思い立ったらすぐできる! おうちキャンプでわくわく家時間を過ごそう

思い立ったらすぐできる! おうちキャンプでわくわく家時間を過ごそう

こんなしたい暮らしに出会えます
  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

おうちキャンプとは、その名の通り「家の中でキャンプをすること」です。

キャンプといえばアウトドア、自然の中で行うものというイメージがありますよね。おうちキャンプとは、今までのイメージを覆す、家から一歩も出ないインドアなキャンプなのです。

雨続きでお出かけができずに困っていたり、小さな子どもがいるから遠出に不安を感じていたりするご家族にこそ、おうちキャンプはおすすめです。家の中なのでお天気の心配は不要ですし、忘れものもなし、家から出ないので運転をする必要もありません。
そこで今回は、思い立ったらすぐにできるおうちキャンプのはじめ方について、ご紹介します。

思い立ったらすぐキャンプ! おうちキャンプをはじめてみよう

思い立ったらすぐにでも始めやすいのがおうちキャンプのいいところ。おうちキャンプに決まりはありません。
電気を消して、ランタンの明かりでご飯を食べたり、おうちの中でサンシェードを広げてお昼寝したりするときに、少しだけキャンプテイストなアイテムを足してみてください。それだけで、いつもよりワクワクするような時間が過ごせますよ。
まずはちょっとしたことから、おうちキャンプを始めてみましょう!

子どもが喜ぶ! おうちの中にテントを張ってみよう

わが家のおうちキャンプでは、寝室にテントを設営しています。大きめのテントなので、6畳の和室いっぱいになりますが、子どもたちは大はしゃぎしてテントの中から出てきません。
遊ぶのはもちろん、食事もテントの中でしますし、夜になれば寝袋を広げてテントの中で並んで眠ります。ふと目を覚ませば、もちろんテントの中なので「あら、キャンプに来ていたかな?」なんて、ちょっと不思議な気分を味わえます。

朝になれば、「おうちキャンプ楽しかったね!」といいながら、テントを眺めつつ朝食を食べて仕事や幼稚園へ。日常の生活の中に、キャンプアイテムであるテントを足してみるだけで、本当にキャンプに行ったような満足感を味わえました。

おうちでキャンプってこんなに楽しい! おすすめアイテムと過ごし方

ここからは、おうちキャンプにチャレンジしてみたくなった方に、おすすめのアイテムを紹介します。

ムードの出るLEDランタンやLEDライト

おうちキャンプのアイテムとして、まずは手軽に取り入れやすいLEDランタンがおすすめです。
アンティークな雰囲気のLEDランタンをひとつテーブルに置くだけで、キャンプらしいアウトドアな雰囲気になります。スマートフォンの充電ができる、使い勝手のいい充電式のLEDライトもあります。
おしゃれなガスランタンなどもありますが、安全面を考えるとおうちキャンプではLEDを使ったものを選ぶようにしましょう。

子どもの秘密基地になるテントやサンシェード

キャンプを始めようかなとお考えの方は、テントや公園で使うポップアップサンシェードを試してみてください。子どもの秘密基地になるようなアイテムを準備するのがおすすめです。

おうちキャンプで使うためには、自立するテントを選んでください。ワンポールテントなど、地面にペグダウン(テント用の杭を地面に打ち込むこと)しないと自立しないようなテントは避けましょう。

安眠を約束してくれる、寝袋とインシュレーターマット

布団やベッドを使わずに寝袋の中で寝るという体験は、子どもにとって特別なできごとになるでしょう。
寝袋の下に敷く、クッション性の高いインシュレーターマットは必須です。「また、寝袋で寝たい! 」とせがまれるくらいに、おうちキャンプでも寝心地にはこだわりましょう。

アウトドア色が濃いテーブルとチェア

普段の食卓でもキャンプ用のテーブルとチェアを使うことで、グッと雰囲気が変わります。

キャンプ用のチェアでも、リラックスできる座り心地のものが増えています。お気に入りを見つけて、日常的に使うのもおすすめですよ。

おうちキャンプの過ごし方

おうちキャンプの過ごし方にも決まりはありません。なぜなら、ご家族で楽しい時間を過ごすことが大切だからです。 ここからは、わが家のおうちキャンプの過ごし方を紹介します。

美味しいコーヒーとケーキで、アウトドアカフェ気分

まずはキャンプ用のテーブルとチェアを出すだけで、簡単にできるおうちアウトドアカフェです。お友達が来たときのおもてなしとして、美味しいケーキとコーヒーにアンティークなランタンを添えてみると喜んでもらえますよ。

子どもが喜ぶ! テントにおもちゃを持ち込んで秘密基地

子どもは閉ざされた自分だけの空間が大好きです。テントの中はまさに子どもの理想の場所といえるでしょう。
テントの中にお気に入りのおもちゃを持ち込んでおままごとをしたり、気ままにお絵かきや工作を楽しんだりしています。

キャンプには持っていけないような大きなおもちゃだって、おうちキャンプなら大丈夫。子どもだけで遊んでいる時間は、大人にとってホッとひと息つける貴重な時間です。
ダイナミックな秘密基地遊びをそっと見守りつつ、リラックスタイムといたしましょう。

お気に入りアウトドアインテリアで、プライベート書斎

テレワークの需要が増えてきた今、おうちで仕事をする機会が多くなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。自分の書斎部屋をもつというのはスペース的に厳しくても、移動が簡単なアウトドアグッズを使うと、ちょっとしたプライベート書斎が作れます。
お気に入りのテントが職場だと思うと、ちょっとテンションがあがりますよね。

おうちでお泊りキャンプパーティー

テントの中で遊んだ後、みんなで寝袋に入りながら、タブレットで子どもの好きな映画を見たり、ランタンの明かりで影絵を作って遊んだりするひとときを大切にしています。

キャンプの雰囲気を楽しみながら眠り、テントの中で朝を迎えるというのは、子どもにとって特別な出来事です。おうちに居ながら特別な体験ができるのは、まさにおうちキャンプの醍醐味ですね。

災害時にも安心! 常備したい防災アイテム

おうちキャンプのアイテムと過ごし方について紹介しましたが、キャンプアイテムは、防災アイテムとしても心強い味方になります。非常時にスマートフォンの充電が可能なLEDライトや、寝心地を確保してくれる寝袋とインシュレーターマット、プライベート空間の確保できるテントなどのキャンプアイテムは、ぜひとも常備したい防災アイテムです。

おうちキャンプは、こういったアイテムのメンテナンスや使い方を確認するいい機会にもなります。いざというときにスムーズに使えるよう、実際に使っておけば安心ですよ。
家族分の水や携帯用トイレ、応急処置用グッズなどと合わせて、ご家族でぜひチェックしてみてくださいね。

おうちキャンプをもっと楽しみたいあなたに、おすすめの住まい

今回は、お家の中で行うおうちキャンプを紹介しましたが、お庭があると更にダイナミックなおうちキャンプを楽しめます。

お外でデイキャンプ気分も楽しめる! 専用庭がある住まい

集合住宅でも専用庭のある物件なら、レジャーシートとお弁当を持ってピクニック気分も楽しめます。キャンプアイテムを広く並べて、ダイナミックに行きましょう!

お庭が専用キャンプ場に! 庭のある一戸建ての住まい

庭付きの一戸建てであれば、庭にテントを設営すれば、もうそこは家族専用のキャンプ場、おうちキャンプでBBQも楽しめるかもしれません。

出し入れ簡単な大きな収納があると、気軽におうちキャンプができる!

キャンプアイテムは気が付けば増えていくものです。思い立ったときにすぐおうちキャンプができるよう、出し入れ簡単な収納がある住まいがおすすめです。
とくに、防災アイテムなどは、すぐ出せる場所に常備するようにしましょう。

わが家だけのおうちキャンプを楽しもう!

SNSやテレビなどで目にする機会が増えたおうちキャンプには、様々な楽しみ方があります。
思いっきりお洒落なベランピング、子どもが思いっきり遊べるキャンプパーティー、家族で防災を見直すおうちキャンプなど。色んなアイデアやアイテムを取り入れて、ご家族でおうちキャンプを楽しんでくださいね。

ゆうこ

ゆうこ

"転勤族の夫を持ち、現在は京都在住の2児の母。
夫実家の和歌山県南部、奥熊野にある農家民泊を手伝いながら、海や川や山でアウトドアを楽しむ生活をしています。

ブログ「うらのうら」にて、家族で気軽に楽しめるアウトドア情報や、秘境と言われる和歌山県南部の情報を発信中。"

※このページの内容は、2020年9月4日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。