不動産の売却を検討する際には、仲介を依頼する不動産会社のサポートがとても重要となります。しかし、不動産を売却する機会は一般的にそれほど多くないため、どのような観点で選ぶべきか迷ってしまうこともあるでしょう。今回は大手と地域密着型の違いを中心に、信頼できる不動産会社選びのポイントをご紹介します。

不動産売却をする

 

不動産売却では、「売り出し価格の設定」「買い手との交渉」「宣伝・売却活動」「内覧の準備」「税金についての正しい理解」「契約書の確認」といった専門的な知識を必要とするプロセスがあります。すべてを自分だけで行うのは現実的ではないため、不動産会社によるサポートがとても重要です。

 

適した不動産会社を選べば、手続きがスムーズに進むだけでなく、より理想に近い価格で買い手を見つけられることもあります。だからこそ不動産会社選びは、不動産の売却において成功を左右する要因といえるのです。

大手不動産会社のメリット・デメリット

 

不動産会社選びについて、ここではまず、大手不動産会社の特徴を詳しく見ていきましょう。

大手不動産会社に仲介を依頼するメリットとしては、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 宣伝能力の高さとネットワーク力
  • 知名度による安心感
  • 充実度の高い豊富なサービス

全国に支店を持つ大手不動産会社は、買い手のエリアを限定せず、幅広い地域に募集をかけることができます。また、全国にネットワークを持っているため、顧客に関する情報も豊富です。

 

さらに、大手不動産会社は知名度が高く、信頼感を持つ人も多くいます。そのため、売り手・買い手ともに売買をスムーズに決断しやすくなるのです。

 

そのうえで、大手不動産会社には、売却に役立つ独自のサービスを取り扱っているところも多いです。ハウスクリーニングやホームインスペクション(住宅診断)、「瑕疵(かし)保険」といった売却に影響を与えるサービスを無料で行ってくれるところもあり、売却活動を有利にしてくれるサポートが強みです。

一方、大手不動産会社には以下のようなデメリットもあります。

  • 臨機応変な対応は難しい
  • 対象エリアに明るくない担当者もいる
  • 一人の担当者が複数の案件を受け持つ場合が多い
  • 「囲い込み」が行われないか注意が必要

大手不動産会社の場合、対応などの品質を安定させるために、多くの手続きがマニュアル化されています。そのため、個別の事情に対して臨機応変に対応することは難しい面があるのです。

 

また、全国展開をしている不動産会社では、対象エリアに明るくない担当者がついてしまう可能性もあります。一人で複数の案件を受け持つケースも多いため、サポートが手薄になってしまう可能性も考えられるのです。

 

なお、囲い込みについては、後ほど詳しく解説していきます。

地域密着型不動産会社のメリット・デメリット

 

地域密着型不動産会社にも、大手と同じようにメリットとデメリットがあります。

主なメリットとしては、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 地域の事情に明るい
  • 地元のコネクションが豊富であるところも多い
  • 柔軟性が高く臨機応変な対応をしてくれる場合が多い
  • 一人あたりにかけられる時間が長い

もっとも大きな強みは、地域の事情に明るいところです。たとえば、学区や商業施設の状況といった、購入者層に直接つながる要素については、地元の様子に詳しくなければ把握が難しいものです。

 

地域に根差した不動産会社であれば、そのエリアに適した宣伝・売却活動が行えるため、有利に売却を進めやすくなります。また、地元に強いコネクションを持つ不動産会社ならば、スムーズに買い手が見つかるケースもあるでしょう。

 

顧客一人あたりにかけられる時間も大手と比べると増えるため、柔軟性が高く、こまやかなサポート行ってくれる担当者もいます。

一方、地域密着型には、大手不動産会社に比べて苦手なこともあります。

  • 大手と比べて知名度が低い
  • 担当者の力量にバラつきがある

対象エリア外への知名度は低いため、幅広い顧客の募集は難しい面があります。また、対応が細かくマニュアル化されているわけではないため、会社や担当者によって力量に差が生まれてしまうこともあります。

 

そのため、地域密着型不動産会社に仲介を依頼する際には、大手以上に担当者の慎重な見極めが重要です。

不動産会社を選ぶ

 

信頼できる不動産会社を見極めるためには、大手と地域密着型の違いを押さえるとともに、いくつか意識しておくべきポイントがあります。

不動産会社は、会社によってそれぞれ得意とする分野が異なります。「マンションの売買に強い」「駅近の一戸建てに強い」など、会社ごとにさまざまな個性があるのです。

 

そのため、これまでの取引実績を基に専門性を調べたうえで、得意とする分野にマッチしているかを確認しましょう。

会社だけでなく、担当者の人柄や力量を見極めることも重要となります。売却に不慣れな売り手としては、途中でさまざまな疑問や不安が生まれてしまうこともあるでしょう。

 

そうしたときに、スムーズに質問ができるような信頼関係を築いていないと、納得のいく売却活動は行えません。そのため、担当者の対応力や誠実さにも目を向けておきましょう。

囲い込みとは、不動産会社が物件情報を自社内に囲い込んで、「両手仲介」を狙うことです。不動産会社に仲介を依頼した場合、買い手はその売主仲介会社の顧客だけでなく、より高く購入してくれるほかの不動産会社の顧客となるケースも少なくありません。

 

このケースは「片手仲介」と呼ばれ、売主自身は高く買い取ってもらえるためメリットがあります。一方、不動産会社からすれば、仲介手数料を売主からしかもらえないためあまり大きなメリットは得られません。

 

両手仲介と片手仲介とは

 

そこで、仮に高く買い取ってくれるほかの不動産会社の顧客があったとしても、あえて取引を断り、売主仲介会社の顧客に買ってもらう両手仲介を行おうとする場合があるのです。これでは、せっかく高い価格で売れそうになっても、そのチャンスを逃してしまうばかりか、買い手の希望に添って必要以上に価格が下がってしまうおそれもあります。

 

そのため、不動産会社に囲い込みをしないか確認しておくことも大切です。不動産会社は、売主から囲い込みについて確認があったときに、事実を報告しなければならない義務があるため、遠慮をせずに確かめておきましょう。

 

特に大手不動産会社の場合は、会社規模の大きさから「囲い込み」が起こりやすい点に注意が必要となります。

家の一括査定をしてもらう

 

不動産売却においては、はじめから1社に絞り込んでしまうのではなく、複数の不動産会社を見比べることが重要です。正しく相場を把握するためにも、必ずいくつかの会社を比較しながら依頼先を見極めましょう。

 

ただ、査定には物件や顧客の情報を入力する必要があるため、複数の不動産会社を対象にすると手間がかかってしまいます。そこで、一度の入力でまとめて依頼できる一括査定サービスの利用がおすすめです。

 

LIFULL HOME’Sの売却査定サービスでは、不動産の種類や売却理由、所在地といった条件から、全国の不動産会社に一括で査定依頼ができます。このサービスでは、不動産会社を比較しやすくなるさまざまな工夫を取り入れている点が大きな特徴です。

 

たとえば、2,800社を超える数の不動産会社について、会社ごとに強みや取り扱いプランを掲載しています。担当者や会社の雰囲気も知ることができるため、依頼先選びの大きな手がかりとなるでしょう。

不動産会社を選ぶ

 

  • 不動産売却は専門的な知識を要する場面が多いため、不動産会社選びが特に重要
  • 大手不動産会社は知名度の高さやネットワークの広さが強み
  • 地域密着型不動産会社は地元に特化した情報力が強み
  • 会社だけでなく担当者の人柄にも目を向けることが重要
  • 一括査定サービスで複数の不動産会社を比較し、依頼先を見極めるのがポイント

公開日: