新築一戸建て購入を検討する際、物件情報を見ていると【売主】・【仲介(媒介)】・【販売代理(代理)】の文字を皆さんは見かけませんか?
意外と知らないこの3つの用語。これを知っているのと知らないとでは、マイホーム購入の際に違いが出てきてしまうのです。
覚えておいて損はない、【売主】・【仲介(媒介)】・【販売代理(代理)】の違いを勉強しましょう。

A内覧~購入申込
内覧会後、気に入った物件に対して購入を申し込みます(これは売買契約ではなく、「この物件を買いたいです!!」という意思表示と物件購入の権利を確保するものです)。
ここで、「申込証拠金」「交渉預かり金」というような名称で一般的なものとして5万円~10万円を支払います。

 

CHECK
万が一、申し込みを取りやめる時は返還してもらえるのが一般的ですが、必ず書面にその旨が明記されているか確認しましょう!

 

・ローン審査~売買契約
金融機関からのローン審査が下りてから始めて「売買契約」を結ぶことが出来ます。その際必要になるのは「手付金」と呼ばれるものです。一般的には物件価格の10%~20%となっています(上限が物件価格の20%までと定められています)。

 

CHECK
仲介業者からの紹介で購入した場合、売買契約締結時に売主・買主それぞれが「手数料」を支払います。

 

・物件引渡し~入居
その後、物件の引渡し時に残金と諸費用を売主に支払いとなり、物件の鍵を手にすることが出来ます。

 

CHECK
購入にいたった場合、一番初めに支払いをした「申込証拠金」はここで物件価格から差し引かれます

 

お金の流れ

お金の流れ

計算はそれぞれ以下のようになります。

 

売主物件と仲介物件の金額差

売主物件と仲介物件の金額差

以上のように、3000万円の物件を購入する場合、仲介会社からの紹介物件は1,008,000円の手数料が掛かることをお忘れなく。

 

まず、建築条件付き土地についてご説明します。
建築条件付き土地とは売主、またはその代理人と工事請負契約を結ぶことを条件として宅地の売買契約をするものです。勿論間取りなどは自由のフリープランとなりますが、売主がやっていない工法や納入出来ない材料・機器は当然出来ません。

 

資金フローについては建築条件の有無に関わらず、土地を購入してその引渡し後に物件建築の請負契約をするというフローになっています。

 

建築条件付土地物件購入の場合

建築条件付土地物件購入の場合

 

公開日: / 更新日: