リフォームの補助金の申請状況

耐震やバリアフリー、省エネのようなリフォームは、国や自治体から様々な補助を受けることができます。リフォームの施工前と後に自治体に申請が必要なことが多いのですが、みなさんきちんと申請しているのでしょうか。

Q14リフォームに関する補助金の申請状況【複数回答可】(n=482)
リフォームに関する補助金の申請状況【複数回答可】(n=482)

「住宅エコポイントを申請した(省エネ住宅エコポイントも含む)」(22.6%)という人が最も多くなりました。既に終了しており、今後復活するかどうかは定かではありません(平成28年11月時点)。

続いて「リフォーム補助金を申請した」(16.2%)、「耐震改修の補助金を申請した」(5.0%)となりました。

しかし最も多かったのは「申請していなかった」(66.6%)です。条件に該当しなかったために申請しなかったのであればいいのですが、知らなかったのであればもったいないことです。国土交通省が「中古住宅・リフォームトータルプラン」を策定しており、リフォーム市場活性化のために様々な支援策がありますから、リフォームを行う前に自治体に問合せてみましょう。

またリフォーム補助金だけでなく、確定申告時などに申請が必要ですが、リフォーム減税などもあります。

住まいの窓口でリフォームを相談する

調査概要

【調査実施期間】2016年11月8日~9日
【調査対象者】事前調査で「過去5年以内にリフォームを行った」と回答した人
【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】482サンプル

記事の利用や掲載についてはこちら→ info-media@LIFULL.com

関連記事

風呂、トイレ、台所。水周りの中でどれを優先する?【住まいのリフォーム調査3】
リフォーム費用も住宅ローンが利用できる
リフォームする – 減税と優良基準作り – エコリフォー
この建物は耐震補強が必要?耐震補強が必要な建物の特徴、費用の目安
審査に落ちた300人に聞いた、お金に問題なくても通らない理由【住宅ローン調査1】

(2016/12/03)