いくらの家に住めるか? ファイナンシャルプランナーの家選びを紹介

  • はてなブックマーク

賃貸物件を探す場合、「いくらの家に住めるのか?」というのがまず気になるところではありますよね。

適正な家賃の基準としては、収入が基準になるかと思います。しかし、実際は家族構成やライフスタイルなどによって考慮しておきたいポイントがあります。

そこで、転勤族として数々の賃貸をわたり歩いてきた経験を持つファイナンシャルプランナーの筆者が、あなたが心地よく住むために適した家賃を、ご提案させていただきます。

ファイナンシャルプランナーが語る「家計と家族を考えた家選び」とは?

快適だとしても、家賃の高い家に住めば家計には影響が出ます。しかし、毎日過ごす家なのに家賃を抑えるだけが果たして暮らしやすいのか? といわれれば疑問が残りますね。

そこで、ファイナンシャルプランナーとして「お金や家計のやりくり」といった観点や、子連れの転勤族として数多くの賃貸物件をわたり歩いてきた経験を交えて、家選びのポイントを3つご紹介したいと思います。

家計の負担を考えると、適正な年収と家賃のバランスは25%以内

家計への負担を考慮すると、適正な家賃とは年収の25%以内というのが一般的です。

この25%という数字は、住宅ローンの返済負担率という考え方からきています。住宅ローンを借りる場合、年収に占めるローンの返済額=住居費がこの25%より大きくなると家計のやりくりに影響が出ると考えられています。

家賃も同じように考えてみてください。例えば、毎月の支払う家賃がこの25%より多くなるようであれば、それだけ他の支出を減らして調整することになります。家賃というのは固定費であるため、毎月必ず支払いをしなくてはなりません。そのため、固定費をできるだけ抑えておくと、他の出費がかさんだときにも対応しやすくなるのです。

したがって、家賃は年収の25%以内を目標に設定してみてくださいね。

立地条件は重要!家賃や間取り以外にもこだわろう

家賃をできるだけ25%以内に抑えるのはよいことですが、節約志向のみでいくのはあまりおすすめできません。もちろん、それが住みたい家であればラッキーなのですが、家賃以外にもこだわった方がよいポイントが存在します。

例えば、間取り。こだわりポイントの1つですよね。他には、通勤のコスト(所要時間や交通費)や子育てしやすい環境、または自治体の制度などの立地条件もこだわってほしいポイントです。

特に、筆者は転勤族として賃貸物件をわたり歩いてきた経験があります。通勤時間が短いとそれだけ家族と一緒に過ごせる時間も増えますし(残業が遅くなってもすぐに帰宅できるという面も!)、自治体によって子育てのしやすさに大きな違いがあることもわかりました。

ファイナンシャルプランナーとしてはできるだけ家賃を抑えることをおすすめしたいのですが、やはりこういった生活の質を上げるためのコストは必要経費だと考えています。

ライフスタイルや災害時に強い賃貸物件。一戸建ての賃貸という選択肢もあり

ところであなたはマイホームを考えていたりしていますか? それとも、このままずっと賃貸で暮らし続けますか?

マイホームを購入するかは悩みどころではあるかと思いますが、ライフスタイルや災害などのトラブルに合わせて住み替えたり出費が少なかったりするのは断然”賃貸”です。

特にお子さまがいらっしゃるご家庭ですと、広い家への住み替えを検討することもあるでしょう。そこでおすすめしたいのが一戸建ての賃貸という選択肢です。一戸建てですとアパートやマンションより部屋が広い場合があり、お子さまが騒いでもあまり気になりません。また、固定資産税や修繕費といったコストも賃貸ならかかりませんのでおすすめです。

かくいう筆者も一戸建ての賃貸に住んだ経験がありますが、とても子育てしやすかったですよ。転勤によってその地を離れてしまいましたが、また住んでみたいですね。

いくらの家に住めるか? 年収別の適正家賃を考えてみよう

いくらの家に住めるか? は物件を決める際には重要な判断基準となります。もしここでポイントを見誤れば、その後の家計に大きな負担がかかることになります。

まずは、年収別の適正家賃について考えてみましょう。

【年収別】
基本的に、家賃は年収の25%以内におさまるようにするのがおすすめです。

例えば、以下に世帯年収別の適正家賃を計算してみました。
(世帯年収)
・300万~400万円未満:75万~100万円(1ヶ月あたり6万~8.5万円の家賃が目安)
・400万~500万円未満:100万~125万円(1ヶ月あたり8万~10.5万円の家賃が目安)
・500万~600万円未満:125万~150万円(1ヶ月あたり10万~12.5万円の家賃が目安)
・600万~700万円未満:150万~175万円(1ヶ月あたり12.5万~14.5万円の家賃が目安)
・700万~800万円未満:175万~200万円(1ヶ月あたり14.5万~17万円の家賃が目安)
・800万~900万円未満:200万~225万円(1ヶ月あたり16万~19万円の家賃が目安)
・900万~1,000万円未満:225万~250万円(1ヶ月あたり18.5万~21万円の家賃が目安)

ここで注意点も付け加えておきたいと思います。

①共働きを続けやすい立地を選んだ方が、かえって生涯賃金がアップすることもある。
②地域によって保育料や各種手当の所得制限が異なる。

まず①についてですが、現代の日本社会では専業主婦家庭よりも多いとされている共働きファミリー。共働きを続けることは生涯賃金がアップし、ひいては世帯年収の増加にもつながります。

ただし、会社や保育園から遠いために共働きを続けるのが困難で仕事を辞めてしまったともなれば、非常にもったいないですよね。そのため、多少は家賃がアップしたとしても利便性の高い立地に居を構えるのは共働きを続ける上で有効な手段であると覚えておいてください。

また②について。同じ日本といえども、地域によって保育料の差や自治体からの補助金、手当などに差があるのをご存知でしょうか? こういった補助に差があるのは残念ですが、賃貸ならよりコスパのいい地域に移り住むことも容易です。

こういった家賃だけにとらわれない、生涯年収や保育料、補助金などのコストにも目を向けた物件選びをおすすめします。

【収入に合わせた家賃の物件探しをする】

300万~400万円未満:75万~100万円(1ヶ月あたり6万~8.5万円)

400万~500万円未満:100万~125万円(1ヶ月あたり8万~10.5万円)

500万~600万円未満:125万~150万円(1ヶ月あたり10万~12.5万円)

600万~700万円未満:150万~175万円(1ヶ月あたり12.5万~14.5万円)

700万~800万円未満:175万~200万円(1ヶ月あたり14.5万~17万円)

800万~900万円未満:200万~225万円(1ヶ月あたり16万~19万円)

900万~1,000万円未満:225万~250万円(1ヶ月あたり18.5万~21万円)

家選びは家賃だけじゃない!他のコストも考えて納得のいく物件を探そう

年収と併せて考えておきたい家賃の決め方

家賃を決める上での重要な指標は年収ですが、それとは別に家族構成やライフスタイルの違いによっても判断するポイントがあります。

そこで家族構成、ライフスタイル別に家賃の決め方をご提案させていただきたいと思います。


家族構成別

まずは、家族構成別のポイントをご紹介します。

1人暮らしの場合

1人暮らしの方の場合は、お勤め先への通勤が便利な立地がおすすめです。

というのも、1人暮らしの方ですと扶養家族への支出が必要ない場合、ファミリーと比べても可処分所得が多めとなります。そのため家賃を抑えるというよりも、通勤のしやすさを重視してもよいでしょう。

また毎回コンビニで買い物をしていると高くつきますので、なるべく自炊するのがおすすめ。近くに24時間営業のスーパーがあると便利です。

同棲中の場合

結婚を前提にするおふたりが同棲する場合。

将来のために2人で貯金をしておくのがおすすめです。そのため、家賃を決める基準は世帯収入といえども、実際は家賃を抑えたところに居住すると浮いたお金を貯金に回すことが可能です。

子育て中の場合

家賃というよりも、立地条件が重要となってくるのが子育てファミリー。特に、周辺の教育環境は大切で、保育園・幼稚園情報は事前に調べておくのがおすすめです。

2019年10月からは幼児教育無償化が始まりますので、人気の園は入園倍率アップが予想されています。そのため、引越し取扱い先の近くに園があっても入園できなかったという事態も十分想定されるので、下調べは必ず行ってくださいね。

定年後の両親と同居する場合

今はまだ健在のご両親も、今後いつ介護や病院への付き添いが発生するかわかりません。

しかし介護離職してしまうと家計のやりくりも大変になりますし、転職がうまくいかずに収入がダウンしてしまったら自分の老後資金を貯めるのも大変になってしまいますよね。介護離職を防ぐためにも、できるだけ仕事を続けやすく、病院へも手軽にアクセスできるような立地がおすすめです。


ライフスタイル別

次にライフスタイル別のポイントをご紹介します。

会社員の場合

会社員の方の場合は、職場から家賃補助の支給があるところも。そういった補助も計算に含めて家賃を決めるとよいでしょう。ただし、家賃補助が期間限定、年齢は何歳までといった制限がある場合も多いので、そういった細かい点には注意を。

フリーランスの場合

フリーランスといっても特に自宅で仕事をされる方の場合、通勤を考えなくてもいいのである程度駅から離れた立地でもよい場合があります。

駅から離れた立地というのは家賃相場も駅チカよりは抑えられているので、こういったメリットを生かした家選びをおすすめします。また、自宅が仕事場の場合は家賃の一部を経費としても計上可能です。

大学生の場合

大学生の方の場合は、確実に計算できる収入で家賃を設定するのがおすすめ。

というのも大学生は仕送りや奨学金、アルバイトでやりくりすることになると思いますが、進級するにつれてゼミや卒業論文、理系の場合は研究などで忙しくなり、アルバイトどころではなくなる方が多いからです。そのため、アルバイト代をあまり稼げなくても日々のやりくりに支障をきたさない範囲で家を選ぶようにしましょう。


以上、ファイナンシャルプランナーとしていくらの家に住めるか? をご説明させていただきました。

年収と家賃のバランスは重要です。もし適正家賃よりも高いところを選んでしまうと、家計のやりくりが大変になってしまいます。しかし、実は通勤・保育料・補助金などの隠れたコストや収入なども重要な判断要素の1つになるので、家賃以外の判断要素もふまえた家探しがおすすめですよ。

sonic

sonicファイナンシャルプランナー

2級ファイナンシャル・プランニング技能士・住宅ローンアドバイザーの資格をもつ主婦。転勤族で中々働きに出ることが難しい環境だったため、現在は資格を活かして在宅ワークで働いています。仕事内容はブログ運営の他、webライターや保険の見直し相談も。個人ブログ「イマミライ」を運営中。

※このページの内容は、2019年9月9日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。