主婦のNさん(46歳)の、夫の転勤に伴うマンションの売却体験談

該当物件/夫の転勤のため、住んでいたマンションを売却
家族構成/4人暮らし(夫50歳、長女18歳、次女15歳)

~売却した住まいについて~
エリア/大阪市阿倍野区
立地/最寄り駅から徒歩7分
間取り・総面積/2LDK・71m2
築年数/37年
Nさんの居住年数/約20年
売り出しから売却までにかかった期間/約3週間
売却年月/2016年4月

ポイント/マンションを売るか、貸すか

子どもたちの学校のことを優先し、夫はしばらく単身生活

078905
東京出身のNさん

東京出身のNさんが大阪に住むようになったのは約20年前。結婚してすぐにご主人が大阪へ転勤になり、大阪へ、短期間の社宅住まいを経験した後、住まいを購入しました。それが今回、ご紹介する売却体験談の対象となるマンションです。

「1979年に建てられたマンションです。購入当時、既に築15年を経過していましたが、以前に住んでいたオーナーさんによってリフォームされていました。床に大理石を使っていたり、外国製の洗面台蛇口を取り入れていたり、内装にはこだわりが見られました。そんなところを夫が気に入って、購入したのです」。

間取りは2LDKで総面積は71m2。6階建ての5階、南向きの明るい角部屋でした。そうして長女、次女と2人のお子さんが誕生し、子育てをしながら大阪での暮らしに馴染んでいったNさんでした。

歳月が過ぎ、2014年8月、ご主人に転勤の辞令が出て東京へ戻ることになりました。そのとき、長女は高校2年生、次女は中学2年生。「娘たちは転校したくないと言いました。受験のこともあるし、一家揃ってすぐに東京へ引越しするわけにはいきません。夫には単身で東京住まいを始めてもらい、私と娘2人は大阪に残ることになりました」。

売るのか貸すのか、夫婦の意見が衝突

ほどなく、お子さんたちの進学先について、志望校が固まりました。次女は東京の高校を、長女も東京の大学をめざすことになったのです。そして決まったのは、お子さんたちの受験が終わる2016年3月には東京へ引っ越して、ご主人との4人暮らしを再開するということ。

問題は長年住んでいるこのマンションをどうするか、です。売る・貸すという2つの選択肢があるなかで、夫婦の意見が2つに分かれました。Nさんは売却を希望したのに対し、ご主人は「貸したい!」の一点張りでした。「夫はここに強い思い入れがあって、売りたくなかったんです」。

Nさんはなぜ、売りたいと考えたのでしょう?

「貸すのは面倒くさいと思ったんです。賃貸に出す場合、不具合のある部分はすべて修繕しなければいけないので、手間がかかります。わが家は老朽化でいろいろな支障が出てきていました。台所や洗面台、お風呂場の蛇口がゆるんでいて水漏れしていたり、リビングの引き戸の開け閉めがしづらくなっていたり…。でも、売却なら、このままの状態で売りに出せます。買った人がリフォームすればいいのですから。不具合がある状態で売るので、売却価格は低くなると思いますが、それでも私は売りたかった。なにしろ、その頃の私は忙しかったのです。パートの事務職で働いていたし、なんといっても娘2人の受験を控えていたことが大きかったです。娘たちのケアや、学校説明会のために何度も上京する必要があったり…。だからマンションを賃貸に出すために修繕工事の手配をしたり、段取りを組むのが煩わしかったんです」。

次のページ:売るか、貸すか。結論は・・・