忠臣蔵の主役、赤穂義士の墓がある泉岳寺中門脇に8階建てマンション建設計画

事業者が示した図面から予想される建物の規模を立体化し、合成した図。事業者側はこうした模型などは示しておらず、反対運動があるのなら話し合わないという姿勢という事業者が示した図面から予想される建物の規模を立体化し、合成した図。事業者側はこうした模型などは示しておらず、反対運動があるのなら話し合わないという姿勢という

忠臣蔵といえば歌舞伎の三大名作と言われ、映画、テレビドラマ化も多数。最近ではハリウッド映画でも取り上げられている。その忠臣蔵の主役である赤穂義士たちの墓があり、国の指定史跡にもなっている泉岳寺(港区)が大揺れに揺れている。昨年夏、徳川家の三代将軍家光の時代に今の地に移って以来、約400年間、変わらぬ姿を守ってきた泉岳寺中門の脇に高さ約24m、8階建てマンション建設が予定されていることが分かったのである。
元々、その地にあったのは地元に住む人が建てた3階建て住宅。泉岳寺周辺の建物はほぼその高さで統一されているが、それは昔から住む人たちの間に景観を維持するための暗黙の了解があったため。ところが、相続絡みであろう、中門脇の土地が売られた先はそうした地元のコミュニティとは縁もゆかりもないマンションデベロッパーだった。彼らからすれば自分が買った土地である、周囲に何の遠慮がいるものかとばかりに、地元への説明もなく、解体その他の工事が始まったのである。

それに対して不信と不安を覚えた住民たちが立ち上がり、泉岳寺とともに事業者には建設の中止などを求める運動を始めた。以降、状況に関しては新聞、テレビなどでも報道されるようになっているから、ご存知という方も多いのではないかと思う。その泉岳寺で「赤穂浪士の泉岳寺から、風景・景観を考える」と題した泉岳寺特別市民講座が開かれた。その様子から泉岳寺の問題はもちろん、今後、景観を考える際の手がかりをご紹介したい。

日本の文化行政には「面」という考え方がない

会場になった泉岳寺の講堂には多くの人が集まった。登壇しているのは松浦さん  撮影/渡辺勝道会場になった泉岳寺の講堂には多くの人が集まった。登壇しているのは松浦さん 撮影/渡辺勝道

最初の登壇者はアジアから初のユネスコ事務局長を務め、世界遺産委員会議長なども歴任した松浦晃一郎さん。日本で一番、世界の文化遺産、景観保護の状況をよく知る人である。その松浦さんが関わってきた世界の文化遺産は大きく分けると3種類。一般によく知られている世界遺産に加え、無形文化遺産、世界記録遺産である。このうち、世界遺産には自然遺産、文化遺産があり、日本でいえば屋久島や白神山地が前者、後者は富岡製糸場や姫路城などが挙げられる。無形文化遺産としては和食や文楽、歌舞伎などがあり、世界記録遺産では国宝『御堂関白記』などが登録されている。世界遺産から始まり、現在では幅広く有形、無形の文化を守る活動がなされているというわけだ。

ところが、日本の場合には最初からそれだけ広範な対象を保護するように法律が作られていたという。1950年に施行された文化財保護法である。ただ、問題なのは対象が文化財と指定されたモノ単体であるという点と松浦さんは指摘する。

「例えば京都では17の寺社仏閣などが世界遺産となっていますが、本来なら二条城を本体としたら、その周囲にバッファーゾーン(緩衝となる空間)を設け、さらにその以遠でも景観をダメにするものは不可とすべきですが、文化財を周辺も含めた面として捉える考え方がなく、世界水準に追いついていません」。

その不備を補うため、2004年には景観法が作られてはいるが、これは一般論であり、具体的なアクションは地上自治体に任されている。そのため、京都のように景観保護に力を入れている自治体は条例で美観地区を指定、建物の高さ制限を行うなどしているが、多くの自治体ではいまだに景観より開発という意識が強いのが実態ではないかと思う。

マンション建替えと高さ制限緩和が泉岳寺にも影響?

