春が旬「メバル」を使ったおうちレシピ! 基本のさばき方を覚えよう

春が旬「メバル」を使ったおうちレシピ! 基本のさばき方を覚えよう

こんなしたい暮らしに出会えます
  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

春に旬を迎える魚といえば、メバルが有名です。メバルは白身で淡白な味わいが特徴ですが、煮付けなどの温かい料理にすると身がしっとりしてまた違った味わいを楽しむことができます。

そんな旬のメバルを自分でさばいて、美味しく料理できたらすてきだと思いませんか?

今回は、釣り好き女子の私が、旬のメバルのさばき方と簡単レシピをご紹介します。ぜひ、ご家庭で旬の魚料理を堪能してみてくださいね。

釣ることから食べることまで楽しむ暮らし

私は趣味で釣りを楽しんでいる、釣り好き女子です。もともと魚を買って調理する習慣はありませんでしたが、釣りをするようになってその時期に釣れる旬の魚を狙い、今ではすっかり釣った魚で料理を楽しむ暮らしをしています。

スーパーでも魚は手に入りますが、やはり自分で釣った魚は鮮度が抜群にいいですし、何より苦労して釣り上げた魚なのでより美味しく感じます。スーパーでは買うのを躊躇してしまうような高級魚も、自分で釣って贅沢に食べられる点がこのライフスタイルの魅力の1つです。

旬の魅力、春の魚といえば

春に旬を迎える魚は、カツオ、サワラ、桜鯛、メバル、サヨリなどが挙げられます。旬の魅力は、やはりその魚の1番美味しい時期だということ。旬の魚は脂がのり、味わいに深みが出て栄養価もぐんと高まります。
魚の種類にもよりますが、たくさん餌を食べ栄養を蓄える産卵前の時期が一般的に魚の旬とされ、美味しくなるといわれているからです。

特にメバルは、市場で1匹丸ごと手に入りやすいうえ、淡白な味わいから和洋中問わずいろいろな料理に合うため調理しやすい魚の1つといえます。

春が旬! メバルのさばき方

メバルは「春告げ魚」(はるつげうお)とよばれ、春が旬の魚の代表格。メバルといっても種類があり、冬は黒メバル、春は赤メバル、夏は白メバルと旬が違います。その中でも春が旬で美味しいとされているのが、この赤メバルです。

メバルは美味なうえ調理しやすい

メバルは淡白な味わいながらも脂が乗っており、生でも焼いても、煮ても揚げても美味しい魚です。特に加熱調理をすると、しっとりもっちりとした食感が口の中に広がって絶品。

一般的に、20センチ前後のメバルが1番美味しいと言われていますが、30センチなど大きいサイズのものも刺身にすると食べごたえ抜群です。

メバルのさばき方は、三枚おろしで覚えておくと便利

スタンダードなメバルのさばき方は、三枚おろしです。身と骨を切り分けるので、調理する際に火を通しやすく、食べるときに骨がないので食べやすくなります。刺身にするときも、まずは三枚におろしてからになります。

それでは手順を紹介していきましょう。

①ウロコを取る

ウロコ落としを使い、尾から頭に向かってウロコをこそぎ取ります。お腹や背、エラの裏なども忘れずにウロコを落としておくと、三枚におろすときに包丁が通りやすくなります。

②頭を切り落とす
胸びれの後ろから包丁を入れ、背骨に当たるまで切り込みます。そして反対面も同じように包丁を入れたら、一気に力を加えて骨を断ち切り、頭を胴体から切り離します。

③お腹から内臓を取り出す
包丁の先でお腹を割き、内臓をすべて取り出します。さらに、背骨の内側についている血合いの膜には包丁を入れておくと、次の工程が楽になります。

④血合いを流水で落とす

親指の頭を使って、血合いを削り取るように水で洗い流します。写真は血合いをキレイに洗い流した状態です。水がついたままだと魚の鮮度が落ちやすく臭みが出やすいので、キッチンペーパーで魚を押さえ、水気をしっかり取っておきましょう。

⑤三枚に身をおろす

包丁の先を使ってメバルの背に沿わせながら1ミリほど切り込み、その切り込みから背骨に向かって包丁を入れていきます。このとき、中骨に当てながら包丁を入れると骨に身が残りにくいです。お腹側からも同様に包丁を入れ、完全に身を切り離します。

反対の面も同じ手順で切り離したら三枚おろしの完成。

最後に、さばいた身についた腹骨を包丁で削ぎ落とせば下処理も完了! フライやソテーなどお好きな調理でメバルを楽しめます。

刺身にするなら

刺身にして食べる場合は、ピンセットで血合いの上にある骨を取り除き、包丁を使って皮をはぎます。このとき、包丁は皮に添えるだけで、手で皮を上下に動かしながら引っ張るとスルスルと身から外すことができますよ。

最後に、身をお好きな厚さに切ってお皿に盛りつければ刺身の完成です。メバルの刺身は柔らかく甘みがあってとても美味なので、ぜひ食べてみてくださいね。

メバルを使ったイチオシレシピ

1. メバルの煮付け

メバルの美味しい食べ方の代表格といえば、煮付けです。口に入れたときのしっとりとした食感に感動の一言です。

材料(2人前)
・メバル 2尾
・水 100cc
・酒 100cc
・しょうゆ 大さじ3
・みりん 大さじ3
・さとう 大さじ1
・しょうが 1かけ

作り方
① メバルの下処理をする
メバルのウロコを落としたら、頭を残したままお腹を包丁で割き、エラと内臓を手で取り出します。エラは取り外しにくいので、頭と喉元のつながっている部分をあらかじめ包丁で切っておくと外れやすいです。エラ、内臓を取り出したら、お腹の中の血合いをキレイに洗い流します。

