今年は桜餅を作ってみませんか。レンジで簡単、道明寺粉を使ったレシピ

今年は桜餅を作ってみませんか。レンジで簡単、道明寺粉を使ったレシピ

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

ピンク色のかわいらしい見た目と、桜の香りで春を感じられる和菓子「桜餅」。スーパーのお菓子コーナーや和菓子屋さんに並ぶのを見ると、春の訪れを感じます。お花見やひな祭りといった季節行事でもよく食べられる和菓子ですが、小麦粉を使ったものと道明寺粉を使ったものの2種類があるのをご存じでしょうか?

関東圏では小麦粉の皮、関西では道明寺粉の皮のものが多く食べられているようです。私は関西地方に住んでいるので、道明寺粉を使ったもちもちとした食感の桜餅がなじみ深いです。

道明寺粉を使った本格的な桜餅は手作りするのが難しそうに思えますが、実はとても簡単にできます。今回はそんな桜餅について深掘りしてみます。ぽかぽかする春の休日に、親子で手作り和菓子タイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?

桜餅とはどんな和菓子?

桜餅の由来

桜餅は、塩漬けにした桜の葉であんこ入りのお餅を包んだ和菓子です。春らしいピンク色が特徴的ですね。桜餅は、江戸時代ごろから作られているようです。長命寺というお寺の門番が、桜の葉を塩漬けにして、餅を包んで売り出したところ評判となったことから、長命寺桜餅と呼ばれています。

桜餅の葉は食べるもの?

桜餅といえば、その発祥とも深い関係にある桜の葉の塩漬けが欠かせません。桜の葉の香りと塩気がおいしさをひきたててくれますよね。

ところでこの桜の葉、食べる派か食べない派か、皆さまはどちらでしょうか?正式な食べ方としては、桜の葉をむいて香りを楽しみながら食べるそうです。しかし、食べても問題ないのでお好みで楽しんでくださいね。

地域ごとの違い

また、関東地方と関西地方では作り方に違いがあります。関東では小麦粉を使った薄焼きの生地を皮にしてあんを包み、桜の葉を巻きます。関西ではもち米を粗く挽いた道明寺粉というものを使って皮が作られるため、つぶつぶ食感でしっとり・もちもちしています。

おうちで桜餅を作ろう

手作りするのには少し難しそうに感じる道明寺粉の桜餅ですが、実はとても簡単。おうちでお子さまと一緒に手作りして、おやつの時間を楽しむのもおすすめです。
今回はレンジを使って簡単に作れる方法をご紹介します。ご興味のある方は、ぜひ試してみてくださいね。

おうちでも作れる? 使う材料は?

桜餅の材料はとてもシンプルで、以下の5つだけです。

・桜の葉の塩漬け
・道明寺粉
・砂糖
・水
・あんこ

最近では、ピンクに色づけされた道明寺粉も販売されています。

無着色の道明寺粉を使う場合は、少量の食紅が必要になります。本格的に作る場合は道明寺粉を蒸し器で蒸します。ただおうちで作る場合は、レンジで加熱して蒸らす方法が簡単です。

材料はどこで買える?

春になると、製菓材料を扱っているお店や、スーパーの製菓コーナーでも手に入ります。春以外はお店に並んでいないことが多いので、インターネットで購入するとよいでしょう。

中に詰めるあんこは、白あん・つぶあん・こしあん・桜あんのなかからお好みで選びましょう。つぶあんやこしあんといった一般的なあんこであれば、スーパーの製菓コーナーで年中手に入りやすいです。

わが家は一口サイズで食べやすく

わが家で作る桜餅は、小さな一口サイズにしています。こうすることで子どもも食べやすくなります。写真のように桜の葉をお皿に敷き、その上に桜餅を並べていきます。

「道明寺粉」で桜餅を作ろう

ここでは道明寺粉を使った桜餅の作り方をご紹介します。レンジを使った簡単レシピなので、気軽に挑戦してみましょう。

材料(10個分)
・桜の葉の塩漬け 10枚
・道明寺粉(ピンク) 130g
・水  200cc
・砂糖  30g
・こしあん(お好みで白あん、つぶあん、桜あん)  200g

ピンクの道明寺粉がない場合は、食紅の赤を少々使います。

① 桜の葉を1枚ずつはがして、水に15分ほど漬けて塩抜きをします。キッチンペーパーなどで水気を切っておきましょう。

② 耐熱容器に道明寺粉と水を入れ、ざっと混ぜ合わせます。食紅を使う場合は、爪楊枝の先につく程度の少量を一緒に溶かして、ピンク色にしましょう。
➂ ラップをかけて、レンジ強で5分加熱しましょう。加熱が終わったら10分間ラップを取らずに蒸らします。

④ あんこを10等分して、丸めます。

➄ 先ほど蒸らしておいた生地に砂糖を加え、ゴムベラなどでよく混ぜて、10等分にしましょう。
⑥ 道明寺粉を手のひらに丸く広げ、あんこを包みます。この作業は濡れた手で行うとやりやすいです。最後に桜の葉で包めば完成です。

和菓子を気軽に作れる住まい

和菓子作りを楽しむのであれば、やはり広いキッチンスペースや、パントリーなどの収納が重要です。和菓子だけでなく、パン作りなどを楽しみたい方はとくに、大きな作業台のあるキッチンと大容量のパントリーがおすすめです。

大きな作業台で手作りを楽しもう

わが家のキッチンは、パン教室や親子でお料理やお菓子作りを楽しむ前提で、大きなアイランド作業台をDIYして設置しています。
みんなで作業台を囲んでおしゃべりしながら料理を楽しめますよ。調理器具や材料などを置けますし、作業するスペースにも困らないのでとても役に立っています。

大容量のパントリーで収納!

お菓子作りを本格的に楽しみたい方には、大容量のパントリーが必須になるでしょう。焼き型などのかさばる道具類や、材料もらくらく収納できるのでキッチンが散らかりません。

また、リビングダイニングで見せたくないものやお米の袋などの大きなものも収納できます。LDK全体がすっきりと片付いて、見た目もよいですよ。

まとめ

春を感じられるお菓子、桜餅。おうちでも手作りできるので、ぜひ試してみてくださいね。
今年は手作りの桜餅でお花見やひな祭りをご家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

りんご

りんごハンドメイド作家

工作、ハンドメイド、diyなど。お子様と一緒に楽しめる季節のアイデアや、インテリア作りなどについてのブログ、雪見日和の運営やライター活動をしています。

※このページの内容は、2021年3月1日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。