忙しい毎日にさようなら。家事ロボットでスマートな家事時短生活

忙しい毎日にさようなら。家事ロボットでスマートな家事時短生活

こんなしたい暮らしに出会えます
  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

日常生活には多くの家事が存在します。特に「掃除」「洗濯」「料理」は家事の中でも特に時間と労力のかかるもの。

しかし今は仕事等で忙しい私たち人間に代わって、これらの作業をしてくれる様々な家事ロボットが登場しています。

家事を任せられることで空いた時間に自分の体を休めたり、自分の好きなことに時間をかけたりすることが可能に。これまで忙殺されていた日々が、少しずつ自分らしい暮らしに進化しようとしています。

家事ロボットに家事を任せることができると、私たちの暮らしはより楽に、より進化したものになります。

今回は、そんな家事ロボットで進化する暮らしをご紹介していきましょう。

家事ロボットを取り入れて暮らしを快適に

では、実際にどのような家事を、どのような家事ロボットが担当できるのでしょうか。

まずは上記で挙げた「掃除」「洗濯」「料理」の観点からご紹介します。家事ロボットで簡単に、そして効率的に日常の家事をこなしていきましょう。

「掃除」ロボットで自動化

掃除の家事ロボットといえば、お馴染みの「ルンバ」「ブラーバ」が圧倒的におすすめ。簡単に違いを説明すると、

ルンバ:自動で動いてくれる「掃除機」
ブラーバ:自動で動いてくれる「床拭き」

といったポジションです。それでは掃除の家事ロボットはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

なんといっても、床の掃除時間がほぼ0になるというのが最大の魅力です。もう床の掃除をしなくていい、ということですから。

アプリからスケジュールを組み、自動で掃除を指示し自ら充電に戻ってくる…という便利な機能があるため、実質私たちがすることは本当にほぼ0。

時間のあるときに掃除ロボットでは対応できない棚の上などを少し掃除してあげるだけで、部屋を綺麗な状態に保つことができます。

また、掃除ロボットの動きがかわいいことから、邪魔しないように床に物を置くことをやめるユーザーが続出。自然と整理整頓まで促される、という隠れた心理機能があることでも話題となりました。

デメリット

デメリットに関しては、細かいところが2つほど。 ひとつは本体の高さ制限があるということ。
「ソファの下を掃除してほしい」と思っても、ソファ下にルンバが通れる高さが確保できていない限り、当然ながら入ることができません。

ルンバは約10cmの高さがあるため、それ以下の高さしかない家具の下は掃除することができないということになります。

そしてもうひとつは、ブラーバは駆動時にほとんど音がしないものの、ルンバは市販の掃除機レベルと同等の音がすること。夜の運転は控えたくなることが、強いて挙げるならのデメリットです。

「洗濯」ロボットで自動化

洗濯は洗濯機が自動でしてくれますが、意外と見落としがちなのが「洗剤の自動投入」。

通常であれば衣類の重さを量ったあとに洗剤を規定の量入れていましたが、今ではその計量・投入も洗濯機がしてくれる時代となりました。

そもそも「洗剤の自動投入」は、どのような点が優れているのでしょうか。自動計量され、自動投入されることで次の3つの恩恵を受けることができます。

メリット

1:計量・投入の手間が0になり、スムーズな洗濯が可能に。
2:自動計量のため、適した洗剤量での洗浄が実現。
3:洗剤容器を置く必要がないため、空間がすっきり。

洗濯の際に盲点なのが「洗剤は多すぎてもだめ」ということ。たくさん入れるとより綺麗になる気がしますが、実際は洗浄力が上がることはなく、かえってすすぎの効率悪化に繋がるためNGなのです。そのため適量での洗浄を心がけたいところですが、私たちが管理するのは手間になるため、洗濯機にお願いしましょう。

デメリット

「洗剤の自動投入」に大きなデメリットはないのですが、強いて挙げるとするならば「補充をする面倒さ」でしょうか。
しかしこれに関しては、上記のような手間削減を実現するために不可欠なフェイズであるため、工程として我慢しましょう。いつかは補充の手間が減る大型カートリッジ式洗剤が登場するでしょう。

「料理」ロボットで自動化

掃除・洗濯は基本的に1日1回でも問題ないことに対して、1日3回発生する家事…それが「料理」です。
料理の家事ロボットといえば「ホットクック」がおすすめ。圧倒的な時短を可能にする家事ロボットといっても過言でないレベルです。

野菜から出る水分だけでカレーができる「無水カレー」はテレビでも取り上げられ、その凝縮された旨味が話題となりました。通常で作ると労力と時間がかかるものですが、ホットクックであれば材料を入れたあとは全て自動。

もちろんカレーだけではなく、洋食や魚料理、和食なども。レシピ数は300を軽々と超え、単純に楽なだけでなく健康志向な方にも長く使える設計がなされています。

メリット

1:時間予約ができるため、帰宅後もすぐに食事が可能。
2:食材を切って入れるだけで調理が完了。
3:料理のレパートリーが爆発的に増加。

「手間は減るのに、レパートリーは増える」…これまた最大の効率化といえるでしょう。衣食住を担う家事の質が上がるとQOLの向上につながり、より進化した楽しい暮らしを実現できます。

デメリット

これまた便利すぎるアイテムでデメリットは少ないのですが、強いて挙げるなら1回に作れる量が多いため、1人用という調整が難しいところ。
しかしながら保存をすれば次回の調理を省くことができるため、適した保存・作り置きをすることをおすすめします。

家事ロボットが活躍しやすい物件とは

簡単ではありますが、僕がおすすめする家電ロボット向きの部屋づくりについてご紹介いたします。

コンセントが多い部屋

何はなくとも、まずは電源の確保が最優先。「ここにこの家事ロボットを置きたい」と思っても、コンセントが適した場所になくてあえなく断念…ということも少なくありません。また延長コードで確保したとしても、掃除ロボットの邪魔になったり、インテリアとして景観を損ねたり。

電源、コンセントが多くて困るというケースはほとんどありません。しかし、物件を探す際に見落としがちなポイントでもあります。注意して確認してみましょう。

段差が少ない部屋

そして段差の少ない部屋。これは掃除ロボットに関しての条件になります。掃除ロボットは1~2cmの段差は超えられるものの、それ以上の段差は超えられません。つまりはそれ以上先を掃除できないということ。

コンセント同様、段差が少なくて困るというケースは少ないため、ぜひチェックしてみてください。

※バリアフリーの観点より、床の段差が少ないと想定される「バリアフリー」をこだわり条件に含む物件を集めました。

Wi-Fiがある部屋

最後にWi-Fiがある部屋。これが特に重要です。家事ロボットのほとんどがアプリでの連携や指示が可能となっていますが、繋ぐ役としてWi-Fi、無線LANが必要です。

今回の記事の中では掃除ロボットと料理ロボットが該当します。

連携・指示だけでなく、それぞれのバージョンアップなどにも使われることから、常に最新の家事ロボットでいるために必須の条件と言えます。

家事ロボットで進化する暮らしを楽しもう

家事ロボットや適した部屋の条件をご紹介させて頂きましたが、これらをもとに最終的に目指すのは「自分の時間を有意義に快適に過ごす」ということ。

好きな部屋で好きなことを好きなだけ…そんな暮らしを実現できる技術がすでに登場してきています。これからの自分の時間を、ひとつ先の暮らしで体験してみませんか?

おおえびてんどん

おおえびてんどん暮らしの自動化メディア「ASHETPIA」編集代表

暮らしの自動化メディア「ASHETPIA」編集長。

"自分の時間が欲しい人"に「今日からできる簡単な自動化」を。
スマートホームデバイス関連企業との共同企画など「進化する暮らし」に着目したコンテンツを発信中。

※このページの内容は、2019年11月26日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。