不動産を売却するには、情報収集や査定の依頼、そして不動産会社の選定など時間をかけて準備する必要があります。大きな金額の売り買いになるので、おおまかな流れを把握すると分かりやすく進めることができます。今回、不動産売却時の大まかな流れについてお届けします。

売却の大まかな流れは、
①近隣の土地価格の相場を知る
②複数の不動産会社に査定依頼
③不動産会社と媒介契約を取り交わす
④購入希望者との条件交渉を依頼して購入の契約が確定したら、抵当権の抹消手続きをした後、引き渡す
という流れです。

 

まずその中でも「①近隣の土地価格の相場を知る」ついて見てみましょう。
売却をする時に気になるのは、やはり、どれくらいの金額で売れるのかという点なのではないでしょうか。購入した時の値段より高く買い取って欲しいという希望はあっても、土地の地価は毎年変動するので、希望通りの金額で取引するのは意外と難しいものです。

 

購入した金額は1つの目安になりますが、代々受け継がれてきた土地などは比較材料がないため、希望の金額を設定するのも難しいポイントの1つ。そこで重要になってくるのが、自宅周辺の土地の相場についての情報です。インターネットの住宅情報サイトや住宅情報誌で、地域や間取りなどを元に似ている物件を検索して、おおまかな相場についての情報を集めましょう。

 

また、並行して国土交通省が公開している「土地総合情報システム」を参考にしましょう。ここでは、不動産の取引価格情報や、地価公示などが検索できます。想像以上に高く売れるかもというケースや、思っていたよりも低い金額の設定が必要かもなど、金額の目安を知ることにつながります。

 

<地域の相場を知る方法>
プライスマップ

住まいインデックス
土地総合情報システム

 

まずは、近隣の相場を知ることが大切です

まずは、近隣の相場を知ることが大切です

おおまかな相場を確認したら次は「②複数の不動産会社に査定依頼」をします。
ここで大事なのが、1社だけではなく複数の会社に物件の査定依頼して、査定金額の比較をすることです。

 

査定の基準は不動産会社によって違うため金額の差は出てきますが、理由が明確であり条件が良い会社と契約したほうが希望に近い金額で取引することができるので、会社選びは重要です。査定では金額を提示される簡易査定でおおまかな金額を把握した後、実際に現地に来てもらい細かな立地や状態を見る訪問査定の二段階を受けるのが一般的です。

 

また、インターネットでは1回の申し込みで複数の不動産会社の見積もりを取れるサービスもあるので、時間がないという人は、短時間で複数の見積もりが取れるサービスを利用してみるのも選択肢の1つです。

HOME’Sの売却査定サービス 

 

複数査定依頼をする際、依頼をする不動産会社はそれぞれ強みが異なる会社に依頼したほうがいいでしょう。例えば、全国規模の営業力をもつ大手不動産会社、その地域に強い力を持つ地場の不動産会社、とにかくレスポンスが早い不動産会社など。その中から、依頼側の要件定義に合い、そして相性の良い不動産会社を選定したほうがよいでしょう。

 

また、複数の会社から1社を絞る時のポイントの一例を紹介します。
①査定内容の説明が明確かどうか
②質問事項に対する回答が分かりやすいか。
③査定後の売却プランの提示が明確かどうか
④自宅周辺の土地についての理解があるかどうか。

 

あくまでも一例ですが、プロにお願いしているのだから、分からない単語があっても仕方ないと思わないで、分からないことは質問し1つずつクリアにしていくことが重要です。複数の会社から選ぶ時には、同じ質問をして反応や回答を判断の1つにするのも有効な手段の1つです。

 

複数の会社に査定の依頼をしましょう

複数の会社に査定の依頼をしましょう

査定が終わり不動産会社を絞ったら、次は「③不動産会社と媒介契約を取り交わす」です。

媒介契約の取り交わしを行いますが、持ち主に代わって不動産会社が購入を希望する人との交渉を代わりに行ってくれるので、契約書の説明や、売り主の要望をどこまで聞いてもらえるかも重要なポイントになってきます。

 

不動産会社は、売り主と購入希望者との間に入って、金額の交渉などを行いますが、勝手に決めるということはありません。問合せの情報や、購入希望者の予算などを聞き取り、それを元に売り主に判断が委ねられます。

 

売り主は譲れる部分と譲れない部分を明確にしたうえで、交渉する姿勢を持つことも大切です。実際に交渉をするのは不動産会社ですが、日頃から担当者に意向を伝えてコミュニケーションを取るように心がけると、信頼関係も生まれ、より条件に合った金額に近づけるサポートをしてくれるかもしれません。

 

事前に知っておきたい、不動産を売却する時の流れやポイントとは

事前に知っておきたい、不動産を売却する時の流れやポイントとは

売り主と購入希望者でうまく条件が合い売買契約までこぎつけたら「④購入希望者との条件交渉を依頼して購入の契約が確定したら、抵当権の抹消手続きをした後、引き渡す」流れになります。抵当権の抹消手続きを行い不動産仲介手数料などの経費の精算と、売買代金や手付金の確認などを行います。

 

住宅ローンを組む際に抵当権をつけている場合は、抹消する手続きが必要になります。これは、不動産を管轄する法務局で手続きを行わなければいけません。管轄する法務局を調べるには、法務局のページを確認してみてください。

 

そして忘れてはいけないのが、固定資産税やマンションの場合、管理費や修繕のための積立金などの公租公課を売り主と購入希望者で精算することです。固定資産税の精算については、売却契約書に精算に関する条項が盛り込まれています。計算方法は起算日を確定し、日割りで計算するという方法になりますが、精算の方法についても契約する段階で、会社に確認しておくと良いでしょう。

 

お金が絡むものなので、精算が必要なものと、徴収漏れがないように不動産会社にも確認してもらい進めましょう。最後に物件の最終確認をして引き渡しを行い、終了です。売買が成立するとお金が入ってくるということに意識が向いてしまいますが、支払いや精算、手続きなどもあるので、実際に家を引き渡すまではリストを作って確認しながら進めると良いでしょう。

 

実際に家を引き渡すまではリストを作って確認しながら進めましょう

実際に家を引き渡すまではリストを作って確認しながら進めましょう

 

公開日: / 更新日: