ぐっすり眠りたい日には~家庭用プラネタリウムの星空でリラックス

ぐっすり眠りたい日には~家庭用プラネタリウムの星空でリラックス

こんなしたい暮らしに出会えます
  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

夜空いっぱいの星を眺めると、日々の疲れが癒されますよね。

とはいえ、市街地のアパートやマンションに住んでいると、満点の夜空を見つけるのは難しいですよね。また、プラネタリウムを見るだけに専門施設に出かけるのもちょっと面倒と思う方もいると思います。

そんな方におすすめしたいのが、自分の部屋で手軽に夜空を楽しめる「家庭用プラネタリウム」です。
天井に映し出すだけで夜空に早変わり、あっという間にリラックス空間ができあがります。

私もベッドの横において寝る前にスイッチオン。星を見ながら眠る生活をしています。今回は、そんなリラックス効果満点の「家庭用プラネタリウム」の魅力を紹介します。

家庭用プラネタリウムの魅力とは

夜空を手軽に楽しめる

自宅プラネタリウムの魅力はなんといっても、気軽に、簡単に夜空を楽しめることです。

「夜空を見てリラックスしたいな」と思っても、市街地では周りが明るくて星が見えない、なんてことがよくあります。また、プラネタリウムを見るために天文台や専門施設に行くのも大変ですよね。

しかし、「家庭用プラネタリウム」があればそんな悩みも解消できます。部屋を暗くすれば、天井にいつでも夜空を再現できます。価格帯も数千円から手頃で、スペースは6畳もあれば十分です。

きっかけは「快眠したい」

私が使いはじめたきっかけは、「快眠グッズ」としてでした。
当時の仕事は残業続きで、帰宅するのは日付が変わってから。ストレスフルな生活の中、「せめて寝る前は思いっきりリラックスしたい! 」と思っていたところ、雑誌の快眠グッズ特集で家庭用プラネタリウムを見かけたのです。
ダメ元で使ってみたら大ハマリ! やわらかい星空がリラックス効果抜群です。今では寝る前の癒やしグッズとして欠かせない存在になっています。

家庭用プラネタリウムの楽しみ方

わが家での実際の楽しみ方を紹介します。

疲れたときのリラックスグッズとして使う

私は寝る前の「リラックスグッズ」として楽しんでいます。
寝る前はあまり考え事をしたくないもの。とにかく何も考えずに「ぼーっ」としたいときがあります。

壁や天井に星空を写して、ぼーっとする。1日の疲れを癒やす楽しみとして使っています。
お風呂から出たらスイッチオン、星空を眺めるといった具合です。

アロマグッズの使い方に近いかもしれません。光源も電球やLEDなので光も柔らかく、ろうそくに火を灯しているような感覚を味わうことができます。
光をじっと見つめることで心のリラックスにもつながるので、ぜひおすすめしたい楽しみ方です。

眠れない夜の快眠グッズとして使う

また、私は家庭用プラネタリウムをベッドの脇で使っているのですが、快眠グッズとしても役に立っています。以前は寝るとき部屋を真っ暗にしていました。でも、寝付きが悪いときは真っ暗だとかえって眠れません。

そんなときの快眠グッズとして、家庭用プラネタリウムは役に立っています。家庭用プラネタリウムは壁や天井に小さな光を写す形なので、間接照明のような効果を得られます。
明るすぎず暗すぎず、ちょうどいいあんばいです。寝るときは部屋の電気を消して、プラネタリウムをオンにしています。何より星を見るのはリラックス効果がありますね。

タイマーで自動的に切れるので消し忘れの問題もなし。寝付きが悪いときの快眠グッズとして役立っています。

星座の学習にも活躍

家庭用プラネタリウムの種類は様々ですが、星座がしっかり再現されているモデルもあります。わが家には小学生の子どもが2人いますが、特に冬休みには大活躍です。星座を調べる宿題があるときは、天井に写して活用しています。

家庭用プラネタリウムの選び方

自宅用プラネタリウムは、投影方法によって2つの種類があります。
1つが「光学式」、もう1つが「ピンホール式」というもの。それぞれ説明していきます。

光学式とは

光学式とは、「恒星原板」という緻密に星の穴を開けた板に、光をあてて星を投影する方式です。
肉眼では見えないほどのたくさんの星をリアルに投影可能で、自宅にいながら本格的な夜空を堪能できます。
自宅でも本格的なプラネタリウムを楽しみたい方にオススメの方式です。

ピンホール式とは

ピンホール式は、小さな穴を開けた球体に中から光を当てて星を投影する方式です。

特徴は安価なことです。光学式よりも星のクオリティは下がりますが、その分費用は抑えて購入することができます。まずは気軽にプラネタリウムを体験してみたい方におすすめの方式です。
ちなみに私が今利用しているのは「ピンホール式」のもの。中に電球があり、天井に星を投影するようになっています。

プラネタリウムを選ぶポイントは「投影距離」

家庭用プラネタリウムを選ぶポイントは、「投影距離」です。

たとえば、リビングの天井高が2.3メートルあるのなら、投影距離も2メートル以上あるものを選ぶ、お風呂で使いたいなら2メートル以下のものにするといった具合です。

投影距離を気にせずに選んでしまうと、光が足りずにぼんやりとしか星が映らない、といった悲しいことになってしまいます。まずは、あなたが使いたい部屋の天井の高さをチェックして決めるといいでしょう。
あとは、予算や外観の好みに合うものを選べば問題ありません。

お部屋や浴室でゆったり楽しもう

自宅でプラネタリウムいうと、大がかりなイメージがありますが、家庭用は6畳程度の空間や浴室など、どこでも手軽に楽しむことができます。あなたのお部屋の癒やしグッズの1つに、ぜひ加えてみてはいかがでしょうか。

タケイマコト

タケイマコト

埼玉県比企郡出身。川越在住15年超。都内のIT企業でプリセールスをしながら、ライター業をこなしている。
『上阪徹のブックライター塾』の第6期卒。
埼玉県「川越」「比企郡」エリアの魅力を発信する地域ブログ
「川越・比企郡街歩き」で地域に根ざしたリアルな暮らしを発信中。

※このページの内容は、2020年9月11日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。