匿名査定とは?

ネットで不動産匿名査定

インターネット上で不動産の物件情報を入力すると、査定結果が表示されるサービスは多数あります。しかし、氏名や電話番号などの個人情報の入力を求められるケースが多く、躊躇してしまう人もいるでしょう。そんなときに活用したいのが匿名査定です。

匿名査定とは、メールアドレス以外の一切の個人情報を提供せず、文字通り「匿名」で査定を受けられるWEBサービスです。住所や広さ、マンションであれば階数などをもとに、類似物件の売却事例を参考に査定価格が算出さます。

匿名査定のメリット

手軽に査定を依頼できる

匿名査定は、パソコンやスマートフォンなどから手軽に査定を依頼できることがメリットです。売却するか検討している段階でも、売却価格の相場を簡単な入力のみで知ることができます。

不動産会社に査定を依頼する場合は、物件情報をもとにした机上査定であっても個人情報を求められることがほとんどですが、匿名査定サービスであれば、不動産会社に個人情報が伝わることはありません。不動産会社から売却をすすめる電話がかかってこないことも、売却の検討段階ではメリットになるでしょう。

匿名査定には注意点も

手軽に利用できる匿名査定ですが、査定価格の精度には注意が必要です。

査定価格の精度は?

現地の状況を反映していない
匿名査定は実際に現地を訪問して行った査定ではないため、現地の状況が加味されていません。たとえば不動産会社がマンションを訪問査定した場合、実際には室内の状態や眺望、近隣の状況なども査定材料になります。そのため同じ築年数でも、室内の傷みが著しい場合は査定価格が下がり、反対にリフォームをして内装や設備を一新している場合は査定価格が上がることもあるのです。

匿名査定サイトの査定結果でも、こうした現地の状況による差額を踏まえて「3,400万円~3,900万円」というように幅を持たせて表示するケースが多いです。

査定のベースとなるデータの問題
匿名査定サイトは、不動産会社が査定するものとそうでないケースがあります。後者の不動産会社以外が査定する場合、サイトによっては、査定のもとになる売却事例のデータベースが、成約価格ではなく、売り出し価格になっていることがあるため注意が必要です。中古物件においては、最終的に売主と買主との交渉により売買条件が決まるため、実際の成約価格は売り出し価格より下がることも。そのため、査定価格がやや高めに出る傾向があります。

一方、不動産会社に査定を依頼している匿名査定サイトの場合は、査定結果が実態に近いものであると想定できます。その理由は、不動産会社は査定する際に、国土交通大臣指定の不動産流通機構による不動産流通標準情報システム「REINS(レインズ)」の、実際の売却事例の成約価格データを判断材料にしており、比較的正確な結果を出せるためです。大手不動産会社では、蓄積された独自の取引データを使用しているケースもあり、問合せの多いエリアや物件、間取りなどの市場動向も加味しながら査定価格を算出しています。

たとえば、LIFULL HOME'Sの匿名査定は、不動産会社が査定価格を算出するタイプの不動産匿名査定サービス。査定結果を踏まえたうえで、希望に応じ訪問査定を依頼することが可能です。

匿名査定は売却の参考材料として活用する

売却の参考材料として

匿名査定は、個人情報を知られることなく手軽に査定を依頼できるとても便利なサービスです。その反面、概算価格での査定となるため、現地の状態やデータの精度によってばらつきが生じ、物件によっては、実際に売却できる価格と大きく異なる可能性があることを理解しておく必要があります。この特徴を活かし、匿名査定は売却を考え始めたときの参考材料として活用するのがベストでしょう。本格的に売却を検討する段階では不動産会社に相談するなど、状況に応じて査定方法を選ぶことが大切です。

まとめ
・匿名査定は、個人情報を伝えることなく、物件情報をもとに不動産の査定が依頼できる
・匿名査定は現地の状況を踏まえていないため、概算の査定価格になる
・匿名査定は参考材料とし、本格的に売却をすすめたいときは不動産会社に査定依頼するなど、状況を選ぶことが大切

(2018/08/17)