メゾネット物件は子育てファミリーに最適! 住んでわかったその魅力

メゾネット物件は子育てファミリーに最適! 住んでわかったその魅力

こんなしたい暮らしに出会えます
  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

小さな子どもと一緒に賃貸物件に暮らす際に、子どもに関する音が気になるという方は少なくありません。

フラットタイプのマンションやアパートでは、どうしても上下階層への音漏れが気になります。また、子どもの音が原因でご近所からのクレーム、最悪のケースは退去せざるを得ないなんてことも…。

そんな、子どもと一緒に暮らすのに最適な物件がメゾネットタイプの物件です。今回は、実際に家族で住んでみて分かったメゾネット物件の魅力をご紹介します。

メゾネット物件とは

メゾネットは、「複層住戸」のことで、集合住宅の間取りタイプの一つです。

アパートやマンションのワンフロア(平面)の間取りとは異なり、部屋の中に階段があり、1階と2階を住まいとして使用することができます。

似たタイプに“ロフト付き”物件もありますが、メゾネットはロフトとは違い、2階の空間もリビングや水回りなど、「居住スペース」として基準を満たしています。
マンションやアパートと同じく集合住宅に分類されるメゾネット物件ですが、2階に子ども部屋があったり、階段を上り下りしたり、まるで一戸建て住宅で暮らしているような生活動線が可能です。

2LDKのメゾネット物件で家族3人暮らし

メゾネット物件に実際に家族3人で暮らしてみて一番に感じたメリットは、リビングを中心に家族団らんを持てるという点です。

ワンフロア物件でもリビングが中心にはなりますが、1階と2階で居住スペースが分かれているからこそ、1階リビングで過ごす時間が長くなっているように感じます。

わが家では、2階は寝室と子ども部屋(おもちゃを置く部屋)となっているため、寝るとき以外はほとんどリビングで過ごしており、家で過ごす家族の時間のほとんどを共有することができています。

広い独立テラスで親子で外遊び

わが家の娘が一番気に入っている場所は、1階のゆったりとしたテラスです。

リビングからそのまま出られる独立したテラスで、お天気がいい日はシートを広げてままごと遊びをしたり、ボール遊びをしたりしています。

外の道に面していないため、事故などの危険もなく、よく目が届くので安心して遊ばせることができます。休日に家でまったりと過ごしながらも、外遊びをさせてあげられる点は私たち大人も満足ポイントとなっています。
通常のマンションだと、2階以上の住居では、なかなかこの広さのバルコニーがある間取りは珍しいのではないかと思います。

階段スペースは猫のお気に入りの場所に

わが家は猫を飼っていますが、猫は高いところが好きなためか、階段スペースでよく高みの見物を楽しんでいます。

フラットタイプだと高い場所が限られるため、タンスの上や冷蔵庫の上に乗られてホコリが気になりますが、階段だとその心配がないのは嬉しいポイントです。

居住空間が分かれているから作業時間を確保しやすい

わが家は2階に寝室と娘の部屋があり、私がパソコン作業をしているときはよく、娘と夫で2階に行って遊んでくれています。

パソコン作業をしていると、どうしても子どもの話し声や遊んでいる様子が気になったりしてしまうので、2階という全然違う空間に行ってくれているとすごく作業がはかどります。

小休憩に二人の様子を見に行っては、微笑ましい様子に癒されています。

住んでみてわかった! メゾネット物件はこんなところ

家族間のプライベートが守られる

フラットタイプだと部屋が分かれていても、音漏れで壁越しやドア越しに何をしているのか想像できたりしますよね? もちろん、親としては子どもについて把握しておきたい部分もありますが、家族間でもプライベートが守られていることは必要です。

メゾネットでは、フラットタイプよりも音漏れが少なく、それぞれ独立したスペースで個々の時間を持つことができます。

リビングで過ごす夫婦2人の時間も大切に

子どもを2階寝室で寝かせた後は、1階リビングで夫婦2人の時間を作るようにしています。

最初は子どもの状態をすぐに見ることができないことに慣れませんでしたが、1階と2階で分かれている分、音漏れもなく、ぐっすりと眠れているようで、夜中に起きることもなくなりました。

普段子どもがいる時にできない話をしたり、深夜番組を観たり、限られた時間を夫婦で共有することができるようになっています。

集合住宅でも周りが気にならない

アパートやマンションだと構造上、お隣さんと向かい合わせの玄関…ということはよくありますよね。

メゾネットは集合住宅ですが、玄関が向かい合わせになることはなく、玄関の距離も離れているため、玄関を開けた瞬間に顔を合わせる…ということがありません。集合住宅で周りが気にならない点は、思った以上に住み心地をよくしてくれています。

また、部屋の作りにもよりますが、わが家は階段と階段の間の壁でお隣さんと隔てられているため、居住音が全く聞こえません。

まだまだ走ったり、跳んだり、はしゃいだり…が大好きな5歳の娘。引越しを決めた時に1番不安に感じていたのが“娘の足音”です。

以前一人暮らしの際に住んでいたアパートで、私も経験があるのですが、とにかく足音は響きます。

メゾネットは2階もわが家なので、足音を気にする必要がなく、本当に好きなだけはしゃいでもらっています。

2階のバルコニーでラクラク天日干し

我が家の2階部分には、寝室に面した広めのバルコニーがついているのですが、日当たりが良く屋根もあるため、お布団を干す際にもすごく便利です。

フラットタイプだと、バルコニー同士が薄い壁1枚で繋がっており、左右のお隣さんからバルコニーが見えてしまう…という場合が多いです。メゾネットタイプだとバルコニーも独立しているため、“お隣が気になる”ということもありません。

おもちゃ部屋は2階に!適材適所のこだわり配置

子どもがいると家の中のあちこちにおもちゃが散らばっている…ということはありませんか? 私も以前は本当に子どものおもちゃに悩まされていました。

フラットタイプの家だと、それぞれの部屋の距離が近いため、ついついいろんなところ物が散乱しがちになります。その点わが家では、2階に娘のおもちゃ部屋を置くことで「2階から持ってくるのが手間」「おもちゃで遊ぶなら2階で」とリビングへの持ち込み禁止に成功しています。

空間に距離があるからこそ、必要な場所に必要なものを置くクセが身に付きます。

子どもとのびのび暮らせるメゾネット物件

家族3人暮らしなら2LDK以上がオススメ

3人暮らしで快適に暮らすには、2LDK以上の間取りがおすすめです。

あると便利な階段下収納

集合住宅でもメゾネットは、階段下収納があるのが嬉しいポイントです。

集合住宅でも気にならない近隣との距離感

賃貸で集合住宅を検討する際は、玄関の向きや位置、駐車場との距離もきちんと把握することをおすすめします。

メゾネットは、とにかく周りが気にならない点が嬉しいメリットだと感じています。近隣距離が気にならないことで、住み心地はとても良くなります。

カウンターキッチンなら家族間の距離がグッと近くなる

前住んでいた家はI型の壁付けキッチンで、私が家事をしている時は家族の様子を見ることはできませんでした。

家族とコミュニケーションがとれるカウンターキッチンで、「今日のご飯は何にしよう?」と話している時間は、私にとって毎日のちょっとした幸せな時間です。

kimi

kimi

熊本県在住。5歳娘を子育て中のアラサー主婦。
子育てをしながら、生活を楽しむことを日々の目標とし、在宅ワーカーとして活動中。
現在、夫と子どもと3人+ペットと一緒に2LDKメゾネット物件で暮らしています。
子育て中のママに向けたブログ『きみといっぽ』を運営。

※このページの内容は、2019年11月20日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。