時間はつくりだすもの。5人家族の家事ダイエット術

時間はつくりだすもの。5人家族の家事ダイエット術

こんなしたい暮らしに出会えます
  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

こんにちは、子ども3人無印良品大好きな非ミニマリスト フネです。

子どもが小さい頃はもちろん、ある程度大きくなってもついつい口に出してしまう言葉が、
●「忙しい」
●「時間がない」
です。

私はのんびり屋で、何をするのも遅い方。家事だけであっという間に一日が終わっていました。子どもが小さい頃は家事も満足に終わらなくて、散らかった部屋、できない自分にイライラしていました。

でも私はがんばりすぎない主義!工夫をすれば、家事は減らせます。

今回は私と同じような方たちに向けて、わが家の「家事の時短術」「家事の手抜き術」をお伝えしたいと思います。
家事ダイエットをして、少しずつ自分の時間を取り戻しましょう。

わが家のライフスタイルと家事ダイエット

①そもそも家事ダイエットとは?

ここで使う「家事ダイエット」とは、「減らせる家事を減らして自分の時間を作ること」です。「家事をしながら痩せられる」という身体のダイエットではありません。
私は3人の子ども、モノが大好きな夫との5人家族。でもスッキリ暮らすためにたくさんの「家事ダイエット」をし、なるべくストレスをなくすことで笑顔で過ごせると共に、自分の時間を増やしてきました。

②立ちはだかる家族

わが家は子ども3人の5人家族です。男の子が一人と女の子が二人。
でも家がなかなか片付かない原因は子どもたちではなく、モノを買うのが大好きな夫でした。

夫はとても買い物が好きですが、片付けは苦手なので“どこに何があるのかがわからずにまた買ってくる”ということもしばしばあります。しかも、使っていないものを処分してと私がいうと、「まだ使えるんだから置いておけばいい」、「いつかまた使うことがあるから捨てないで」と返ってきます。
メリットがあると思うとすぐにクレジットカードや何かの会員にもすぐ入ってしまうので、郵便物も多くなります。そんなわけでわが家には細かい書類もたまりがち。

そして片付ける息子と片付けない娘たち。
洗濯物を畳んで置いておくのですが、すぐ部屋に持っていくのは息子、いつまでも階段にあるのは娘たちです。
リビングという共有の空間でも、服を含め個人のモノを置きっぱなしにしていくのは大体娘たちです。

③そんな私もラクしてきれいに見せたいズボラ主婦

私は無印良品が大好きで、無印良品のお店のようなスッキリ空間を目指しています。それは私の勝手なので、家を整えるのは苦痛ではありません。むしろ趣味に近い感覚です。
しかし、掃除は好きではありません。掃除された清潔な空間が好きなだけです。基本ズボラ主婦なので、家事は仕方なくやっているのです。
今はコロナ禍ということもあり、清潔さを保つことにも気を使わなければなりません。主婦は大変なのです。

そんな中、忙しくて家が散らかると、とてもストレスがたまります。どのようなストレスかというと、次の4つです。

●部屋が散らかっている状況がストレス
●片付けたいのにその時間が取れないことがストレス
●できない自分自身に対してストレス
●片付けない家族にストレス

このように「ストレスを勝手にためこんだお母さん」が家でイライラしていると、まわりもイヤですよね。
そこで、ズボラ主婦としては、なんとかラクして家事を減らせないかといろいろ考えました。そこで行き着いたのが、「家族が協力しやすい仕組みを考え、散らかりにくい動線を考え、使えるサービスは使い、家事を助けてくれる家電には遠慮なく助けてもらうこと」でした。

わが家の家事ダイエット術5選

①リビングに各自一個のカゴを置いて片付け家事をダイエット

リビングダイニングは家族共有の空間です。「散らかってしまう」のではなく、「そもそも散らかって当然の場所」と思って、対策をします。
ではなぜ散らかるのか。それは家族がそれぞれのモノを持ち込んでしまうからです。学校の宿題、提出するプリント、買ってきたもの、脱いだ服…。
それらをいちいち部屋に戻すのは大変です。もちろんそれぞれが片付けてくれたらいいのですが、片付けて欲しいときに家にいるとは限りませんし、いっても「あとで」といわれるかも。

ですから、一人一つのカゴなのです。このカゴに個人のモノはポイポイ入れてしまいましょう。
わが家は子ども3人分のカゴを子ども部屋にあがる階段に置いています。寝るときに部屋に持ってあがれるようにです。
中身が見えないほうがスッキリするので、やわらかいポリエチレンケースを使用しています。

各自の畳んだ洗濯物も即、このカゴに入れてしまいましょう。
カゴを前に並べて畳むのもおすすめです。仕分けをカゴでやってしまうのです。

②脱衣所にも一人一つの脱衣カゴで脱いだ服を散らからせない

洗面所も共有の空間です。5人家族で、ここに脱いだ服を置きっぱなしにされては大変です。
夏なら洗濯カゴに入れてオワリなのですが、秋冬は毎日洗濯しない衣類も多いです。学生なら制服などもあります。

そこで一人一つの脱衣カゴです。ここはもともと棚が一段しかなかったのですが、ホームセンターで白い化粧板を買ってきて私が増やしました。
脱いだ服は自分のカゴへ、脱ぎっぱなしの服もここに入れておきます。もしカゴが服でいっぱいになったらカゴごと部屋に持っていかせますが、基本的に持ち運びはせず日中はパジャマ入れとして使っています。

③ミールキットで買い物と食事作りの家事をダイエット

今一番おすすめしたいのがこのミールキットです。ミールキットとは料理に必要な食材と料理の作り方(レシピ)がまとめて用意された一式のことです。

わが家ではかなり前からお世話になっている食材の宅配便でミールキットを頼みましたが、“買い物・献立・食事作り”という時間と手間のかかる家事の負担が、劇的に減りました。

ただ、
●自分で買ってくる方が量も多くて安い
●手抜きしていると家族にいわれそう
●好きではないメニューだと困る

という心配があるのではないでしょうか。

でも大丈夫です。まず、自分で買い物にいく時間と手間を買うと思いましょう。さらに、ミールキットは結果的には節約になります。というのも、自分でスーパーに行くとつい予定になかった特売品などを買ってしまいますよね。子どもが一緒ならお菓子を買ってしまいます。その出費に比べると、必要なものだけを無駄なく用意してもらえるのでかえって節約になるのです。

「手抜きしていると思われたくない! 」という意見は私もわかります。「主婦ならそれくらい自分でやれば」という風潮がまだまだ日本にはあると感じることもあります。でも、わが家ではミールキットを上手に使って、手抜きだと思われないようにしています。それは、ミールキットにあるレシピを無視して(アレンジして)ほかのメニューに変えてしまうことです。

同じメニューだと飽きてしまうミールキットも、「カットされた材料」という利点をいかして自分の好きな調理法・味付けで楽しみましょう。わが家でも子どもたちが嫌いな素材は薄切りにしたり、千切りにしたりしています。たとえばレンコンが不人気なのですが、煮物用の大きめ乱切りレンコンは薄く切ってきんぴらレンコンにしてお弁当用にすることもあります。
大きな具材はゆでてあるものもあるので、調理時間もとても短くて済みます。

④ロボット掃除機で掃除の家事をダイエット

掃除は「やりたいときに、やりたいところで」と思っていたので、ロボット掃除機は必要ないと思っていました。

でも、あるときいただき物で中古のロボット掃除機がわが家に来ました。最初は全然嬉しくなかったのですが、せっかくなので使ってみることに。そうしたら、いつも気になっている髪の毛やパンくずを気にしなくてよくなったのです。掃除機を出せばよいと思っていたのに、床がきれいで掃除機を使おうと思うこと自体がなくなったのです。
思い込みで使わなかったロボット掃除機ですが、偶然使ったからこそ価値がわかりました。今はスケジュール機能付きの新しいロボット掃除機を手に入れました。夜寝ている間に掃除をしてくれるので、朝床はいつもきれいな状態です。

ロボット掃除機を使う効果はもう一つあります。ロボット掃除機が動き回るのに邪魔にならないように、より一層床にモノを置かなくなりました。夫はすぐ床にカバンや服を置くのですが、それも寝る前に片付けます(私が)。ロボット掃除機があることで部屋がいつも片付いた状態が毎日続く仕組みになりました。これは思わぬ大きい副産物!

⑤使い切りタオルでトイレのタオル替えの家事をダイエット

もともとトイレのタオルは小さなハンドタオルを何枚も置いていました。毎朝取り替えやすいようにです。

しかし、今年は新型コロナウイルスがやってきました。わが家のトイレは玄関からすぐで、帰宅後使うことも多いのです。タオルの共有は心配。かといって、ペーパータオルはすぐになくなり不経済。また、状況によっては欠品になる可能性もあるなと思いました。
ということで、手間をかけずに今までより一層清潔に使えるように、トイレのタオルは一回使いきりにしました。

そのために用意したことは、
●タオルをさらに薄手で小さいものに変更
●タオルの枚数を増やした
●使った後のタオル入れを置いた
この3つだけです。

使ったタオルはケースごと夜になったら持っていき、洗濯カゴにイン。タオルと下着は毎晩洗濯乾燥機に入れておけば、毎朝清潔なタオルが準備できます。もし乾燥機を使わないお宅なら、このタオル専用のピンチハンガーを用意して洗濯機の上に吊るしておくとラクですよ。
洗濯の手間が増えると思うかもしれませんが、コロナ禍で清潔と感染予防を家族が勝手にしてくれる仕組みは、とてもラクです。

家事ダイエットの効果

家事ダイエットで減ったストレス
忙しくて、時間がなくてイライラ。そんなときのストレスを先に4つ挙げました。

●部屋が散らかっている状況がストレス。
●片付けたいのにその時間が取れないことにストレス
●できない自分自身にストレス
●片付けない家族にストレス

今回ご紹介したわが家で実践している5つの家事ダイエット術は、どれも「家族が勝手にやってくれる仕組み」や「自分がラクに家事できる仕組み」です。だから自然とやってもらえるので「片付けない家族へのストレス」がかなり減りました。
ロボット掃除機とミールキットで時間に余裕ができたことで、部屋を整える時間が作れました。部屋が散らかっているストレスと片付けの時間が取れないストレスが減りました。
このように、完璧ではありませんがそこそこ片付いている状態を続けられるようになり、自分自身へのストレスも減りました。

ついでにいうと、怒ることがなくなり、眉間のシワが減りました。これは大事。家族も喜びます。居心地のいい家庭をつくるうえでも大事です。

家事ダイエットを続けるコツ

せっかく家事をダイエットできても、続かなければ意味がありません。
ですから、だれもが無理なく「自然に」続けられる仕組みにしましょう。手間はなるべく省きます。簡単に、めんどくさがり屋にも誰にでもできるようにします。家族の気持ちになって動線などを確認するとよいでしょう。

家事ダイエットの見つけ方

家事ダイエットを見つけるコツ6つ

私はズボラ主婦なので、いつも「ああ、めんどくさい。なんとかして家事を減らしたい、時短したい」と考えています。必要は発明の母といいますが、そう考えているとアイデアが浮かびます。
その家庭にとって必要な家事はさまざまです。ですから、ご自身の一番なんとかしたい家事について少しでもダイエットできないか考えてみるといいかもしれません。
「こうすればもっとラクになるんじゃない?」というシンプルなことでいいのです。コツもいくつかご紹介しておきましょう。

●当たり前だと思っているけれど実はやらなくていいことはないか
●家族に任せられるところはないか
●仕組みを変えられないか
●便利な商品はないか(家電など)
●便利なアプリはないか(時間管理・家計管理など)
●便利なサービスはないか(ミールキット・買い物の宅配など)

家事ダイエットのための住まいの条件

マイホームを建てるときに意識したことは、「使う場所に収納を作る」ということです。それは動線を短くし時短にもつながりますので、とてもおすすめです。
ただ、多めの収納はそれがかえってモノを増やすことにもなってしまうため、注意が必要です。

デザインとしてダイニングフロアとリビングフロアに段差を設けたのですが、これはロボット掃除機を使う上では失敗でした。ロボット掃除機は階段を下りられないので、手動で移動させない限りどちらかのフロアしか使えません。
脱衣カゴを家族分用意するためにはそのスペースが必要です。洗濯機がドラム式だとその上部が使いやすい高さで効率よく使えます。

家事ダイエットで自分時間を作ろう

もしあなたに毎日一時間自由時間があったら何をしたいですか?
考えるだけでワクワクしませんか?

家事は小さいものも含めるととてもたくさんあります。それらを少しずつでもスリム化することで、まとまった自分時間につながります。
「家族が協力してくれないから無理」「自分は片付けが苦手だから無理」と思っているならそれはもったいない。
“自分にも家族にも、できないことはできないと見切りをつけ、次の対策に移るのです。”

例)片付けが苦手な人に片付けろといっても無理
→片付けが苦手な人でも片付けられるような仕組みを考えよう
このように考えることで、家族にイライラすることもなくなり私の心もとてもラクになりました。

働き方改革といいますが、家事だって改革しましょう。家事時間を自分時間に変えて、自分のやりたいことを始めてみましょう。

フネ

フネ

非協力的な家族の中でスッキリシンプルな暮らしを模索する3児の母です。 家中を無印良品にするのが目標。超めんどくさがりで得意なのは家事の断捨離。
無印情報&ラクして自分の時間を作る術&モノが多くてもスッキリ見せる技をブログ『無印良品大好きフネの悩めるシンプル生活』にて紹介しています。

※このページの内容は、2020年11月28日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。