ハリネズミは一人暮らしのペットに最適? プロに飼い方を聞いてみた

ハリネズミは一人暮らしのペットに最適? プロに飼い方を聞いてみた

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

「ペットを飼いたいけれど、仕事で帰りは遅いし、音やにおいも心配…」

そんな気持ちでいた私に、友人からおすすめされたのがハリネズミ。

「え?ハリネズミって飼えるの?」と思いましたが、たしかに最近SNSやテレビ番組でもよく見かけるような気がします。

可愛いとは思いつつも、トゲトゲしたイメージが強かった私は、実際にハリネズミと触れ合えるというカフェに行ってみることにしました。

今回は、ハリネズミカフェのレポートを通して「ハリネズミと暮らす魅力」をご紹介します。

ハリネズミカフェの癒しレポート

小動物園HARRY PIGGY店内の様子。緑のあるナチュラルな雰囲気。
小動物園HARRY PIGGY店内の様子。緑のあるナチュラルな雰囲気。

ハリネズミカフェに行ってみた

伺ったのは吉祥寺にある「小動物園HARRY PIGGY(ハリーピギー)」。人生初のハリネズミカフェ体験です。
猫カフェはよく見かけるようになりましたが、ハリネズミカフェは都心でもまだまだ珍しいですね。
吉祥寺駅北口から徒歩5分ほど、吉祥寺サンロード商店街を抜けると、ハリネズミの看板が見えてきました。平日の15時頃ですが、女性客や家族連れでにぎわっています。

動物愛あふれるオーナーが作る癒しの空間

今回お話しを伺ったのは、店長の百瀬さん。
百瀬さんは、幼い頃から様々な動物と暮らし、今も自宅でハリネズミやウサギ、ヘビと一緒に暮らしているといいます。筋金入りの動物好きですね。
清掃の行き届いた店内や動物たちとの接し方からも、動物に対する愛情が伝わってきます。

カフェのコンセプトは、ハリネズミを眺めたり、実際に触れ合ったり、自宅で飼っているような感覚で楽しめること。ハリネズミにとって居心地がいいよう、森をイメージした緑あふれる空間になっています。

いよいよハリネズミとご対面

店内にいるハリネズミは、15匹。
ケージをのぞき込んでみると、想像以上に小さな身体が目に入ります。そして大きくてつぶらな真ん丸の目。ずいぶん人に慣れているのか、見上げてくる子もいます。

「か、可愛い…!」

思わず口に出てしまいます。鼻をひくひくさせてトコトコ歩き回っていたり、ハリネズミ用フードを食べていたり。お気に入りの隠れ家の中で、こちらにお尻を向けてうとうとしている子もいます。
眠っている子はハリも寝かせて丸くなっていて、「たわし」と「毛玉」を合わせたような見た目です。

ついつい取材を忘れ、ずっと見守っていたくなってしまう可愛さです。

目が合ってしまった

「フシュ、フシュ、」と小さく鼻息を鳴らしながら机の上を歩き回っています。
ハムスターほどすばしっこくはないため、近くで眺めていると、ふと「ばちっ」と目が合うことがあります。
目が合ったあとは基本的に塩対応になるハリネズミですが、この一瞬で、思わず一目惚れしてしまうお客様も多いのだとか。(気持ちがわかります…!)

ハリネズミに触れてみる

手の消毒をしてそっと触れます。ハリのやわらかさに驚き。
手の消毒をしてそっと触れます。ハリのやわらかさに驚き。

店内ではハリネズミに触れることもできます。店長の百瀬さんがおとなしいハリネズミをそっと手に乗せてくれました。
おそるおそる身体を支えると、身体をすっかり丸めていた子が、少し顔を上げて、こちらを向いてくれます。思わず頬がゆるんで、手のひらが幸せで一杯になります。

ハリは思ったより痛くない

見た目よりもハリは痛くありません。ほのかに温かくて、幼い子猫を持ったようです。
ハリネズミのハリは、一本一本の体毛がまとまって硬くなったものだそうです。
ハリを立てているときに触れてしまうとさすがに痛いようですが、落ち着いている子であれば、こんなに柔らかい感触になるんだと驚きでした。

お店にいるハリネズミは人に慣れている子が多いものの、落とすことのないようケージの上でそっと触りましょう。

ペットとして引き取ることもできる

ハリネズミの値段はどのくらい?