② 飾り切りを入れる
キッチンペーパーで魚についた水気を取り、むらなく煮えるように飾り切りを入れます。

③ 落とし蓋をして煮る
鍋に水・酒・しょうゆ・みりん・さとう・しょうがを入れ、煮汁が沸騰したらメバルを入れます。落とし蓋をし、中火で10分ほど煮ましょう。その際、落とし蓋を開けてときどきメバルの上に煮汁をかけるとより一層美味しく仕上がります。煮汁が半分くらいになったらメバルの煮付けの完成です。

2. メバルのアクアパッツァ

彩り豊かな食卓にするなら、アクアパッツァが映えます。作り方はとっても簡単、魚介のダシが効いたスープともっちりとした身の相性が最高です。

材料(2人前)
・メバル 1尾
・あさり(砂抜きしたもの) 10個
・プチトマト 10個
・にんにく 1片
・白ワイン 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ1
・塩こしょう 少々
・パセリ お好みで
・レモン お好みで

作り方
① メバルの下処理をする
煮付けの処理と同様、ウロコを落とし、頭を残した状態でエラと内臓を取り除き、血合いを洗い流しておきます(今回は見栄えがよくなるのでメバルを頭付きで調理していますが、三枚におろした切り身で調理しても問題ありません)。魚についた水気はキッチンペーパーでしっかり押さえておきましょう。

② 材料の準備をする
にんにくはみじん切り、プチトマトは半分に切っておきます。あさりは海水と同じくらいの塩水(水200ccに塩小さじ1の割合)に漬け、暗所で30分ほど置いて、砂抜きしておきましょう。

③ フライパンで炒める
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、火を入れます。にんにくの香りがしてきたら、メバルを入れて中火で焼きましょう。メバルに焼き色がついたら、ひっくり返して反対面にも焼き色をつけます。切り身で作るときは皮目から焼き始めましょう。

④ アサリ、白ワインを入れ、蓋をする
両面に焼き色がついたらアサリも入れ、油が回ったら強火にし、白ワインを入れます。そしてフライパンに蓋をして蒸していきます。

⑤ 塩こしょうで味を整える
アサリが開いたらプチトマトを入れスープの味見をし、味が足りなかったら塩こしょうで味を整えます。お好みでスライスレモン、パセリを散らせばアクアパッツァの完成。パスタにしたり、スープにパンを浸して食べたりしても美味しいです。

3. メバルの南蛮漬け

甘酸っぱいタレが食欲をそそる南蛮漬けも、おすすめのレシピの1つ。一緒に野菜も取れてさっぱり食べられる南蛮漬けは、晩ご飯のおかずにぴったりです。

材料(1人前)
・メバルの切り身 1尾分
・玉ねぎ 1/4個
・ピーマン 1個
・にんじん 1/3本
・片栗粉 適量
・しょうゆ 大さじ1/2
・めんつゆ(三倍濃縮) 大さじ1
・さとう 大さじ1
・酢 大さじ2

作り方
① 南蛮酢を作る
にんじんとピーマンを千切りにし、玉ねぎを薄くスライスします。スライスした玉ねぎは、辛みを抜くために水に浸しておきましょう。5〜10分ほど経ったらざるにあげ、水気を切っておきます。
盛り付け用のお皿にしょうゆ・めんつゆ・さとう・酢を加えて軽く混ぜ合わせ、先ほど切った野菜を入れ、味が染み込むよう時間を置きます。
漬け汁の砂糖は、完全に溶けなくても揚げたてのメバルと合わせたときに溶けるので、そのままで大丈夫です。

② メバルに片栗粉をまぶす
メバルの切り身についた水気をキッチンペーパーでしっかり取り、表面に片栗粉をまぶします。

③ メバルを油で揚げる
フライ鍋に油を入れて160度まで熱したら、片栗粉をつけたメバルの切り身を揚げます。
表面がキツネ色になったらフライ鍋から取り出し、メバルが熱いうちに作っておいた漬け汁に合わせササッと合え、野菜を上に盛りましょう。

冷蔵庫で30分ほど寝かせ、南蛮酢が馴染んだらメバルの南蛮漬けの完成です。

自炊を楽しむなら最低限の調理スペースを

アジ、メバルといった小さいサイズの魚だけならいいのですが、サワラ、鯛など50〜60センチを超える魚に挑戦する場合、キッチンスペースが狭いと調理がしにくくなります。その点、2口以上のコンロが付いたキッチンなら、そもそものキッチンスペースが広い物件が多いため快適に魚の調理を楽しめるでしょう。

さらにグリルコンロがついている物件なら、焼き魚をふっくら美味しく調理できるので、より魚を美味しく食べたい方にもおすすめです。

他にも旬の魚はたくさん。新たなチャレンジを自炊生活ではじめよう

今回は、旬のメバルの基本的なさばき方やおすすめの簡単レシピをご紹介しました。
ご紹介した三枚おろしの方法やレシピは他の魚にも応用できるので、メバルだけでなく他の旬の魚の味を楽しむことができます。

ぜひ季節を食卓に取り入れて、旬の魚料理を堪能してみてくださいね。

まりっぺ

まりっぺ女子釣りブロガー

奈良県在住の女子釣りブロガー。ブラックバス釣りをきっかけに釣りの楽しさにハマり、今では「釣れるものならなんでも釣りたい!」と、渓流釣りから海釣りまでジャンル問わず挑戦中。
「釣りの楽しさを女性にも知ってもらいたい」と始めた自身のブログ『まりっぺフィッシング』では、釣りファッション・釣果レシピ・初心者に向けた釣りレポを中心に発信しています。

※このページの内容は、2021年4月10日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。