ヒトカラ歴5年! 一人カラオケマニアが語る、魅力と楽しみ方

ヒトカラ歴5年! 一人カラオケマニアが語る、魅力と楽しみ方

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

1人でカラオケに行く、通称「ヒトカラ」 は、興味はあっても恥ずかしくてなかなか行けないという方も多いのではないでしょうか?

私は、「好きな曲を好きなだけ歌える」「周りに気を使わなくていい」といったヒトカラの魅力にどっぷりハマり、もう5年くらいヒトカラに行ってます。
そこで今回は、ヒトカラに興味があるけど行けない人に向けて、ヒトカラの魅力を余すところなく紹介します!

そもそもヒトカラとは?

読んで字のごとしですが、「ヒトカラ」とは、一人カラオケの略語です。
カラオケは複数人で楽しむイメージが強いですが、あえて一人でカラオケを楽しむこと、カラオケの練習をすることを意味します。ヒトカラは株式会社エクシングの登録商標だそうです。

ヒトカラ歴5年が思うヒトカラ3つの魅力

ヒトカラに行ったことのない人の中には、普通のカラオケとの違いがイマイチよくわかってない人もいるかと思います。そこでヒトカラ歴5年の私が、ハマる魅力を3つご紹介します。

周りに気を使う必要がない

誰かとカラオケに行くっていろいろと気を使ったり、合わせないといけなかったりすることが多いですよね。例えば

・みんなが知ってる曲を入れなきゃいけない
・みんなと予定を合わせないといけない
・上司の注文を聞かなきゃいけない
・盛り上げないといけない

2次会や職場の付き合いでカラオケに行った経験がある人は多いと思いますが、こんな感じでいろいろと気を使うことが多くて、疲れてしまう人も多いと思います。
それに対してヒトカラは、そういった気配りは一切必要ありません。
好きな曲を好きなだけ、周りに気を使うことなく大声で歌えます。何回同じ曲入れても誰も何も言わないですからね。これがヒトカラに行く何よりの魅力です。
また、ヒトカラでは誰かの順番を待つ必要がありませんし、自分が歌いたかった曲を誰かに歌われる心配もないので、安心して選曲できます。

歌が上手じゃなくてもいい

「歌が苦手で人前で歌うのが恥ずかしいから大勢のカラオケが苦手」という人もいますよね。
ですが、そんな人の中にも車内やお風呂の中だとつい歌を口ずさんでしまうような「歌うこと自体は好き」という人もいるかと思います。

そんな人たちにはぜひヒトカラに行ってほしいです。
ヒトカラなら人目を気にせず存分に好きな歌が歌えます。続けることで歌の上達にもなるので、最終的には大勢で行くカラオケの克服にもつながるかもしれません。歌の練習にヒトカラは最適です。

曲によってはAメロやBメロではなく、サビをとにかく繰り返し練習したいときもあるでしょう。
ヒトカラでは、気兼ねなく自分の歌いたいところだけを何度でも歌い直せるので、気のすむまで練習できます。

ストレスの発散になる

大声出すとストレス発散になりますよね。しかし、家や外で大声出すのははばかられます。そんなストレス発散の場としてもヒトカラはぴったりです。
ただ叫んでもいいですし、大声で歌ってもいいのです。そんな自由なカラオケができるのはヒトカラならではです。
普段の生活や仕事をしていると人間関係がうまくいかなかったりでストレスがたまることも多いと思います。
ストレスを発散する趣味がある人はいいですけど、無いという人はヒトカラ試してみるとスッキリするかもしれません。

歌に感情を込めて熱唱できるのもヒトカラの魅力です。複数人の場合は気持ちを込めて歌うことに照れてしまったり、周りの反応が気になってしまったりするものですが、ヒトカラでは周りを意識する必要がありませんので、思う存分想いを乗せて歌えます。

ヒトカラならではの設備 

ヒトカラが流行していることから、近年では一人用に特化したお店も増えています。注目すべきはヒトカラならではの設備です。

爽快感が味わえる! 聞こえ方が違う

ヒトカラではヘッドホンを使って歌えるお店があります。通常のカラオケでは音楽とマイクを通した自分の声が、部屋のスピーカーを通して聞こえる仕組みになっています。

しかし、ヒトカラでは音と声は装着したヘッドホンを通して聞こえてきますので、かなりクリアに聞こえるのです。プロのアーティストが使っている「イヤモニ」のようなイメージで、耳へダイレクトに聞こえてくることから、歌いやすく爽快感を味わえます。

さらに、コンデンサーマイクという非常に感度の高いマイクを使って歌えるため、ヘッドホンと組み合わせると、まるでレコーディングをしているかのようにカラオケが楽しめます。

プロのように楽しめる音響設備

ミキサーという音楽プロデューサーが操作する機器を使うことも可能です。ミキサーを使うと高音を強くしたり、逆に低音を強くしたりと、音の調整が細かくできます。

また、マイクを通した声の聴こえ方も変えられるので、曲の雰囲気に合わせてエコーの強さの調節や、ハイトーンを出やすくする操作もできます。お店によってはドラムセットが設置されており、演奏しながら歌うこともできます。

ヒトカラは、こう楽しむ!

おすすめの時間帯は?

ヒトカラを楽しむには、できるだけ混雑していない時間に利用するのがおすすめです。社会人であれば、早上がりできた平日の夕方や、夜勤の人であれば仕事が終わったあとの平日の昼間を狙えば、比較的空いています。
ヒトカラ専門店ではなく、ヒトカラの受け付けをしているお店の場合は、混雑している時間帯に行くと断られる可能性もあります。そのため、休みの日の前日や忘年会・新年会シーズンなどは避けた方がいいでしょう。
また、平日に行くことが難しい場合は、土日の開店時間すぐに行くと、比較的空いています。

録音して上達を目指す

ヒトカラには、レコーディング設備が整っているお店もあります。マイクもプロが使っているようなレコーディング用のマイクを使い、さらにポップやフィルターもありますので、雑音を消してクリアな声を録音できます。

すべてのカラオケ店で行っているサービスではありませんので、事前に録音ができるか問い合わせておくとよいでしょう。本格仕様のコンデンサーマイクで歌う感覚はなかなか味わえませんし、録音をすることで自分の歌声を記録として残せます。

フードメニューも充実!

カラオケ店のフードメニューは、居酒屋のようにメニュー数が充実している店舗もあります。
さらに、好きな食べ物や飲み物を持ち込めるお店もあります。好きな曲を好きなだけ歌いながら、自由に飲食を楽しみ、日頃のストレスを発散させてください。

ヒトカラが楽しめる店舗や施設は?

ヒトカラ専門店が登場するなど、少し前に比べるとヒトカラに行くハードルはかなり下がってきています。
中でも知名度のあるヒトカラ専門店と、ヒトカラができるカラオケ店を、その特徴と合わせて紹介します。

ワンカラ

関東を中心に展開しているヒトカラ専門店「ワンカラ」は記事執筆時点で全店舗が24時間営業と利用のしやすさが大きな魅力です。

オートロック付きの「女性専用ZONE」や「パウダースペース」もあるので、セキュリティに不安がある女性でも足を運びやすいでしょう。女性のヒトカラデビューにおすすめのヒトカラ専門店です。

カラオケルーム内にはヘッドホン・コンデンサーマイク・ミキサーなどプロのミュージシャンが使うような設備が設置されています。普通のカラオケ屋さんで歌うのとは全く別の雰囲気で歌い上げることできます。

ひとりカラオケルーム(カラオケ館)

全国チェーンのカラオケ屋である「カラオケ館」にはヒトカラ利用者向けに「ひとりカラオケルーム」があります。

他のヒトカラ専門店同様に、レコーディングスタジオのような空間でヘッドホンしてコンデンサーマイク越しに歌うかなりリッチな気分を味わえます。ここではデモテープの作成ができたりと、歌唱力上達ができそうな設備が整っています。

そして何よりのおすすめポイントは店舗が多いことです。全国展開している「カラオケ館」なら店舗数の多さから利用できる方も多いかと思います。

ワンツーカラオケ(快活CLUB)

全国展開しているネットカフェの快活CLUBが運営しています。1~2人用専用のカラオケの「ワンツーカラオケ」は、ブース数が少ないのが難点ではあるものの、かなりおすすめです。

音楽はスピーカーとヘッドホンのどちらかを選べますし、マイクも普通のマイクとコンデンサーマイクの両方が選べます。普通のカラオケ屋さんみたいにも歌えるしヒトカラ専門店みたいにも歌えるカラオケブースです。

また、ネットカフェなのでカラオケブース内に漫画を持ち込むことができたり、パソコンでネットサーフィンができたりと、飽きたらカラオケ以外のコンテンツでも遊べるのは快活CLUBならではです。

まねきねこ

まねきねこは全国展開してる人気カラオケチェーンです。24時間営業なので、好きな時間にカラオケを利用できます。

まねきねこは持ち込みがOKの店舗が多いのも嬉しいところ。自分の好きなお菓子をつまんだり、ドリンクを飲んだりしながらヒトカラを楽しめます。

お店は常に清潔で、衛生的です。ヒトカラ専用の料金設定もありますので、ホームページをチェックしてみてください。

カラオケ館

有名カラオケチェーンであるカラオケ館(通称「カラ館」)も、ヒトカラに対応しています。本格的なレコーディング形式で楽しめる設備を整えているため、プロのミュージシャンのような気分になれるでしょう。

また、カラオケ館のヒトカラではデモテープの作成ができます。店舗によっては対応していないところもありますので、事前に問い合わせは必要です。

最適な環境で録音できるため、自分の歌声を残しながら練習をすれば、上達具合の確認もできます。一人だけのプライベート空間で歌えるので、周りの目を気にせず感情を込めて熱唱しましょう。

ビックエコー

ビックエコーは第一興商が運営している有名カラオケチェーンです。全国に数多くの店舗があり、利用したことがある人は多いのではないでしょうか。

ビックエコーにはヒトカラ専門の設備はありませんが、受付時に一人で来たことを伝えると、2名から3名用の部屋に通してくれます。あとはただただ一人でカラオケを熱唱するだけです。

ビックエコーは一人カラオケ用の料金設定がされており、会員であれば648円(税込)にワンドリンク、もしくは842円(税込)でドリンクバーをつけて、フリータイムでカラオケを楽しめます。

ジャンカラ

ジャンカラは、一人カラオケ専門店である「イチカラ」を運営していますが、ジャンカラでもヒトカラを楽しめます。
ヒトカラを利用できるかは混雑状況によるので、ヒトカラ目的でジャンカラを利用する際は、事前に店舗へ電話で予約をしておきましょう。ジャンカラの公式ホームページにもヒトカラの利用について説明がされていますので、ぜひご確認ください。

ヒトカラに行けない?行きやすくするコツ

やっぱりヒトカラは恥ずかしい

ヒトカラの魅力やお店について紹介してきましたが、やっぱり最初はヒトカラってちょっと恥ずかしいですよね。
「ヒトカラに行くところを誰かに見られたらどうしよう」「店員さんや他のお客さんに1人の客だと思われたら恥ずかしいな」と考える人は珍しくありません。

実際、私も初めてヒトカラに行ったときはすごく周りの目を気にしてキョロキョロしていました。 「あの人、1人でカラオケに来てる」と思われているような気がしていたのを覚えています。

しかし、お店からするとヒトカラのお客さんは珍しくないのか、店員さんも普通に対応してくれますし、他のお客さんもそこまで周りのお客さんなんて見てないことに気が付きました。1回行ってみたら、案外大丈夫です。

最初の1回がなかなか踏み出せない人のために、ヒトカラに行きやすくするコツをご紹介します。

コツはずばり、ヒトカラの近くに住む

家の近くにカラオケ屋さんがあると、カラオケがぐっと身近なものになります。
私自身、就職を機に周りにカラオケ屋さんの多い物件に引越したのですが、住む場所とヒトカラへの行きやすさは割と比例するようで、会社帰りやお休みの日なんかに気軽に行けるようになりました。

特にここならヒトカラに行きやすいだろうなぁと思う、ヒトカラ専門店が近くにある駅を3つ紹介します。

池袋駅

なんば駅

河原町駅

おりょう

おりょう

愛知県から北海道に移住した副業ブロガー兼ライターのおりょうです。2つのブログを運営中で「かたてまに読むブログ」という雑記ブログでは趣味のヒトカラや献血のことについて、「北海道が寒い」というブログでは北海道に特化した観光・移住情報について書いてます。

※このページの内容は、2019年2月14日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。