マンションで自然素材のインテリアを楽しもう、無垢家具のある暮らし

マンションで自然素材のインテリアを楽しもう、無垢家具のある暮らし

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

自然素材のインテリアが好きな方は多いですよね。
私も新築マンションに入居した当時はこだわりが少なかったのですが、徐々に自然素材のインテリアに惹かれるようになりました。

内装材を自由に選べる注文住宅と違い、一般的な新築マンションで内装材に自然素材を使うのはハードルが高いものです。そこで、わが家の実体験をもとにマンションでも自然素材のインテリアを楽しむ暮らしをご紹介します。

マンションに自然素材の家具を取り入れた暮らし

そもそも自然素材のインテリアとは?

ここでいう「自然素材のインテリア」とは、無垢材の家具を取り入れたインテリアスタイルのことです。
無垢材とは、天然木から切り出した素材のことを指します。無垢材の家具がお部屋にあると、木の質感やぬくもりを感じることができ、あたたかみのあるナチュラルな印象になります。
では、無垢材にはどんな種類があるのでしょうか。

自然素材のインテリアに使われる木材

建材に使用される木の種類は針葉樹と広葉樹に分けられ、代表的な木材としては以下のような種類があります。

針葉樹
・ヒノキ(檜):日本が世界に誇る木材。切ってから約200年の間強くなり続けると言われ、腐朽しにくく耐久性も強いです。古くから仏閣や神社の建築に使用され、築1,300年以上の法隆寺を支えていることでも有名です。ヒノキ風呂など香りを味わえるのも特徴ですね。

・パイン(松):軟らかさが特徴の木材。値段も比較的安いため、DIYの加工素材としても人気です。全体的に油分が多いため、もとの白っぽい色合いから経年変化により艶のある色合いへと変化します。

・スギ:まっすぐに伸びる木で、変形しづらいのが特徴の木材。とても軽いため、アウトドアで使うものや折りたたみ式のテーブルなどはスギにしておくと持ち運びが楽です。

広葉樹
・オーク(ナラ):世界中で使用されている木材。硬度や強度、耐久性に優れ、家具の加工にも適しています。

・チーク:独特の美しい木目が特徴で、世界的に人気の高級木材。世界三大銘木の1つとしても知られています。強度と耐久性に優れ、水にも強く、無塗装でも自然な光沢感が魅力です。

・ウォルナット(クルミ):独特な節目をもつ高級木材。世界三大銘木の1つです。色味が濃く、シックで落ち着いた印象になります。

・アッシュ(タモ):野球のバット等にも使われる強度と粘りのある木材。シンプルな木目で美しい仕上がりになります。

・マカボニー:軽量で加工しやすく頑丈な性質で、古くから宮殿の装飾に使われる高級木材。世界三大銘木の1つとしても知られています。経年変化により艶と赤みのある色合いへと変化するため、アンティークな風合いを愉しめます。

標準仕様のマンションでも無垢材の家具でナチュラルインテリアに

一般的な新築マンションを購入したわが家。仕様は「標準仕様」でした。床は化粧シートの複合フローリング、壁は石膏ボードなので、床の見た目は木目調でも、そのままでは自然を感じる要素はほとんどありません。

本当は無垢材の床にしたいところですし、壁紙もビニールクロスよりも珪藻土(けいそうど)や漆喰(しっくい)などの自然素材の塗り壁に憧れています。

珪藻土とは、海や湖に生息していた植物性プランクトンの化石が泥と一緒に岩石化したものです。調湿効果があり、湿気が多いときは吸収し、乾燥しているときは放出してくれるという特徴があります。自然に40~70%の湿度を保ってくれて、結露防止にもなるなんてすごいですよね。

そして、漆喰は、石灰岩を低温で焼いて水と混ぜ合わせ、糊やスサを加えた塗り壁材のことです。調湿効果や自浄作用、殺菌効果があり、カビが発生しにくいといわれています。ヒビが入りやすいという特徴もありますが、それすらも風合いとして楽しみたいという自然素材のインテリアが好きな人には人気があります。

このように、自然素材の床や壁はかなり魅力的。でもわが家は新築マンションなので、リノベーションもしていないですし、住み替えを検討しているのでDIYもハードルが高いと感じてしまい、購入当時のままマンションにそのまま住んでいます。

しかし、マンションでも部分的には自然素材のインテリアを楽しむことができるんです。ここでは、マンションでもできる無垢材家具の取り入れ方をご紹介します。

あたたかみのあるインテリアで家族が和む居心地のいい空間が実現

わが家の一例ですが、家具はオーク材とチーク材を取り入れ、少しでも自然素材を感じられるよう意識しました。ホテルライクやスタイリッシュなインテリアよりも、あたたかみのある雰囲気が好きなので、せめて家具だけでも無垢材を取り入れようと思ったのです。

無垢材には様々な種類があり悩みましたが、個人的にオーク材が好きなので、オーク材を多く取り入れてナチュラルな印象のインテリアを目指しました。すると、部分的に取り入れただけですが、全体的に落ち着く空間になりました。

家族で食事をするとき、チーク材のダイニングテーブルが食事をより鮮やかに見せてくれますし、オーク材のソファやテーブルがあるだけで、リビングに木のぬくもりを感じてくつろぐことができます。
無垢材の家具を取り入れるだけで、家族にとって居心地がいい空間になったと思います。(子どもがどう感じているかはまだわかりませんが。)

オーク材を取り入れた我が家の実例

前述したように、無垢材にもさまざまな種類があり、選ぶ木材によって見え方が変わってきます。
木材によってどのような印象になるのかという一例として、まずはオーク材からご紹介していきます。
オーク材は、虎斑(とらふ)という模様が特徴的な木材です。模様は粗い印象もあるのですが、木肌が明るいので、部屋をナチュラルで明るい印象に見せてくれます。

わが家は、ソファ・ローテーブル・スタッキングシェルフをオーク材で統一しました。これらの家具は、すべてお気に入りのインテリアショップで購入したものです。
オーク材のインテリアは、身近にあるライフスタイルショップなどでも取り扱っているので気になる方はチェックしてみてくださいね。

オーク材が人気なのは、その耐久性ももちろんですが、色味が北欧インテリアやシンプルなインテリアに合わせやすいからではないでしょうか。個人的にも、オーク材は色味的に特にナチュラルインテリアや北欧インテリアと相性がいいと感じています。

北欧インテリアとは、北欧(フィンランド・デンマーク・ノルウェー・スウェーデン)の文化や暮らしをもとにしたインテリアスタイルです。北欧では寒く暗い冬が長くつづき、日照時間も短いので、人々はいかに家で居心地よく過ごすかを工夫しながらインテリアを楽しんでいます。そのため、インテリアもシンプルで落ち着いた雰囲気がありますよね。

木製であたたかみのあるオーク材は、金属製などの無機質なものよりも北欧のインテリア雑貨に馴染みやすいと感じています。
ナチュラルインテリアは、自然素材を取り入れたあたたかみのあるインテリアです。SNSムでは"北欧ナチュラルインテリア"というハッシュタグも人気なので、いわゆる自然素材のインテリアは北欧テイストと馴染みがいいスタイルなのでしょうね。

私は特に住み始めてからオーク材が大好きになりました。明るくさわやかな印象を受けるので、圧迫感がなく目にも優しい気がしています。現在、マンションから一戸建てに住み替えを検討しているので、そのときはオーク材で統一感のある家にしたいな、と考えるくらいお気に入りの木材です。

チーク材を取り入れた我が家の実例

チーク材で、ヴィンテージ感のあるレトロな印象のお部屋に

次は、チーク材についてです。チーク材の家具は、色味が濃く、ヴィンテージ感のあるレトロな印象を受けます。また、テイストはまったく違いますが、南国リゾートやアジアンテイストにも向いている気がします。

わが家はダイニングテーブルとダイニングチェアにチーク材を選びました。ガラス製のランプとの相性がよく、カフェのような雰囲気になると感じたからです。

ただ、正直なところ住み始めてから、色みがオーク材とは相性がいま一つ合わない気がして、すべてオーク材で統一してもよかったとも思っています。とはいえ、チーク材そのものの質感や色みは味があって素敵です。

チーク材は天然の油分を含んでいるため、艶感も相まって質感がとても美しいです。また、月日とともに色味に変化があって、家具の経年変化も楽しむこともできます。
わが家はまだ購入して数年なので、あまり色味の変化はありませんが、特徴としては室内で使用すれば金褐色の濃厚な飴色へと変化し、屋外で使用すればシルバーのようなカラーに変化するようです。

また、色みはもちろんですが、チーク材は杢目(もくめ)もとても美しいのです。前述したとおり、新しい家具でもチーク材だとヴィンテージ品かのように感じられるのは、この色味と杢目の美しさによるものでしょう。ちなみに、「ヴィンテージ」とはアンティークよりも年代が新しいけれど古い味わいが出ているものを指す言葉です。一方、「アンティーク」は100年以上経過した古いものに対して使われる言葉です。

チーク材は使い込むほどに味が出る無垢材ですが、比較的新しいものでもヴィンテージやアンティークのインテリアに馴染みやすい木材だと思います。
オーク材もチーク材も長く使える耐久性に優れた家具なので、自然素材の家具が好みの方にはおすすめしたい無垢材です。

実感した自然素材の家具のメリット・デメリット

メリット

自然素材の家具は気持ちを穏やかにさせてくれます。
実家がヒノキの家だったので、もともと無垢材が好きなのもありますが、木のぬくもりを感じる暮らしは多くの人にとって癒やしの空間になるのではないでしょうか。落ち着くカフェやおしゃれな雑貨屋さん、温泉旅館などでも木の素材感を生かした空間づくりがされていますよね。自然素材の家具は、ナチュラルな家づくりには欠かせないアイテムだと感じています。

デメリット

一方で、無垢材は傷がつきやすく汚れがしみこみやすいという特徴もあります。自然の木材を使っているので当然なのですが、それはデメリットと一般的にはいわれています。
特に小さい子どもがいると、どうしても傷がつきやすい場面は多々あります。わが家も上の子が3歳なので、ミニカーなど硬いおもちゃで遊んでいるときについた無数の小さい傷があります…。

ただ、どうせ物はいつか傷がつくものですし、その傷も"家族と過ごした思い出"だと思えるのであまり気にならないですが、神経質な方には向いていないかもしれません。暮らしの中で傷を歴史として楽しめる人にはあまり気にならない点だと思います。

無垢材の家具を長く使うために

水分など気になる食事の汚れですが、オイルコーティング剤を使うことで防止することもできます。木の風合いを生かしながら、水分のある汚れから木肌を守ってくれるのです。使っていくうちに少しずつ剥げてはしまいますが、その都度オイルを塗っていけば長く状態よく保つことができます。

無垢材家具は、オイルコーティングが切れてくると、表面のしっとり感が無くなり、カサカサと乾いた感触になってきます。そういう状態になると、食事などの汚れが染み込んでしまいやすいので、適宜オイルを塗りましょう。

自然を感じる部屋づくりはマンション選びから

まるで一戸建てのような無垢材のマンション

無垢材がふんだんに使われた注文住宅に憧れがあっても、さまざまな条件を検討した結果マンションを選ぶ人も多いでしょう。
マンションならではのメリット(立地の良さ)などを享受しながら、まるで注文住宅のようなデザインの物件も探すことはできます。たとえば、デザイナーズ物件やリノベーション物件は無垢材が使われていることも多いです。

ベランダでグランピング・チェアリング気分

また、自然素材のインテリアの延長で、ベランダを大胆に使ってグランピング気分を味わうのもいかがでしょうか。

マンションは一戸建てのようにお庭の緑を部屋に取り込みにくいので、その点も自然を感じづらいですよね。でも、たまには開放的な気分になりたいときもあるものです。
そんなとき、バルコニーが広い物件だと、ベランダ用の椅子を出してグランピングやチェアリング気分を楽しめます。

ちなみに、グランピングとは、英語で“魅力的な、華やかな”などを意味する「Glamorous(グラマラス)」と「Camping(キャンピング)」を組み合わせた言葉で、直訳すれば“魅力的なキャンプ”という意味になります。キャンプ用品や食事などが用意されているグランピング施設を指すことが多いのですが、最近ではベランダ・グランピングという造語も生まれています。

一方、チェアリングは、椅子を持って外へ出て好きな場所に置いてお酒を飲んだり、本を読んだりして過ごす行為のことです。グランピングほどキャンプに近いものではなく、気の向くままに楽しむお手軽なアウトドアです。

バルコニーは共有部分なので、常に物を置いているのはよくないですが、たまに椅子を出して外の空気を吸いながら過ごすと清々しい気持ちになれます。バルコニーが広いだけで、リビングまで広く見せることもできるのでおすすめですよ。

マンションでも自然素材のインテリアや自然を感じる暮らしを楽しもう

この記事では、マンションでも自然素材のインテリアを楽しむための工夫についてまとめました。

わが家は住み替えを予定していることもあり、大掛かりなリノベーションやDIYはしない方針なので、部分的に無垢材の家具を取り入れることで、自然素材のインテリアを楽しんでいます。

私は自身の失敗談から木材の種類はある程度統一するのが無難だと思っていますが、インテリアセンスに長ける人は、さまざまな木材を合わせてコーディネートを楽しむのも醍醐味ですね。
無垢材家具で、手軽に自然素材のインテリアを楽しんでみてはいかがでしょうか。

もこ@住まい系ママブロガー

もこ@住まい系ママブロガー

住まい系ブログ【 MOKO HOME(もこほーむ)】を運営するママブロガー兼ライター。「住まいと暮らしを豊かに」をコンセプトに、新築マンション・インテリア・育児メインのコンテンツを発信。家具や食器が好きだけど、片付けは苦手で収納を勉強中。家族にとって心地いい暮らしを追求している。関西在住。

※このページの内容は、2020年12月1日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。