もし店内で運命の子と出会ってしまったら。この出会いがハリネズミカフェのいいところで、決心がつけば引き取ることもできます。

こちらのお店では、国産や海外からの輸入など様々なヨツユビハリネズミを取り扱っています。(ヨツユビハリネズミは、2020年時点で特定外来種の指定はなく日本で飼うことのできるハリネズミです。)
同じヨツユビハリネズミでも体毛のカラーによって引き取る金額は異なりますが、飼育用具を一式そろえても数万円~と、一人暮らしでも十分検討できるお値段です。

ちなみに最も一般的なハリネズミはスタンダート(ソルト&ペッパー)といわれるカラーで、店内には、ハーフフェイスや左右の耳の色が違う子など珍しいカラーのハリネズミもいます。

本当に飼いやすい?プロに聞いてみた

意外と飼いやすいといっても、こんなに動き回るハリネズミ、お世話は大変なのではないでしょうか。
店長の百瀬さんに疑問をぶつけてみました。

Q,一人暮らしでも飼えるの?
A,「はい、飼われている方は多いですよ! 鳴き声もにおいもほとんどないですし、寂しがる習性もないので、お仕事をされている方でも大丈夫です。夜行性なので、ケージを歩き回ったりホイールで走ったり、昼間よりも帰宅後の方が元気な姿を見せてくれますよ」

Q,主食は昆虫って聞いたけど…ごはんはどうしたらいい?
A,「野生のハリネズミは昆虫類を食べますが、飼う場合は専用のハリネズミフードがあります。当店でも栄養バランスのとれたオリジナルハリネズミフードを販売していて、定期的にご購入いただけます。おやつとしてミルワームをあげることもありますが、毎日のごはんはハリネズミ専用フードで大丈夫です。」

Q,普段はどんなお世話が必要?
A,「朝晩2回のごはんと、床材のお掃除ですね。木製チップなどを床に敷いて、汚れたら取り替えてください。また、ハリネズミは寒さに弱いので、エアコンやヒーターを上手に使って適温を保ってもらえればと思います。ワンちゃんのようにお散歩をさせる必要はありません。」

Q,1匹しか飼えないけど、仲間はいらない?
A,「大丈夫ですよ、むしろハリネズミは単独で行動する習性があるので、1ケージにつき1匹が基本です。」

Q,旅行に行くときは大丈夫?
A,「できれば、近くの動物病院か当店のようなハリネズミ専門店に預けられたほうがより安心ですが、乾燥タイプのごはんを多めに置いておけば一晩家を空けるくらいなら大丈夫です。」

Q,ペット不可の家に住んでいるから難しい?
A,「それが、相談の余地があることが多いんです。もちろんペット可の物件に越したことはないのですが、ペット不可の物件でも、不動産会社さんに相談すると小動物ならOKと許可が出ることがあります。基本がケージ飼いなのと、近所迷惑になるような音やにおいが出ないためですね。一度相談してみることをおすすめします。」

たしかに、思ったより飼いやすそうです。お世話の内容を考えても、社会人の一人暮らしでも飼えそうな気がしてきました。

一人暮らしのパートナーに ハリネズミと暮らす魅力

意外と飼いやすそうなことがわかってきました。実際にハリネズミと暮らしたときのことをイメージしてみましょう。

一緒に暮らす小さな家族

そもそもハリネズミは、その名の通りネズミの仲間かと思いきや、実はモグラの仲間です。
私たちと同じ哺乳類で、お母さんハリネズミの母乳で育ちます。

ハリネズミの寿命は平均3~4年といわれています。犬や猫などに比べると短いですが、一緒に過ごすうちに家族のような気持ちが生まれ、我が子に跡継ぎを残してあげたいと考える人も多いそうです。
ハリネズミカフェには、既に飼っている子を夫婦にしたいと、お相手を探しに来る飼い主さんも訪れています。

おやすみ前の癒やし

店長の百瀬さんのお話しにもあったように、ハリネズミは社会人の一人暮らしにもぴったりです。
疲れて帰宅したときに、起き出したハリネズミが元気に駆け回っていたり、こちらを見上げてくれたり。ハリネズミの表情や仕草は本当にかわいらしく、見ているだけでほっと癒されるでしょう。

心を許してくれる瞬間がたまらない?

ハリネズミと過ごすうちに気がつく魅力もあります。
家に来たばかりのハリネズミは、警戒モードでハリが逆立っているかもしれません。丸まってしまい、なかなかその表情を見せてくれないかもしれません。

でもそんな子が、少しずつ部屋の環境に慣れ、平気な顔でくつろぐようになっていったら。飼い主の声やにおいに慣れ、近づくと顔を出したり、おなかをマッサージされながら気持ちよさそうに眠ってしまったりしたら。想像すると、とても嬉しい瞬間ではないでしょうか。

そこまで慣れてくると、手のひらに載せても威嚇することなく、安心しきった姿を見せてくれます。
人に慣れるかどうかは個体差が大きいですが、ハリによって感情がわかりやすい分、「心を許してくれた」と感じられたときは、この上ない癒しのひとときです。

毎日が撮影会

手のひらサイズなので、家のどこで撮ってもどんなものと一緒に撮っても、それだけで絵になります。ついカメラを向けたくなってしまうミニチュアモデルですね。
飼い主さんたちがその可愛さをついSNSでシェアしたくなるのもうなずけます。

幸運をもたらすハリネズミ

ヨーロッパでは古くから「ハリネズミは幸運をもたらすラッキーアニマル」として愛されてきました。
ペットとしても親しまれており、主食が昆虫類ということもあって「庭の番人」としても活躍していたようです。一緒に暮らすパートナーとしても縁起がよさそうですね。

準備する飼育アイテムは?

ハリネズミを飼いたい!と思ったら、まず準備するものがこちら。
取材させていただいたハリネズミカフェですべてそろえることもできます。

1、ケージ

ハリネズミ1匹用のケージ。直射日光の当たらない場所に置きましょう。
ハリネズミ1匹用のケージ。直射日光の当たらない場所に置きましょう。

2、ハリネズミ専用フード

栄養バランスのとれたハリネズミ専用フード。基本のごはんになります。
栄養バランスのとれたハリネズミ専用フード。基本のごはんになります。

3、ホイール

ハリネズミ用ホイール。走るだけでなく、この下の隙間にもぐるのが好きな子もいます。
ハリネズミ用ホイール。走るだけでなく、この下の隙間にもぐるのが好きな子もいます。

4、ヒーター

床材の下に敷かれたヒーター。ケージの上部にもヒーターを設置してあげると温度を保ちやすい。
床材の下に敷かれたヒーター。ケージの上部にもヒーターを設置してあげると温度を保ちやすい。

5、隠れ家

ハリネズミの習性からも、隠れ家があると落ち着く子が多い。
ハリネズミの習性からも、隠れ家があると落ち着く子が多い。

ハリネズミを飼いやすい物件とは

実際に飼いたいと思ったときに、どのような賃貸物件ならハリネズミを飼いやすいでしょうか。

(1)ペット相談可の物件

まず問題なくハリネズミを飼うことができるのは、「ペット相談可の物件」です。

しかし、ペット不可の物件であっても、大家さんの判断によってはハリネズミなどの小動物は飼えることがあります。
ペットをあきらめている場合でも「音やにおいは気になりにくい」ことを前提に、不動産会社に相談してみるのも一つの手です。
トラブルを防ぐためにも、必ず事前に相談するようにしましょう。

(2)動物病院や専門店が近くにあること

ペットを飼うとなると、いざというときに相談しやすい環境があると安心です。
また、移動時間は短い方がハリネズミの身体への負担は少なく済みます。
吉祥寺駅には今回ご紹介したハリネズミカフェが、すぐ隣の三鷹駅にはハリネズミを診察してもらえる動物病院があります。

その他のエリアを選ぶとしても、動物病院があるかどうか、またその病院がハリネズミの診察が可能かどうか、事前に確認しておくといいでしょう。

ハリネズミと暮らす魅力をまずは体験

ハリネズミと暮らす魅力について、紹介してきました。
まずは散歩がてら、気軽に触れ合うことのできるハリネズミカフェに足を運んでみてはいかがでしょうか。

小さな身体に、魅力と癒しパワーがぎゅっと詰まったハリネズミ。
運命の子との出会いがあったら、毎日の暮らしがちょっと豊かに、家に帰るのが今より楽しみになるかもしれません。



取材協力
店名:小動物園 HARRY PIGGY(ハリーピギー)
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町1-5-25 新井ビル
アクセス:吉祥寺駅北口から徒歩5分
営業時間:11:00〜19:00 定休日:なし(年末年始を除く)
電話番号:0422-23-7728
URL:https://www.harry-piggy.com/ 

※このページの内容は、2020年2月17日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。