> > > 引越し時のエアコンの取付け・取外しと料金

引越し時のエアコンの取付け・取外しと料金見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2018/04/13

エアコンの引越しと料金

信頼できる業者に最初からお願いて取り外し、取り付けまでお願いできるのがベストです。頼める業者がいない場合には引越し業者に相談してみましょう。

【目次】

  1. エアコンの引越しは業者に依頼か新しく購入
    1. 引越し業者に依頼する場合
    2. エアコン取付・取外の専門業者に依頼する場合
    3. 新しく購入する場合
  2. エアコン引越し料金の内訳
    1. 料金の内訳
  3. エアコンの引越しによくあるトラブルと注意点
    1. 置いていく場合はどうすれば良い?
    2. 自身で処分ってできる?

エアコンの引越しは業者に依頼か新しく購入

引越し時のエアコン・クーラーの取付け・取外し

引越しの際に見積もりを確認すると、意外と高いのがエアコン(クーラー)の取り付け・取り外しにかかる料金です。また、エアコンをどうするのかというのは意外と最後まで忘れがちな問題です。

引越しでエアコンを持っていく場合は料金の相場として2万円前後が必要となります。また、取付け・取外しをする住宅の状況により、配管や壁に穴を開ける必要が出てくるなど、別途料金がかかる場合もあります。

そういったことを考えると、2万円に少しプラスして、新しいエアコンを購入するのも良いかもしれません。

ここではエアコンの引越しで、『引越し業者に依頼』『エアコン取付・取外専門業者に依頼』『新しく購入』の3つの方法と料金についてご紹介します。

引越し業者に依頼する場合

引越し業者に依頼する場合は、エアコンの移動もあることを伝えましょう。エアコンの取り外し、取り付け作業自体は外部業者への委託、運搬は他の荷物と一緒に引越し業者が行います。

引越し業者とは別の外部業者に依頼をするため、引越し作業時間と前後したり、住居の状況により当初の見積もり金額より高くなる場合もあるようです。

メリットとしては、引越し作業の依頼に含めてエアコンも引っ越せるので、専門業者に依頼するより手間がなく、一般的に料金もそこまで高くなることはありません。

エアコン取付・取外の専門業者に依頼する場合

近場の引越しに限られますが、専門業者に別途お願いする場合は、忙しい引越し当日を避け、別のスケジュールで行うこともできます。取り外しと取り付けは同じ業者が行うほうが安心ですし、割引も効き、安価に上がります。

ただし、遠方への引越しの場合は、取り外しだけ専門業者に依頼し、運搬は引越し業者が、そして引越し先の取り付けは引越し業者提携の業者にお願いすることになるでしょう。

最初から備え付けられている場合はともかく、自分で購入して引越し先まで運びたい場合、エアコンの荷造りは専門業者にお願いしましょう。 自分で行うのは危険な上、空気が冷えないなどの不具合が起こる場合があります。

エアコンは室内機と室外機とに分かれていますが、この室内機と室外機を繋ぐ管の中には空気を冷やすための特殊なガスが入っています。

このため、 間違った取り外し方をするとガスが漏れてしまい大変危険な上、うまく取り外せたとしても、引越し先での取り付け後、ガスがないために空気が温まらなかった り冷えなかったりする不具合が起こりえます。

専門の業者にお願いすれば、エアコンの取り外しから梱包、取り付けまでプロが行ってくれますので安心です。ガスの補充やパイプの交換が必要な場合も別途費用がかかりますが対応してもらえます。

新しく購入する場合

今取り付けてあるエアコンも古くなってきたので置いておき、新居で新しく購入を考えていらっしゃる人も多いのではないでしょうか。

ある程度使い古したエアコンなら、これを機に買い替えてしまおうという気にもなってきます。エアコンの安売り時期は、夏を終える8月下旬から、新商品が出る10月頃になります。新商品が出ると、必然以前の型のものは安くなります。

エアコンの安売り時期に引越しをする場合は検討してみるのもよいでしょう。小型のもの(木造6畳、鉄筋9畳用)ならその金額は4万円程度からあります。エアコンは新しい商品ほど電気使用量などが抑えられ、結果的に節約につながることもあります。

なお、新居にはすでにエアコンが事前設置済みで、旧居のエアコンは不要な場合、エアコンは家電リサイクル法により、通常のごみとは異なり家電リサイクル料金を払って処分しなければなりません。

処分の金額を抑えるためにエアコンを残していきたい場合は、まずは大家さんか管理会社にお願いしてみましょう。買取りはしてくれなくても、置いていくことに応じてくれる場合もあります。ウォシュレットや照明器具に関しても同様です。

エアコン引越し料金の内訳

引越し業者に取付け・取外しを依頼する場合は、エアコン1台あたり20,000円程度が相場です。

引越し見積り確認後に買い替えてしまう方が多数いらっしゃいます。20,000円にいくらか足すと、新しい最新型のエアコンが手に入るので買い替えたほうがお得と感じる方が多いようです。

また、取り付け取り外しの外に、エアコンの設置状況により別途配管の手入れやガスの充てんに作業料がかかる場合があります。あらかじめ依頼をする業者に、旧居と新居のエアコンの状況を伝えておくと『後で見積もりより料金が高くなる』ことを防ぐことができます。

料金の内訳

料金の内訳は以下の3つの作業毎に料金がかかっています。

  • 取り外し
  • 運搬
  • 取り付け

【取外し】

エアコンは通常、天井近くの壁に設置しており、引越し時に運搬する際はそれを取り外す必要があります。この取り外し作業は、素人が行うのは非常に困難ですので、基本的には業者に依頼した方が安全です。

【運搬】

エアコンには、室内機、室外機という2つのユニットが存在し、当然2つないと動かないので、両方を運搬する必要があります。

室外機は、冷却用のコンプレッサーが内蔵されているため、非常に重たいです。また、冷媒となる温暖化ガスが蓄えられているため、強い衝撃を与えてしまうとガス漏れの可能性があります。

室内機については、夏の使用後は、熱交換器部分に水がついており、運搬時に水が落ちる可能性があります。引越し先で設置する前に水浸しとならないように、雑巾等でくるんでおくことをお勧めいたします。

取り付けも取り外しも設置場所や設置方法によって金額の違いが出てきます。取り付け時には

  • 室外機の設置部材
  • 配管のパイプ
  • 配管カバー

等の消耗品代、また壁に穴をあける必要があればその料金などが別途かかってきますので、ご注意ください。

なお、新居において室外機を設置する際に、壁に新たに穴をあけなければならない場合は事前に大家さんに許可をとっておく必要が出てきます。設置日以前にその旨、確認しておく必要がありそうです。

エアコンの引越しは、ガスが噴き出さないように配管を扱ったり、管の長さを調整してテープでまとめたり、専門的な技術が必要です。ですので、多少お金が掛かっても、自身で対応して事故やエアコンが効かず不便に過ごすよりも、業者に依頼することをオススメします。

エアコンの引越しによくあるトラブルと注意点

新居で新しいエアコンを買う場合、基本的に旧居にエアコンを置いていけません。自身で不用品として処分しなければなりません。

一見すると、エアコンを置いておくと次に旧居に入居する人はエアコンを買わずに済むし、大家さんや管理会社にとっても物件の価値が上がるので、いいことずくめだと思うかもしれません。

しかし、管理会社や大家さんはこれを敬遠します。なぜなら、入居したときに既にあるエアコンは賃貸物件の設備になってしまうからです。万一故障した場合に管理会社や大家さんはこれを修理する義務が発生するからです。これは、ウォシュレットや照明器具などにも言えることです。

置いていく場合はどうすれば良い?

一般に物件の賃貸借契約には、入居者は契約終了時に『原状に回復』して物件を返さなければならないと規定されています。

『原状に回復』とは物件を破損や汚損した場合に修繕するだけでなく、入居後に設備したり造作したりしたものについても撤去しなければいけないことを意味します。

つまり、入居時にエアコンが付いていなければ、引越して出て行くときもそれらが付いていない状態にして明け渡さなければならないのです。このことも管理会社や大家さんが懸念する場合が多いです。

ただし、次の二つの条件を満たしている場合はエアコンを部屋に残し、賃貸人に買取をしてもらえる場合もあるようです。

  • 賃貸人がエアコンの取り付けに同意している
  • 賃貸借契約に造作買取請求権の排除特約がない

借地借家法第33条は造作買取請求権を定めており、『建物の賃貸人の同意を得て建物に付加した畳、建具その他の造作がある場合には、建物の賃借人は、建物の賃貸借が期間の満了又は解約の申入れによって終了するときに、建物の賃貸人に対し、その造作を時価で買い取るべきことを請求することができる』としています。

この規定は任意規定なので、特約で排除することができます。ですから賃貸借契約において『造作買取請求権を行使できない』とする特約があれば、賃貸人がエアコンの取り付けに同意しても買取は請求できません。

引越しの際に、スムーズにトラブルなく進めるために規定や特約はあるものの、管理会社や大家さんと直接相談して決めることをオススメします。

自身で処分ってできる?

エアコンを処分する場合、リサイクル料金+取外し+処分場への運搬が必要となります。

リサイクル料金は相場が1500円前後のようです。取外しは専門的な技術が必要なので、業者にお願いした方が良いでしょう。

リサイクル料金の金額や手続きの詳細が知りたい方は、お住まいの自治体の指定引取所や、市区町村に直接連絡すると教えてもらいます。

よろしければこちらもご利用ください

  • 高く売れるドットコム

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2018/04/13

大型家具・家電の引越し・処分関連リンク

引越し時のエアコン・クーラーの取付け・取外し 引越し時のエアコンの取付け・取外しと料金
信頼できる業者に最初からお願いて取り外し、取り付けまでお願いできるのがベストです。頼める業者がいない場合には引越し業者に相談してみましょう。
ピアノの引越し ピアノの引越し費用相場・運送の注意点
引越しの荷物の中にピアノがある時は要注意です。ピアノというのは少しの振動でも音が変わってしまうほどとても繊細な楽器で、数メートルの移動の際も専門の技術が必要とされています。
仏壇の引越し 仏壇の引越し費用・料金相場と荷造り手順
どのように運んでもらえば良いのか迷うと思います。荷造りや運び出しに関して、まずは檀家になっているお寺に相談する事をお勧めします
冷蔵庫の引越し 冷蔵庫の引越し準備・処分の注意点
意外と気を付けないといけない冷蔵庫の引越し準備。引越し前日にはコンセントを抜けるように準備しましょう。
洗濯機の引越し 洗濯機の水抜きなど引越し手順まとめ
引越し時に必要な洗濯機の水抜きや設置方法と、引越し費用の相場についてご紹介します。
ウォシュレット・トイレの引越し ウォシュレット・トイレの引越費用と取付外し手順
ウォシュレット(トイレ)の引越し費用や取り外し・取り付け手順ならLIFULL引越し。ウォシュレットの引越し方法や費用、自身で設置をする方法をご紹介。
インターネット回線とプロバイダーの引越し手続き パソコンの引越し
パソコンの運搬がある場合には、見積もりの時点でしっかり相談し、注意して扱ってもらえるようにお願いしておきましょう。
ベッド・布団袋の引越し ベッド・布団袋の引越し
ベッドの運搬はかかる費用の幅が大きいです。かかる費用や売却価格、新しい商品の購入金額など総合的に考えて賢く準備を進めましょう。

引越しの準備・手順やることリスト関連リンク

不用品回収サービス
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

ダンボール 引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツ
引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツについてご紹介します。
引越し当日に新居ですること 準備OK?新居で当日するべき8つのポイント
引越し当日に新居でするべきことをご紹介します。
荷造りマニュアル 引越し荷造りの手順・コツと上手な梱包方法
引越しの荷造り・梱包ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ダンボールや梱包資材、養生用品を使用した引越し荷造りマニュアルなどのお役立ち情報をご紹介。
引越し代金でポイントを貯める 引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める
引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ポイントやマイレージが貯められる引越し業者などお役立ち情報が満載。
掃除場所 引越し掃除・ハウスクリーニングで敷金返還
敷金返還にも大きく関わる引越しの掃除、ハウスクリーニングについて、掃除場所や便利グッズをご紹介します。
車・原付バイク・自転車 車・原付バイク・自転車などの引越し
車やバイクの場合は対応に困る方が多いでしょう。自分で乗って新居までいくことができない場合は陸送サービスを利用してください。
抗菌対策 見落としがち!?新居の抗菌対策・除菌や消毒対策まとめ
引越しで入居前にしておきたい新居の消毒・除菌・害虫駆除についてご紹介しています。
レンタカーやレンタル軽トラックでの引越し相場 自分で引越しされる方へ
レンタカーやレンタル軽トラックで引越しならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。レンタカーを利用して自分で引越しする際の車種選びの注意点や軽トラックのレンタル料金相場などお役立ち情報満載。
ゴミの種類 引越しの際のゴミの回収や廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
引越し荷物の預かり・保管サービス 一時的な引越し荷物の保管・トランクルームの利用方法
引越し荷物の一時保管やトランクルームならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引越し荷物保管サービスのトランクルームを利用する際の注意点や預かり料金相場などお役立ち情報満載。
ガスコンロの引越し ガスコンロの取付け取外し方法と引越し注意点まとめ
ガスコンロの取付け取外し方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ガスコンロの種類、取付外し手順やお手入れ、引越し相場など引越しお役立ち情報が満載。
生活用品 一人暮らしの生活用品、揃え方のキホン
必要な生活用品の情報や揃え方についてご紹介します。
前日にすること 忘れないで!引越しの前日にしておく3つのこと
もう一度チェック!引っ越し前日にしておくべき大事な準備についてご紹介します。
整理、整頓、収納はココが違う 『PPAP』で汚部屋をキレイにする3つのコツ
整理・収納の考え方からすぐ実行できる収納ワザ、片付けることによるメリットなど『PPAP』のコツをご紹介します。
引越し当日の心構え 覚えておきたい!引越し当日の準備と過ごし方
引っ越し当日はどう過ごす?心構えと過ごし方についてご紹介します。
事前に新居ですること 引越し前にやっておくべき新居の引越し準備
引越し前にしておきたい、事前に新居でする準備についてご紹介します。
必須アイテム 大活躍!引越し荷造りに必要な梱包資材まとめ
引越しで必要な資材や道具、あると便利なアイテムをご紹介します。
引越し当日すること 引越し当日に旧居でする事『基本のき』
引越し当日にやるべきことはたくさんあります。ここではその『基本のき』にあたることをご紹介します。
引越しにかかる費用(賃貸編) 引越しにかかる費用(賃貸編)-物件選び~新生活-
引越しは何かと費用がかかります。事前に予定を立てて準備をしておきましょう。
一人暮らしの準備 一人暮らしの準備
一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。
引越し業者ごとの強みを知ろう! 引越し業者ごとの強みを知ろう!
女性向けプランや、近距離引越し、不用品買取など引越業者それぞれの強みや特徴をチェック!

エアコン(クーラー)の引越し注意点と料金ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。エアコン・クーラーの取り付け・取り外し注意点や料金相場など引越しお役立ち情報が満載。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。