千歳船橋で暮らす 共働き夫婦におすすめのまち選びとは?

仕事、家事、育児に毎日バタバタで忙しい日々を送る共働き夫婦。そんな共働き夫婦の住まい選びにオススメなのが小田急線「千歳船橋駅」エリア。今回はその千歳船橋エリアの魅力に迫ってみましょう!

最近の共働き夫婦あるあるとは?

夕食は基本的に先に帰宅した方が担当

定時に退社できるとは限らない現代に生きるビジネスパーソン。都会で働く共働き夫婦では「夕食は先に帰宅した方」が担当する、というルールを作っていることが少なくないとのこと。しかしながらせわしない仕事でぐったり疲れてしまっている時などは、家に帰ってから夕食のおかずのすべてを作るのはかなり大変なもの。最近ではおかずを全部作らずに、市販のお惣菜を何品か取り入れる家庭も多いのだそう。

お風呂掃除は夫が担当

ある家電メーカーの発表によると、共働き夫婦の間の家事分担において、まだまだ多くの家事を妻がこなすことが多いながらも、「お風呂掃除」だけは夫が担当する家庭がダントツに多いのだとか。妻が面倒に感じがちな排水口の掃除なども、さほど嫌がらずにキレイにしてくれる夫が多いのだとか。

食材を買っておいても忙しくて使いきれないことも…

忙しい共働き夫婦は週末にまとめてスーパーで食材を買うことも多いのだそう。しかし一方で平日は忙しすぎて家で料理せずに外食になることが多く、結局週末に買い込んだ食材を使いきれないということもあるのだとか。

共働き夫婦にオススメする千歳船橋とはどんな街?

庶民派から高級路線までスーパーが充実! 食材の調達には困ることなし!

小田急線千歳船橋駅周辺には、夜23時までオープンしている高級志向のスーパー「Odakyu OX」やリーズナブルで個性あふれる商品が揃う「オオゼキ」まで充実。さらに徒歩圏内の経堂エリアには雑貨やファッション関係のお店が集まる「経堂コルティ」もあり、わざわざ都心に出なくても普段の買い物が済ませられるのが魅力です。

商店街にはお惣菜も充実!

最近では見かけることが少なくなった個人経営のお惣菜屋さん。チェーン系お惣菜屋さんも便利ですが、時にはお母さんが作ってくれていたような家庭的な味も恋しくなることはないでしょうか? 千歳船橋駅前の商店街には昔ながらのお惣菜屋さんがあるのも特徴。例えば「肉の大丸」はコロッケが名物で、中でもとろっととろけるクリーム系のコロッケは絶品!また「肉の天野屋」は豚串かつやささみかつ、春巻きなどが揃い夕食やお弁当のおかずにも重宝します。また「大橋とうふ店」は手作りの豆腐からがんもどき、大豆煮、揚げだし豆腐などのお惣菜が充実。スーパーやデパ地下のお惣菜よりも家庭的な優しい味わいが楽しめるのも千歳船橋の魅力なんですよ。

個性あふれる飲食店が多い!

チェーン店だけでなく、個人経営の飲食店が多いのも千歳船橋エリアの特徴。和食、洋食、イタリアン、焼き肉、韓国料理、居酒屋とありとあらゆるジャンルのグルメが楽しめるんですよ。中でも遠方からわざわざ来店する人がいるほどの「カルパシ」は、絶妙なスパイス使いによって作られた本場さながらのインドカレーが瞬く間に評判を呼び、予約することさえ困難な超人気店。また「まーさん」は極上のラム肉をふんだんに味わえるジンギスカンが名物。また千歳船橋はレベルの高いパン屋さんが多い隠れたパン激戦区であることでも知られており、昔ながらのお惣菜パンを扱うお店から、本格的なドイツ式パンが名物のベーカリーなどが揃います。夜に立ち寄って、こだわりの朝食用のパンを購入するといったスタイルも可能です。

保育園が多い!

千歳船橋駅周辺には保育園が10以上もあり、共働き夫婦にはなんともうれしい街なんです。さらに夜遅くまで預けられる保育園もあるので、残業が多くなりがちな夫婦にも安心です。一箇所に集中していないので、住まいのすぐ近くに保育園があった、なんてことも少なくないのだそう。

準急が止まってますます便利に!

これまでは各駅停車のみの停車する千歳船橋駅でしたが、2018年の春の大幅なダイヤ改正によって準急も停車するようになりました。準急に乗れば新宿駅に約17分で到着でき、都心へのアクセスもますます便利に。さらにダイヤ改正によって千代田線からの乗り入れ本数も大幅に増えたので、千代田線沿いに職場がある人にはなんともうれしいところ!

バスの路線も充実!

千歳船橋には実はバスのアクセスも充実。京王線「つつじヶ丘駅」、東急東横線「田園調布駅」、東急田園都市線「用賀駅」、JR各線「渋谷駅」などにもアクセス可能なので、休日のお出かけにもとても便利です。車を所有していなくても気軽に多方面に行けるのも千歳船橋エリアの魅力なんですよ。

共働き夫婦にとって暮らしやすい住まいとは?

家事の負担をできるだけ少なくできる家電は必須アイテム!

毎日の仕事でぐったり疲れて、さらに育児…という共働き夫婦にとって家庭での家事はできるだけ楽に済ませたいもの。そこでオススメなのが家事の負担を少なくしてくれる便利な家電。必須アイテムはなんといっても「食洗機」。毎回お料理をした後のお皿洗いはかなりの手間。食洗機はガンコな汚れをしっかり洗ってくれるだけでなく、手洗いよりも水の使用量が抑えられるというメリットもあるんですよ。ビルトインタイプならさらにキッチン周りをスッキリ見せてくれるのでオススメです。
また生ゴミをそのまま粉砕してそのまま流せて処理できる「ディスポーザー」も大変便利。野菜のクズや食べ残しをゴミ箱に入れると臭いも気になりがちですが、すぐに処理できるのでそんなお悩みからも解放されます。またコンロ周りのお掃除をできるだけ簡単に済ませられる、ガラストップ素材でできたフラットなコンロも共働き夫婦の間で人気が高まっているのだそうです。
また住まいの間取りは生活スタイルや家族構成に合わせて選ぶことが大切。イチオシはリビングを眺めながら料理できるキッチンがある物件。料理しながらリビングにいる家族の様子がわかるので何かと安心。またテレビを見ながら料理できるので、疎外感を感じずに作業できるのも魅力。さらにカウンターキッチンだとホームパーティーやおもてなしにも何かと便利ですよ。

Nao

Nao

メーカー、ITベンチャー勤務を経てフリーライターに。グルメ、旅、トレンドをメインに執筆活動を行う。

首都圏を中心とした商業施設、道の駅、再開発地区などの取材も幅広く手がける。

※このページの内容は、2019年2月28日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください