(前田けゑ)
総資産15億円を相続をした僕の場合、約4.5億円の相続税を納付しました。
おばあちゃんは節税対策をしていなかったので、年間に数千万円の税金を納税していたし、相続税対策なんて考えてもいなかったと思う。相続税は「駐車場を売って支払えばいい」と言っていたけれど、実際は全ての貯金と駐車場を売却しても全く足りなかったと思います。
世間的には、「総資産15億円も持ってるんだからお金持ちだし、15億円から相続税4.5億円引けば余裕じゃん!」と思われがちですが、そんな簡単じゃないんですよ! 何故かって、僕が相続したのは総資産15億円であって現金15億円ではないからです。

今なら相続税を納付するための現金を用意する方法は考えられるけれど、相続した時は何も知らなかったし、おばあちゃんが急に死んでしまったので、どうしたらいいのかわからない状態でした。
皆さんは、相続が発生する前から相続税対策をしたほうがいいです!

皆さんは、相続が発生する前から相続税対策をしてくださいね
皆さんは、相続が発生する前から相続税対策をしてくださいね

(くりねぇ)
そうなのよ、相続税って単純にいかないの。
まずね、大前提として「相続税は現金で納付」っていうルールがあるのよ。(例外として、土地などの現物で払う方法もあるんだけど、国が認めてくれるハードルが高いとかあるので今回は省略しますね。)
この「現金で相続税を用意する」っていうのが、実際にやってみると意外に難しくてねぇ…。

例えばね、なるべく単純な例でいくわよ。
「1,000万円の"資産”を相続したので、相続税を100万円払う義務がある」とするでしょ? ほかに相続した資産はゼロとするわよ、わかりやすいから。
このケースね、"資産”が”現金”だったら話は単純よね。1,000万円の現金を相続して、その中から100万円払って、900万円が手元に残るってこと。
でもね、もしもその”資産”が、故人と一緒に住んでいた“自宅”だったらどうかしら? 自宅だから売れないでしょ? 住むところ無くなっちゃうし。もし売るとしても、今日明日にすぐ売れるとは限らないわよね?
なので、「相続税対策」と言うと「税額を下げる」イメージが強いと思うんだけれど、実は「そもそもどうやって現金を作って払うか?」ということも対策になってきます。

正直、現場を見てきた税理士としては、「下げるための対策」よりも「払うための対策」、例えば、「売るとしたらあの土地にしよう」とか「少しでも売りやすいようにしておこう」などといったことを、優先して考えておいた方がいいと感じています。

現場を見てきた税理士としては、「下げるための対策」よりも「払うための対策」を優先したほうが良いと思う
現場を見てきた税理士としては、「下げるための対策」よりも「払うための対策」を優先したほうが良いと思う

(前田けゑ)
さらに言えば、相続税対策はまず自分がどのような人生を歩んでいくのかを考える必要があると思う。
僕は、東京でタレント活動をしていて一生芸能の仕事がしたいという意志と、おばあちゃんのお墓を守りたいという意志があったので、相続した名古屋の資産を維持しながら東京でタレント活動を続けていくことができるように相続税の納付方法と今後を考えました。
結局、相続税を払うために、相続した資産から、ビル一棟と一部の駐車場を売って現金を作って納付して、その後、駐車場にマンションとテナントビルを建てて、ビル一棟を売却して減った収入分に当てて、資産と不動産の維持をしています。

もし僕が芸能をやっていなくて名古屋に住んで大家さんを継ぐことにしたら、たとえば、不動産は残してそれを担保に銀行に借り入れをして、貯金と合わせて相続税を納税して、不動産収入から借金を返済しながらのんびり暮らすって方法もあったのかもね(笑)。

僕がどうやって現金をつくったかというと…
僕がどうやって現金をつくったかというと…

(くりねぇ)
あら、けゑちゃんがのんびり暮らす姿なんて想像つかないわよ(笑)。でも確かにそうよね。だって相続の対策を立てる際には、「自分がどんな人生を歩んでいきたいのか?」、この人生のデザインがある程度はっきりした上でさらに「誰に・どんな資産を・どんな意図で・どんな形で譲りたいのか?」を考えながら進めていかないと、自分や残された遺族にとっての幸せな相続とはかけ離れたものになってしまいかねないんだもの。
そしてそのデザインを実現させるためには、やっぱり相続税をなるべく低く抑えることもとっても大事なこと。

ということで、相続税の計算の仕組みとか、相続税対策ってどんなことがあるの? ってあたりの基本的な話をしておくわね。ホントに基本的なところなので、さらに興味がある方は調べてくださいね。

例えばね、資産総額1億円の相続があったとする。そうするとまず、「基礎控除の額」というのがあって、それは一覧表で決まってるってわけ。もし「法定相続人が1人のみの相続」だったら、その基礎控除は3,000万円+600万円×1(法定相続人の数)=3,600万円になるので、これを1億円から引くのよ。
そうすると1億円-3,600万円=6,400万円でしょ? で、6,400万円の場合は「そこに税率の30%をかけて、そこから700万円を引いた額が税額ですよ」とやっぱり一覧表で決まっているの。
そうなると「6,400万円×30%−700万円=1,220万円の納税ですよ」というわけ。

相続税の計算の仕組みの基本的な話をするわよ
相続税の計算の仕組みの基本的な話をするわよ

(前田けゑ)
あと、「配偶者控除」という税金が安くなる制度もあるよね。これは、配偶者はその取得した財産が、法定相続分または1億6000万円までは相続税がかからないという制度で、婚姻届を出していれば期間に関係なく適用されます。
この配偶者控除は、婚姻届を出してさえいれば、期間関係なく適応されます。

「配偶者控除」という制度もある
「配偶者控除」という制度もある

(くりねぇ)
そうね、この配偶者の控除は「申告期限までに遺産分割が確定」していれば受けられるので(3年以内に遺産分割しても受けられるようになります)、うまく活用したいわよね。

ただしね、ちょっと気を付けてほしいことがあるのよ。アタシさっき、「デザイン」って言ったでしょ? このデザインをしっかりさせておかないとね、目の前の相続税額の軽減だけに気を取られて本末転倒になったりしかねないのよ。
例えばだけど、夫が亡くなって妻が相続したとしてね、基本的には妻がたくさん相続した方が今回の税額は下がるんだけれど…。次の相続(今回相続財産を取得した母親から、子どもへの相続)の時は(一回目の相続で、子どもが少なめに相続したために)税額が大きくなっちゃったりすることがありがちなのよ。
なので、一回目と二回目の税額なども、トータルで考えてデザインすることが大事になってくるわよね。

目の前の相続税額の軽減だけに気を取られていると、本末転倒になりかねないの
目の前の相続税額の軽減だけに気を取られていると、本末転倒になりかねないの

(前田けゑ)
最後に、非課税財産を知っておくことも大事です。
非課税財産とは、墓所・仏壇・祭具や国や地方公共団体、特定の公益法人に寄付した財産、生命保険のうち500万円×法定相続人まで、退職金のうち500万円×法定相続人までのことを指していて税金計算上ではカウントしないことになっています。借金と葬儀費用も非課税財産です。

非課税財産を知っておくことも大事です
非課税財産を知っておくことも大事です

(くりねぇ)
そうね、実際の計算の時には、いったん総額を計算しておいてから、非課税になる金額を引く(控除する)という順番で進めていきます。たとえば、下記のような相続があった場合の、実際に相続税を計算していく過程を、けゑちゃんと一緒に見ていきましょう。

遺産総額は1億円
法定相続人は、配偶者と子2人
生命保険2,000万円
退職金2,000万円
借金1,000万円
葬儀費用200万円
まずはここまでの計算や評価が終わったとしますね。この後の控除額の計算を、けゑちゃんお願いします!

(前田けゑ)
こんな感じですね。

基礎控除4,800万円(3,000万円+600万円×法定相続人3人)
退職金の非課税分1,500万円(500万円×法定相続人3人)
生命保険の非課税分1,500万円(500万円×法定相続人3人)
借金1,000万円
葬儀費用200万円
というわけで、控除のトータル額は9,000万円になる!

(くりねぇ)
そう、正解です!
で、この9,000万円を遺産総額の1億円から引いて1,000万円、1,000万円を配偶者2分の1、子どもがそれぞれ4分の1になるので、配偶者は500万円、子どもは250万円ずつの計算になりますね。
そうすると、前述の一覧表により、1,000万円以下の相続税率は10%なので、配偶者は相続税50万円(ですが、先ほど出てきた配偶者控除で税額は0円)、子どもは25万円ずつになります。
また子どもが未成年の場合は未成年控除といって、20歳に達するまで年に10万円が税額から控除されます。

(前田けゑ・くりねぇ)
まだ相続を経験したことのない皆さんは、一度こういうシミュレーションをしておくことをオススメします。また、計算だけで終わらせるのではなくて、「人生のデザイン」のあたりまでやってみてくださいね。

実際に、相続税を計算してみましょう
実際に、相続税を計算してみましょう

(前田けゑ)
相続税を減らすには、資産を分散して法定相続人が相続する金額を抑えていけば良いと思う。
元気なうちに自分の財産を使ってしまってもいいとは思いますが、財産を抱え込んでも死んだら相続が起こるのだから、生きているうちに生前贈与でゆっくり時間をかけて次の世代に託していくのも、相続する人の役割かもしれません! 僕も他人事ではないので、これから自分の相続を考えていきたいと思います。

相続は、僕も他人事ではないです
相続は、僕も他人事ではないです

(くりねぇ)
そうね、「あらかじめ資産を分散しておく」というのはとてもいいと思います。
生前に「意図をもって誰かに贈与をしておく」というのは、「税額を減らすという意味」からも「デザインしたとおりに資産を配分していく」という意味からもおススメですね。ちなみにですが、生前に贈与しておく方が「贈与する相手からの自分への態度」が違ってくることが多いです。ちょっと寂しい気もしますが、人間ですから仕方のない事実ではありますね…。
最後に、「相続時精算課税制度」というのもあるので参考にしてみてくださいね。

あらかじめ資産を分散しておくことは良い考えですね
あらかじめ資産を分散しておくことは良い考えですね

■くりねぇの最終回のひとこと

くりねぇの最終回のひとこと
くりねぇの最終回のひとこと

さあ、いよいよこの連載もラスト。最後にここで、まとめておきましょう。
最終回は、相続税の計算や税額を減らすための話もしました。昔に比べると、いわゆる「節税対策」というのはだいぶ減ってきてしまいました。それでも、まだまだ技術的なものは残されています。

そんな中でアタシがここで最後に伝えたいこと。それは、「相続はコミュニケーション」だということです。自分が人生をかけて築いてきた、「目に見える資産」や「目に見えない資産」を誰にどんな形で伝えていくのか、残していくのか、これがちゃんとできるかどうかは、とっても大事なことです。
ここをうまく伝えられなかったり、残せたはずのものを残せなかったりすることで、「大事な人への最大最後のコミュニケーション」が失敗に終わってしまうケースをたくさん見てきました。しかも、この失敗はもう取り返すことができません。
エンディングノートや遺言書、生前贈与などのコミュニケーションツールを使って、大事な相続をハッピーなものにしていってください。前提やデザインがきっちりと考えられているなら、相続税の対策もうまくいくはずです。

短い連載でしたがお役に立てたでしょうか? 皆さんの相続が「意図したとおり、デザインどおり」のものになって、次の世代へのコミュニケーションがハッピーになされることを祈っています。
またどこかでお会いしましょう。

関連記事

【前田けゑ×くりねぇの相続連載③】「内縁」と「相続」について話しましょう
【総資産15億円を相続した芸人1】前田けゑ新連載スタート!
相続時精算課税制度
不動産を高く売るには、「時間」が必要?
兄から相続した家が「空き家」状態!?管理ができないため売却に踏み切る~売却体験談