Tさん(51歳)の住宅ローンの残債を気にしながら住み替た売却体験談

概要/子どもたちが大きくなり、「自分の部屋がほしい」と言うように。そのリクエストに応えるために住んでいたマンションを売却し、新たにマンションを購入して住み替え。住んでいたマンションは住宅ローンの残債があった。
家族構成/家族4人暮らし(妻49歳、長女13歳、次女12歳)

~売却した住まいについて~
エリア/千葉県千葉市
立地/最寄り駅から徒歩10分
間取り・総面積/3LDK・82m2
築年数/約20年
Tさんの居住年数/13年
売り出しから売却までかかった期間/1年
売却年月/2016年3月

2015年2月~3月頃、住み替えを考え始めた

3
住み替えを考え始めた

Tさんが13年間暮らしてきたマンションを売却し、住み替えを考えるようになった理由は、子どもたちの成長。「長女が小学校の高学年になって、“私の部屋がほしい!”と言い始めたんです。僕ら夫婦も娘たちそれぞれの部屋が必要だなと思いました」とTさん。住んでいたマンションは3LDK・82m2で、一番広い洋室がTさん一家の寝室、そしてリビングと隣り合うようにして洋室と和室が続いていて、独立した個室はありませんでした。

「娘たちも成長するにつれ、着替えているところを父親に見られたくないとか、いろいろ気にするようになっていたし、長女が中学受験のため塾通いを始めてからは帰宅が遅くて、次女と就寝時刻が違ってくるようになったんです。先に寝ていた次女が、長女が寝室に入ってきた音で目がさめて睡眠不足になったこともありました。なんとかしなければ、ということで、今の住まいを売って、同じニュータウン内で住み替えたいと思うようになったのです」。

2015年4月、不動産会社のA社に査定を依頼。銀行にも出向いて住宅ローンの相談

長女が小学校6年生、次女が小学校5年生になり、長女が中学校に入学する前には子ども部屋のあるマンションに住み替えたいと考えたTさん。妻も賛成してくれましたが、気がかりだったのは住宅ローンの返済が1000万円ほど残っていたことでした。そんな状態で住み替えができるものなのか? また住み替え先の購入で新たに住宅ローンが発生する可能性も高いだろうけれど、ローンの負担が増えてしまったら返済していけるのか? そもそも50代のサラリーマンに銀行はお金を貸してくれる? ……さまざまな不安がTさんの頭によぎりました。

重要ポイントとなるのは、マンションがいくらで売れるのかということ。マンションを売却して得たお金でローンの残債の支払いができて、残ったお金を住み替え先の購入資金に充てることができれば、「売却→住み替えプラン」を実現できそうです。そこでTさんは不動産会社に査定をしてもらうことから始めました。住んでいるニュータウンの中でも規模の大きい店舗を構えている、大手不動産会社のA社に査定を依頼。すぐさま営業担当者が査定にやってきて、数日後に知らされた査定額を知ったTさんの感想は、「こんなに高く売れるの?」でした。査定額は2200万円。

「なんの先入観を持たずに査定を依頼してみたら意外に高額だったので、驚きました。ローンの残債を上回る額です。でも、”本当にこの値段でいいのか?“と疑わしい気持ちも湧いてきてインターネットでこのニュータウン内の中古物件をチェックしてみたら、相場の金額だとわかって、安心しました」。

そして、TさんはA社の店舗へ出向き、「家を売却して住み替え先を購入したい」と伝え、購入に関する資金計画の相談にのってもらいました。住宅ローンの残債、住み替えを希望する間取りを備えた物件の相場、不動産仲介手数料や税金など諸費用も合わせて必要な資金のシミュレーションをしてもらったところ、Tさんが予想していた通り、住み替え先の購入のために新たに住宅ローンを組む必要があることがわかりました。

「貯金もあるけれど、まだまだこの先、娘たちの進学などでお金がかかるので、ある程度は手元に残しておきたいなと。そんな僕の考えを反映してシミュレーションをしてもらい、その結果、新たに2000万円ほど住宅ローンを組めればなんとなるということがわかりました。僕自身はどうにか返済できそうな額ですが、問題は銀行が貸してくれるかどうか、です」。

弱気になりかけたTさんですが、「ひとまず銀行で相談してみてください」とA社の担当者に言われ、住宅ローンを借りている銀行へ足を運びました。住んでいるマンションを売って住み替える予定があることを告げ、2000万円の住宅ローンを組めるものかどうか仮審査をしてもらったところ、「最大2800万円、35年ローンでも受付可能」という回答が得られたのです。

「僕はもう50歳だし、正直なところ、年齢的に難しいと思っていたので、借りられるとわかってうれしかったです」。

資金計画のメドもたち、気持ちにはずみがついたTさん。A社に正式に依頼し、「専属専任媒介契約」を結び、売却活動がスタートしました。