泉岳寺境内。都内の寺社ではよくある風景だが、背後にはタワーがそびえている泉岳寺境内。都内の寺社ではよくある風景だが、背後にはタワーがそびえている

続く登壇者は日本景観学会会長で法政大学名誉教授、弁護士でもある五十嵐敬喜さん。五十嵐さんは泉岳寺の赤穂義士の墓地が体現する武士道が禅の精神に繋がる、世界にも通用する価値があると指摘した。その上で、すでに解体が終了、基礎が打たれた現状を深く憂慮。現状の打開策のひとつとしてさらなる住民の参加を求めた。

確かに現状では2万5,000人を超す署名が集まっているものの、地元で「国指定史跡・泉岳寺の歴史的文化財を守る会」(以下守る会と略す)参加者が2月22日時点で12人余と多くない。

この点についてはこの地域には特殊な事情があるとして、港区の区議会議員からの発言があった。港区では昨年「港区建築物の高さのルールに関する基本的な方針」が策定されており、高さ制限と称して以前よりも高い建物が建つエリアが拡大している。港区の西側にあたる麻布、青山、白金、白金台に高輪などのエリアではこれまで15m未満の建物が多く、高さの異なる建物の混在もしばしば。であれば絶対高さを決めることである程度統一を図ろうというのが意図と思われるが、結果的に考えると高さが緩和されたというのが実際である。

特に泉岳寺のあるエリアでは昭和40年代に建てられたマンションが多く、現状のままでは建替えができない。高さの緩和で建替えが可能になった例もあるようで、その立場からすると、8階建てに反対とは言いにくい。それが遠方や海外では盛り上がっているものの、地元での活動が今ひとつという要因ではないかというのだ。

だが、マンション建替えと文化財隣接のマンション建設を一緒に考える必要はない。建替え問題は口実であり、地元には景観に関心がない人が多いというのが、残酷なようだが、事実かもしれない。泉岳寺から西側の桜田通りあたりは史跡、寺社仏閣の多い歴史の地だが、これまではそれを顧みることのない開発が行われてきており、地元の人たちも無関心だった。今回の件はそうした結果でもあり、今回の活動は過去に対しての反省の意味を込めた、新しい街づくりを模索するものとも言える。

ただ、地元の人を責めようというのではない。自分も含め、たいていの人は、たとえば自分の家の前に壁のような建物が建つことなど想定せずに暮らしている。それがある日、そうした事態に直面、立ち上がることになるのである。それまで法にも建築にも素人だった人たちが手練れの事業者相手に勝ち目の少ない戦いを挑む、それが日本の多くの景観論争である。

地域での連携、地域を良くするという観点での話し合いという道も

境内にある赤穂義士の墓所。ハリウッド映画の影響か、ここのところ外国人観光客が増えているという境内にある赤穂義士の墓所。ハリウッド映画の影響か、ここのところ外国人観光客が増えているという

しかし、今回の市民講座ではこれまで無関心でいた地元を見直し、もっと良いものにしていきたいという動きは泉岳寺エリアだけのものではないことが分かった。隣接する松が丘町会、高輪三丁目町会からも参加があり、しかも、いずれの地区でも同様の開発とのせめぎあいがあるというのである。2つの町会からは「現在点在している史跡や江戸時代の建物などをつなげてこのエリア全体の観光資源にしていこう、広域的に街をどうするかを考えていこう、そのために地域で連携しよう」という呼びかけがあったが、行政への働きかけひとつをとってもこうした繋がりは力になろう。泉岳寺だけでなく、エリア全体が変わっていくとしたら、この地域の価値はぐんとアップするのではないかと思う。

