節分の楽しみ方を教えます! オリジナル恵方巻きの作り方と節分祭情報

2月3日は節分です。節分は、季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日を指します。

節分は「季節を分ける」ことを意味し、季節の変わり目には鬼がいて、その鬼を追い払うために「豆を撒いて鬼を退治する」といわれます。

その際に「鬼は外、福は内」と声を出しながら豆を撒き、年齢の数だけ豆を食べると厄除けになるともいわれます。

節分は厄除けのための行事ですが、”家族みんなで楽しむイベント”でもあります。この記事では、以下のことについてご紹介しています。
・我が家のオリジナル恵方巻きを作るための3つのルール
・意外と知らない、正しい豆撒きのやり方
・私が行ってみたい節分祭りについて

ぜひチェックしてみてくださいね。

【世界に1つ】我が家の「オリジナル恵方巻き」を家族と一緒に作ろう!

節分に豆と同じくらい欠かせないのが”恵方巻き”です。恵方巻きとは、節分に”恵方を向いて無言で食すると縁起がいい”といわれている巻き寿司を指します。

最近ではスーパーやコンビニでも様々な恵方巻きが販売されていますが、私はご自宅で手作りすることをおすすめします。家族で好きな具材を選んで、世界に1つ”我が家の恵方巻きレシピ”を作って、みんなで手作りすると、毎年節分をイベントとして楽しむことができるからです。その恵方巻きレシピを、大きくなったらお子様に引き継いでもらうのもすてきですよね。

我が家はまだ息子が小さいので、昨年は一緒に豆撒きをすることが出来ませんでした。そこで息子が好きな具材を使って、主人と一緒に恵方巻きを作って家族で食べました。

今年の節分は初めて息子と一緒に豆撒きすることができるので、今からとても楽しみです。来年は家族みんなで恵方巻きを一緒に作ろうと思っています。

ところで、「恵方巻きに関する3つのルール」があることはご存知でしょうか。自宅で恵方巻きを作る際にも覚えておいてもらいたい3つのルールをご紹介します。

1、七福神に習い、7種類の具を巻き込むこと
2、巻いたあと「縁を断ち切らない」ため切り分けないこと
3、食べるとき、恵方を向いて無言で願いごとをしながら1本食べること

順番にご紹介していきます。

1、七福神に習い、7種類の具を巻き込むこと

福の神様”七福神”に習い、恵方巻きに巻き込む具は7種類準備しましょう。

<恵方巻きの材料>
・ご飯
・海苔
・寿司酢
・7種類の具

<恵方巻きに入れるおすすめの具>
・キュウリ
・カニカマ
・卵
・ツナ
・サラダ菜
・かんぴょう
・マグロ
・サーモン
・桜でんぶ
・海老フライ など

子どもでも食べやすい食材を選ぶといいですね。

具材は、細長く太さを合わせて巻きやすいように切り分けます。酢飯は大きな器に炊き上がったご飯を移し、寿司酢を入れて混ぜ合わせましょう。酢飯を混ぜ合わせる作業は、お子様にも手伝ってもらいやすいと思います。

好きな具と酢飯を用意したら、巻き簾(す)を使って巻いていきます。巻きすの上に、海苔→酢飯→具の順番に、配置していきましょう。

7種類の具材を配置したら、形が崩れないように気を付けながら少しずつ巻いていきます。

2、巻いたあと「縁を断ち切らない」ため切り分けないこと

恵方巻が出来上がったら、切り分けることなく1人1本ずつ丸かぶりして食べます。太すぎる恵方巻きを作ると、1人1本食べ切ることが出来なくなるので太さには注意してください。

3、食べるときは、恵方を向いて無言で願いごとをしながら1本食べること

今年2019年の恵方は、「甲(きのえ)=東北東」です。携帯アプリなどで方角をチェックして、恵方を向いて無言で願いごとをしながら1本食べ切りましょう。

私は主人と結婚してから、恵方巻きを作り始めたのですが、毎年主人は無言で1本食べ切ります。側から見るとなかなかシュールな画ですが、無言で恵方巻きを頬張る主人を見るのがとても楽しいです。今年は、主人の隣で息子が恵方巻きを頬張る姿を見るのが今から楽しみです。

節分について学ぼう! 正しい豆撒きのやり方は?

豆撒きは、鬼を追い払い無病息災を願う行事のため、いくつかの決まりがあります。その土地の風習によって若干変わる部分もありますが、正しい豆の撒き方を覚えておきましょう。

<正しい豆撒きのやり方>
1、豆撒きは夜に行う
2、炒った豆を使う
3、豆を撒くのは一家の長が行う
4、「鬼は外、福は内」といいながら豆を撒く
5、最後は豆を年の数より1個多く食べる

それでは順番に説明していきます。

1、豆撒きは夜に行う

鬼は夜にやってくるといわれています。豆撒きは夜に行いましょう。

2、炒った豆を使う

生の豆は「芽が出ると縁起が悪い」といわれているので、豆撒きには必ず炒った豆を使いましょう。一般的に市販されている福豆もほとんどが炒豆です。神棚に一晩供えるといいともいわれています。

3、豆を撒くのは一家の長が行う

豆撒きは一家の長が行うものといわれています。しかしほとんどのご家庭で、お父さんが鬼役となり、お子様が鬼に向かって豆を投げています。

それでも、問題はありません。そもそも節分の鬼は、姿形がある”本物の鬼”ではなく”鬼=邪気”といわれています。そのため、鬼のお面をお父さんが付けて、”鬼役”に扮しても全く問題はないのです。

4、「鬼は外、福は内」といいながら豆を撒く

豆を撒くときは「鬼は外、福は内」といいながら家の外へ向かって豆を撒きましょう。家の中にいる”邪気”を家の外へ追い出すことを意味しています。

5、最後は豆を年の数より1個多く食べる

豆を撒き終えた後は、数え年より1個多く豆を食べると、その1年の厄除けになるといわれています。

2019年節分祭りへ行ってみよう! 見どころ満載の日本各地の節分祭り5選

【舞妓さんが盛大に豆撒き】京都祇園八坂神社の『節分祭』

八坂神社は、祇園にある神社です。地元の人からは「祇園さん」とも呼ばれています。そんな八坂神社では、2月2日~3日の2日間だけ節分祭りが行われます。

節分祭りでは、舞妓さんや芸妓さんが豆撒きを行います。例年8万人以上の参拝客が訪れる、年に1度の盛大なお祭りです。

八坂神社境内(舞殿)で豆撒き

八坂神社の豆撒きは、2日間で計9回行われます。今年のスケジュールは、下記の通りです。

◆2月2日(節分祭前夜)
13:00~先斗町(ぽんとちょう)歌舞会舞踊奉納、芸妓舞妓・年男年女による豆まき
14:00~弥栄雅楽会(やさかががくかい)舞楽奉納後豆まき
15:00~宮川町歌舞会舞踊奉納、芸妓舞妓・年男年女による豆まき
16:00~祇園・四条の両参道商店街による豆まき

◆2月3日(節分祭当日)
11:00~今様奉納、今様奉納者による豆まき
13:00~祇園甲部歌舞会舞踊奉納、芸妓舞妓・年男年女による豆まき
14:00~祇園太鼓・祇園獅子舞太鼓・獅子舞奉納、奉納者による豆まき
15:00~祇園東歌舞会舞踊奉納、芸妓舞妓・年男年女による豆まき
16:00~祇園・四条の両参道商店街による豆まき

四花街による舞踊奉納

節分祭りでは、八坂神社近くの祇園花街に勤める舞妓さんや芸妓さんの華やかな舞踊が、八坂神社の舞殿で行われます。これも八坂神社の節分祭の見どころの1つです。

福豆の福引き

福引きとは、2日間の節分祭限定で販売される、福豆についているくじのことです。授与料300円でハズレなし、必ず商品が当たるくじです。
・副引き時間ー2月2日~3日
・引き換時期ー午前10時~午後17時

串礼の販売

【格闘家や芸能人の豆撒きで有名】東京池上本門寺

池上本門寺は、東京都大田区にある日蓮宗の大本山です。東京の池上本門寺では、毎年2月3日の節分に徐災特幸を願う節分追儺式法要と、福男・福女による豆撒きを行います。

節分追儺式の豆撒き

東京池上本門寺は、特設大舞台からの豆撒きが有名で、芸能人も多く参加します。大舞台から豆撒きをする福男・福女は、一般募集もしています。

吉例出仕予定者の参列

東京池上本門寺は、日本プロレス界の創始者である、力道山が眠る土地としても有名です。それもあり、毎年多くの格闘家が節分会に参列します。

《2019年・吉例出仕予定者》
・武藤敬司(プロレスラー)
・小橋健太(元プロレスラー)
・秋山準(プロレスラー)
・長与千種(プロレスラー)他

福豆の販売

【絵馬殿二階からのお餅と豆撒きがダイナミック】大阪石切劔箭神社

大阪平野の東、生駒山麓に鎮座する石切劔箭神社では、毎年2月3日に節分祭が行われます。大阪石切劔箭神社は、地元の方からは”石切さん”と呼ばれています。

節分祭では、絵馬殿の二階から裃を着た年男・年女が集まった参拝者に向かって福豆やお餅を撒きます。また、近くの石切参道商店街ではご当地ゆるキャラが行進して商店街を賑わすイベントも人気です。

《石切劔箭神社・所在地》
〒579-8011 大阪府東大阪市東石切町1丁目-1-1
★上記情報は2019年1月時点の情報ですが、、変更が生じている可能性もございますので、詳細は公式サイト等よりお問合せください

【福は内と大声で叫び無病息災を願う】名古屋の成田山萬福寺

成田山萬福寺は名古屋の中心恵方として有名です。毎年恒例の2月3日の豆撒き式には、多くの人が参拝に訪れます。

節分祭りに訪れた参拝者は、まずは本堂で厄除け祈祷を受けたのち、「福は内! 福は内!」の掛け声と共に豆を撒きます。成田山萬福寺では、このように「鬼は外」は言わずに「福は内」の掛け声で無病息災を祈ります。

豆撒き式では、1回につき限定60袋の”お札入りお福豆”撒かれるので、毎年福豆を手に入れたい人で溢れます。

《節分式・チケット料金》
[前売券] 3,000円
[当日券] 3,500円
内容:開運厄除け祈祷・福引・甘酒・招福熊手・福豆

《成田山萬福院・所在地》
〒460-0008 名古屋市中区栄5丁目26番地24号

【福岡市西区のパワースポット】愛宕神社の大節分祭り

福岡県福岡市西区にある愛宕神社は、西暦72年に創建された古い歴史を持つ神社です。高台にある神社のため、福岡の街が一望出来る景気は絶景で、福岡のパワースポットと呼ばれています。

そんな愛宕神社の大節分祭り(節分お福分け祭り)は、2月3日に行われます。奉納とおはらいが行われた後に総代らが集まり、参拝客に向かって福豆を投げます。投げられるのは、豆だけではなく愛宕神社の筆頭総代の永谷園から毎年奉納される”お茶漬け海苔”も撒かれることが人気の神社です。

《愛宕神社・所在地》
〒 819-0015 福岡県福岡市西区愛宕2丁目7-1

Haru

Haru

1歳9ヶ月の息子を子育て中のアラフォー主婦です。
『育休明けは人生を家族中心に生きること』を目標に育休中にブログ『ゆるりとぷらす』を立ち上げ、現在運営中。
今の生活にゆるくぷらす出来る「お得な情報」や「お役立ち情報」をブログで発信しています。
子供が小学校へ上がる前に、フリーランスへの転身を目指しています。

※このページの内容は、2019年2月7日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください