英語が人生の転機に! 半年間みっちり学んで国際結婚に至るまで

英語が人生の転機に! 半年間みっちり学んで国際結婚に至るまで

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

英語が話せると新しい世界が広がるような気がしませんか?

私は2度の離婚を経験し、心身ともに疲れ切ってしまったとき、自分の残りの人生をどう過ごしたいのかと真剣に考え始めました。そこで自分の人生を振り返ってみると、興味があるのに自分には絶対無理だとあきらめていたことを思い出したのです。

その1つが英会話です。英語が話せたらどんなにいいだろうかと思っていたものの、長年重い腰をあげられずにいました。そして42歳になったときに、「一度きりの人生ならやりたかったことに挑戦してみよう」と奮起し、およそ半年ほどで英語で意思疎通が図れるようになりました。

この記事では、これから英語学習を始めようか悩んでいる方に向けて、英語を習得したことが人生の大きな転機になった私の体験談を紹介します。

英語を身に付けるまで

これを読んでいる方の中には、「英語は簡単にマスターできるものではない」と思っている方も多いでしょう。もちろん決して簡単ではありませんが、効率よく学習することで英語を身に付けることができます。

私の実体験をもとに、英会話を学び始めた頃のことについて振り返ってみます。

英会話を本格的に学んだきっかけ

私が英会話を学び始めたきっかけは、人生でのやり残しを見直したことです。英会話を本格的に学んだことはなかったので、苦手意識はとても強いものでした。

英語に惹かれた理由は、英語が話せるようになれば自分の周りの世界が変わる気がしていたからです。そのほかにも、海外にひとりで行ったり、外国人と英語で会話できたりしたらかっこいいと思ったから。今にして思えばミーハーな理由でした。

英語力は、本当に必要?

近年では、翻訳アプリが進化しているので英語の勉強は必要ないと考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際に外国人と流暢に話をする年配のご婦人を街で見かけると、私はとても魅力的に感じるのです。

確かに翻訳機能の精度は年々上がってきていますが、スラングのように翻訳機能に頼っても正確な意味が出てこないフレーズも存在します。感情の通ったやりとりをするためには、翻訳機能に頼らない真の英語力が必要なシーンもあると感じています。

英会話の勉強を続けられたワケ

私が英会話の勉強を三日坊主にならずに続けられた理由は、端的にいうと「憧れ」と「コンプレックスの克服」でした。まったく英語を話せないというコンプレックスを克服し、英語をしゃべれるようになった未来の自分に強い憧れを抱いたことが原動力になりました。

また、英語を勉強し始めて1ヶ月が過ぎた頃、様々な人とコミュニケーションを続ける中で、「パートナーとして自分に合うのは外国人かもしれない」と感じるようになりました。そうして英会話の勉強の目的が、「素敵な外国人男性との出会いへの期待」に、少しずつ変化していきました。

最終的には、英語を学ぶことで得られる未来のメリットが、毎日の英会話の勉強を継続させてくれたといえます。

英語を身に付けて得られたもの

英語を身に付けたことで得られたものは、言葉で表現できないほど大きいです。 これまで生きてきた中で経験してきた世界が、2倍に広がったような感覚です。

人との出会い

まず第1に、英語を身に付けたことで人との出会いの幅が広がりました。以前は、外国人に出会ったとしても会話やメールが続かず、人間関係を構築するほどの関係には至りませんでした。しかし英語を学んだことで、メールアドレスを交換し、SNSで頻繁に連絡をとるようになったのです。

英語を話せると、母国語が違う人たちともコミュニケーションがとれるようになり、英語学習の素晴らしさを実感しました。

カルチャー面の楽しみ

英語を習得すると動画配信サイトなどで、海外ドラマや映画を英語のまま楽しめるようになったのです。日本語吹き替え版でかつて見ていた名作映画を英語で聞けるようになると、登場人物の心の描写がより深く理解できます。

また、ニューヨークで暮らす4人の女性の人生観を描いた人気海外ドラマシリーズも、英語版で見ることにより、彼女たちの生き方や考え方に深く共感できるようになりました。

また、動画配信サイトで著名人のスピーチを英語で聞いて理解できるなど、他国の政治や文化なども深く知ることができました。

旅行の楽しみと貴重な体験

英語を学習した後に、初めてアメリカへの一人旅を経験しました。海外への一人旅なんて、英語を学習する前の私なら200%不可能だったでしょう。

ホテルでのチェックイン、バスや電車での移動なども困ることなく、無事にロスでの1週間の滞在を終えることができました。
海外旅行を通して日本の素晴らしさに気づき、この経験が今でも自分の生活の中で息づいています。これらはすべて、英語を学んでなければ得られなかった貴重な経験といえます。

半年間で英語を身に付けた方法

それでは次に、私が半年間で英語を身に付けた方法を紹介します。私の方法はほんの一例ですが、これから英語を短期間で習得したいと考えている方の参考になれば幸いです。

英語の勉強の仕方

まず、基礎的な英語力は、高校時代の単語帳を用いてひらすらインプットを行い、次に英会話の本を1冊購入し、ゆっくり読み上げていきました。

そして3週間くらい経った頃に、実際に話し相手が必要だと感じたため、英会話スクールを探すことにしました。はじめは家の近所にあった英会話スクールが候補になりましたが、私は予算に制約があったので、選択肢から外れることに。

そこでインターネットで見つけたオンラインの体験レッスンを受けたところ、レッスンの時間がとても楽しく費用も手頃だったので契約することにしました。オンラインの英会話レッスンは、自分のレベルや目的に合ったコースを選ぶことができます。

学び始めた頃の悩み

私が選択したコースは「英会話初級」というレッスンでした。話せるようになるまでに良質な英文にたくさん触れようというアドバイスを受け、毎回400語ほどの英文をレッスン前に予習しておく必要がありました。
知らない単語も多く、英語での質問の仕方も分からなかったため、最初の2週間は本当にきつかったです。

レッスン中も先生が何をいっているのかが分からず、せっかく勉強しているのに、先生の指示が聞き取れないという最悪な状況に陥ってしまったのです。
テキストなら比較的理解しやすかったので、テキストで指示を出してもらうようにお願いするなどしてなんとか乗り切りました。しかしレッスンを受ける度に、話せるようになる気がせず、自己嫌悪に陥って悩むことも多かったです。

とはいえ、きついながらも、これを1ヶ月間、毎日続けました。並行して単発的に近くのイングリッシュカフェに行き、外国人の方と実際に話す練習も取り入れてみました。

その結果、学習し始めて3ヶ月くらい経った頃には、ある程度の英会話ができるようになっていたのです。

乗り越えるポイント

誰しも英語を学習し始めると、壁にぶつかることがあります。この壁を乗り越えるポイントは、あまり深く考えずに「外国人との会話の接点をとにかく増やすこと」です。

オンライン英会話や言語交換アプリで知り合った外国人とやり取りをするなど、機会を増やすことが大切です。インプットするのがつらいときは、アウトプットをメインで行っていきましょう。

英語を身に付けるための環境

英語を身に付けるためには、住んでいる部屋の設備や間取り、さらには近隣の環境は大いに関係があります。

住まいの環境の条件

まず、自宅からオンライン英会話の受講や、オンラインで外国人との会話を考えている場合、安定したインターネット環境が必要です。とくに、インターネットの通信速度はとても重要です。

オンライン英会話ではオンライン通話サービスのビデオ通話の機能を使用しますので、一定以上のインターネット回線速度が必要になります。一般的に、ビデオ通話(HD)の推奨速度は1.5Mbpsです。

すなわち、オンライン英会話をする場合、この通信速度を保てるインターネット回線が必要です。ちなみに25分で使用する通信量はおよそ135MB、毎日オンラインレッスンを受講すると1ヶ月で約4GB消費する計算になります。

スマートフォンであってもレッスンの受講やビデオ通話はできますが、通信量制限にかかってしまった場合には、映像がカクカクするなどストレスを感じる可能性があります。できればオンライン英会話には固定回線やWiFi環境でレッスンやビデオ通話を楽しみましょう。物件によってはインターネット使用料が無料のものがありますので、物件選びの際に注意してみるのがおすすめです。

次に、住まいの音の環境も、英語を勉強する際には重要なポイントになります。アメリカに住む友人との国際電話を楽しむ場合、時差の関係で日本では深夜帯になることが多いです。防音効果の高い物件であれば、深夜でも近隣を気にすることなく海外の友達との会話を楽しめるでしょう。

また、オンライン英会話のレッスン中は、昼間でも意外に声が大きくなりやすいです。最初は英語を話すのに恥ずかしさもあり、周りへの音漏れが気になってしまうかもしれません。

最後に、家の中の環境だけでなく近隣の住環境もチェックしておきましょう。例えば、住んでいる近くに外国人の集まるバーがある、外国人対象の日本語講座がある場所などがおすすめです。英語習得の近道は、オンラインのみならずオフラインでも実際に外国人の方と話す機会を増やすことだからです。

まとめ

英語を学ぶことで見える世界が一気に広がりました。もちろん英語の習得までに時間や努力が必要ですが、その労力を上回るほどの素晴らしい人生が待っています。

私は、始めて滞在したロサンゼルスで出会った方と、国際結婚を叶えることができました。英語に興味がある方は、思い立ったときがチャンスです。思いきり英語を学んで、やり残しのない人生になるよう願っています。

みさ

みさ

2度のモラ夫との泥沼離婚から一度は人生への希望を失い、幸せになることから遠ざかっていたアラフォー主婦。ふとしたきっかけではじめた英語学習にハマり、わずか半年で英会話を習得。のちに国際婚活を成功させ、現在はアメリカ人の旦那と国際結婚中。”アラフォーからでも幸せになれる!”をスローガンにしたブログ「アラフォー日和」を運営中。本業は学習塾経営。塾経営をテーマにしたブログ「個人塾のススメ」も運営中。

※このページの内容は、2020年11月7日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。