Wさん(72歳)の兄から相続した一戸建ての売却に関する体験談

~売却した住まい(Wさんの兄が住んでいた家)について~
エリア/東京都杉並区

家族構成/現在、さいたま市内の一戸建てで妻(72歳)と2人暮らし。
       息子2人(46歳、43歳)はそれぞれ結婚して独立。
概要/生涯独身だった兄が死亡。兄の遺産を共同で相続したのはWさん、Wさんの姉と妹の3人。相続した遺産のなかには、兄が1人で住んでいた一戸建てがあった。姉、妹とも話し合い、その一戸建てを売却。兄が住んでいた家は、もとはWさんの両親が建てた家で、Wさんたち兄弟の実家。

立地/最寄り駅から徒歩10分
土地面積/約40坪
建物面積/約25坪
間取り/モルタル2階建て・5DK
築年数/約40年(建て替えてからの築年数)
売却年月/2015年9月

亡くなった兄が住んでいたのは、自分たちが生まれ、育った実家

1
お兄さんから家を相続したWさん

Wさんの兄(77歳)が亡くなったのは、2015年2月。脳梗塞で倒れ、意識が戻らないまま、入院先の病院で亡くなってしまいました。兄は生涯独身。両親は既に他界しており、葬儀の喪主を務めたのはWさんでした。

葬儀は無事終わりましたが、兄の遺産をどうするのか、解決しなければなりません。兄には妻子はいないので、相続人となるのは兄弟姉妹。とすると、Wさん、姉(74歳)、妹(69歳)の3人が、遺産を相続することになります。兄の預貯金などは3人で分ければいいとして、問題は兄が1人で住んでいた家のことです。

兄は東京都内の一戸建てに住んでいました。約40坪の土地に建つ、5DKのモルタル2階建て。建築年数は約40年ですが、この家はKさんたちにとっては実家でもあるのです。家の歴史は昭和初期の1935年頃にさかのぼります。

「両親がこの場所に家を建てたのです。ここで僕たち兄弟姉妹が生まれ、育ったのです。姉と僕、妹が次々に結婚して家を出たあと、1975年頃に建て替えました。その後、両親と兄の3人がここで暮らし、両親が亡くなったあとも兄が1人で住んでいたのです」。

建て替えているとはいえ、長年の思い出の詰まった実家です。
「でも、僕も自分の家があるし、姉も妹もそれぞれに住んでいる一戸建てがあります。実家に戻って住もうという者は誰もいません。誰かに貸すという選択肢も考えてみましたが、貸すにしても不動産会社との連絡や管理をする者が必要になります。僕、姉、妹の3人のなかでそんな煩わしい係を引き受けようという者はいませんでした」。

そうしてWさん、姉、妹の3人で話し合い、実家を売却しようと決断しました。この決断の背景には、もう1点、実家が空き家になることへの不安もあったといいます。
「空き家のまま放置しておくと、放火などの心配もあるし、荒れてしまいますよね。両隣の方からも、『お庭の手入れだけはよろしく頼みますね。雑草をのび放題にしておくと、害虫が増えてしまって大変なんです』と言われました。空き家にしておくとご近所迷惑になるうえ、私たち相続人には固定資産税もかかってきます。それに兄の遺産を相続することで、私たち3人には相続税が発生することになりそうだったのです。それこれ考えると、実家を売るのが一番いいという結論になったのです。姉と妹も賛成でした」。

売却のことをまず相談したのは、不動産会社ではなくて都市銀行だった

では、売却活動はどのようにして進めたのでしょうか?

Wさんがまっ先に相談したのは、大手都市銀行のA銀行でした。A銀行には兄の普通預金口座があるうえ、兄は貸金庫の契約をしていてそこに本人の預貯金通帳や生命保険証書、印鑑などを保管していたのでした。A銀行が兄にとって、メインバンクだったことはわかります。

でも、不動産の売却なのに、WさんはなぜA銀行に相談したのでしょう? 
「兄が脳梗塞で入院中、私が兄の成年後見人となって、兄の預貯金の出し入れをしていたのです。入院費を支払ったり、公共料金の支払いの管理、年金などの入金確認などです。姉と妹は実家から片道2時間以上かかる遠方に住んでいたので、私に任されていました。その成年後見人になる際の手続きや、兄が契約する貸金庫の利用でA銀行にはお世話になっていたのです。そんな経緯があったので、兄が亡くなったことをまずA銀行に知らせるのは筋ですし、家の売却に関する相談を持ちかけやすかったのです」。

ちなみに成年後見人とは、判断能力が不十分な人に代わり、被後見人(この記事の事例ではWさんの兄)を援助する立場の人のこと。Wさんの兄は脳梗塞で倒れ、入院中はずっと意識不明の状態でしたので、兄の預貯金を出し入れするには、法的な手続きにのっとって、成年後見人を選任する必要があったのです。

法定後見人になれるのは被後見人の家族や親族、あるいは弁護士や司法書士など専門職にある第三者と決められていて、今回のケースでは被後見人の弟であるWさんがその任に就いたというわけです。