おすすめ不動産を売るならLIFULL HOME'Sの売却査定で見積もり!(無料)新築一戸建て購入を検討する際、物件情報を見ていると「売主」「仲介(媒介)」「販売代理(代理)」の文字を見かけませんか?
意外と知らないこの3つの用語。これを知っているのと知らないとでは、マイホーム購入の際に違いが出てきてしまうのです。
覚えておいて損はない、「売主」「仲介(媒介)」「販売代理(代理)」の違いを勉強しましょう。

売主と仲介の基本的な違いって?

まず一番初めに知っておいて頂きたいのは、売主と仲介の違いです。ここでは販売代理も含めて一緒に勉強しましょう。

売主

広告主である不動産業者が、自ら土地を仕入れ、建物の設計・施工を行い販売。

物件所有者である売主との間にほかの業者が存在(介在)しないので、買主に仲介手数料は発生しない。
売主の説明図

仲介
(媒介)
売主と買主との間に仲介会社が入る形態。仲介会社は、売主と買主を引き合わせ、取引条件を調整する役割を果たす。契約が成立した際は、売主と買主は仲介手数料として【物件価格の3%+6万円(税抜)】を上限とする額を支払う。
仲介の説明図

販売代理

(代理)

売主から販売の代理権を与えられた不動産会社が、販売活動から契約まで行うもの。取引が成立すれば、売主から代理会社に手数料が支払われるが、買主には仲介手数料が発生しない場合がほとんど。
販売代理の説明図

売主と仲介のメリット・デメリット

気になるのはそれぞれの良いところと悪いところ。両方知っておくことは、物件選択でとっても有利になりますよ。

  メリット デメリット
売主

・仲介手数料が一切かからない

・自社物件のため、建物の構造や工法・仕様について詳しい

・自社が物件管理を行っているので、空き物件などの情報が正確

・新築物件の場合、契約不適合責任が法律で義務付けられているので、アフターメンテナンスも売主(またはそのグループ会社)が行ってくれることが多い。そのため、責任を持って物件を紹介してくれる

 

・自社販売の物件しか取り扱っていない会社が多いため、紹介される物件が限られてしまう

仲介
(媒介)

・様々な会社の物件を取り扱っている

・第三者的視点から客観的な意見をもらえる

・仲介手数料が発生する

・様々な会社の物件を取り扱っているため、物件の構造や工法について詳しい説明を受けられない場合がある

※契約不適合責任とは?
購入した物件に、契約書に記載の無い欠陥があった場合に、売主が買主に対して保証を負う責任のことを言います

 

「売主」と「仲介」の違いでこんなに違うものなんですね!
それぞれのメリットとデメリットを考えた上で、あなたのマイホーム探しに役立ててくださいね。

公開日: / 更新日: