冬にあえてアイスコーヒー? 暖かい部屋でスイーツと一緒に楽しむ魅力

冬にあえてアイスコーヒー? 暖かい部屋でスイーツと一緒に楽しむ魅力

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

私は、冬の午後に飲むアイスコーヒーがお気に入りです。
意外に思われる方も多いかもしれませんが、夏だけでなく、冬に飲むアイスコーヒーもまた格別です。

こだわりのコーヒー豆で急冷式のアイスコーヒーを淹れて、暖かい部屋で甘いものと一緒にアイスコーヒーを楽しむひとときは、特別なリフレッシュ時間です。
今回は、寒い冬のアイスコーヒーの楽しみ方やアイスコーヒーを家で美味しく淹れる方法を紹介します。

冬に楽しむアイスコーヒー

冬のアイスコーヒーの魅力

私自身、昔は「冬にアイスコーヒーなんてとんでもない」と思っていました。暑い夏でさえ、アイスコーヒーは喫茶店でたまに飲む程度で、「いつものコーヒー」といえばホット派でした。

ところがあるとき、ホットコーヒーに氷をたっぷり入れて飲むと、とても美味しいことに気がついたのです。キリッとした冷たさがあり、ホットコーヒーでは感じなかったすっきりとした苦さがとても気に入りました。

そのうち珈琲器具や豆や淹れ方にもこだわるようになっていきました。こだわりに比例してアイスコーヒーは美味しくなり、気づけば冬でも毎日アイスコーヒーを飲むようになっていました。

アイスコーヒーを飲むようになったもう一つのきっかけは、マイボトルで持ち運んでも味が落ちないことを知ったことです。ホットコーヒーはマイボトルに入れて持ち運ぶと酸化が進んでしまい、味が落ちてしまいます。ところがアイスコーヒーにすると、外出先で飲んでも美味しく飲めるのです。

それからは外出先でわざわざ缶コーヒーを購入することなく、冬でも暖かい場所で美味しいアイスコーヒーを飲むのが習慣になりました。

実際、冬にアイスコーヒーを飲むと、夏に飲むアイスコーヒーとはまた違った楽しみがあることに気づくでしょう。そんな楽しみに欠かせないのがアイスコーヒーに合うお供です。

暖かい部屋でアイスコーヒーと甘いものを

冬のアイスコーヒーを楽しむポイントは、夏のようにガブガブ大量に飲むのではなく、少量の美味しいコーヒーを、美味しいお供と一緒にいただくことです。
アイスコーヒーは和菓子にも洋菓子にも合います。とりわけ冬の暖かい部屋でアイスコーヒーを飲むときに、私が気に入っているお供は、以下の3つです。

① アイスクリーム
② かりんとう
③ チョコレート

アイスコーヒーのお供① アイスクリーム

「冷たいアイスコーヒーにさらにアイスクリーム?」と驚く人もいるかもしれませんね。しかし、「コーヒーフロート」があることからもわかるように、アイスコーヒーとアイスクリームの相性は抜群です。苦味の強いアイスコーヒーなら、アイスクリームの上に少したらして食べるのもおしゃれですね。
個人的に好きなのは薄いお餅に包まれたバニラアイスとアイスコーヒー。こたつに入りながらアイスコーヒーと一緒に食べると最高です。

アイスコーヒーのお供②かりんとう

かりんとうは温かい緑茶にもよく合いますが、アイスコーヒーとの相性もいいお菓子です。一緒に食べると黒糖の甘さを程よく中和してくれるのです。コーヒー好きの友人が来たら部屋を暖かくしてアイスコーヒーと一緒に出してみてください。

アイスコーヒーのお供③チョコレート

冬のお菓子の定番といえばチョコレート。ビターなアイスコーヒーにはやはりビターチョコレートがとてもよく合います。個人的な好みですが、チョコレートの種類によって合うアイスコーヒーもさまざまです。

・アイスラテには、ミルクチョコレート
・苦味の強い深煎りアイスコーヒーには、ブラックチョコレート
・酸味の強いアイスコーヒーには、フルーツチョコレート

美味しいアイスコーヒーの淹れ方

次に、自宅での美味しいアイスコーヒーの淹れ方についてです。
「ホットコーヒーは自宅で淹れるけれど、アイスコーヒーを作るのは少し難しい」という印象をもっている人は少なくありません。ですが、慣れてしまえば毎日外でコーヒーを買うよりもはるかに安い価格で、自分好みの美味しいアイスコーヒーを淹れることができます。
次に、美味しいアイスコーヒーを淹れるための4つのポイントを紹介します。

・豆選びのポイント
・ドリップのポイント(急冷式)
・コールドブリュー(水出し式)コーヒーのポイント
・インスタントコーヒーのポイント

豆選びのポイント

喫茶店のアイスコーヒーの味に近づけたいなら、「アイスコーヒー用のコーヒー豆」か、「深煎りローストのコーヒー豆」がおすすめです。
人間の舌は、冷たい飲み物を飲むと苦味を弱く、酸味を強く感じやすい傾向があります。そのため、アイスコーヒー用の豆は酸味が少なく、苦味の強い深入りで焙煎されています。ただ、アイスコーヒー用の豆で淹れたアイスコーヒーは、苦味がキリッとしていますが、味が単調になりがちなので毎日飲むと飽きてしまうかもしれません。

バリエーションを楽しみたい人は、ホットコーヒーでも使われる「中煎りのコーヒー豆」がおすすめです。アイスコーヒー用の豆に比べ、幅広い味を楽しむことができます。また、コーヒー豆は一度挽くと急速に酸化してしまうので、コーヒーミルは必須です。自宅でアイスコーヒーを飲むときはできるだけ豆の状態で購入し、飲む直前に豆を挽くようにしましょう。

ドリップのポイント(急冷式)

アイスコーヒーを美味しく淹れるために、次のポイントを意識しましょう。

・ホットコーヒーよりもゆっくりと淹れる
・お湯の量はそのままでホットコーヒーの2倍分のコーヒー豆(目安:一人分=20g、お湯160cc)を入れる
・サーバーに氷をたっぷり淹れて抽出したコーヒーを急速に冷やす

以上の点を押さえて、次のステップでアイスコーヒーを淹れれば、自宅でも美味しいアイスコーヒーができます。

1.氷をたっぷり入れたサーバーの上にコーヒー豆を入れたドリッパーを置く
2.中心から「の」の字を描くように少しずつお湯を注ぐ
3.1分蒸らす
4.お湯がなくなるまで2、3を繰り返す
5.お湯がなくなったらドリッパーをすぐに取り除く
6.氷を入れたグラスに注ぐ

このように熱いお湯でコーヒーを淹れ、氷で急速に冷やすと、キリッとした美味しいアイスコーヒーとなります。

ちなみにコーヒーメーカーで淹れるときも基本的には同じで、豆の量をホットコーヒーの倍にセットしてください。自動蒸らし機能がないコーヒーメーカーなら、最初にお湯が注がれたらスイッチを切り、1分ほど蒸らすと味が格段によくなります。

コールドブリュー(水出し式)コーヒーのポイント

アイスコーヒーのもう一つの淹れ方は、コールドブリュー(水出し式)です。お湯を使わずに水からじっくり抽出する方法で、カフェインがおよそ30%カットされるとされています。アイスコーヒーを美味しく淹れるステップは以下のとおりです。

1.お茶パックに挽いたコーヒー豆を入れてピッチャーに入れる(500gの水に対して目安は40gのコーヒー豆)
2.冷蔵庫で4〜8時間寝かせる(抽出時間はお好みで)
3.抽出し終わったらコーヒーパックを取り出して捨てる

基本的に作り方は水出しの麦茶と同じで、とても簡単に作ることができます。お湯で淹れたアイスコーヒーよりも味がなめらかで、カフェインも少ないので飲みやすいです。

インスタントコーヒーのポイント

手軽にアイスコーヒーを楽しみたい方には、インスタントもおすすめです。アイスコーヒー(急冷式)を作るには氷がたくさん必要ですが、インスタントのアイスコーヒーなら少量の氷でも作れます。

濃さを自由に調整できるのがインスタントコーヒーの魅力です。淹れるときのポイントはパッケージに書かれている規定量どおりの分量を守ること。それだけで充分美味しくなります。

1.少量のお湯に規定量のインスタントコーヒーを入れてよく溶かす
2.残りの分量の水を入れて混ぜる
3.氷を入れる

インスタントコーヒーの味はいろいろです。インスタントでも味にこだわりたい人は、よく流通しているロブスタ種のブレンドではなく、アラビカ種を試していただきたいです。
アラビカ種は収穫量が少ないため、希少性の高いコーヒー豆です。味わい深くそれでいて爽やかな酸味もあるため、複雑な味を楽しみたい方にとくにおすすめです。

対面キッチンでアイスコーヒーを楽しむ

カフェで飲んだアイスコーヒーに感動してコーヒー豆を買って帰ったのに、家で飲んでみると美味しくなかったという経験はありませんか?
同じコーヒー豆で味が違うのは、プロの腕前はもちろんのこと、アイスコーヒーを飲むときの雰囲気が異なるからともいえるでしょう。自宅でも美味しいアイスコーヒーを楽しみたい方には、対面キッチンの物件がおすすめです。
コーヒーの香りで幸せな気持ちになるのは、脳内にドーパミンが分泌されているからです。殺風景な場所で飲むのではなく、カフェのように少しおしゃれな空間でアイスコーヒーを飲むと、さらに美味しいと感じられると思います。

アイスコーヒー専用カウンター

どんなインテリアにするかはあなたのアイデア次第ですが、対面キッチンを利用してカフェ風のキッチンを演出してみましょう。いくつかのポイントをご紹介します。

・コーヒーミルをインテリアに活かす
・グラスホルダーでアイスコーヒーのグラスをおしゃれに収納する
・コーヒーコーナーを作る
・カウンターの照明にはペンダントライトを選ぶ
・観葉植物を飾る
・ミニ黒板を活用する

美味しいアイスコーヒーを飲むには、飲む直前に豆を挽く必要があります。コーヒーミルはそれ自体がインテリアにもなるので、コーヒーミルが置いてあるだけで喫茶店のような雰囲気になります。
すべて実行できないかもしれませんが、ちょっとした雑貨であれば100円ショップでも購入可能です。大事なのは自分が落ち着くお気に入りの空間をイメージすることです。対面キッチンのスペースにコーヒーの器具をそろえてみましょう。

冬のアイスコーヒーは大人の贅沢

暑い夏にガブガブと飲むアイスコーヒーもいいですが、冬に暖かい部屋で楽しむのもまた違った魅力があります。
豆の種類、挽き方、淹れ方、コーヒーは本当に奥の深い飲み物です。ぜひいろいろな豆を試して自分好みの味を探してみてはいかがでしょうか。

鈴木忍

鈴木忍

フリーライター、各種翻訳(英語、ベトナム語、英語、中国語等)を4年以上しております。教育学の学士号を持っており、脳科学、心理学、自己啓発に加え、言語学、哲学に関する多数の本を読んできました。現在も幅広い知識を得られるよう常に努力しています。

※このページの内容は、2021年1月26日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。