わが家の趣味は「秋×都心キャンプ」! 気軽に秋の味覚を楽しもう

わが家の趣味は「秋×都心キャンプ」! 気軽に秋の味覚を楽しもう

こんなしたい暮らしに出会えます
  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

秋は「涼しい気候」と「秋の味覚が楽しめる」ということから、キャンプのベストシーズン!
わが家は、秋になると毎週のようにキャンプに行くようになります。

遠出してキャンプ場に行かなくても、都内のキャンプ場やBBQ場で外遊びしたりする方法もあります。

普段の生活に少しキャンプのテイストを取り入れてみるのもオススメ! 「キャンプに興味はあるけど、道具をそろえるのが大変そう」と感じる方も、身近なところからキャンプを取り入れてみてはいかがでしょうか。
今回は、「秋キャンプ」かつ「都心キャンプ」の魅力を紹介します。

秋はキャンプのベストシーズン! その魅力を紹介

秋はキャンプのベストシーズン! 涼しくて外が気持ちいいですし、秋の味覚も楽しめます。

秋は涼しくて快適&虫も少ない

秋キャンプの魅力は、涼しくて外の空気が気持ちいいこと。夏のように暑さに見舞われることもないですし、冬と違って氷点下まで冷え込まないので快適です。森の中や川辺などでひんやり綺麗な空気を吸えば心も体もリフレッシュ!

また、夏と比べて虫の数もグッと減るのも嬉しいところ。キャンプで悩ましいのが「蚊」や「ブヨ」。刺されるとかゆい思いをする厄介者。

長袖・長ズボンを選ぶなど衣服で対策するのが一番ですが、秋なら気候にあわせた服装をしていれば無理なく虫対策ができます。これが夏に長袖・長ズボンとなると汗をかきっぱなし…
秋の気候は「涼しい」「虫が少ない」ので、キャンプをするにはちょうどいいです。

紅葉に囲まれてキャンプができる

キャンプの醍醐味は、自然を身近に感じられること。特に紅葉に囲まれながら楽しむキャンプは格別です。
地面一面が紅葉じゅうたん、見上げると赤と黄色のコントラストが美しい木々…そんな環境に包まれて寝泊まりできるのは、キャンパーの特権。

紅葉前線にあわせてキャンプ場を選べば、長い間紅葉を楽しむことができます。温泉旅行を兼ねて出かけるのもいいですね。

実りの秋は食べ物が美味しい

もう一つの醍醐味は「収穫の秋」。食べ物も美味しいです。

我が家が毎年楽しみにしているのは焼き芋。産地の直売所で買ったさつまいもを、焚火で焼いて食べられるのもキャンプならでは。子どもたちと一緒にさつまいもをアルミホイルで包んで、七輪に投入! 

自家製の焼き芋は格別なので、少し焦げても極上の味わいです。

現代社会では、七輪の焼き芋はなかなか経験できないので、子どもたちにとってよい体験になります。

天気がいい日は外へ飛び出そう!

秋になると、わが家は毎週のようにキャンプに出かけますが、「キャンプ」といってもわざわざ遠出をしないことも多いです。

近所の公園でテントを張ってお弁当を食べたり、BBQ場で焼き芋だけして帰ってきたり…当日の天気を見て、デイキャンプ(日帰りキャンプ)に出かけるといった感じです。

そんなときに便利なのが都心のキャンプ場。夏場は暑くて都心のキャンプ場を避けて避暑地のキャンプ場に行きますが、秋なら都心でも快適です。

「キャンプだと準備が大変そう」といった方にもオススメの「都心キャンプ」。ここからは、その魅力を紹介します。

都心キャンプの魅力は「便利」と「安心」

「キャンプだと気軽に行けなさそう…」という方にオススメなのが都心でのキャンプ。気軽にはじめられて、十分キャンプ気分が楽しめます。

初心者でも安心の「都心キャンプ」

キャンプは「遠出して大自然の中で過ごす」というイメージを持たれる方が多いと思いますが、都心でもキャンプを楽しめる場所があります。また、最近のアウトドアブームで都内のBBQ場などは驚くほどオシャレな空間だったりします。

都心ならアクセスが便利でリスクも少ないため、「キャンプを始めたばかりで色々と不安」という方に便利。最初は都心でキャンプに慣れてから、遠出してみるというのが賢いステップだと思います。

我が家のキャンプ歴は3年。一年中キャンプをしてきましたが、都心のキャンプ場もよく利用します。自宅から近いので、当日の天気を見てサッと準備して出かけられるのがメリット。地方のキャンプ場に行く場合は、日程を決めて、事前に予約。天気を気にしてキャンセルするかどうかの判断、当日は車の運転で数時間…都心キャンプならその煩わしさが全くないのが魅力です。

都心キャンプは「すぐ行けて、すぐ帰れる」

都心キャンプの魅力は盛りだくさん!

・アクセスが便利
・グループで集まりやすい
・危険な生き物 (ヘビ・スズメバチ・ブヨ) がいない
・普段生活している環境と近く、気候的に安心
・万が一トラブルがあったら帰れる(笑)

一番の魅力は「アクセスが便利」なこと。電車やバスで行けるので、車を持っていない方でも利用できます。そして移動時間も少なくて済みます。秋は、夏と比べて日照時間が短くなってくるので、移動に時間が取られてしまうともったいないです。キャンプ場で過ごす時間がたくさん確保できるのは都心キャンプのメリット。

また、自然の中のキャンプと比べて、リスクが少ないです。危険な生物がいないので子どもたちを思う存分遊ばせることができますし、山のように急に天気が変わったり、予想外の寒さで眠れない夜を過ごしたり、といった失敗が少ないです。
我が家の経験上、自然に囲まれたキャンプ場は、市街地と比べて最低気温が5℃ほど低いですし、山奥や高原のキャンプ場だと10℃以上違うことも。キャンプを初めたばかりの頃は現地の温度を見誤ったり、装備が追いつかなかったりすることも多いのですが、都心のキャンプ場なら安心です。

最後の切り札は、いつでも自宅に帰れること。万が一不測の事態が起きても、都心のキャンプ場なら家まで帰ることができます。
自宅が遠い場合でも、都心なら病院やホテルなどの施設も充実していますし、タクシーもすぐ呼べます。実際に家に帰るということはなかなかないと思いますが、特に小さなお子さん連れの場合は安心感が違います。

キャンプ場じゃなくても楽しめる

キャンプといっても、大自然の中のキャンプ場で過ごすだけではありません。キャンプ場以外にも、以下のような楽しみ方もあります。

・公園でデイキャンプ(ピクニック)
・自宅の庭でBBQ&テント泊
・ベランダでキャンプ用品に囲まれて外の風を浴びる

キャンプ用品を広げて家族と過ごすだけで、普段の生活とは違う雰囲気になるので、リフレッシュすることができます。

自分にとって身近なところから、キャンプの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

※公園では火器を扱うことが禁止されていたり、市街地での焚火でトラブルになったりすることもあるので、利用ルールやマナーを守って楽しんでください。わが家の場合、火器が使えない公園に出かけるときには水筒でお湯を持っていってコーヒーを淹れたりします。

都心でおすすめのキャンプスポット

最後に、わが家がよく利用する都心のスポットを紹介します。

若洲海浜公園キャンプ場

若洲海浜公園キャンプ場に通いやすいのは「新木場駅」

東京都江東区にあり、新木場駅からバスでアクセスできるキャンプ場。新木場駅は、JR京葉線・武蔵野線、東京メトロ 有楽町線、東京臨海高速鉄道りんかい線が通っています。
道具を持っていなくても、手ぶらでBBQができます。キャンプ場だけでなく、若洲海浜公園の設備も充実しているので、サイクリング(レンタル可)、大きな広場と遊具、釣り、東京ゲートブリッジが楽しめたりして、一日中遊べるスポットです。

城南島海浜公園キャンプ場

葛西臨海公園・葛西海浜公園

葛西臨海公園に通いやすいのは「葛西臨海公園駅」

東京都江戸川区にあり、最寄り駅は葛西臨海公園駅(JR京葉線・武蔵野線)。

キャンプ場ではないので宿泊はできませんが、3箇所のBBQ場があって、初心者からベテランまで自分にあったレベルで楽しめるのが特徴です。

1. 葛西臨海公園 バーベキュー広場 予約制・有料 (一般的)
2. 葛西臨海公園 SORAMIDO BBQ予約制・有料 (豪華)
3. 葛西海浜公園 バーベキュー広場 予約不要・無料

葛西臨海公園には、手ぶらで楽しめる通常のBBQ場と、豪華でオシャレなSORAMIDO BBQという2つのサービスがあります。また、葛西臨海公園に隣接する葛西海浜公園は、無料でBBQができる場所があります。(道具や食材はすべて自分で準備する必要あり)

自宅も条件次第でキャンプスポットに!?

自宅のお庭やベランダ・屋上が広い方は、わざわざ出かけなくてもキャンプが楽しめますね。

お庭や屋上でBBQ&テント泊、ベランダでキャンプ用品を出して食事などするだけでも非日常感が出ます。子どもたちはテントで寝泊まりするだけで大喜びしますし、いつでも外で食事できるのは最高の贅沢だと思います。

我が家の場合、田舎が茨城にあるので、毎年夏に帰省してBBQをしています。庭の七輪で焼いた「はまぐりの浜焼き」を味わうのは一年に一回の贅沢♪ 庭つき一戸建てなら、夏は本格的な流しそうめん、秋は焼き芋、気が向いたらテント泊、BBQができます。いつでも好きなときに屋外で過ごせるのは羨ましい限りです。

専用庭がある一戸建て賃貸の住まいを探す

びっくぼ@魅惑のキャンプ

びっくぼ@魅惑のキャンプ

キャンプブログ「魅惑のキャンプ」を運営するファミリーキャンパー。「お金をかけず」「子供と一緒に楽しむ」ことを大事にしています。
ブログでは、ごく普通のキャンパーの立場で、商品レビューやキャンプ場の紹介などを掲載中。Twitter、facebook、Instagramもやってます。
お友達募集中♪

※このページの内容は、2019年11月13日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。