もうひとつ、印象的だったのは最後に短い発表をした、司会者が京都の梨木神社の開発で工事を止めた人と紹介した藤村拓也さんの話だった。京都御所に隣接する梨木神社の参道で持ち上がったマンションの建設計画で、藤村さんは計画に真っ向から反対するのではなく、互いに地域の価値を上げていく方向で話し合いをしようと交渉に臨み、マンション建設を阻止するのではなく、景観を損なわない形での建設に導いたのである。

そのために地域の住民には住宅に外観を景観に合った色に変えてもらう、自販機を撤去してもらうなどの協力を要請、それによって相手を交渉のテーブルにつかせたという。結果、誕生するマンションは高額なものとなり、事業者にとっても損のない結果となった。景観問題となると、どうしても正面切っての衝突という形になりがちだが、資産価値を高めることが互いの目標であれば、折り合いをつけることも可能というわけだ。

ただし、この解決法が成功したのは、相手となった事業者に聞く耳があり、資産価値上昇を考えられる計画だったため。そもそも、話し合い自体を拒否する相手、とりあえず売れればよいという計画に対し、この方法がありえるかといえば、非常に難しい。また、妥協に妥協を重ねていくやり方で長く景観を維持できるかと疑問を抱く人もいるのではないかと思う。

資産価値の大半はその土地そのものによる

昨年9月2日に現地を通りかかった時の状況。以前の建物取り壊しのため、防音シートがかけられていたが、圧迫感はよく分かる。しかも、この時点で3階だった建物が8階になる予定である昨年9月2日に現地を通りかかった時の状況。以前の建物取り壊しのため、防音シートがかけられていたが、圧迫感はよく分かる。しかも、この時点で3階だった建物が8階になる予定である

今後に繋がる内容もあったものの、マンション建設は止められておらず、2014年10月末にすでに着工している。守る会と泉岳寺では土地を買い取る方向だが、自前で全額を賄うことが難しいため、行政に働きかけ、また、募金活動も行う予定。港区議会建設常任委員会で請願が採択されるなど、区議会には応援する議員が多いものの、区の関心は今ひとつ。
ところで、泉岳寺は2020年に品川~田町間に新設される山手線新駅と第一京浜を挟んで向かい合う立地。品川駅周辺は今後、リニアモーターカーの新駅が予定されるなど開発計画が目白押しで、東京都では「品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014」を策定し、このエリアを「これからの日本の成長を牽引する国際交流拠点」と位置付けている。海外から多くの人が訪れることを想定しているわけで、であれば、泉岳寺などの日本の歴史、文化を感じさせるような存在は大きな宝になる。港区はもちろん、東京都や同じように東海道という文化的な遺産を抱える品川区などと連携、あるいは品川の開発に絡む民間企業と連携などの手も模索、まずは工事ストップに漕ぎつけていただきたいものだ。

もうひとつ、現実的な話になるが、資産価値について。日本の住宅は買った時の価値が最大で、それ以降は下落する一方と言われているが、それを維持しうるのはその場所の力である。分かりやすく言えば、一戸だけで建てられた住宅より、区画全体をプランニングし、植栽などをきちんと管理し続けた地域にある住宅のほうが価値を維持し続ける可能性が高いということである。その場所の独自性、歴史がそこに住む人共通の、そして最大の財産になるのである。それを考えると、自分の住宅が大事なのはもちろんだが、周辺を大事にすることは最終的には自分のためでもある。

品川周辺はこのところ、住みたい街として人気急上昇のエリアであり、関心を持っている人も多いと思うが、でたらめに統一性のない建物が並ぶ、美意識のない街よりは歴史や自然を感じる、美しい街並みのほうが住んで楽しいはず。もちろん、価値もより高くなる。ぜひ、関心を持って今後の動向を見守っていただきたい。

国指定史跡・泉岳寺の歴史的文化財を守る会
http://sengakuji-mamoru.jimdo.com/

2015年 03月20日 11時07分