地元のパパ・ママから聞いた!愛知県の子育て支援制度とオススメエリア

愛知県は、覚王山、有松、名古屋城周辺など下町情緒あふれる街並みと、大型商業施設が隣接しているエリアです。

大きな公園や病院も充実しており、ファミリー世帯も住みやすく暮らしやすいのが特徴。さらに子育て支援制度も充実しているため、子育てパパ・ママも安心です。今回の記事では、愛知県に住んだ場合の子育て支援への紹介と、子育て環境に適した住居エリアをご紹介します。

愛知県の子育て支援制度とは?

愛知県は子育て支援制度が充実しています。待機児童解消のためにも、子供の受け入れ人数を増やすとともに、減少傾向にある地域の保育を支援するように努めているため、より質の高い幼児期の教育・保育を目指しています。県内では支援センターも充実しているので、共働き夫婦も安心です。

地元に住んでいる子持ち主婦の方々も、子供を保育園に預けて働きに出かけている方が多いです。名古屋市在住の女性の話によると、「ちょっとの時間だけ預けたいというときでも、すぐに預けられる場所が沢山あるから働きやすい」と話をされていました。結婚・出産後も仕事をしたい、キャリアを積みたいと考えている女性にとっても安心です。

住むなら、より子供の子育てと医療制度が充実しているエリアを選ぼう

愛知県には子供医療制度があり、中学3年までの入院、小学校就学までの通院があったときに、医療保険自己負担を助成する制度があります。

他県から結婚を機に名古屋市に引っ越してきた女性の話によると、子供の医療費補助制度の充実ぶりに驚いたそうです。なお、医療費や受給資格年齢は市によってやや異なるので、より制度が充実しているエリアを選びましょう。

子育てパパ・ママが住むにはどこがオススメ?

ファミリー世帯が多く住んでいるのは、名古屋市名東区や緑区エリアです。名東区は転勤族が多く、他県から引っ越してきた人も住みやすいのが特徴。生徒の転校も多く、その割合はなんと学校の学年が上がるときに約2割が入れ替わるほどなんだとか!

他県からの住民の話によると、名東区や緑区は比較的ママ友同士の付き合いや昔ながらのしきたりも少ないため、出張で2~3年住むならオススメとのこと。ただ、名東区はやや家賃が高めに設定されています。

緑区は、相生山駅~徳重駅周辺が新興住宅地と言われています。坂道も千種区や名東区ほど激しくないので、自転車でも安心です。現在緑区に在住の主婦の方は、家の近くにスーパーが多く、各店舗で価格競争していることから比較的お値打ちに食品が買えると話していました。緑区は、物価も名東区や千種区などといった高級住宅街と比べてやや安いことからコスパよく暮らしたい方にもオススメです。

日本一若い街?子育て世代が暮らしやすいエリアの魅力とは

現在、「子育て世代が暮らしやすい日本一若い街」といわれているのが長久手市です。遊具のある公園が市内に27カ所あり、屋内の児童施設は大人300円、子供無料で利用できるなど、コスパよく過ごせるという特徴があります。

緑あふれる環境が整っており、子供の遊び場が多いのも嬉しいところです。2005年に行われた愛知万博・長久手会場の跡地は現在都市公園としてリニューアルされており、なかにはアニメ『となりのトトロ』に登場する主人公たちの家をモチーフにした「サツキとメイの家」も。子供たちや観光客に根強い人気があります。

長久手市の中でも、とくに小さな子供がいる家庭からの支持が熱いのが、万博跡地モリコロパークがある雑木林の中を1日中走り回って遊ぶことができる「もりのようちえん」。地元には、子供を「もりのようちえん」に行かせるためにわざわざ名古屋市中心街から引っ越そうと考えている人もいます。

長久手市で暮らす方の話によると、このエリアは近年IKEAやイオンモール長久手ができたことから一層便利になってきているとのこと。また、「長久手に住んでいる」と話すと、「オシャレで良い街に住んでるね」と言われるのも嬉しいのだとか。世間一般的に「IKEA=オシャレ」というイメージもありますし、IKEAによる街のイメージアップは計り知れないですね。

「子育てしやすい街」は、「長く暮らしたいと思える場所」とも言われています。長久手市は名古屋駅から少し遠いのがデメリットですが、その分家賃は安めなので長く暮らしたい方にオススメです。

小さなお子さんがいても安心な賃貸マンションを選ぶコツ

小さなお子さんがいる家庭であれば、シャッターや鉄格子など窓の防犯対策がしっかりしている家を選びましょう。さらに、防犯カメラやオートロックが完備されていると一層安心です。

最近のマンションは、エレベーターの階数ごとにセキュリティ対策が設けられているものや、ドアが開く度に「ドアが開きます」「ドアが閉まります」とアナウンスしてくれる物件もあります。キッズスペースのある賃貸であれば、雨の日も子供を遊ばせることができますね。

千種区や名東区は、高台も多いことから眺めの良い賃貸マンションも多いです。高台のマンションの中でも、近くに公園がある物件であれば家から子供が遊んでいる姿をチェックできるので、より一層安心でしょう。

また、家の付近に防犯カメラが多く取り付けられているようなエリアの賃貸もオススメです。千種区~名東区は、名古屋市内でもセレブが多く住んでおり、治安が良いことで知られているエリアです。とくに千種区の中でも本山、覚王山、星ヶ丘は豪邸やハイソなマンションが多く立ち並んでいます。このエリアには億ションも多く、セキュリティのしっかりしたマンションが多いのが特徴です。

ただ、近年では覚王山や星ヶ丘などの人気エリアではなかなか新築マンションが出てきません。そのため、中古を購入、または賃貸で借りる人が増えています。駅から近いと家賃も高めで、3LDKで10~15万ほどの賃貸マンションが多いです。ただ、駅から徒歩10分付近やバス通勤もOKなのであれば、10万以内で借りられる賃貸マンションもあります。

富裕層が多いエリアに住むとき、注意しなければならないのは他所から来た泥棒に狙われないようにすることです。なかには、家に駐車していた車を盗まれたなんて人も……。どんなエリアに住むことになっても、小さなお子さんがいるのであればなおさら防犯対策には最善を尽くしたいものです。賃貸マンションを選ぶときは、駐車場にも防犯カメラがついているなどセキュリティもしっかりしている物件を選ぶようにしましょう。

みくまゆたん

みくまゆたん

愛知県在住のフリーライター/コピーライター 取材、インタビュー、恋愛コラム、プレスリリース記事など執筆している。

※このページの内容は、2019年2月1日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください