アパートやマンションなどの部屋を探す際、まずは不動産ポータルサイトで検索してみる、という人は多いでしょう。

しかし、なかなか思いどおりに条件を絞れなかったり、欲しい条件が見つからなかったり…時間だけが過ぎ、「もうイヤだ!」と諦めた経験はありませんか?

そうした人におすすめなのが、お部屋探しでおなじみ、LIFULL HOME’Sの新機能「叶えたい条件で探す」です。

ここでは「叶えたい条件で探す」機能の特徴や使い方について詳しく紹介します。

「叶えたい条件で探す」PC画面

「叶えたい条件で探す」

「叶えたい条件で探す」機能のコンセプトは「今よりぴったりの部屋が見つかる」こと。

 

今住んでいる部屋から変えたい条件を選び、質問に答えるだけで最適な条件が自動的に設定されます。

 

通常の検索だと、条件を自ら設定しなければならないため、使い慣れていない人にとってはイメージどおりの検索結果にならないということも。

 

そのため、いろいろと希望条件を設定しては緩めてを繰り返すうちに、結局どれがいいのか混乱してしまうという傾向にあります。

 

参考までに、実際にLIFULL HOME’Sで「2019年に検索された条件トップ20」を見てみましょう。

 

1

バス・トイレ別

2

2階以上

3

駐車場あり

4

エアコン

5

礼金なし

6

室内洗濯機置

7

ペット相談可

8

敷金なし

9

独立洗面所

10

二人入居可

11

オートロック

12

デザイナーズ

13

都市ガス

14

機能

15

コンロ二口以上

16

温水洗浄便座

17

TVモニタ付インターホン

18

家具・家電付

19

タワーマンション

20

インターネット使用料無料

【集計方法】集計期間:2019年1月1日から2019年12月31日/対象者:不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」において、賃貸アパート・賃貸マンションを閲覧した人/その他集計に関する条件:同年内で同ユーザーが同条件で検索しているものは重複とみなし、除いて集計

 

こうして見ると、叶えられるものならすべて叶えたいと思うかもしれません。しかし当然ながら、選択肢が増え、好条件になるにつれて家賃は高くなり、物件数は少なくなります。

 

なるべく家賃を抑えつつ、納得のいく部屋探しをしたいという人は、「叶えたい条件で探す」機能を使ってみてください。

 

“今住んでいる部屋”を物差しとして使うことで、こうした問題を解消し、より納得感のある検索結果を得られるようになります。

「叶えたい条件で探す」機能の使い方は、とっても簡単です。

 

“新たな希望+今の部屋の情報”を入力するだけ。合致度が高い順に、今よりぴったりな部屋が見つかります。

 

ここからは、実際のスマートフォンの画面を例に、使い方を詳しく説明していきます。

「叶えたい条件で探す」スマートフォン画面

まず、「叶えたい条件で探す」ページを開きます。

 

「叶えたい条件で探す」を選択し、「部屋」「エリア」「暮らし」の中から今より良くしたい条件を入力します。

 

■例

  • 部屋:家賃を安くしたい、部屋を広くしたい
  • エリア:駅まで近くしたい、駅や地域を変えたい
  • 暮らし:日当たりを良くしたい、セキュリティを高めたい

「叶えたい条件で探す」スマートフォン画面

次に、バス・トイレ別やオートロックなど、今の部屋で気に入っている条件や設備があれば選択します。

 

そして、現在の家賃や間取り、エリアなどを入力して「検索結果を見る」を押せば完了です。

 

条件に合う物件が表示されるので、気になるものをチェックしてみましょう。

「叶えたい条件で探す」スマートフォン画面

もし、条件を変更したい場合は、画面上「あなたの検索条件」の「変更する」から行うことが可能です。

 

項目としては、次のような条件を細かく設定できます。

 

「エリア、賃料、間取り、専有面積、徒歩分数、築年数、物件種別、建物構造、オンライン対応、画像、情報の公開日、人気のこだわり条件」

「叶えたい条件で探す」スマートフォン画面

中でも、使いこなせると便利なのが「あなたの検索条件」の「変更する」内にある項目「人気のこだわり条件」です。

 

下部にある「すべてのこだわり条件を見る」から部屋の位置や入居条件、キッチン、バス・トイレ、セキュリティ、冷暖房、設備・サービス、放送・通信、駐車場・駐輪場、周辺環境などを詳細に設定できます。

 

項目ごとに「できれば」と「必須」に分かれており、「できれば」にチェックすると、物件数を絞り込まずに検索でき、物件ごとに設備の有無が分かります。

 

つまり、この「できれば」は、あればうれしいけど選択することで物件数が絞られ、選択肢が狭まるのは避けたい、といった場面で活躍します。

 

「叶えたい条件で探す」スマートフォン画面

たとえば、極端に言えば、上の画像のように、すべての条件を「できれば」にチェックし、検索結果から条件をもっとも多く満たした物件をピックアップするという使い方も可能だということです。

 

一致した条件が多い順に並び、どんな条件が外れたのかが分かることで、視覚的にも、条件をどれだけ満たしているのか、また妥協できる条件なのかの判断がよりしやすいというメリットがあります。

 

このように「必須」なのか「できれば」なのかをうまく選択することで、これまで以上に自分の理想に合う物件をスムーズに探すことができるでしょう。

間取り

 

物件をスムーズに探すには、適切な条件設定と優先順位づけが大切です。

 

「叶えたい条件で探す」機能を利用すれば、難しい不動産用語や意味、自身に合った条件が分からなくても、今住んでいる部屋を基に、今よりいい部屋を簡単に探せます。

 

自動的に今よりも条件のいい物件を提案してもらえるため、自身では見つけられなかったかもしれない、思わぬ物件に出合える可能性もあります。

 

今後、叶えたい条件の項目はどんどん増え、より使いやすくなっていく予定です。まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

公開日: / 更新日: