日本酒がすきです。地酒専門店を巡り、家で日本酒を堪能する暮らし

  • はてなブックマーク

今、日本酒に世界中から大きな注目が集まっていることをご存知でしょうか。海外への日本酒の輸出は、毎年輸出金額・輸出量ともに伸び続けていますし、現地で日本酒の生産がスタートすることも増えています。今後は寿司のように、世界の食生活に日本酒が普及していくことでしょう。

ただし、日本酒が世界で一番美味しく飲めるのは、やっぱり日本国内です!

春は花見をしながら野外で、夏は濃いお酒に氷を入れて涼しげに、秋はひと夏越えて熟したお酒を一杯、そして冬はなんといっても熱燗でいただくのが絶品! 日本の四季に寄り添った日本酒は、季節ごとにいろいろな表情を見せてくれます。

日本酒を味わっていると、日本人に生まれたことを感謝したくなります。私は主に自宅で日本酒を飲む”家飲み派”なのですが、帰宅して料理の準備をしつつ、冷蔵庫に並んでいる日本酒を眺めながら、「今日はどのお酒を飲もうかな?」と考える瞬間が大好きです!

今は日本酒が一番美味しい時代です

私は仕事やブログ執筆が終わって夕食の時間になると、キッチンに立って料理をつくるのですが、毎晩どんなお酒に合わせようか考えるのが楽しみでしかたがありません。

まず最初の1杯を決め、温度を見つつ味わいを確かめます。前菜ができたらお酒との相性を楽しみながら、メイン料理の調理に取り掛かり、でき上がったらテーブルに日本酒と一緒に並べます。

この間に別の日本酒を出して相性の違いを確認することもあれば、最後まで同じお酒で通すこともあります。作る料理も和食からエスニックまでいろいろです。現代の日本酒は、幅広い料理に合わせられるぐらい味わいが幅広いのです。

上に書いた通り、日本酒は実に幅広い味を持っています。特に、温度変化によってさまざまな楽しみ方があります。皆さんも熱燗のお酒を飲んだときなどに、味の変わり方に驚いた経験があるのではないでしょうか。

さらにここ数年は、日本全国の酒蔵が知恵を絞って数多くの個性的な日本酒をリリースし続けています。特に、代替わりして若手が酒造りをするようになった酒蔵のお酒は面白いものが多く、「え、これが日本酒なの?」と驚くことすらあります。まさに、日本の歴史上で一番日本酒が美味しく楽しめる時代を私たちは生きているのです。

一方で、このように日本酒が進化し続け味のバリエーションが広くなった結果、自分の好みの日本酒を選ぶのが難しくなったように感じる人も少なくありません。しかし、日本酒の人気の高まりと同時に、日本酒のプロフェッショナルもどんどん増えてきています。

居酒屋やレストランで日本酒を選ぶときには、利酒師などの資格を持った店員さんに聞くこともできます。酒屋さんでお酒を買うときには、実際に日本酒を仕入れている店長さんに相談してみるのもいいでしょう。お酒の好みを聞き、最適なお酒を提案してくれるはずです。

マニア厳選!東京都でおすすめの地酒専門店

次に、近くに地酒専門店があるエリアを厳選してご紹介しましょう。

日本酒を楽しめるいい物件を見つけたら、次は信頼できる日本酒専門店が必要です。おすすめする地域には素晴らしいお店がありますので参考にしてみてください。

中目黒

中目黒 伊勢五本店

〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-20-2
おしゃれなカフェや古着屋が立ち並ぶエリアにある地酒屋さん。明るい店内にモダンで華やかなお酒を中心とした日本酒が数多く販売されています。有料試飲ができる角打ちスペースもあります。

出口屋

〒153-0043 東京都目黒区東山2-3-3
中目黒駅から少し離れた環状六号線沿いにある地酒屋さん。ワインも豊富です。味が濃いずっしりしたお酒に定評があり、違いのわかるお酒好きが集う、いいお店です。

池袋

升新商店

〒171-0014 東京都豊島区池袋2-23-2
池袋駅の西側にある地酒屋さん。コンパクトな店内に、これでもかというほど美味しいお酒が積まれている風景はまさに圧巻。有名な銘柄に強く、お店に通いつめればきっといい出会いがあるでしょう。

東武百貨店 池袋店

〒171-8512 東京都豊島区西池袋1-1-25
池袋駅直結のデパートです。昔から日本酒に強く、現在も地下1階フロアに開放的な売り場を設けています。初心者でも入りやすく相談もしやすいので、気軽に出かけてみてはいかがでしょうか。

板橋

新井屋酒店

〒173-0004 東京都板橋区板橋3-13-1
板橋宿不動通り商店街にある地酒屋さん。外観も店内も昭和の雰囲気が漂うクラシックな見た目ですが、並ぶお酒はツボを押さえたものばかりです。商店街を散歩しつつ、立ち寄ってみてください。

藤澤屋酒店

〒173-0005 東京都板橋区仲宿57-14
同じく板橋宿不動通り商店街にある地酒屋さん。こちらのお店はモダンな内外装で、日本酒も新進気鋭の銘柄を積極的に入荷している印象です。新井屋酒店とはまた違った魅力があるので、ぜひ両方訪れてみてください。

昭島駅エリア

長塚酒店

〒196-0015 東京都昭島市昭和町5-5-1
昭島駅前にある地酒屋さん。店内は広く、日本酒以外も充実しています。日本酒はマニア注目の有名銘柄から、知られざる地方の希少酒まで実に幅広い品揃え。いい出会いが期待できる、すてきな酒屋さんです。

すぎむら酒専門店

〒196-0014 東京都昭島市田中町562-1
昭島駅のすぐそばにあるショッピングモール・モリタウン内の地酒屋さん。コンパクトな店内にぎっしり詰まった日本酒の品揃えはマニア納得の内容です。気軽に寄れてこんなにいいお酒が買えるなんて、羨ましい限りですね。

聖蹟桜ヶ丘

小山商店

〒206-0011 東京都多摩市関戸5-15-17
東京を代表する地酒専門店といっても過言ではない、有名店です。銘柄の目利きが素晴らしく、ここから関東圏に羽ばたいていった銘柄は数知れません。店内は途方もない量の日本酒がありますが、気軽に店員さんに聞いてみましょう。きっとあなた好みのお酒を見つけてくれるはずですよ。

自宅で日本酒を楽しむには

私のように日本酒を自宅で楽しむ人が住まいを選ぶ場合、適した条件はあるのでしょうか。

まず、最近の日本酒は加熱殺菌処理をしていない生酒などが多く、温度変化に非常に弱いです。これらのお酒の保管は冷蔵庫の中となりますので、大型の冷蔵庫が置けるスペースのある物件がおすすめです。

マニアの間では、日本酒専用冷蔵庫で保管するのが人気です。

この場合、床面積に余裕が欲しいところですね。売れ筋の「レマコム 三温度帯冷凍ストッカー」ですと、100リットルの容量で外寸が幅554mm×奥行578mm×高さ866mmです。

大型冷蔵庫よりは小さいですが、やはり場所をとるので床面積の広い物件を探すのがよいでしょう。

また、「火入れ」という加熱殺菌を2回行った常温で保管が可能な日本酒もあります。

こちらは遮光が必須なので冷暗所を確保したいところです。
キッチン下部の収納スペースに余裕がある物件や、床下収納がある物件などが見つかると、日本酒ライフをさらに楽しめるでしょう。

そして、自宅で日本酒パーティなどを開きたいのでしたら、広いリビングルームが欲しいですね! 

皆で持ち寄った日本酒を飲みつつ、お手製の料理を振る舞うのは、実に楽しいひとときです。
みんなで集まれるようなリビングルームのある物件を見つけることができたら、ぜひ日本酒会を開催してみてください。

やっぱり日本酒は美味しい!

日本酒が一番美味しい時代に生きている今、ぜひとも日本酒を楽しむのに最適な住まいを見つけて、最高の1杯を見つけてみてくださいね。日本酒は日本の文化なので、難しく考える必要はありません。日本人である私たちは、自然に日本酒を美味しく飲む秘訣を知っているのです。地酒専門店で相談して自分好みの日本酒を選び、気軽に1本買ってみるところからはじめましょう。

皆さんの食卓にすてきな楽しみを提供してくれる日本酒、ぜひ試してみてください。

神奈川建一

神奈川建一日本酒ブロガー

毎日お酒を飲んでいるアルコール大好き人間です。特に日本酒の素晴らしさにハートを射抜かれてしまったので、その魅力を世界中に伝えるべく、ブログ「お酒ミライ」を中心にSNSなどを利用して発信しています。最近はお酒の仲間の輪を広げるオフライン活動にも注力中。皆さんのお酒ライフに、彩りを加えるような記事を書いていきます。

※このページの内容は、2019年9月3日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。