レンタルオフィス「CROSSCOOP JAKARTA」、ハイグレードビルでコワーキングスペースの提供を開始

レンタルオフィス「CROSSCOOP JAKARTA」、ハイグレードビルでコワーキングスペースの提供を開始

インドネシア首都ジャカルタでレンタルオフィスを運営するPT.CRC INDONESIA(Jakarta, Indonesia)は、2018年10月22日より、同社の運営するレンタルオフィス「CROSSCOOP JAKARTA」をハイグレードビルCentennial Tower(Jl. Jend. Gatot Subroto, No 24-25, Karet Semanggi, Jakarta Selatan)に移転すると同時に、利用者同士のコミュニケーションを目的としたコワーキングスペースの提供を開始します。
本コワーキングスペースの提供は、「CROSSCOOP JAKARTA」の利用者が国籍や業種を超えた情報交換や協業を創造することを目的とし、インドネシア国内におけるマーケティングや商品開発、人材採用活動などにおけるオープンイノベーションを推進します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168511/LL_img_168511_1.jpg
コワーキングスペース

■コワーキングスペース提供の背景
日本では、働き方改革やオープンイノベーション、シェアリングエコノミーの認知拡大を背景に、入居者同士の交流や協業を目的としたシェアオフィス市場が拡大しています。同様にインドネシアや、東南アジアのハブであるシンガポールにおいてもコワーキングスペースが多く開業しております。
「CROSSCOOP JAKARTA」は、2011年の開業以来、日本品質のオフィス環境と日本語サービスを強みに、日系企業が安心してインドネシア進出が出来る環境の提供をビジョンとし、これまでに100社を超える日系企業の進出支援をして参りました。そしてこの度、2018年10月22日にジャカルタ中心地にあるハイグレードビルCentennial Towerへ移転するタイミングで、35部屋からなる個室型オフィススペースの提供に加え、30席のコワーキングスペースの提供を開始し、日系企業に限定せずに利用者同士が交流し協業を創造する環境を提供し、高速インターネットやホスピタリティなどの日本品質のサービス提供は継続しながら、利用者のオープンイノベーションを推進します。
また、今後はコワーキングスペースを活用した交流イベントなどを開催し、ハードだけではなくソフト面においても利用者同士のコラボレーションを促進します。

<CROSSCOOP JAKARTA概要>
所在地: Centennial Tower35fl Jl. Jend. Gatot Subroto,
No 24-25, Karet Semanggi, Jakarta Selatan
面積 : 1,452m2
席数 : 220席(個室35部屋)、コワーキングスペース30席、
カンファレンスルーム1部屋、会議室6部屋
機能 : 入退室管理システム、
高速インターネット(80Mbps+バックアップ20Mbps)、無料パントリー
URL : https://crosscoop.com/office/jakarta

<オフィス写真>
エントランス
https://www.atpress.ne.jp/releases/168511/img_168511_2.jpg
眺望の良い個室
https://www.atpress.ne.jp/releases/168511/img_168511_3.jpeg
カンファレンスルーム
https://www.atpress.ne.jp/releases/168511/img_168511_4.jpg

■PT.CRC INDONESIA 会社概要
社名 : PT.CRC INDONESIA
所在地 : Centennial Tower35fl Jl. Jend. Gatot Subroto,
No 24-25, Karet Semanggi, Jakarta Selatan
資本金 : Rp548.506.000
代表者 : President Director Ryan Sanjoto
事業内容: コワーキングスペース・シェアオフィス「CROSSCOOP JAKARTA」の運営
URL : https://crosscoop.com/office/jakarta

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

2018年 10月22日 11時00分