて暮らす大学生の息子2人の4人家族。文鳥5羽とオカメインコ1羽を飼っています。日常生活を紹介する「wami café」ブログやSNSを更新中。

※このページの内容は、2021年1月13日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。