ローンが残っている家を売ることは可能?

ローンが残っている家を売却することは可能
ローンが残っている家を売却することは可能

家を買う人の多くが30年ほどのローンを組んでいるため、築20年の住宅にはまだローンが残っていることが多いはずです。ローンが残ったまま、物件を売却するのは可能なのでしょうか。
結論から言うと、ローンが残っている家を売却することは可能です。ただし売却の際に住宅ローンを一括返済することが条件です。

とはいえ、売却価格がローンの残債を上回るとは限りませんから、不足額が生じた場合には自己資金で返済しなければいけません。また、住み替えで新たな住宅ローンを契約する場合には、売却の際の不足分を上乗せして返済していくことが可能な金融商品もあります。

築20年の不動産を上手に売るコツ。早めに売ったほうが良い物件とは?

早めに売ったほうが良い物件とは?
早めに売ったほうが良い物件とは?

物件の条件によっては、あまりのんびりせずに早めの売却を検討したほうが良いこともあります。

●過疎化の気配がある地域
近隣で売りに出されている中古物件の価格を確認してみましょう。
地域により異なりますが、一般的な分譲マンションの新築時売り出し価格に比べ築5年でおよそ20%、築10年で30%、築20年で40%ほどの下落率となっています。
この目安を大きく外れるほど価格の下落がある場合には、学校が廃校になる、スーパーが撤退しているなど、不動産が売れにくくなっている理由があるはずです。今後も価格の下落が進む可能性が高いと考えられます。

●個性的な間取り
個性的な間取りの物件は買い手が見つかるまでに時間がかかる傾向があります。
いくつか例を挙げると、通常であれば2LDKほどの間取りを確保できるような広いワンルーム、トイレやキッチンが2ヶ所ずつある二世帯住宅、ペット用の洗い場やトイレスペースを確保した物件などです。一般的には不動産売買ではごく普通の間取りのほうが売れやすく、個性的な間取りの物件は住む人を選びます。
しかし特殊な物件は市場に流通することも少ないため、買い手のライフプランに合った物件であれば、すぐに契約が決まることもあるのです。買い手を見つける機会を増やすためには、早めに動いて多くの人に情報を見てもらうことが大切といえます。

リフォームは行うべき?

設備の入れ替えなどの大きなリフォームを売却のために行う必要はありません。高額なリフォームを行ったからといって、リフォームにかかった費用がそのまま売却価格に反映されるとは限らないからです。
築20年以上の住宅を購入する人のほとんどは、入居する前にリノベーションやある程度のリフォームを行うことを前提に考えているので、ある程度の経年劣化であればさほど問題ありません。

ただ、築20年とは思えないほどのひどい傷みや、購買意欲を損ねるような汚れがある場合には、最低限の修繕を行ったほうが良いでしょう。

築20年の物件の売却はタイミングが大切

築20年の物件の売却はタイミングが大切
築20年の物件の売却はタイミングが大切

築20年以上の物件を売却する際は、よほどの好条件や気エリアの物件である場合を除き、希望の売却価格を下回ってしまうことも覚悟しておきましょう。思い出の詰まった家をできるだけ高く売りたいと思うのは当然ですが、あまりに価格にこだわりすぎると売却の機会を逃してしまいます。

「値引きしてくれたら買いたい」という人が現れた場合、価格の交渉にもある程度応じる姿勢を持ってみましょう。もちろん相場から大きく離れた無理な要求に応じる必要はありません。

急いで売りたいなら買取会社へ

早く売りたい場合は、買取を依頼することも可能
早く売りたい場合は、買取を依頼することも可能

物件をできるだけ早く売りたい場合には、不動産会社に買取を依頼することも可能です。一般的な不動産売買では、不動産会社が仲介役となって物件の購入を希望する人を探してくれます。つまり、買い手が決まるまでは売り手側にお金は入ってきません。

一方、買取を行っている不動産会社は、売り手の物件を直接購入してくれます。そして買取った物件にはリノベーションを施し付加価値を上乗せしたうえで、販売を行うというわけです。
買取では一般的な不動産売買に比べると売却価格は下がってしまいますが、一刻も早く手放したい場合や、すぐに現金化したい場合にはおすすめです。

築年数が古くても人気のある不動産は?

原則的に、不動産物件の築年数が古いほど売却価格は下落していきますが、まれに古い物件でもほとんど値が下がらないことや、過去の売買実績よりも価格が上昇することがあります。

都市部など、人気エリアかつ新規に開発する土地があまり残っていない地域では、物件の売り出しがあまりないため、古い物件でも値崩れが起きにくいです。また、近隣に大型ショッピングモールの建設や大規模開発が決定した地域などでも、周辺の不動産相場は値上がりに転じます。

関連記事

不動産を高く売る方法とは?査定の仕組みを知って“売却のコツ”を知ろう
え!?そんなにかかるの?事前に知っておくべき不動産売却時の諸費用
不動産を売却するときにどの契約を選ぶ?3種類ある媒介契約のメリット・デメリット
築5年、築10年、築20年…築年数によって異なる中古住宅リフォーム費用の目安とは
住宅ローン残債が残っている住まい。売って住み替えるまでの段取りとは?~売却体験談